バジリスク絆2期待値。 バジリスク絆2の天井期待値(スルー回数別)を独自計算してみた

【バジリスク絆2】ハイエナ狙い目/やめどき

バジリスク絆2期待値

セリフの示唆内容 AT終了時に有利区間ランプがつくゲームでサブ液晶をタッチすると、弦之介or朧のボイスが発生します。 そのセリフによって、次回のテーブルを示唆しています。 示唆内容は下記です。 テーブルによるセリフ選択率 テーブル15or16が選ばれた時は「怪しき気配じゃ」or絆ランプ点灯「旅の支度が整っております」が大半 66. (A: 青、B: 緑、C : 橙、D: ピンク) 初期モードBから始まるテーブル選択率は 設定1…81. 設定2の方が上位テーブル選択率が高い。 上位セリフのテーブル選択率 絆ランプ点灯 「旅の支度が整っております」 選ばれるテーブルは下記 設定毎のテーブル選択率とテーブル別ボイス選択率から絆ランプ点灯 「旅の支度が整っております」 時のモード選択率を計算した結果が下記です。 設定1 テーブル 選択率 テーブル15 66. 期待値を計算するまでもなく、これが出たら必ず有利区間リセットまで打ちましょう。 怪しき気配じゃ 選ばれるテーブルは下記 怪しき気配じゃ発生時のモード選択率を計算した結果が下記です。 設定1 テーブル 選択率 テーブル8 13. 普通は8割がモードBから始まる下位テーブルが選ばれますので、 テーブルに関しては相当優遇されていると言えます。 何かが起こる予感がします 選ばれるテーブルは下記 「何かが起こる予感がします」発生時のモード選択率を計算した結果が下記です。 設定1 テーブル 選択率 テーブル8 7. セリフ別の期待値 モードCが前作に比べて弱い 期待値を評価する前に少し書いておかないといけない点として、モードCが前作の絆と比べてかなり弱くなっています。 前作はモードCをBC1回当選まで打つだけで期待値2440円でした。 自己算出 今のモードCは前作よりかなり弱いので、安く見積る必要があります。 0スルー時のモード滞在比率 もう少し期待値を評価する前に余談として、BC間ハマりでBT突入率が上がる要因を0スルー時のモード滞在比率を通して考えてみます。 0スルー時は初期モードBが圧倒的に多い。 Cの方が当選率が高いので、前半の方がCで当たっている割合が高い。 ここだけを考えると、確かにそうなんですが、そもそも初期C比率がかなり低いので、初期状態に当選割合をかけて評価しないといけない点を考慮すると、そこまでC比率が高くなりません。 BからCへチャンス目で昇格するので、ハマればハマるほどC以上の可能性UP 元々のB比率が高いので、この昇格の影響が結構強い。 奇数設定でのチャンス目からの昇格率は33. これらを加味すると、実際のC以上比率はBC間でハマればハマるほど高くなっていくのではないかと思っています。 厳密計算はしてません 前作はそんなことなかったと思っている人がいると思いますが、前作はモードAの割合が高かった影響で絆2とは少し状況が違います。 絆2はモードDがとにかく重要で、如何にこれに上げれるかが重要ですが、ハマればハマるほどDの割合も大きくなるので、これがBC間でハマれハマるほどBT当選率が高くなる理由だと思っています。 「怪しき気配じゃ」発生時の期待値 少し脱線しましたが、それぞれのセリフを評価していきます。 先ほどの「怪しき気配じゃ」発生時のテーブル選択率にテーブル毎の期待値を掛け合わせることで期待値を見積もることが可能です。 なお、テーブル毎の期待値については厳密に見積もることができないので、何パターンか用意してみました。 同じモードからのAT突入率は設定1と設定2ではほとんど差がなく、テーブルに設定差を設けています。 同テーブルならAT突入時の期待枚数は設定1の方が多いので、厳密に計算するとこの期待値の差はもう少し狭まります。 したがって、基本は設定1の期待値を基準にして考えるのが無難です。 個人的には設定に期待できる店なら打つラインとしています。 絆2は少し確定が出にくいですが、出た時の期待値の上乗せや確定が出なくても高設定を打てている可能性を考慮すれば、自分が行くホールなら十分に打って良いラインだと思っています。 怪しき気配じゃ発生率も高設定の方が高い もっとテーブルの期待値は低いぞorもっと高いぞって思っている方もいると思います。 セリフ別のテーブル選択率を載せていますので、これにテーブル毎の期待値を掛け合わすだけで簡単に見積もれますので、色々考えてみてください。 「何かが起こる予感がします」発生時の期待値 これは期待値が高いテーブル15or16の選択率が低く、期待値が低いテーブル11or12の選択率が高いです。 怪しき気配じゃで打つかどうか迷うラインなので、 これは計算するまでもなく打てないと思って良いと思います。 まとめ テーブル別ボイス選択率が解析で新しく情報として出たので、「怪しき気配じゃ」と「何かが起こる予感がします」を評価してみました。 厳密な見積もりはテーブル期待値を算出しないとできませんが、打てるかどうかの大体の見積もりはできると思いますので、この記事を参考にしてぜひ考えてみてください。

