低用量ピル 憂鬱。 なぜピルは薬局に売っていない?日本でピルが普及しないワケ|ピルの通販なび

知られていないピルの効果

低用量ピル 憂鬱

子宮ガンは「子宮の入り口付近にできる子宮頸部ガン」と「子宮の内膜にできる子宮体部ガン(子宮内膜ガン)」に分別できます。 子宮頸部ガンは最近HPVというウィルスが原因で起こるガンであることがわかってきました。 HPVの感染は性交渉での感染の機会が最も多く、約8割の女性が一生に一度はこのHPVというウィルスに感染すると言われています。 しかし、その感染のほとんどが一時的な感染であり、運悪く長期に感染が及んだ際にガン化の可能性が出てきます。 実はこのHPVウィルスは現在約150種類見つかっており、その中で15種類がガン化に関係することもわかっています。 現在ではその15種類中最もガン化の危険性の高いHPVである16型、18型のHPVに対するワクチンが発売されています。 このワクチンの接種で約7割も子宮頸部ガンになる危険性が減ると考えられています。 低用量ピルと子宮頸部ガンとの関係 近時、低用量ピルを内膜症の治療薬として応用されるようになりました。 低用量ピルはその成分(女性ホルモン)のバランスから子宮の内膜の成長を抑えます。 月経とはその内膜が入れ替わることですから、低用量ピルの服用で月経量が減ることになります。 子宮内膜症は内膜の細胞ですから、低用量ピルの服用で内膜症も成長が抑えられるのでは?ということが始まりでした。 一般的にオーソMという低用量ピルは一番月経量を減らすタイプのOCです。 このオーソMを使用すると内膜症の方だけでなく、子宮筋腫の方や病気のない生理痛の強い方でもその生理痛を緩和することができたため、月経困難症に対して使用する婦人科医が増えています。 また、子宮内膜症の方の月経痛だけではなく、病巣も縮小し、病気に対する治療効果もあることがわかってきました。 医療系のベンチャー企業が子宮内膜症の治療薬としてオーソMを健康保険適応薬とするべく、厚生労働省と交渉し、現在、ルナベルという名の子宮内膜症治療薬として病院で処方されています。

次の

【あさイチ】生理の新常識低用量ピル(OC)とPMS 飲み続けると?

低用量ピル 憂鬱

質問 「ピルが生理不順にいいだけでなく飲んでいると更年期障害が軽くなると聞き、興味がわきました。 現在、41歳ですが飲み始めたほうがいいでしょうか?」 1月の〈ピルの基礎知識〉に引き続き、ピルについて解説していきます。 ピルは病院で処方される薬ですが、いくつか種類があります。 主な違いは、1錠に含まれる成分の配合量/処方されているプロゲステロンの種類(4種類あります)/1シートの錠剤数(21日分か28日分かなど)、です。 低用量ピルは1999年に厚生労働省により認可され、医師の処方箋があれば10代からでも服用できる薬です。 妊娠を望むまでずっと飲み続けても問題ありませんし、途中でやめてまた飲み始めることもできます。 ただし、ピルには"飲み始めの年齢"に限りがあり"40歳を超えてから飲み始めることはできない"というのが通例となっています。 そのため相談者のニッキィさんに一般的にはピルの服用をおすすめできません。 事情によりどうしても... という場合は、婦人科医とよく相談してみてください。 では、なぜ40歳以上にピルをおすすめできないのか? それはピルに含まれるホルモンが肝臓で代謝され血液凝固機能に影響を及ぼすため、『血栓』が発生しやすくなるからです。 血栓は心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こす原因になります。 産後や妊娠中も血栓ができやすいことが知られています。 ピルによる血栓のリスクは産後や妊娠中よりは低いものの、飲み始めの1カ月間は最もリスクが高いため、使用開始時の年齢に制限が設けられています。 また、喫煙者や肥満、高血圧の人も血栓のリスクが高いため処方できないケースが多いです。 相談者のニッキィさんのように「ピルの処方が難しい年代だけれど更年期障害の対策をしたい」という人には『ホルモン補充療法』があります。 詳しくは11月の〈更年期〉の回も参考にしてください。 ピルとホルモン補充療法はどちらも、女性ホルモンを補うものですが、ホルモンの細かな種類や量が異なります。 ホルモン補充療法では低用量ピルの6分の1ほどに効果がおさえられていますが十分有効で、40・50代でも安心して服用できます。 もし、あなたが20・30代で、生理不順や生理前症候群(PMS)、月経困難症に悩まされているのであれば『低用量ピル』を利用してみることをおすすめします。 また、いつかくる更年期の症状を緩和するためのホルモンコントロールとして飲み始めておくのも、賢い選択でしょう。 40歳以上であれば、低用量ピルではなく『ホルモン補充療法』で対処していくとよいでしょう。 いずれにせよ、せっかく医療が発達している現代。 毎月やってくる生理の憂鬱や、いずれ必ずやってくる更年期の煩わしさを、無理に我慢することはありません。 大事なプレゼンの日に生理が当たらないようにして万全の体調で臨む、生理が終わった爽快な時期に温泉旅行へ行くなど、低用量ピルを使用して月経周期をコントロールすることで、日々の仕事もプライベートも快適にできます。 生理をマネジメントしてコンディションを整えることは、いわば「QOL(クオリティオブライフ)」のためのセルフマネジメントです。 女性が長くイキイキと働き続けるために有効な手段を正しく知り、上手に活かしていきましょう。

