あぐら を かく と 膝 が 痛い。 あぐらをかくと痛い股関節|吹田市江坂の整体太郎と鍼灸花子

あぐらが原因の膝の外側上と太もも下の痛み 治し方はどんな治療方法が効果的なの??

あぐら を かく と 膝 が 痛い

こんにちは、福岡市南区の整体「福岡らくらく整体院」の高松です。 今日は、 「正座とあぐらは膝に悪い?良し悪しを知り使い分けよう」について解説します。 正座とあぐらは膝に悪いのか? 正座とあぐらは膝に悪いと言われることがありますが、実際にはどうなのか?当整体院に来られるお客さまから質問を頂きますので、今回はそれにお答えしたいと思います。 そして、正座と胡坐(あぐら)のメリット・デメリットを知っていただき、あなたの生活の向上に上手く活用して頂ければと思います。 正座の3メリット・1デメリット まず、正座に関しては、悪い場合もあれば良い場合もあるというお話をさせて頂いています。 膝に痛みがある方にとっては正座をするのは厳禁です。 しかし膝痛がある程度回復し、痛みがなくなってきた時期ならば、正座は膝のストレッチになります。 正座はそもそも、足が痺れたりすることはありますが、正しい正座ならば体への負担はそれほど大きくはないのです。 膝のトラブルを抱えていない状態なら、正座は悪くない座り方になります。 1 背筋が伸び姿勢が良くなる 正座をすると、自然い胸を張る姿勢になり、背骨が自然な生理的な湾曲を作るので、猫背姿勢の方は定期的に正座をすることをおススメです。 姿勢が良くなることで、胃や腸などの消化器官や心臓や肺などの器官を圧迫するのを改善し、内臓の機能を正常に回復させてくれます。 2 腰痛予防に繋がる 正座の姿勢を保つためには、腹筋や背筋などのバランスが必要になります。 腹筋や背筋が鍛えられるだけでなく、姿勢が良くなる事でも、腰への負担が減り、腰痛の予防にも繋がるのです。 3 骨盤の歪みを整える 正座をすることによって、太ももの筋力を鍛える事ができます。 通常、ウォーキングなどでも太ももの筋力を鍛えることはできません。 太ももの筋力を鍛えることにより、骨盤を引き締める効果が高まり、O脚などの改善にも役立ちます。 あとは、噂の範囲を超えないですが、脚が短くなるとか、膝が悪くなるなどの話はあります。 しかし、私は子供時代の正座はオスグッド病の対策として有効だと考えていますので、定期的に正座をする機会を設けたり『』を参考にしてオスグッド対策に役立てて下さい。 胡坐(あぐら)の1メリット・2デメリット あぐらは膝に悪いのでしょうか。 1 膝に負担がかからない あぐらは膝にかかる負担が少ない座り方です。 正座など比べると、膝への負担はかなり少なく、膝痛の人はあぐらなどで座るといいと思います。 整体師などから見れば、体に悪い座り方と断言されるでしょう。 膝痛には影響がなくても、あぐらばかりしていれば腰痛を引き起こすことがあります。 座る姿勢ではバランスをとるために上半身が前傾するので、腰に負担が溜ります。 これは、胡坐の姿勢が背中が丸くなってしまう猫背になってしまうからです。 猫背になると、腰や首などに大きな負担を掛けてしまい、腰痛やストレートネックなどの不調に繋がる恐れがありますので『』を参考にして改善してみて下さい。 さらには、あぐらは膝を外側に開く形になるので、股関節にまず負担がかかります。 足を組む形では、股関節に左右で違うズレも生じさせます。 床にあぐらをかいて座ってパソコンなど長時間するのはやめた方がよいでしょう。 もう一つ、出産前の方は骨盤を広げスムーズな出産をするために、産婦人科にあぐらを組むように指導されると思います。 ですが、出産後は骨盤を元の位置に戻していく必要がありますので、産後の胡坐はやめた方がよいでしょう。 膝には良くても他に悪影響が出るので、あぐらはオススメできません。 この方は、福岡市南区清水にお住いの歯科医の方で、「ホームページを見たら、スポーツ選手が来ていたから。 バレーボールを続けている。 半年ほど前遊びでバドミントンをやったら、翌日から左膝が痛くなった。 スポーツすると、翌日以降痛みが残るようになり、病院では湿布を処方されて終わりだろうからしっかり治したい。 自然形体の先生と知り合い、痛くない優しい施術だと福岡らくらく整体院を紹介してもらい、お客さんの言葉を見て藁をも掴む思いで、、、」という理由で、当整体院に来られました。 身体の検査をしてみると、膝痛だけではなく「膝に水がたまる」のお悩みも抱えていました。 しっかりと筋肉を弛めてあげ、骨盤・頸椎の歪みを整えることや動くときのポイント、自宅での改善体操などで、大きな変化を感じ取れるほど改善したと喜ばれました。 あなたも、この自然形体療法を活用した施術をお試しになって、膝痛の変化を体験してみてはいかがですか?いつでもお気軽にご相談ください。 正座のメリット・デメリット メリット• 背筋が伸び姿勢が良くなる• 腰痛予防に繋がる• 骨盤の歪みを整える デメリット• 脚が痺れる あぐらのメリット・デメリット メリット• 膝に負担がかからない デメリット• 腰、股関節などに悪い• 骨盤が歪んでしまう よく正座が良い悪い・あぐらが悪いといわれますが、一番大切なのはその使い分けが大切で、膝が痛むときに無理して正座はツライですし、腰痛の時にあぐらを組むことも避けた方がいいでしょう。 正座やあぐらをどのように使いこなすか?という事が最も重要です。 オスグッド病の対策のためなら、ぜひ定期的に正座をする習慣を付けて、正座での脚のストレッチを行うようにしてください。 昔の生活と比べて、正座をする機会がなくなり、椅子に座る機会が増えたので、脚の筋肉の柔軟性がなくなったのがオスグッド病の原因の一つになっていると考えていますので、ぜひ子供さんには正座をおススメしたいです。 昔の正座が当たり前だった頃の生活習慣と比べると、正座をして膝を深く曲げることや、太ももの筋肉を大きく引き延ばすストレッチのような運動が全然たりません。 きちんと伸ばすことにより、筋肉のストレッチでその日の疲労回復にも一役買っていたものが、現代はなくなった訳ですから、毎日の疲労も抜けにくくなる訳でもあります。 オスグッドなどの子ども特有の痛みを軽減させるには、痛くなる前にせいぜの習慣を身につけさせておくことも重要なことだと考えています。 痛みが出てからの正座は筋肉に負担をかけますので、病院や専門知識を持った整体院にご相談した上で、行って行きましょう。 無理は絶対に禁物です。 膝痛を解消して、膝の水や腰痛や肩こりなどの様々な痛みやしびれに悩まされない生活を手に入れてください。 オスグッドや有痛性外脛骨など子どもの痛みの専門家である福岡らくらく整体院にお気軽にご相談ください。 諦めずに一緒に解決していきましょう。

