胸 整形 費用。 豊胸・胸の整形手術の料金一覧|THE CLINIC【公式】

豊胸・胸の美容整形の料金一覧

胸 整形 費用

胸を小さくする手術とは? 胸を小さくする手術とはその名のとおり、大きなバストの方が小さく見せることを目的とした手術です。 巷には、「さらしブラ」のように胸を押しつぶすようにつけるブラジャーも売っていますが、毎日つけることでバストが変形してしまうというデメリットがあります。 胸を小さくする手術は胸の脂肪を取り除き、小さくも美しい形に整えるものです。 胸を小さくする手術の費用 胸を小さくする手術として一般的なのは、脂肪吸引・切除法・吊り上げ術の3つです。 脂肪吸引は乳房の脂肪を吸引し、乳房縮小を目指すものです。 これには高い技術力が求められます。 切除法は乳房の下部の皮膚と脂肪、乳腺の一部を切除し、乳房を小さくする方法です。 こちらは同時に乳頭と乳輪の位置を上の方に移動できるので、美しいバストラインを実現できます。 ただし傷跡が残ることもあるので、覚えておきましょう。 乳房吊り上げ術は乳腺をほとんど切開せず、乳頭・乳輪の位置を上に移動します。 そのため授乳を予定している方には、切除法よりもこちらの方がおすすめです。 こちらは、バストそのものを小さくするというよりは、垂れたバストを吊り上げるという感覚です。 以下に乳房縮小手術それぞれの費用相場をまとめます。 肩こりの軽減 大きなバストの方の悩み第1位といっても過言ではないのが「肩こり」です。 バストは脂肪のかたまりで、そこそこの重さがあります。 つまりバストが大きい方というのは、大きな荷物を常に肩から背負っているような状態なのです。 バストを小さくすることで、肩こりが軽減できるというメリットがあります。 男性の視線を気にしなくて済む また、男性の視線が気になるという方も多いでしょう。 たとえ口でセクハラ発言をしなくても、大きな胸をちらちらと見られたりすることを悩みとして感じる方もいます。 うれしいと思う人がいる反面、ずっとバストが大きくて悩んでいる方の中には、迷惑している方もいるのです。 胸を小さく標準サイズにすることで、ちらちらと見られることを解消できます。 洋服を選びやすくなる 体は細いのにバストだけ大きくて困っているという方もいます。 多くの女性からしたらうらやましいことかもしれませんが、バストに合わせて服を選ばなければならないためおしゃれができない、という悩みに繋がることも多いです。 そういった方はバストの形を整えることで、体に合わせた洋服を選べます。 またブラウスやシャツなど前にボタンがついた服を着るときも、胸が大きすぎることで間から胸や下着が見えてしまうこともあります。 そういった悩みを解決するのに、胸を小さくする手術が最適なのです。 垂れてしまったバストを美しく整えることができる バストが大きく、ハリがある状態ならいいのですが、産後・授乳後・加齢などで大きなバストが垂れてきて形が崩れてしまうことがあります。 大きなバストは若い頃は自慢でも、年を重ねるごとに重力に負け、どうしても垂れてしまいます。 その際に「脂肪吸引+乳房吊り上げ術」など行うことで、スッキリと美しいバストラインを作り上げられるでしょう。 大きい胸の悩みは銀座マイアミ美容外科にご相談ください 銀座マイアミ美容外科では、脂肪吸引・切除法・乳房吊り上げ術を行っています。 とくに当院は脂肪吸引に関してスペシャリストともいえる医師がおりますので、安心しておまかせください。 胸を小さくする手術で脂肪吸引を行う際は、左右のバランスや形など細心の注意を払わなければなりません。 せっかく美しいバストラインを作ろうと思っているのに、左右が非対称では意味がないのです。 その点、当院では脂肪吸引に定評がある医師が担当しますので、美しいバストラインを作れます。 理想のバストラインを患者様と共に考え、丁寧に施術を行います。 まとめ.

