美顔器 ems。 美顔器って毎日使って大丈夫?使用頻度はどれくらいがちょうどいい?

EMS美顔器って効果があるの?選び方とおすすめ

美顔器 ems

この記事の目次• 美顔器のEMS機能とは? EMSは、Electrical Muscle Stimulation(エレクトリカル・マッスル・スティミュレーション)の頭文字三つをとった名称で、電気の刺激で筋肉を動かし、運動時と同じ状態にする機能です。 美容業界ではエステサロンで行うウエスト引き締め施術や、有酸素運動効果を与えてシェイプアップするために使われています。 美容業界の他には、医療やスポーツ分野でも広く使われている技術です。 電気を流して筋肉が動くのは、元々人間の体には微弱な電気が流れているからです。 人間の身体の細胞1つ1つは微弱電気を発生しており(生体電気)、生命現象の維持、継続に不可欠な働きをしています。 この生体電気は、筋肉や筋肉を支配する運動神経を電気(電流)で刺激すると、その筋肉は収縮するという現象を起こします。 引用: EMSは、生体電気のような微弱な電流を流すことで、筋肉を動かし、運動やマッサージなしで筋肉を鍛えます。 また、EMSは周波によって与える効果が異なり、家庭用の美顔器には低周波が使われています。 EMSの低周波刺激は、皮膚と筋肉をマッサージして血流をスムーズにするため、肌の代謝を促進させる効果も期待できるのです。 EMS美顔器を選び方 EMS美顔器を選ぶときは、• メーカーは信頼できる企業か• 自分の肌悩みをケアできる機能がついているか• EMSレベルは調整できるか 三つのポイントを重視して選びましょう。 メーカーは信頼できる企業か 美顔器は顔に当てて使うものなので、万が一何か肌トラブルなどがあったときに、しっかりと対応してくれる信頼できる企業のものがベストです。 通信販売に特化している美顔器のメーカーの場合は、カスタマーサービスの対応について口コミからチェックできることもあります。 聞いたことのない企業の美顔器を購入する際は、あらかじめ口コミをチェックすると良いでしょう。 自分の肌悩みをケアできる機能がついているか EMSはシワやたるみのケアに特化しているため、他の肌悩みもある場合は、EMS機能以外に肌悩みがケアできる機能がついている美顔器を選びましょう。 特に年齢を重ねると、肌悩みが複数になることが多いため、多機能美顔器の方が長期的に使えます。 EMSレベルは調整できるか EMSの刺激が調整できないと、刺激が気になって使いにくく、いつのまにか購入した美顔器がお蔵入りになってしまいます。 出力が調整できるEMS美顔器なら、自分の肌に合う刺激を選べるので、挫折せずに使い続けられるでしょう。 調整ができない美顔器でも、口コミをチェックして実際の刺激についてあらかじめ調べて置けば、使ってみて刺激が強くて続けられない、という状況を避けられます。 EMS美顔器の効果 表情じわケアできる 同じ表情を繰り返すと、表情筋が縮こまり、皮膚の表面にシワができます。 眉間やおでこ、目尻にできることが多いシワです。 顔をしかめる癖がある人は、おでこと眉間にシワができやすいので要注意です。 化粧品をつけるだけのケアでは限界がありますが、EMS美顔器を使って筋肉のコリをほぐし、筋肉の緊張を取ることでケアできます。 即効性はありませんが、コツコツとケアを続けることでシワが目立ちにくくなります。 たるみケアできる たるみは、肌の奥深くの真皮にある弾力成分(コラーゲンやエラスチンなど)が劣化、減少や、脂肪の増加、表情筋の筋力の低下によって、筋肉が皮膚と脂肪を支えきれなくなることで起こります。 表情筋は、日常生活ではほとんど動かない筋肉なので、年齢を重ねるにつれてどんどん筋力が低下してしまうのです。 真皮の弾力成分を修復、増やすケアに加えて、EMSで表情筋を鍛えることで、ピンとハリのある肌を取り戻せます。 表情じわと同じで、レーザー治療やヒアルロン酸注射など、エステやクリニックで行われる施術に比べると即効性はありません。 しかし、EMS美顔器を肌に5分〜10分当てるケアを続けるだけで、自宅で本格的なリフトアップが可能になります。 beautemagazine. 角栓が詰まって開く毛穴• 皮脂が酸化して黒ずんで目立つ黒ずみ• たるみによって縦長に目立つ毛穴• ターンオーバーの乱れで毛穴まわりの皮膚が角化異常を起こして目立つ毛穴 四つのタイプがあります。 この中で、たるみ毛穴と角化異常で起こる毛穴は、EMS美顔器を使い続けてケアが可能です。 EMSによって表情筋を鍛えてリフトアップすると、たるみ毛穴が引き締まります。 