次の

胡坐[あぐら]をかくと膝が痛む

あぐら を かく と 膝 が 痛い

最近、 あぐらがかけない方が増えているようです。 よく長い時間正座をしたあと、「足がしびれて」急に立ち上がれなくなることはありますが、あぐらを長い時間かいたあと、「腰が痛くて」立ち上がれないというケースも多いようです。 日本の住環境も、昔の畳中心のスタイルから椅子やソファーに座るような西洋スタイルへと変わり、 家のなかに畳の部屋いわゆる「和室」が少なくなってきたということも、あぐらがかけないことの一因になっているかもしれません。 とはいえ 「あぐらがかけない」ままでは、畳のお座敷の「会食」や冠婚葬祭など、長くあぐらをかいて座っていなければならない時にとても不便です。 女性の場合、人前で「あぐらをかく」ことは多くないかもしれませんが、それでも流行りのヨガでは「あぐら」は基本のポーズ。 「あぐらがかけない」ままでは、これからヨガにチャレンジすること自体、ムズカシイものになってしまいかねません。 今回は、 あぐらがかけない原因や、対策として股関節の筋肉を伸ばす簡単なストレッチなどを、わかりやすく見ていきましょう。 あぐらがかけない原因とは? あぐらがかけない原因としては、 ・ 股関節でつながる「骨」の変形 ・股関節周辺の「筋肉」の硬さ これら、2つに起因するものが代表的です。 股関節とは、お尻の骨「骨盤」と太ももの骨「大腿骨」が繋がっている部分で、それぞれの骨に変形などが生じていると、股関節を大きく開くような姿勢となる「あぐら」は、股関節に痛みが出ることがあるのです。 「あぐらがかけない」代表的なもう1つの原因は、股関節周辺の「筋肉」の柔軟性が低下するなどして可動域が狭くなる「拘縮(こうしゅく)」によって、股関節を思うように開くことができずに「あぐらがかけない」状態になるものです。 あぐらがかけけない色々な原因! あぐらがかけない原因を深掘りすると、真の原因となりえる色々なものが見えてきます。 ・カラダに掛る荷重のバランスの片寄り ・慢性的な腰痛 ・肥満による体重増加で股関節への負荷が大きい ・スポーツで股関節を痛めた経験がある ・出産や妊娠中の骨盤が広がり これらが見えない「真の原因」となって、 骨盤や大腿骨の変形や股関節周辺の筋肉が柔軟性を低下することに繋がり、それが「あぐらがかけない」原因となってしまうのです。 サッカーをはじめスポーツ界では、股関節を痛めることでリタイヤに追い込まれる事例を多々見掛けます。 現役時代、イタリアを中心に欧州サッカーで活躍し、2006年にドイツW杯を最後に若くして引退した中田英寿選手が「グロインペイン症候群」という股関節の内側(鼠径部)の筋肉を傷めていたことは有名です。 現在も現役を続けている中村俊輔選手や日本代表キャプテンの長谷部誠選手も、股関節の痛みを抱えながらプレーしていると聞きます。 特に股関節の内側の筋肉 「内転筋」を痛めると、股関節を開くだけで痛むのですから、 あぐらをかくのは辛いものであったでしょう…。 あぐらがかけない!まずは「股関節の可動域」をチェックから! 「あぐらがかけない」悩みの代表的な原因となるのが、股関節の骨盤や大腿骨の変形や、股関節周辺の筋肉の問題ですが、それぞれ動かすことができる範囲 「可動域」を広げることが「あぐら」をかけるようになることへの近道になります。 まずは、自分の「股関節の可動域」の状態をチェックすることから始めましょう!。 股関節の可動域のチェック方法 1.背中を伸ばすように床に座り、足の裏側どうしがピタリとつくように膝を曲げます。 2.1を痛みなくできた方は、そのまま両膝を床につくように手で押していきます。 