円山 動物園 アクセス。 札幌の円山動物園が子連れに優しい!冬も行きたくなる7つの魅力

札幌駅から円山動物園の行き方。タクシー、バス、地下鉄で解説。

円山 動物園 アクセス

北海道札幌市の動物園 円山動物園のアクセスや入園料は 北海道札幌市の動物園である円山動物園は札幌市中央区の円山公園内にあります。 アクセス 地下鉄の最寄り駅は札幌市営地下鉄東西線、円山公園駅です。 円山公園駅からは徒歩で約15分、駅前のバスターミナルから出ているJRバスで約5分、タクシーで約5分です。 ちなみに札幌駅からタクシーで向かうと約20分、料金は2000円ほどだそうです。 天気の良い時などは徒歩で円山公園を通っていくのもいいかもしれません。 自分は雪が強かったのでバスで向かうことにしました。 バス停は西門前となっています。 入園料 大人 高校生以上 600円 小人 中学生以下 無料 団体 30名以上 540円 年間パスポート 初回入園日より1年間有効 1000円 開園時間 3月1日~10月31日 午前9時30分~午後4時30分 11月1日~2月末日 午前9時30分~午後4時 入園券の販売と入園は、閉園の30分前に終了。 入園料、開園時間について詳しくは円山動物園のホームページをご覧いただければと思います。 冬季の円山動物園 施設と動物を紹介 自分が訪れたのは2019年1月の平日のお昼頃です。 冬季間は閉鎖されている施設もあって屋内で限られた展示となっていますが、充分に動物たちを見る事ができます。 すべての施設を観覧したわけではありませんが、自分が見た施設と動物を紹介していきたいと思います。 アフリカゾーン カバ・ライオン館 キリン館 カバ・ライオン館にはカバ、ライオン、ブチハイエナ、エランド、グランドシマウマがいます。 ライオン• ブチハイエナ キリン館にはキリン、ダチョウ、ハダカデバネズミ、ミーアキャット、サーバルキャットがいます。 キリン アジアゾーン 熱帯雨林館 高山館 寒帯館 熱帯雨林館にはマレーグマ、シシオザル、クロザル、テナガザル、コツメカワウソ、アジアアロワナがいます。 マレーグマ 高山館にはシセンレッサーパンダ、ヒマラヤグマがいます。 シセンレッサーパンダはのんびりしている動物が多い中でひときわ活動的でした。 シセンレッサーパンダ 寒帯館にはアムールトラ、ユキヒョウがいます。 アムールトラ 類人猿館 類人猿館にはボルネオオランウータン、シロテナガザルがいます。 ボルネオオランウータン モンキーハウス モンキーハウスではエリマキキツネザル、ワオキツネザル、フサオマキザル、ダイアナモンキー、ドグェラヒヒ、マンドリル、ブラッザグェノンなど多数のサルを見る事ができます。 ワオキツネザル• マンドリル チンパンジー館 多数のチンパンジーを見る事ができます。 チンパンジー は虫類・両生類館 は虫類・両生類館では数多くのカメ、ワニ、ヘビ、カエルなどを見る事ができます。 アオダイショウ• トゲチャクワラ• ミズオオトカゲ 熱帯鳥類館 熱帯鳥類館ではフラミンゴやキュウカンチョウなど様々な鳥を見る事ができます。 バードホールでは熱帯雨林の植物の中、飛び交う鳥たちを間近に見る事ができます。 ベニイロフラミンゴ、チリーフラミンゴ エゾシカ・オオカミ舎 ここではエゾシカ、シンリンオオカミを見る事ができます。 シンリンオオカミ エゾヒグマ館 ここでは雪の中のエゾヒグマを見る事ができます。 エゾヒグマ ホッキョクグマ館 ここではホッキョクグマ、ゴマフアザラシ、ゼニガタアザラシを見る事ができます。 ゼニガタアザラシ カンガルー館 カンガルー館ではオオカンガルー、スローロリスなどを見る事ができます。 オオカンガルー• 動物たちの動画も是非ご覧下さい! ひと通り回るために必要な所要時間は 自分はひと通り回るのに必要な所要時間は2時間あまりでした。 なので3時間をみておけば充分に楽しむことができるでしょう。 ただ冬季は寒くて3時間も持たないということも充分に考えられます。 あと、正門付近のカラスには要注意です。 食べ物が入ったビニール袋などをぶら下げていると狙われますので、懐に隠すかカバンに入れたほうが良いでしょう。 2019年3月19日にはゾウ舎がオープンするそうなので、次は暖かい時に訪れたいと思っています! 円山動物園の新施設 ゾウ舎を紹介 2019年3月12日にオープンしたゾウ舎では4頭のアジアゾウを見ることができます。 ゾウ舎は大きな施設で、陸のステージ、水のステージ、トレーニングゾーンでのゾウを観察すことができます。 ゾウを観覧できる時間は11:00から15:30となっています。 自分は15:30ごろに訪れたのですが、飼育員やスタッフの方たちは非常に親切で「まだ見ることができますよ」言って案内してくれました。 これから屋内に入ろうとするところで活動的ではありませんでしたがゾウの姿をみることができました。 動画も是非ご覧ください! 早い時間に訪れれば活動的なゾウの姿を堪能できるのではないでしょうか! 円山動物園のお土産として人気の塩ラーメンです。