次の

ピルと漢方の服用で生理痛とPMSが改善された体験談

低用量ピル 憂鬱

Q 生理不順のためホルモン治療を受けて10年目、主治医が全く原因を調べずにクロミッドを処方していました。 ほかのサイトで長期服用について質問すると妊娠率が下がると言われ、病院を変えたところです。 ピル自体は今の病院で初めてです。 最初、不正出血があったためかプラノバールを21錠内服。 その後からヤーズに変更しました。 ピルのせいとは言えませんが、今まで気にせず流していたことにイライラし、怒鳴りたくなる情動を抑えることもあります。 また、失恋してから恋愛系の話しをあまり聞きたくなくなり、いつも相談に乗ってくれた友達は妊娠8ヶ月くらいと身重なので、ネガティブな話をしてはダメだと思いほとんどメールもしなくなりました。 失恋から2か月、ピルを処方されてから1か月半、しなければいけないと思いながらも行動に移せず、友達から恋愛話をされると心では思っていなくてもメールでは喜んでいます。 それが続き、本音で話せていないメールをするのが辛く相手が誰であろうと「送られてきたら返す。 返信は2,3通が限度」と言う感じです。 思いが込みあがってくると涙が止まらず、発散する場所がないので衝動買いなどしてしまい生活が苦しくなる悪循環です。 今までは休日はほとんど予定を入れて遊びまわっていたのに、予定を入れず寝たりして、気づけば夕方のパターンばかりです。 ピルは浮腫みや体重増加など身体的な副作用をよく聞きますが、精神的なものもあるのでしょうか? それともただの失恋を引きずっているだけなのでしょうか? もうすぐ受信日なので、このメンタル的なことを医者に言うべきか悩んでいます。 生理不順のためホルモン治療を受けて10年目、主治医が全く原因を調べずにクロミッドを処方していました。 ほかのサイトで長期服用について質問すると妊娠率が下がると言われ、病院を変えたところです。 ピル自体は今の病院で初めてです。 最初、不正出血があったためかプラノバールを21錠内服。 その後からヤーズに変更しました。 ピルのせいとは言えませんが、今まで気にせず流していたことにイライラし、怒鳴りたくなる情動を抑えることもあります。 また、失恋してから恋愛系の話しをあまり聞きたくなく... A ベストアンサー お礼ありがとうございます。 私は回答でピルは全く関係ないと言い切ったような書き方をしてしまいましたがピルにも種類があり効いたり効かなかったり人それぞれですのでまずはまた診察を受けてみて医師の判断に委ねてくださいね。 ヤーズは『超』低用量ピルなので他のピルよりは副作用が起きにくいピルです。 ですので(これは私の勝手な想像ですが)低用量ピルに比べるとPMSが緩和される効能が低いのではと思います。 私ははじめ低用量ピルを服用していましたが副作用の吐き気に悩まされ副作用の少ないヤーズに変えてもらいました。 副作用が少ない分低用量ピルに比べると劣るのかなぁと感じています。 でもこれは私の考えですのでちゃんと病院に行って解決してくださいね。 Q 27歳女性です。 ピルの副作用について相談させてください。 生理前症候群による気持ちの落ち込み(抑うつ状態)がひどかったため、先週から低容量ピルの服用を始めました。 生理一日目から服用を開始し、一週間服用しましたが、服用してから抑うつ状態がひどくなり、自分はいないほうがいいとか死んでしまいたいとか考えてしまいます。 ピルの服用はなるべく避けたいと思っており、先月、生理が終わった頃からハーブティーやアロマなどでなんとか生理前を乗り切りたいと思っていました。 その結果かどうかはわかりませんが、ピルを飲む直前の生理前はそれまでより安定した気持ちで過ごせた気がしています。 婦人科にもアドバイスをもらいたいと思い相談したところ、ハーブティーや生活習慣の改善はピルで安定してからゆっくり考えていってはどうかということだったので、今回ピルの服用を決めましたが、いつもなら生理がくれば何に対してもポジティブになるのに、ピルを服用した今回はネガティブで、鬱状態になってしまいました。 