両足の股関節が痛むこともありますが、左右・内側・外側、どこかに痛みがある場合はその部分に、筋肉の柔軟性が低下していたり、骨盤・大腿骨の変形など可動域を制限してているしまう原因があると考えられます。 スポンサーリンク あぐらがかけない! 対策は股関節の筋肉を伸ばすストレッチ! 「あぐらがかけない!」ということは、つまり股関節の可動域が狭くなっているということです。 股関節周辺の筋肉を伸ばす「ストレッチ」が効果的です。 ストレッチで大事なことは、「無理をしない」ということ。 次に、股関節の内側・外側・後ろ側の筋肉を伸ばすストレッチを紹介しますが、大事なことは焦って無理をしないこと。 焦って強く伸ばしてしまうと、逆に筋肉を傷めてしまって股関節が固くなってしまうことに繋がります。 股関節の内側の筋肉を伸ばすストレッチ 1. 背中を伸ばして床に座り、両足の裏側がピタリとつくように膝を曲げます。 そのまま踵を体に引きつけます。 (両手を使って出来るだけ体へ近づけます) 3. そのまま上半身をゆっくり前へ倒していきます。 股関節の内側の筋肉が固いと、痛みから逃げるように膝が上へと上がってきますので、両肘で膝を下へ押さえるようにしましょう。 この姿勢をゆっくり30秒ほど続けることを数回繰り返すことで、股関節の動きがよくなり「可動域」が広がっていきます。 股関節の外側の筋肉を伸ばすストレッチ 1. 右膝を左へ捻るように倒します。 左膝も押されるように床につく形で捻っていきます。 (右の股関節の外側の筋肉が伸びていることを実感してください) 3. そのまま左の足首あたりを使って、右膝を床へ押しつけるようにしてさらに右の股関節の外側の筋肉を伸ばします。 股関節の外側の筋肉が、伸ばされていることを実感できているかがポイントです。 この姿勢を30秒ほど続け、逆の左足の股関節の外側も同じように伸ばしていきます。 股関節の後ろ側の筋肉を伸ばすストレッチ 1. 曲げた右膝を左足を通り越すように捻り、床へ向かって倒していきます。 右の股関節の後ろ側を伸ばすことを意識して、左手で右膝を床へ押しつけるようにします。 上半身は傾くことなく上を向いた姿勢をキープしましょう。 下半身だけが捻られているのが理想的な姿勢です。 まさに、下半身と上半身が逆方向へ捻られるストレッチ。 けっこう厳しいかもしれませんが、30秒くらいキープしましょう。 この下半身と上半身とが捻られることで、股関節の後ろ側の筋肉が伸ばされていきます。 まとめ 今回は あぐらがかけない原因や、効果的な対策として 股関節の筋肉を伸ばす簡単なストレッチなどを紹介してみました。 「あぐらをかけない」といっても、そもそもあぐらをかくこと自体できない方から、長くあぐらをかいていると腰が痛くなってしまう方まで、様々な悩みがあるようです。 あぐらがかけない原因としては、 股関節の「骨盤や大腿骨の変形」や 「筋肉の柔軟性の低下」があげられます。 とくに骨盤周辺の筋肉の柔軟性の低下が原因で、軽い症状のものであれば、今回紹介した股関節の筋肉を伸ばすストレッチを繰り返すことで、「あぐらをかける」「あぐらをかいていても腰が痛くならない」ことへ、徐々に改善されていくことが期待されます。 ストレッチは、継続することが第一。 焦って無理をすると、かえって筋肉を傷める原因にもなりえるので、気持ちを抑え少しづつ繰り返していくことが大切です。 股関節を形成する骨盤や大腿骨に異常がある場合には、ストレッチだけでは改善されない場合もあります。 あぐらをかくことで痛みが続く場合には、整形外科や整骨院など医療機関で受診されることも必要かと思います。

