バル テン シュタイン 永岡 海。 NHKの記者・バルテンシュタイン永岡海さんの年齢は❓既婚者❓

ドリンクメニュー : シュタインハウス 新宿 (Stein Haus)

バル テン シュタイン 永岡 海

の気候・風土 チンクエ・テッレ(Cinque Terre)は、北西部リグーリア州にある5つの村の総称で、リグーリア海岸最東のラ・スペツィア県にあるワイン産地だ。 チンクエ・テッレとは「5つの土地」という意味があり、県都ラ・スペツィアから西方にあたるモンテロッソ・アル・マーレ、ヴェルナッツア、コルニッリア、マナローラ、リオマッジョーレがそのエリアに含まれている。 また、コスタ・デ・セーラなどの3地区が、に表示が可能なソットゾーナ(指定地域)とされている。 この地域は、険しい海岸沿いの美しい街で世界遺産に登録されていることでも知られている。 平地がなく、ぶどう畑は海岸沿いにある斜面の岩盤を砕いて造られた石垣にある。 気候は穏やかな地中海性気候。 海から吹き続ける風が冬の寒さを和らげる。 また連なる山々により冷たい北風から守られており、年中を通じて温暖といえる。 土壌は岩壁を砕いてできた砂が敷き詰められているため水はけが良く、粘土や石灰のない弱性で、土着品種であるボスコの栽培に適している。 チンクエ・テッレのワインの特徴 チンクエ・テッレでは、ボスコ種を中心に、アルバローラやヴェルメンティーノ種をブレンドした辛口と、シャッケトラと呼ばれるがつくられる。 またシャッケトラには、長期熟成が必要とされるリゼルヴァタイプもある。 白ワインは緑がかった麦わら色をしており、完熟した柑橘類や蜂蜜のエレガントで新鮮な香りがある。 ミネラルや果実味が豊かな味わいで余韻も長く続く。 シンプルな魚介系の料理などと合わせることができる。 シャッケトラは、同品種のぶどうを半乾燥させてつくられる。 白ぶどうであるアルバローラ種とヴェルメンティーノ種の果皮が赤くなる年に限り生産されるため、良質だが生産量は少ない。 クッキーなどのデザートや、チーズなどと合わせて楽しむことができる。 エピソード チンクエ・テッレは、ルネサンス期の詩人ペトラルカの作品にも登場する古くから知られた銘酒だ。 制定後初期にあたる1973年に、DOCとして認定されている。 チンクエ・テッレの代表的なワイン チンクエ・テッレ/カンティーナ・チンクエ・テッレ チンクエ テッレ/ルチアーノ・カペッリーニ チンクエ・テッレ/テレンツォーラ ポッサ チンクエ・テッレ/ボナニーニ・サムエーレ・ハイディ チンクエ・テッレ・リベッキオ/カンティーナ・チンクエ・テッレ チンクエ・テッレ/カンティーナ・チンクエ・テッレ チンクエ・テッレ・ペルゴーレ・スパルセ/カンティーナ・チンクエ・テッレ チンクエ・テッレ・コスタ・デ・セーラ/カンティーナ・チンクエ・テッレ チンクエ・テッレ・シャッケトラ/カンティーナ・チンクエ・テッレ チンクエ・テッレ シャッケトラ・リゼルヴァ/カンティーナ・チンクエ・テッレ.