また、EMSの低周波作用で皮膚の血流がスムーズになり、ターンオーバーが整うことで、毛穴周りの皮膚が生まれ変わり、角化異常による毛穴が目立ちにくくなるのです。 むくみや二重あごケアできる むくみは余分な水分や老廃物が溜まる、または血流の低下によって起こります。 EMSのマッサージ効果で、代謝が促進すると、血流とリンパの流れがスムーズになり、余分な水分や老廃物が排出されやすくなり、むくみのないスッキリとしたフェイスラインが実現します。 また、EMSは余分な脂肪にも働きかけるため、脂肪によってできた二重あごにも効果的です。 EMS美顔器の効果的な使い方 EMS美顔器を使うときのポイントは二つあります。 ジェルはたっぷり使う• 下から上に皮膚を持ち上げるように使う ジェルはたっぷり使う EMS美顔器は、美顔器専用のジェルを塗って使います。 クレンジングや洗顔で汚れを落とし、化粧水で保湿してからジェルをたっぷりと塗りましょう。 ジェルを塗る量が少ないと、EMSの電気刺激が伝わりにくかったり、美顔器のヘッド部分と皮膚の間で摩擦が起きて肌が傷つきます。 ケチらずたっぷりと使えるように、リーズナブルな美顔器用ジェルを使ってもOKですが、ポレーション機能が同時に働くタイプの美顔器の場合は、必ず無添加のジェルを使いましょう。 下から上に皮膚を持ち上げるように使う 表情筋は下から上に動かした方がほぐれやすいため、美顔器は下から上に動かしましょう。 往復はさせず、下から上に動かします。 ジェルが乾いたらその都度ジェルを足してください。 適切な仕様頻度で使おう EMS美顔器は、筋肉を刺激して鍛える美顔器です。 筋肉を効果的に鍛えるためには、エクササイズの後に48時間〜72時間と時間を置く必要があります。 筋肉が修復する時間を確保するために、必ず2〜3日は間隔を空けて使いましょう。 また、敏感肌の人は電気刺激をより強く感じる可能性があるため、メーカーが週に2〜3回と推奨していても、しばらくは週に一回の使用で少しずつ肌を慣らすと良いでしょう。 おすすめEMS美顔器のランキング 肌のシワやたるみをケアするなら EMSとラジオ波の組み合わせがベスト 超音波は肌表面のケアに効果的ですが、EMSとラジオ波は肌の奥深くの真皮、筋肉にまでアプローチします。 肌の奥深くから起こるシワやたるみは、真皮と筋肉の衰えが原因なので、両方にアプローチするケアが必要です。 美顔器を選ぶときは、EMS機能とラジオ波機能の両方がついた多機能美顔器を選ぶと、真皮と筋肉両方のケアができるため、シワやたるみをより効果的にケアできます。 EMS美顔器のデメリット EMSの出力数によっては刺激を感じることがある EMS美顔器を使うと、皮膚表面がピリピリと刺激を感じます。 出力を上げるほど、筋肉に伝わる刺激は強くなりますが、そのぶん皮膚に伝わる刺激も強くなるのです。 EMS美顔器を購入する際は、出力を手軽に調整できるものを選び、まずは最小出力から使い始めましょう。 ケアできる肌悩みが少ない 美顔器には、EMSの他にも色々な機能があります。 イオン導入や超音波などは、一つの機能でシミやくすみ、シワ、たるみ、ニキビ、毛穴とケアできる肌悩みが多いのが魅力です。 EMSは、シワやたるみのケアに特化しているぶん、シミやくすみ、ニキビ、乾燥まではケアできません。 低周波によるマッサージ効果で代謝が促進しますが、イオン導入のような美白ケアや、超音波によるクレンジング効果などへの効果は薄いのです。 シワやたるみだけではなく、シミやくすみなど、肌悩みが複数ある場合は、EMS機能だけではなく、他の機能もついた多機能美顔器を選びましょう。 肌悩みへの即効性はない 美顔器を購入すると、肌の変化をすぐに期待してしまうものです。 しかし、美顔器の効果はエステやクリニックで受ける施術のように、即効性はありません。 美顔器は雑貨として分類されており、エステやクリニックでも使われている機能を搭載しているといっても、即効性のある医療機器とは違います。 即効性はありませんが、自宅で安全に手軽に本格的なケアができるという点と、使い続けることで 少しずつ肌トラブルの改善が期待できます。 化粧品だけのスキンケアよりも肌にアプローチしやすいため、肌悩みをケアしやすいのも美顔器のメリットの一つです。 まとめ 年齢とともに目立つシワやたるみは、老け顔に見られる最大の原因です。 化粧品だけではケアに限界がありますが、EMS美顔器を取り入れれば、自宅で手軽にピンとハリのある肌を育てられます。 週に2〜3回、5〜10分でケアできるEMS美顔器が多いので、ズボラさんでも続けやすいでしょう。

次の

美顔器って毎日使って大丈夫?使用頻度はどれくらいがちょうどいい?