次の

【韓国美容整形医師が教える】韓国美容整形の費用相場をパーツ別に解説

胸 整形 費用

目次をチェック!• プチ整形について 自分のなりたい顔に変身したいと考えた時に、時間やコストがかからない方法からチャレンジするのが普通。 メイクは道具が揃ってさえいればすぐに挑戦できます。 メイクテクニックを駆使する事で、劇的な変化をもたらし、自分の目指したい顔を楽しんでいる方もいらっしゃいます。 出来ればメイクを落としたすっぴんで自分好みの顔になりたいという方は、次のステージとして整形手術を選択します。 興味はあるけどイマイチよく分からなかったり、費用が高そうだったり、手術が大変そうだったり、誰かにバレそうだったり、などの意見もあり、今一歩踏み出せない方も多いのではないでしょうか? しかし現在は『プチ整形』と呼ばれる方法で、もっと気軽にチャレンジしやすくなっています。 ぶっちゃけ整形をやる人ってどのくらいいるの? 最近はインターネットの普及で、芸能人の方のBefore,Afterの比較画像なども見ることができます。 ただ、それは芸能人として人前に出るから整形しているのであって、私たち一般人とはもちろん違います。 では、いったいどの位の一般の方が整形をしているのでしょうか。 国際美容外科学会が2014年に調査した結果によると、全世界で整形手術を行った人数は、なんと2000万人! どの国でも女性は美しくなるための努力は惜んでいないようです。 さらに2000万人の国別の内訳をみていくと、次ような結果になります。 第1位…アメリカ 406万4571人 第2位…ブラジル 205万8505人 第3位…日本 126万351人 第4位…韓国 98万313人 第5位…メキシコ 70万6072人 第6位…ドイツ 53万3622人 第7位…フランス 41万6148人 第8位…コロンビア 35万7115人 日本での美容整形件数は126万人の第3位。 意外と多いのでビックリです。 この数字を見ると、日本人の感覚としては当たり前ですが、表立った告白は無いけれど美容整形をやっている人も多いというのがわかります。 一方、日本よりも美容整形手術が多い印象のある韓国が4位というのも驚きですが、人口のバランスで比較すると、日本人は100人に対して1. 3人、韓国人は100人に対して1. 9人となります。 そうなると、感覚の違いとも言えますが、やはり韓国の方が美容整形手術に挑戦している人の割合が多いという事がわかってきます。 整形とプチ整形の違い 最近耳にするようになった『プチ整形』ですが、『整形』と何が違うのでしょうか? 一般的に『整形』と呼ばれるものは、メスを使用した外科的な手法を用いるものを表します。 例えば、骨を削ったり、必要な形を形成するためにプロテーゼやパックなどを入れたり、無駄な脂肪を機械で吸引したりと、ちょっと大掛かりな施術を表しています。 では『プチ整形』とは何なのか。 『整形』とは反対に、メスを使用しないで行っていく整形のことを表します。 細い糸を使って引っ張ったり、注射やレーザーなどを使用して行う方法となるため、手間、時間、コストなどが整形と比較すると大幅に少なく、それゆえに『プチ整形』と呼ばれています。 整形の種類 整形の種類にはどのようなものがあるのでしょうか。 大きく手を加えていく整形手術は、術後に変化を求める方に適している方法です。 整形手術の種類と、実際に施術を行ったと言われる芸能人を併せてみてみましょう。 エラ削り 元AKBの前田敦子さん、栗山千明さん 二重の切開法 辻希美さん、浜崎あゆみさん、板野友美さん 鼻型成形 石原さとみさん、aikoさん 脂肪吸引 少女時代、高須クリニック医院長の高須克弥さん 豊胸手術 真木よう子さん、ほしのあきさん プチ整形の種類 プチ整形は自然の仕上がりに近く、手術を行ったのが人にバレにくいという利点がありますが、その種類はどんなものがあるのでしょうか。 二重の整形、しわ取り、涙袋や唇をぷっくりさせたりなど、プチ整形で出来ることも多くなってきていて、以下の術法の中から行われています。 ・二重の埋没法 ・ボトックス注射 ・プラセンタ注射 ・注射による鼻の形成 ・脱毛 ・ケミカルピーリング ・ほくろの除去 整形ってどのくらいのお金でできるのか? 日本の女性で最も需要が高い『二重の整形』『鼻の整形』を例に見てみましょう! 値段設定の幅については、各クリニックや病院でのキャンペーン、麻酔の種類や術後のフォローアップなどにより変動しますが、以下のようになっています。 時間としては30-60分です。 メス入れる方法のためダウンタイム(皮膚の腫れや内出血が引くまでの時間)が1週間ほどかかり、部分的な切開か全体の切開によっても金額と時間は多少変化します。 費用の相場:¥120,000~250,500 二重の埋没法《プチ整形》 特殊な糸を使用して二重を作る方法で、時間としては10分ほどで終了します。 基本としては瞼の2箇所を止めることで二重を形成していきます。 皮膚を切開しない方法のため、ダウンタイムは1~3日と短いので、長い休みを取らなくても済むのがメリットですね。 鼻の内側から挿入する事が多いため、表面に傷は残りにくいです。 手術時間は30-60分ほどで終了しますが、ダウンタイムは3-7日ほどあります。 費用の相場:¥100,000-¥350,000 ヒアルロン酸注射による隆鼻法《プチ整形》 注射でヒアルロン酸を注入することで自然な高さの鼻を作ります。 ヒアルロン酸は元々人間の体内にある成分のため安全性も高く、注射で注入するため傷も目立ちません。 約10分の施術で終了し、ダウンタイムもほとんどありません。 ヒアルロン酸は体内に吸収されるため、効果は1-2年程度です。 費用の相場:¥50,000~¥150,000 小鼻を小さくする《整形》 小鼻の余分な軟骨を切除し、鼻をすっきりと見せる方法です。 メスを使用するため効果は半永久的です。 手術時間は30分ほどで、ダウンタイムは3-7日です。 費用の相場:¥250,000~¥350,000 団子鼻の解消《整形》 鼻先に高さを出すことによって団子鼻を解消します。 この方法は、小鼻の横の余分な軟骨を切除して、立体的に高さを出すことで、鼻にシャープさを出すことができます。 一度施術すれば、半永久的にそのシャープさをキープできます。 手術時間は30-60分で、ダウンタイムは3-7日です。 費用の相場:¥200,000-¥500,000 ブタ鼻の解消《整形》 鼻筋を伸ばし、鼻先を下向きにすることでブタ鼻を解消します。 こちらの方法もメスを使用していくため、一度行うと半永久的にキープする事が可能です。 他の手術と比較すると手間がかかるため、手術時間は60-90分とやや長く、その後のダウンタイムは7-10日ほどになります。 費用の相場:¥480,000-¥800,000 ワシ鼻の形成《整形》 鼻筋の中央部分の盛り上がりと太さを調整し、まっすぐな鼻筋に仕上げる方法です。 出っ張った鼻筋の骨を切り取るため、半永久的な仕上がりです。 手術時間は60-90分とやや長く、ダウンタイムは7-10日ほどになります。 自分の納得のいく美を手に入れるために、以下の4つのポイントを必ずチェックしてからクリニックを訪れるようにして下さい。 カウンセリングにしっかりと時間をかけてくれる 自分のなりたいイメージに対しての施術内容がしっかりと説明されて、自分に合っている仕上がりを相互に意見交換できるところを選びましょう。 また、術後リスクなどを予め説明してくれて、施術前、施術後の状態を画像で確認出来るような安心を提供してくれるところもクリニック選びの重要なポイントです。 さらには、総額で必要になる金額、使用する道具、手術方法によっての提示を明確にしてくれるところは充分に信頼できるクリニックと言えます。 自分のやりたいプチ整形の実績がある医師が担当してくれる プチ整形といえど、手術に変わりはありません。 自分のやりたい手術に対して、熟練した技術は必須条件です。 専門分野外の方や、経験が浅い方よりも、症例が100例以上あるような方を選んだほうが安心です。 アフターフォローがしっかりしている 手術後に異変を感じた際に24時間対応可能なのか、やり直しが必要な場合は対応してもらえるのか、といったフォローの有無をしっかりと確認をしましょう。 何軒かのクリニックと比較を行う インターネットでもクリニックの情報を収集する事が出来ますが、実際にカウンセリングを受けて、病院の雰囲気などを比較してから決めましょう。 自分の目でみて信頼できるクリニックを選択して下さい。 まとめ 自分の顔をいじるという事は勇気が必要ですし、それだけに後悔だけは絶対したくないものです。 現在では整形よりもプチ整形をする方が多いですが、同時にプチ整形を行うクリニックも需要に併せて増えています。 後悔のないよう、これを参考に自分に適したクリニックを選んで、自信に満ちたあなたを手にいれてくださいね。