次の

【公式】シュタインハウス 新宿店

バル テン シュタイン 永岡 海

11期生の現場に伺うのは3度目です。 同研修所では7年振り2度目の上演となり、 演出は今回も研修所長の宮田慶子さんです。 通し稽古を拝見したところ、 やはりすごく面白かった! 自分で自分を追い詰めてしまう心優しい人々の姿を滑稽に、または残酷に描き出す現代群像劇です。 土日は残席少ないですのでお早めにご予約を。 そこに住む、私立高校で教師をしている永山健一の部屋には若い女性が出入りしている。 隣の部屋では兄妹が暮らす。 ……九州の、海のある小さい町。 永山が実家に帰ってくる。 そこを訪ねる東京の友人、そして、土地の人々との交わりを経て……。 セリフをしっかり憶えた状態での通し稽古も数回目。 いつも思いますが非常に贅沢な環境です。 公演中に演出部の仕事をする12期生(下級生)が初めて見学にやってきました。 舞台監督、音響、小道具などのスタッフも含め大人数が見守る中、14時から通し稽古が始まりました。 『美しい日々』の舞台は1990年代後半の日本。 前半と後半で景色も空気もガラリと変わる群像劇です。 4期生の時よりも装置の移動が増え、演出も変わっていました。 再演といえどお芝居は常に新しく生み出されるものだなと実感します。 左端から3人:堀元宗一朗(演出助手・8期修了生)、宮田慶子(演出)、竹内香織(プロンプ・9期修了生) 通し稽古終了後、短い休憩を挟んで宮田さんによるダメ出しが始まりました。 このお芝居に登場するのは兄妹、恋人、親戚、同僚といった市井の人々で、畳の部屋で行われるのは主に日常会話です。 動きや声をほんの少し変えるだけで、意味も空気も一変します。 客席からの見え方もポイントです。 細かく指摘し、試すことで精度を上げていくんですね。 宮田:もうちょっと上体を起こせば、表情が見える。 宮田:意を決している感じを出したいから、しっかり座ってから話し始めてみて。 宮田さんは会話の流れを整理していくために、空気が滞る原因を探ってさまざまな提案をされます。 ため息を入れる、ウィスパー(息声)を使う、小道具使いのリズムを作る、一歩足を踏み出す、立ち上がるタイミングを決める…。 小さな工夫でサっと流れが変わる度に驚かされます。 左から:田渕詩乃、小比類巻諒介 演出家として演技がどう見えたか、どう変えたいかを伝えた上で、言い方や動きの具体的変更を指示していくこともあります。 お客さんが「ああ、わざとやってるんだな」とわかるように、空気抜きをしてみようか。 宮田:論理的な間(ま)が空いちゃうのが嫌なんだよね。 観念的なセリフになったらだめ。 いちいち胸に落ちない内にしゃべっちゃおうか。 (セリフの途中で)胸に落とすのを一旦やめてみよう。 普通にしゃべってみて。 左から:佐藤和、バルテンシュタイン永岡玲央 また、見え方だけを変えても演技としては不完全であることが、この稽古場では共有されていました。 俳優の中にある感情や意志が、表情、動き、声として表に現れます。 たとえば「破談」と言ってみてから、その気持ちで「結婚」と言ってみた時の変わりっぷりは凄かった(笑)! 左から:川澄透子、上西佑樹 逆に、目に見える動きを変えれば気持ちに影響する場合もあります。 セリフの根拠を探り出し、試していくことも大いに助けになっているようでした。 宮田:髪型を変えたら? 分け目をつくるとか。 思い切ってやってみよう。 (髪型が変われば)自分も変わると思うし。 宮田:「学校をお辞めになったんでしょ」というセリフのサブテキスト(文字にはないが暗に示される事柄)は、「そういうワケアリのご家庭だったんですね(だから辞めて当然)」だよね。 左から:生地遊人、山田健人 演技の提案だけでなく、宮田さんは研修生のための演技指導もされます。 ここが一般の公演とは大きく違うところでしょうね。 宮田:呼吸を止めないで。 空気が緊張するから。 宮田:顔で演技しないこと。 わざとコミカルにやってるように見えて、芝居じゃなくなっちゃうよ。 宮田:目線が決まらないと、芝居は決まらないよ。 何を、誰を、見るのか。 空(くう)を見るのもあるし、色々できる。 でも同じことをし続けるのもだめ。 きちっと(目線を)分けないと。 宮田:(登場人物たちが)お互いに違う行動路線だから、重層的になる。 ストーリーをなぞるだけではドラマが起こらない。 左から:生地遊人、佐藤和 私が伺った日は13時稽古開始でした。 ある場面の繰り返し稽古の後、14時から通し稽古。 16:40からダメ出しが始まり、最後に二幕の最初の場面の繰り返し稽古をして、19:10に終了。 途中で約15分間の休憩が3度ぐらいあったでしょうか。 常に全方位に向かって真剣勝負ですから、緊張と集中が続きます。 私は観ていただけですが、帰る頃にはもうヘトヘト…。 研修生の中には朝と夜にアルバイトをしている人もいるでしょう。 演劇人の仕事と生活を実地経験する研修でもあるんですね。 今回も参考資料、関連書籍のプチ図書館が登場! 1990年代後半というと今から約20年前です。 1995年のWindows95の発売以降にインターネットが、この10年間にスマホが普及したと考えると、一昔前とはいえ隔世の感がありますね。 1995年といえば阪神・淡路大震災、オウム真理教徒による地下鉄サリン事件もありました。 若い研修生にとっては体験したことのない歴史になるため、一から勉強して取り組まれています。 今の若者の身体によって1990年代が立ち上がる、重層性を楽しめる舞台が期待できそうです。 皆さまのお越しをお待ちしております。

