エクセル リボン 消えた。 【アドイン】突然[アドイン]タブからボタンが消えてしまった場合の対処方法

エクセルで文字が消える・表示されない原因を解説|詳しい動画付き

エクセル リボン 消えた

エクセル2010などでは校閲タブに「 ブックの共有」がありました。 共有フォルダに配置し、進捗表など同時に複数人が開いて更新していくなどの使い方ができ、非常に便利な機能です。 しかしOffice365の Excel2016では「ブックの共有」が校閲タブ上から消えました。 マイクロソフト的には共有は新機能の「共同編集機能」を使ってほしいため、標準から外されたみたいです。 いやいやこの機能はまだまだ必要だと思います。 会社内でも「全員が2016を使っているわけではない」、「OneDriveは使っていない」などの理由で旧機能は普通に使いたい状況です。 実は表(おもて)には表示していませんが、 クイックツールバーやリボン表示のオプションで追加することが可能です。 今回はExcel2010などと同じように 「ブックの共有」を校閲タブに表示する方法を解説します。 「ブックの共有」を校閲タブに表示する方法 「校閲」タブ辺りで右クリックし、「リボンのユーザ設定」 コマンドの選択で「リボンにないコマンド」を選び、 「ブックの共有(レガシ)」をクリックします。 (50音順に並んでるので「フ」辺り探してください) そのまま追加してもエラーがでるので、以下操作を行います。 その後、左側の「ブックの共有(レガシ)」を作成したグループに中央の「追加」を押して追加します。 こんな感じになります。 位置が違っていたり、変えたい場合は、この画面でドラッグアンドドロップで位置調整も可能です。 最後にOKボタンを押して完了。 これで校閲のシート保護、ブック保護の近くに従来のエクセルのように「ブックの共有」ができました! 「新しい共同編集機能ではなく~」とかかいてますが(いちいち表示せんでいいのに…) 2010までと同じように使えるようになりました。 今回は以上になります。

次の

エクセルでアドイン(分析ツール)がリボンに表示されなくなった

エクセル リボン 消えた

よくあるケースとしては多くの行を表示させたいときです。 特に1つのセルに複数行の文字列を入力して、1画面に5行しか表示されてないのをもう少し表示させたいなといったときです。 そうしたときにリボンの部分を非表示にさせることで、ワークシートを広く使うことができます。 つまりは利便性がアップするということです。 それぞれの設定における目的のメニューにたどり着くまでの手間と、ワークシートの表示領域の広さは以下のとおりです。 「リボンを自動的に非表示にする」はExcelのウィンドウが最大化されます。 メニューを表示させて、ウィンドウのサイズを変更すると自動的に「タブの表示」に設定が変わります。 初めてExcelを起動したときの初期状態は「タブとコマンドの表示」です。 Excelを使った作業に慣れていない場合は「タブとコマンドの表示」にしておいた方が無難です。 タブとリボンを常に表示させたくない人は「リボンを自動的に非表示」か「タブの表示」のどちらがいいのでしょうか? 以下の4点の理由で 「リボンを自動的に非表示」か「タブの表示」かで悩むなら「タブの表示」の方がトータルの作業ペースは速くなるかなと思います。 「リボンを自動的に非表示にする」にした場合、「タブの表示」と比べるとワークシートの表示領域はワークシートの1行分くらいの差しかありません。 「リボンを自動的に非表示にする」にした場合、Excelのウィンドウは最大化され、ウィンドウのサイズを変更すると自動的に「タブの表示」の設定に変更されます。 その後、最大化しても「タブの表示」のままです。 設定がころころ変わるため、「リボンを自動的に非表示にする」は居心地の悪さがあります。 「リボンを自動的に非表示にする」にした場合、リボンの表示までに多少もたついた感じの動作をします。 「リボンを自動的に非表示にする」にした場合、開いているファイル名が表示されない。 「リボンを自動的に非表示にする」設定の場合のメニューの表示方法 「リボンを自動的に非表示にする」を設定した場合のメニューの表示方法について説明します。 「リボンを自動的に非表示にする」を設定している場合のウィンドウは以下のようになっています。 赤い枠のところを見ていただければわかりますが、白色の状態です。 赤い枠のところにマウスを持っていくと、薄緑色に変わります。 薄緑色の部分をクリックするとリボンとタブが表示されます。