美顔器 ems

EMSとは EMSとは「Electrical Muscle Stimulation」の略。 電気の刺激によって、筋肉を鍛えるものです。 EMSはもともと、医療現場でリハビリや痛みの軽減を目的として使われていました。 やがて、EMSで「筋肉を刺激する」ことの美容効果が見いだされ、現在では、美顔器などの美容機器にもEMSが活用されるようになってきています。 EMS美顔器のおすすめポイント 電気で筋肉を刺激してくれるEMSには、どんなことが期待できるのでしょうか。 お顔がだるんとしてしまう原因としては、土台である筋肉の低下があり、加齢とともに、お顔の筋肉である表情筋もおとろえてしまうと言われています。 また、わたしたちの顔には60種類ほどの表情筋がありますが、日本人が日常生活で使っている表情筋は、全体のうちわずか20%~30%なのだそう。 表情筋を鍛える方法としては、「顔ヨガのような表情筋エクササイズ」や「エステで専用のケア」をしてもらうことなどがありますが、これらの方法を続けていくにはハードルが高いという方も多いかもしれません。 EMS美顔器を活用することで、普段あまり使っていない表情筋を手軽にケアすることが可能になります。 尚、表情筋をケアしておくことは、豊かな表情をつくることにもつながるのです。 表情が豊かだと、こわばった笑顔や無表情でいるよりも、相手に対して好印象になりますよね。 このように、表情筋へのアプローチが可能なEMS美顔器は、お顔がもたついてしまった感じが気になる方や、シャープな印象を目指したい方に使われるケースが多いようです。 EMS美顔器の注意点 EMS美顔器でケアをした際、筋トレのようにがんばって体を動かした感覚は少ないかもしれませんが、お肌はしっかり刺激されています。 ケアが簡単であるがゆえ、EMS美顔器を過剰に使用してしまうと、お肌への負担につながってしまいかねません。 EMS美顔器を使用する上では、ケアのしすぎに注意しましょう! 美顔器のご使用方法を確認した上で、使用時間や使用回数などもしっかり守りながら、お肌にもご自身にも負担にならないよう、ケアを続けていただくことがオススメです。 ヤーマンのEMS美顔器 ヤーマン製品に使われるEMSは、従来の家庭用EMS機器で使用されていたEMSを、独自のスムーズな波形に改良しているという特徴があります。 従来のEMS波形よりもなめらかであることで、EMSをお肌にあてた際の刺激が小さいといわれています。 ヤーマンのEMS美顔器で、美容ケアを無理なく、心地よく続けていただき、確かな手ごたえを実感してくださいね!.