次の

NHKの記者・バルテンシュタイン永岡海さんの年齢は❓既婚者❓

バル テン シュタイン 永岡 海

解 説 18世紀前半、ユダヤ社会を捨て、自らの生きる場所を探し求めた野心あふれる青年 エドゥアルト。 彼の波乱に満ちた生涯を描いた同名小説から着想を得た新作ミュージ カル。 マリア・テレジアとの愛憎、主君フランツ・シュテファンとの友情を通して、 戦乱の世を駆け抜けていく姿をダイナミックに描く。 「エリザベート」などを手掛け た作曲家シルヴェスター・リーヴァイ氏が、宝塚歌劇オリジナル作品のために初めて主題歌を作曲。 ストーリー 18世紀前半のヨーロッパ。 フランククフルトのユダヤ人居住区で生まれ育ったエリ ヤーフー・ロートシルトは、自分の未来、そして、迫害と差別の歴史を持つユダヤの 未来を切り拓こうと、理想を胸にパドヴァで大学生活を送っていた。 さまざまな制約 と偏見の中で生きる彼らユダヤ人が最も大切にしていたのは、ユダヤ教の教えが記さ れた律法だった。 エリヤーフーは、ヘブライ語で書かれた律法をドイツ語に翻訳する ことにより、多くの人がその教えに触れることができるようになれば、ユダヤ人の未 来を拓くと信じ、情熱を傾けていた。 理想に燃える仲間に支えられたエリヤーフーの 前途は光り輝いているように思われた。 しかし故郷で彼を待ち受けていたのは、閉鎖的な因習に固執するユダヤの人々から の激しい拒絶だった。 律法をヘブライ語以外の言語で表わすということは掟を破るこ とにほかならず、完成した本は異端の書として暖炉に投げ込まれてしまう。 家族にす らも理解されず、打ちひしがれてアルテ橋へと向かったエリヤーフーは、パドヴァで 出会った恋人アーデルハイトと再会する。 ユダヤ人との恋愛を咎められ、監禁されて いた中を抜け出してきたというアーデルハイト。 誰にも受け入れられなかった心を分 かち合える、掛け替えのない存在であることを確かめ合う二人だが、有産階級の娘で ある彼女には両親によって決められた婚約者がいた。 二人の仲を知った婚約者から決 闘を挑まれたエリヤーフーは、ユダヤの掟を破ってその申し出を受け、その結果、心ならずも彼を殺めてしまう・・・。 ヨーロッパで名立たる権勢を誇るハ プスブルク帝国の君主カール6世は、長女マリア・テレジア(テレーゼ)の娘婿にロ ートリンゲン公国からフランツ・シュテファンを迎えていた。 カール6世が名将サヴォイア公オイゲンのために催した宴の席で、オイゲン公はハ プスブルクの護り刀となり得る、武勇知略に優れた若者を皇帝に紹介する。 決闘の後、傷を負い瀕死の状態だったエリヤーフーは、フランツの側近であるジャ カンに見つけられ、奇跡的に一命を取り留めたのだ。 ユダヤを捨てキリスト教に改宗 したエリヤーフーを、フランツはその出生を知った上で臣下として召し抱え、エドゥ アルトとしての新しい人生を与えた。 テレーゼとの結婚の際、領地ロートリンゲンを フランス領とされることを余儀なくされ、苦渋の末、祖国を捨て愛するテレーゼとの 結婚を選んだフランツは、同じく帰るべき場所を失ったエドゥアルトの孤独に共感を 覚える。 そしてエドゥアルトは恩人であるフランツと共に、このウィーンで真のオーストリア人となる決心をしたのだった。 フランツからテレーゼを紹介されたエドゥアルトは彼女の面差しに衝撃を受ける。 彼女は、あのアーデルハイトに瓜二つだった。 捨てたはずの過去の記憶に激しく心を 揺さぶられるエドゥアルト。 一方テレーゼはエドゥアルトの瞳に宿る鋭く激しい炎に 不吉な予感と、強い興味を掻き立てられる。 そんなテレーゼの心の奥にある自分への 関心に気付いたエドゥアルトは彼女を誘惑するが、それを察したジャカンは彼がユダ ヤ人であることをテレーゼに知らせ、二人を遠ざけようとする。 フランツを護ること を自分の義務とするジャカンは、ユダヤ人であるエドゥアルトの存在がフランツの立 場を危うくすることを案じていた。 エドゥアルトはいつか必ずすべての人にもっとも 価値のあるオーストリア人として自分を認めさせてやると誓うのだった。 やがてカール6世が崩御し、広大なハプスブルク領がテレーゼに継承される。 若き 女性君主の誕生はヨーロッパに激動の嵐を巻き起こす。 領土拡大を計る列強諸国が一 斉にオーストリアに外圧をかけてくるが、ウィーンの宮廷には因習に凝り固まった老 臣達しかいない…フランツは今こそエドゥアルトの力が必要だと考えるが、テレーゼ はユダヤ人である彼の助言を受けることを頑なに拒む。 業を煮やしたエドゥアルトは 直訴し、現状を打破する為、長年ハプスブルクの統治に反発してきたハンガリーを味 方に付けるという奇策を打ち立てる。 周囲の苦い反応をよそに、エドゥアルトは見事 ハンガリー貴族グレゴール・バチャーニ達の協力を取り付けることに成功する。 エドゥアルトの尽力で危機を脱したテレーゼは、ハンガリー女王として戴冠式に臨 む。 彼女はエドゥアルトを必要とする一方で、どうしてもユダヤ人である彼を認める ことができずにいた。 そんな彼女とフランツとの間で苦しむエドゥアルトは、ウィー ンを離れたいとフランツに申し出る。 オーストリア軍に付き従い、各地を転々とする うち、エドゥアルトはプラークで街を追放されるユダヤ人達に出くわす。 今の自分と ユダヤ人の運命が重なり、絶望の中に追いやられた彼は、己の居場所を求めて戦場へ と赴く。 オーストリア軍が全滅し、生死の境を彷徨うエドゥアルトを救ったのはユダヤ人の一家だった。 自らの居場所を求めて流離うエドゥアルトが、最後に見出した光とは・・・。

次の