次の

あぐらをかくと膝の外側に痛みが!!原因と対策を解説

あぐら を かく と 膝 が 痛い

ふくらはぎの筋肉(膝裏に付きます)や膝裏にある小さな筋肉が縮こまっているとなりやすいです。 立った状態で足を前後に開いて行なう、いわゆるアキレス腱のストレッチを日頃からマメに数週間~1,2ヶ月くらい続けるとなりにくくなると思います。 ただ、日常生活での負担がきているのであれば、なりなくくなった後も続けていないとまたなるかもしれません。 補足を読んで。 それでは、質問者様の場合は裏ももの筋肉か内ももの筋肉の影響でしょうね。 それについてもストレッチが有効です。 A.裏もものストレッチ 床に、膝裏が痛くなる方の足だけを伸ばして(爪先はまっすぐ上向き)座り、痛く無い方の足は曲げておきましょう。 その状態から腰を少し反らせるようにしながら骨盤ごと上半身を前に倒します(上半身を倒す際に腰を丸めない、という意味です)。 あぐら等で痛くなる部分に突っ張り感が出たら正解です。 B.内もものストレッチ 床に両足を伸ばして座り、足を左右にできるだけ広く開きます(爪先はまっすぐ上向き)。 その状態から上記と同様に上半身を前に倒します。 あぐら等で痛くなる部分に突っ張り感が出たら正解です。 A,Bで上手く痛みが出る辺りが伸ばせないと感じる時は、足の開き方をA~Bの間で少しずつ変えてみながら最適な開き加減を見つけて下さい。 また、上半身を倒していく方向をまっすぐ前方~痛みが出る足の方の間で変えてみても足の伸びる場所が少し変わります。 色々と試してみて下さい。 A,Bのストレッチ共に勢いをつけて行なったり、痛みをガマンしながら強い伸ばし加減で行なうと筋肉を傷める可能性がありますので、多少の痛みを感じる程度に調節して行なって下さい。 ストレッチをする時間は1回に20~30秒でいいので、できれば一日に何度でもこまめに行なって下さい。 以上のストレッチをしても改善が見られない場合は、諦めて整骨院や接骨院を受診しましょう。 お大事にして下さいね!.

次の