次の

【バジリスク絆2】解析まとめ情報、少し考察もしてます。

バジリスク絆2期待値

前回の記事では、バジリスク絆2における導入前の事前スペックとして、設定1のBT期待値しか公表されていないバジリスク絆2における「設定毎のBT期待値」について考察してみました。 今回の記事では、前回算出した「設定毎のBT期待値」を基に、「 天井狙いの期待値」をシミュレーションで出してみたいと思います。 なお、既に公表されているスペック情報を基に、独自でシミュレーションをおこなった天井狙い期待値算出のため、あくまで参考程度に読んでもらえればと思います。 なお、打ち出しゲーム数は「0G」「100G」「200G」「300G」「400G」「500G」「600G」「700G」の8パターンで実行します。 シミュレーションを行う際に使用する主な数値は以下となります。 ・BC当せん確率 ・BT初当たり確率 ・通常BCからのBT当せん率 ・天井BCからのBT当せん率 ・1回あたりのBC獲得枚数期待値 ・1回あたりのBT獲得枚数期待値 ・天井ゲーム数 ・ベース 1Gあたりの使用枚数 ・BCスルー回数天井 シミュレーション結果 計16パターンを各1000セット分のシミュレーションを行った結果を以下に添付します。 シミュレーション結果の考察 上記項目で出したシミュレーション結果を独自考察してみます。 200Gから期待値はプラス 独自シミュレーションをおこなった結果を見てみると、設定不問で打ちだしG数「200G」から期待値はプラスになりそうです。 実際には、「設定毎のBCスルー回数天井振り分け」が存在するそうで、今回の独自シミュレーションではこの振り分けを考慮していないため、毎回最大スルー回数天井 8回目 を選ぶようにしてしまっています。 ある意味、辛めのシミュレーションとも言えます。 なので、実際の期待値はもうちょい高くなりそうで、打ち出しG数も、もうちょい低くても良いかもしれません。 打ち出し150Gくらいから期待値がプラスになりそう 奇数偶数設定で期待値が異なる BT性能が奇数偶数設定で多少異なるので、天井狙いの打ち出しゲーム数には、注意が必要となるでしょう。 奇数設定はBT性能高めで、偶数設定はBT性能弱めなので、なるべくなら奇数設定と思われる台を狙った方が期待値が高くなりそうです。 1回あたりの天井狙いの期待値は低い 天井狙いの期待値が一番高くなるのは、天井がより近いゲーム数である「打ち出し700G」ですが、その期待値は他の機種と比べてもかなり低いものとなっています。 バジリスク絆2自体がかなりのマイルドスペックなので、1回の天井狙いで大きく期待値を稼ぐというよりは、試行回数で期待値を稼ぐタイプとも言えそうです。 また、有利区間リセット後の700G~800Gで自力BCに当せんしてBT非当せんだった場合、有利区間がリセットされてしまうとの事なので、天井BCである同色BCの恩恵が受けれないケースも出てきます。 しっかりと天井BCの恩恵は受けれそうです。 とは言え、天井により近いG数での打ち出しは、少ない投資でBTに突入させれるチャンスなので、期待値が高いのは間違いないでしょう。 まとめ バジリスク絆2の天井狙いの期待値を独自シミュレーション 辛めのシミュレーション した結果、奇数偶数設定不問で期待値を得る為の打ち出しは以下となりました。 打ち出しゲーム数:200G~ 最低ボーダー 打ち出しゲーム数:400G~ 安定ボーダー 打ち出しゲーム数:600G~ 期待値1000円超えボーダー 実際には、「設定毎のBCスルー回数天井の振り分け」が存在するとの事なので、それを考慮すると、打ち出しはもうちょい低くても良いかもしれません。 打ち出しゲーム数:150G~ 最低ボーダー 打ち出しゲーム数:350G~ 安定ボーダー 打ち出しゲーム数:550G~ 期待値1000円超えボーダー 解説動画.