次の

EMS美顔器の顔痩せ効果は本当?正しい使い方と副作用を教えます!|肌コミ

美顔器 ems

筋肉に届く周波数である必要があり、EMSは超音波や高周波とは異なり低周波(周波数が1000Hz未満)に分類されます。 EMSが筋肉へ与える作用の仕組み 手や足など私たちの体の筋肉を動かす際に必要とされる脳からの命令、実はこれは 電気信号なんです。 この電気信号を生体電気と言い、脳からの電気信号を筋肉が受け取ると筋肉が収縮する(ミオシンとアクチンという筋肉繊維が動く)仕組みになっています。 この脳からの電気信号に似せた電気信号を直接筋肉へ働きかけると、筋肉は脳からの命令とは関係なく自立して収縮運動を行います。 顔のたるみやほうれい線・しわを改善する効果• 脂肪燃焼による小顔・リフトアップ効果• 血行促進やむくみを改善する効果• 毛穴開き・毛穴たるみの改善効果• 二重顎の改善や顔痩せ効果• ターンオーバーの正常化効果 肌の表情筋に電気信号を伝え運動することで、たるみやほうれい線・しわの改善効果が期待できます。 顔用のEMSである美顔器では一般的に低周波を採用していますので、いわゆる深層筋(インナーマッスル)までは振動が届きにくいものの、顔の筋肉を動かすことによって、血流が促進され新陳代謝が上がり、脂肪燃焼の効果も相まって顔痩せへと繋がります。 そうだね、いくつか注意しておきたいポイントはあるので確認してみようか 知らずに使うと肌トラブルの原因に…!? EMS美顔器を使う前に注意しておきたい副作用について学んでおきましょう。 金属アレルギー EMS美顔器だけに当てはまることではありませんが、副作用の一つとして美顔器のヘッド部の金属に対するアレルギーが上げられます。 一般的なEMS美顔器のヘッド部はステンレス加工されているものが多いですが、金属アレルギー対応としてプラチナや18金でコーティングしている美顔器もあります。 エステナードリフティはヘッド部にステンレス、ララルーチュRFのヘッド部はステンレスとゲルマニウムチップを施しています。 毎日使うものではありませんので過度の心配は不要かと思われますが、仮に過去あなたが腕時計やネックレスなどで金属アレルギーを発症したことがあるのでしたら注意したいポイントの1つとなります。 さすがのEMSも使いすぎると逆効果になってしまうんですね 使用禁止部位 こちらも詳細は各美顔器の取り扱い説明書に記載されていますが、一般的にEMS美顔器では眼球部分 上まぶた や耳、喉仏周辺、傷口など使用出来ない部位があります。 眼球や甲状腺、リンパへ影響がないように、決められた場所以外での使用は避けるようにして下さい。 思わぬ肌トラブルを招く危険性がありますので、自己判断での使用は止めましょう。 また、体内に金属やプラスチック、シリコン等を埋め込んでいる部位への使用も禁止されています。 「決められて部位」へ「決められた頻度」で使用するのがルールです。 使用上の注意を良く読み正しく使用するようにしましょう! ジェル不足による副作用 次にジェル不足による副作用です。 EMS美顔器は顔の表面を優しく滑らせてケアする必要がありますが、その際ジェルが少ないと直接肌が美顔器に触れ、その摩擦で肌を痛めてしまいます。 またジェルを塗らないと刺激が強すぎたり、肌荒れや乾燥肌を起こす原因となります。 電気伝導を良くしたり、電気刺激による火傷や炎症を予防する役割など、ジェルは潤滑油として非常に重要な役割を持ちますので、ケチらずたっぷりと塗るようにしましょう。 ジェルはついついケチってしまいがち…たっぷり塗布するように心掛けます! 妊娠中は使用禁止 EMSが母体に及ぼす影響はまだ100%明確にはなっていないため、刺激による母体の胎盤損傷や胎児への影響の懸念から妊娠中はEMSの使用が禁止となっています。 EMS自体は医療でも利用されていて安全性は立証されていますが、それでも万一のことを考慮して医療機関やエステでも妊娠中は施術を受けることが出来ないようになっています。 美顔器の場合、腹筋のダイエット目的で利用するEMSに比べると部位が顔ですので幾分影響は少ないように考えられますが、それでも念のために注意は必要です。 EMS美顔器の効果的な使い方 EMS美顔器の効果や副作用は分かりました。 では次にEMSを効果的に使うための使い方をチェックしておきましょう! ジェルの使用 EMS美顔器にはジェルが必要ということをで解説しました。 EMS美顔器のジェルはどれを使ってもいいの? ほとんどのEMS美顔器は各メーカーから専用ジェルが販売されています。 市販のジェルよりも価格が高いため専用ジェル以外のもので節約を考えたいところですが、別のジェルを使っても問題はないのでしょうか? 美顔器に搭載された他の機能によって成分を確認する EMS美顔器使用時の電気伝導効率や火傷やかぶれを防ぐ目的のみであれば市販のほとんどの水溶性ジェルでも問題ありません。 ですが、イオン導入やエレクトロポレーション、超音波やラジオ波(RF/高周波)などの機能を搭載した美顔器のジェルは、単純にEMSのためだけに利用する訳ではなく、肌に効果がある有用成分を浸透させる目的としても利用されます。 ですので、あなたが使うEMS美顔器が他にどんな機能を搭載しているかにより、配合されている成分を確認する必要があります。 例えば、イオン導入であれば水溶性で分子の小さいビタミンC誘導体やプラセンタエキスなどは浸透しやすいですが、分子の大きいコラーゲンやヒアルロン酸などはイオン化せず浸透させることが出来ません。 防腐剤やシリコーンなど肌に不要な成分を確認する イオン導入やエレクトロポレーションなど肌へ美容成分を浸透させる機能が付いている場合は、防腐剤やシリコーンなどといった浸透させる必要のない成分が入っていないかをチェックします。 特に気になるのがシリコーン成分のジメチコンや、メチルパラベンなど防腐剤のパラベン類。 ジェルとして使用したからといって肌に害を及ぼす程ではありませんが、不要な成分は極力避けておきたいところです。 シリコーンには他にもアモジメチコン、フェニルトリメチコン、ジメチコノールなど様々な成分がありますので中々判断には悩むところかもしれません。 また防腐剤として近年敬遠されているパラベンですが、ジェルに全く防腐剤を入れない訳にはいかないので、フェノキシエタノールやヒノキチオールなど何らかのの防腐効果のある成分が配合されているはずです。 あまり神経質になる必要はないかと思いますが、1つ気を付けたい点としては、界面活性剤(ノニオン界面活性剤)を配合したクレンジング用ジェルやオイルベースの乳液系は浸透を妨げる上、超音波用としては不要な成分が多く配合されていますので避けるようにしましょう。

次の