次の

【エクセル】シートやタブが表示されない時の6つの復元方法

エクセル リボン 消えた

エクセルのシートが表示されない(消えた)時に復元させる まずは、シートが消え時の現象として、たんに シートが最小化されている場合と、本当に消えた(非表示になっている)場合の2通りのパターンがあります。 それぞれのパターンの解決方法を紹介します。 シートが表示されない(消えた)時の復元方法(1) エクセルの左下が、次のようにバーのようなものが表示されてないですか? これは、 シートが最小化されているだけで、シートが消えているわけではないです。 復元手順 『元に戻すボタン』か、『最大化ボタン』を押せば、シートが復元されます。 シートが表示されない(消えた)時の復元方法(2) 続いては、本当にシートが消えている場合。 これは、 シート(正確にはウィンドウ)そのものを非表示にする操作をした可能性があるので、シートを再表示させます。 シートが表示されない(消えた)時の復元方法(3) 次の復元方法です。 例えば、下のエクセルのようにシートは表示されていないのに、ステータスバー(下の赤枠)には 平均、個数、合計が表示され、名前ボックス(左の赤枠)にも名前が表示されている場合は、シートは明らかに存在しています。 実際に、僕はこの現象が発生して『新しいウィンドウを開く』をやってみたら、復活できました。 どうも、複数のブックを同時に開いていて、別なブックで『新しいウィンドウを開く』をしていた時に発生するようです。 シートが表示されない(消えた)時の復元方法(4) 4番目の復元方法です。 そうすると、消えていた(隠れていた)シートが表示される場合があります。 シートが表示されない(消えた)時の復元方法(5) 続いては、 他のシートの見出しはあるのに目的のシートの見出しがない場合。 つまり、見出しがないから目的のシートも表示されていないパターンです。 これはそのシートを非表示にしているのが原因なので、再表示すれば復活することができます。 もし、『再表示』が薄い文字になって選択できない場合は、 非表示になっているシートがないことを示しています。 次に、表示になっていたシートが選択されている状態で『OK』クリック。 すると、シートが再表示されます。 エクセルのシート見出し(タブ)が表示されない時の復元方法(6) 続いては、シートではなく、 見出し(タブ)が消えた時の解決方法。 次の画像のように、シートの見出し(タブ)が消えていることがあります。 これを、シート見出しが表示されるようにします。 そうすると、シート見出し(タブ)が表示されるようになります。 アドインファイル(拡張子がxlam)を開いた時もシートは表示されない これは可能性が低いですが、間違って 通常のエクセルとは異なるアドインファイル(拡張子がxlam)を開いた時は、シートは表示されません。 もし、他の方法でも解決できない場合は、 開いているエクセルファイルの拡張子を確認してください。 『シート見出しを表示する』は選んだブックのみ影響をうける 余談ですが、シート見出しの表示を解決する方法で紹介した 『次のブックで作業する時の表示設定』は全てのブックに影響をあたえません。 『次のブックで作業する時の表示設定』をよく見ると、ブックを選ぶプルダウンリストがありますね。 同時に開いているブックがここに表示され、例えばブックを選んで『シート見出しを表示する』につけないで『OK』を押すと、 選んだブックだけが影響を受けてシート見出しが非表示になります。 つまり、 他のブックはこの設定の影響をうけないということで、逆にいうと、他の人からもらったエクセルだけがシート見出しが非表示になっていることもあるわけです。 いずれにしろ、シート見出しが非表示になっている場合は、落ち着いて今回紹介した方法で解決していきましょう。 シートやタブが表示されない時の6つの復元方法のまとめ シートやシート見出し(タブ)が『表示されない』というのはあまり起こる現象ではないですが、もし起きた場合は、今回紹介した方法で解決してください。 シートや、シート見出しが消えていても、別にエクセルが壊れているわけではないので、あわてずに落ち着いて解決していきましょう^^.

次の