次の

バジリスク絆 天井期待値(BC間&スルー回数)・ハイエナ狙い目・やめどきまとめ

バジリスク絆2期待値

タイトル通りです。 バジリスク絆2の天井期待値です。 シミュレートの前提 この期待値には3つの前提があります。 前提の1つは BTは何処で当たっても同じ獲得枚数ということ。 「浅いG数のBT」も「800天井のBT」も同じ枚数ということです。 800天井の場合は残り有利区間が700Gもありません。 なので2000枚に到達せずにエンディングを迎えてしまいます。 とはいえ6号機には「ハマリが深ければ獲得枚数優遇」という傾向があります。 2つ目の前提は スルー回数不問ということ。 絆2はハマリG数だけでなく「現地点で何回BCスルーしてるか?」も重要になります。 基本的には、スルー回数が多ければ多いほどに期待値は高まります。 ただし例外的に0スルーは1スルーよりも期待値が高いです。 なぜなら0スルーで800天井に直行すればエピソードBC濃厚だからです。 つまりは「0スルーには獲得枚数が大幅に上がる可能性がある」ということです。 言い換えると「最もサムいのは1スルー」ということですね。 1スルー以降はスルーすればするほどに期待値は上がっていきます。 ということは「800天井でBTに入らず終了」というリスクが少なくなるので平均回収枚数がUPする。 例えば500Gや600GでBC7回目を引ければその時点でBT突入濃厚。 なので平均投資枚数がDOWNする。 ちなみに「BC8回目でBT確定」という解析情報ですが、実際のところは 「BC7回目でほぼBTに当選する」というデータです。 BC7回スルーした場合には何か強い恩恵があるかもしれませんね。 3つ目の前提は、この期待値は 1560件の統計データを基に算出されているということ。 これに関してはデータをご覧ください。 1560件の統計データ 統計データを見て、何点か言えることがあります。 まず スルー天井からBTに突入する割合はそれなりに多いということ。 なので「全体の11. そして ハマればハマるほどにBT当選率が上がっていくということ。 BC7回8回を除いたとしても「~250」より「251~」のほうがBT突入率は高いです。 あと 800最深部は78. あと、そもそも統計データの設定ベースは高いです。 なので設定1に特化すれば道中のBT当選率も下がるかもしれません。 49」となってます。 4枚・その他BCは22. 0枚」という条件です。 あと、 0スルー 1回目BC だけに特化してデータを取ってみました。 こちらもご覧ください。 0スルー限定でのデータ 1回目BC 1回目のBCでのBT突入率は、 トータルでは22. ただし、ハマリG数が深ければBT突入率は高いです。 逆に、0~100でのBC当選の場合はなかなかBTに突入しません。 この事実から「道中のBT突入率はテーブルやモードだけでなくハマリG数にも依存する」ということが推測できます。 そして、0スルーで800Gハマリ直行するとエピソードBCの恩恵があります。 もしも今回の絆2のnoteが気に入ってくれたなら。 ぜひとも 番長3のnoteも買ってみてください!.

次の