次の

意外と知られていない?「円山動物園」の魅力と周辺のおすすめスポット!

円山 動物園 アクセス

公共交通機関を利用 地下鉄やバスなどの公共交通機関検索は 地下鉄から徒歩でご来園の場合 地下鉄東西線「円山公園駅」下車、徒歩約15分 地下鉄からバスに乗り換えの場合 地下鉄からバスにお乗り換えのお客様は、下記の 路線バス 動物園線[円15]または大倉山線[くらまる号]をご利用ください。 バスは地下鉄東西線「円山公園駅」直結の 円山バスターミナル4番乗り場から運行しています。 自動車を利用 円山動物園に隣接した駐車場(円山公園第一・第二駐車場)をご利用ください。 指定管理者 株式会社キタデン) 円山公園第一駐車場利用時間• 2月1日~10月31日 9時00分~17時30分• 円山公園第二駐車場利用時間• 大型バスの駐車場予約について• 第一駐車場は、ご利用日の3カ月前から2日前までお電話でご予約(TEL011-621-1426)いただけます。 ただし、予約台数には限りがありますので、ご了承ください。 ご予約がなくても駐車スペースに空きがありましたら、当日のご利用も可能です。 動物園へ団体減免により入園を希望される施設の方は、別途を動物園入園日の1週間前までにご提出ください。 お問い合わせ 円山公園第一駐車場料金所 電話 011-615-4311.

次の

「今後の動物園、大人も楽しく海外と環境保全」 :日本経済新聞

円山 動物園 アクセス

円山の登山時期 円山は雪が溶けるとすぐ登ることができます。 冬山装備を持っている人は一年中登っているでしょうけど、持っていない人は雪が溶けてからにしましょう。 雪解けはその年によって変わります。 積雪量と気温、日照時間によって大きく左右されます。 4月中旬に登ってきた感想です。 動物園コースは南東の斜面なので雪解けが早いです。 所々雪が残っていて雪の上を歩きました。 雪は固くて逆に滑りにくく、溶けたあとの泥の方が滑りました。 ストックがあれば問題ありませんが子供が転んだりしそうですね。 八十八か所コースは北斜面なのでまだまだ雪がありました。 それでも沢山の人が登っているようで雪が階段のようになっているので登りやすそうです。 転ぶかもしれませんがストックがあれば割と安全に登れそうです。 円山登山は4月上旬から夏山装備で登ることができそうです。 ストックや転んで汚れても良い恰好で行くといいですね。 リスは残念ながら1匹しか見ることができませんでした。 沢山出会えるのは4月下旬くらいからになりそうです。 八十八か所コースの紹介 コース概要 名前の由来とコースの様子.

次の