あんじょう ようじ。 長州力さんと安生洋二さんには、どんな確執があったのですか?

あぶらとり紙は京都よーじや最強|でも皮脂が減ったら「紙おしろい」がいいかも?

あんじょう ようじ

もともと、長州力は、当時UWFのムーブメントがブームになったことに対し、心底から嫌悪感を持っていたようですね。 UWFは従来のプロレスを、より格闘技に近い「シュートスタイル」にしてファンの心を掴みましたが、長州はスタイルよりも寧ろ、マスコミを利用したプロパガンダに、激しい嫌悪感を持ちました。 UWFは、従来のプロレスをインチキとこき下ろし(その対象は勿論、老舗の全日本・新日本)、それをマスコミを通じて最大限に宣伝しました。 またマスコミ側も面白がってUWFを取り上げ、宣伝に貢献したのです。 その先鋒が、週刊プロレスのターザン山本編集長(当時)でした。 もともと長州は若手の頃からマスコミが大嫌いでしたが、UWFに肩入れしたことで、マスコミとUWFに対しての嫌悪感は決定的になりました。 「あいつらが死んだら、墓に糞ぶっ掛けてやる!」という発言はこの頃のことです。 勿論、長州のいう「あいつら」とはUWFと、ターザン山本はじめプロレスマスコミのことでした。 長州にとって、UWFと言う幻想はマスコミが作ったもの、という意識があったのですね。 そしてUWFインターの安生と宮戸は、マスコミを使って宣伝していたその第一人者でした。 特に安生は、例によってマスコミを通じ「200%」という表現をやたらと使って挑発。 長州にしてみれば、そんな挑発も「UWFとマスコミのグル」の典型。 単に安生個人でなく、「嫌悪するUWFの代表」として捉えていました。

次の

長州力さんと安生洋二さんには、どんな確執があったのですか?

あんじょう ようじ

安生 洋二 あんじょう ようじ、男性、1967年3月28日 - は、日本のプロレスラー・プロ格闘家、現GLORYスポークスマン。 東京都杉並区出身。 ニックネームは、Mr. [来歴] 少年時代をニュージーランドで過ごす。 第1次UWFでの高田延彦の試合を見て興味を覚え、埼玉県立和光高等学校卒業後、UWFに入門。 スパーリングで高田と対戦し、その強さに尊敬の念を覚えた。 1985年7月8日、広島県立体育館での星名治戦でデビュー。 1987年、新日本プロレスのヤングライオン杯に出場。 同年末、第1次UWFが興行活動を停止後、UWF軍として新日本プロレスに参戦。 1988年の第2次UW...

次の

長州力さんと安生洋二さんには、どんな確執があったのですか?

あんじょう ようじ

ラグビー時代は世界選抜チームに選ばれるほどの名選手。 昭和51年に国際プロレスにスカウトされてプロレス入り。 大型新人登場として国際プロにとっては久々のヒットとなる。 野坂昭如の命名により阿修羅原に改名。 昭和53年に寺西勇戦でデビューしてすぐカナダに渡り英連邦ジュニア・ヘビー級選手権を獲得。 昭和54年に帰国してミレ・ツルノからWWU世界ジュニアヘビー級選手権を獲得。 昭和55年に再渡米しヘビー級に通用するレスラーになり帰国するが、間もなく国際プロが崩壊。 当初は新日本プロレスへの参加が決定していたものの、マイティ井上とともに全日本プロレスに参加。 井上とのコンビでアジアタッグを獲得。 その後は天龍との天龍同盟を結成して全日本プロレスに改革を興した。 しかし私生活の乱れが原因で解雇。 天龍のWARで復帰するが、1994年に引退。 その後は母校の諫早農業高校でラグビーのコーチをつとめたが、現在は父親の介護に専念しているという。 第40代横綱で「江戸っ子きんちゃん」で仇名で人気を博した現役横綱。 引退して錦戸を襲名したが、一門内の派閥争いに嫌気がさし廃業。 タニマチであった日本プロレス協会の永田氏の口利きでプロレスに転向。 早速、力道山とハワイへ飛び、ハワイタッグ選手権を獲得するが、力道山との確執が深刻なものとなり一時はクーデターも企てたが、自ら辞表を提出し引退。 フジテレビの相撲解説者となり、サラリーマン金融「ファイナンス富士」の社長も務めた。 1973年7月31日、結腸癌のため逝去。 ボディビル出身で 昭和44年に国際プロに加入。 昭和46年のゴッチ教室では最もゴッチに気に入られるほど練習熱心であった。 昭和47年にWWA地区(インディアナ版)に遠征しラフファイトに磨きをかけて帰国するが、なかなか芽が出なかった。 昭和52年にグレート草津とのコンビでIWA世界タッグ選手権を獲得してからは同タイトルの常連となる。 国際プロレス崩壊後は国際はぐれ軍団として新日本プロレスに登場しファンの憎悪を集める。 そんななかで長州力と意気投合し維新軍団に参加。 昭和59年にジャパンプロレスを結成して全日本プロレスのリングに上がった。 しかしジャパンプロ崩壊後は体力の限界を理由に引退。 引退後はジムを開き多くの若手レスラーを育てている。 愛娘の京子もアマレスで大活躍。 娘の記者会見にも乱入して目立ちまくっている。 中学時代から柔道に励み、学生時代はアマレスに熱中するが試合中にドロップキックを繰り出し失格となった珍妙な経歴の持ち主。 昭和47 年に設立間もない新日本プロレスに入門。 コミカルな試合で人気を獲得、前座の力道山のニックネームで親しまれた。 昭和54年にはプエルトリコに遠征しケンゴー・アラカワを名乗り、ケンドー・キムラとのコンビでカリビアン・タッグ選手権も獲得している。 昭和60 年頃からリングネームをドン荒川に改名して、ジュニア戦線にも顔を出した。 市役所固めなどの奇妙な技を開発した。 今なお現役を自称。 力道山死後、ジャイアント馬場とともに日本のプロレスを発展させた偉人。 彼のレスラー人生はスキャンダル塗れだったと言える。 移民先のブラジルで力道山にスカウトされ昭和35年に来日。 過酷な下積みを経て 昭和39年に初渡米。 昭和41年のワールドリーグ戦に帰国予定だったが帰路のハワイで豊登りに口説かれ東京プロを旗揚げするが、半年で崩壊。 日本プロ復帰後は馬場とのコンビでプロレス人気をささえた。 しかし 昭和46年暮れにクーデター容疑で除名。 翌年、新日本プロを旗揚げしストロングスタイルを追求するかたわらで、アリ戦を始めとする格闘技路線も確立する。 しかし一方では会社の金をを個人的事業に当てた事に反発したレスラーや社員に社長職を追われた事もあった。 約30年に渡り日本プロレス界のトップの座を守りつづけた偉業は、今後も長く語り継がれるであろう。

次の