これは副作用なのか、いつか消えるのか、薬があっていないのか、それとも元々の私の性格や仕事のストレスからなのか、何が原因かわからなくなってしまい、困っています。 以前、鬱病を経験したことがあり、その際にも鬱の薬を服用していた経験から、薬にはなるべく頼りたくないと考えています。 こういった場合、服用は続けるべきなのか、一旦中止した方がよいのか、経験のある方、知識のある方がいらっしゃいましたら、アドバイスいただけると嬉しいです。 婦人科にも相談へ行こうと思いますが、今日明日では予約がとれないため、こちらで相談させていただきました。 よろしくお願いします。 27歳女性です。 ピルの副作用について相談させてください。 生理前症候群による気持ちの落ち込み(抑うつ状態)がひどかったため、先週から低容量ピルの服用を始めました。 生理一日目から服用を開始し、一週間服用しましたが、服用してから抑うつ状態がひどくなり、自分はいないほうがいいとか死んでしまいたいとか考えてしまいます。 ピルの服用はなるべく避けたいと思っており、先月、生理が終わった頃からハーブティーやアロマなどでなんとか生理前を乗り切りたいと思っていました。 その結果かどうかはわか... A ベストアンサー 友人がピルを飲んでいましたが気分が落ち込んだり、lamorumoさんと 同じような症状でとてもつらそうでした。 すごくネガティブなことばかりが頭に浮かんでくる。。。 と、 ピルの服用はしばらくしてやめていました。 婦人科の先生はしばらくピルを飲んでみて合わないようなら 漢方薬を・・と言っていましたが、友人は薬は飲みたくなくなったと 言ってハーブティーを飲み始めて、いくぶんPMSの症状が軽くなってきたとよろこんでいます。 参考までにURL載せておきますね。 ピルは人によって副作用があったりなかったりで、 ピルを飲んで何ともない、という人もいるそうです。 いずれにしてもしばらくピルを飲んでも症状が改善されず 副作用に悩まされるなら服用はさけるべきだと思います。 jwtea. 単なる偶然かとも思いました 飲んでいないのに鬱になった友達が周りにいた が、非常に切実な状況だったので、可能性の一つとして調べてみました。 まず、産婦人科の先生2人に聞いたところ、そういった例は見たことが無いとの事でした。 しかし、図書館で調べたところ、何冊かの本には可能性として考えられると書いてありました。 このサイトでも何度か探したことがありますが、皆さんがなるわけではなく、そのピルが合わない一部の人がなるのだと言う意見や、それはピルのせいじゃないという意見がありました。 もしかしたら、saintsachiさんは、お辛い思いをされて、その心の傷で苦しんでおられるのかもしれません。 また、もしかしたら、jade36様が仰られている様に、服用初期のせいかもしれません。 本で批判されていたように、低容量ピル自体が良くないのかもしれません。 ちなみに、私自身、このようなハッキリとした答えが出ていない不安な状況で飲み続けるべきではないと思い、服用を停止しましたが、たまにぶり返すので、本当のところは分かりません。 ですから、この回答はあくまで参考として、saintsachiさんにとって一番良いと思われるようになさってください。 私は四年前から低用量ピル アンジェ21 を服用しましたが、そのころから少し心が不安定になることが多くなり、その半年後、普通の状態ではちょっと落ち込む程度のことがあった時、鬱状態になり、とても辛い思いをしました。 単なる偶然かとも思いました 飲んでいないのに鬱になった友達が周りにいた が、非常に切実な状況だったので、可能性の一つとして調べてみました。 まず、産婦人科の先生2人に聞いたところ、そういった例は見たことが無いとの事でした。 しかし、図書館で調べたところ、何冊かの...

次の