次の

治療内容・費用

胸 整形 費用

この記事の目次• 目の美容整形の種類 目の美容整形は、一重を二重にするなど、目を大きく見せるものが基本になります。 ただ、「目を大きく見せる」というだけでも、たくさんの種類の美容整形がありますので、目の美容整形の代表的な6種類をご紹介します。 二重埋没法 二重埋没法は「プチ整形」として気軽にできる美容整形で、簡単に二重になることができるので、若い女性を中心に人気がある美容整形になります。 埋没法はメスを使わない美容整形です。 医療用の髪の毛よりも細い糸で瞼の筋肉と皮膚を2ヶ所留めることで、二重を作ります。 麻酔を使うため、痛みは少なく、10分程度で施術が終了し、手術当日からシャワーを浴びれますし、術後の腫れが少ないというメリットがあります。 二重切開法 二重切開法は瞼を切開して、縫い合わせることで、キレイな二重を作る美容整形になります。 二重切開法は、二重を作るラインを決めて、メスで瞼を切開し、瞼の脂肪を取り除いてから、縫合することで、二重を作ります。 埋没法は糸が切れてしまうと一重に戻ってしまうリスクがありますが、切開法では一重には戻ることはありません。 また、自分の理想とする二重のラインを作ることができるというメリットがあります。 目頭切開法 目頭切開法は、目を大きく見せるための美容整形になります。 蒙古ひだという目頭から上瞼にかけての皮膚を切開することで、目の横幅を広げます。 目頭を切開することで、離れている目を近く見せることができますし、目を一回り大きくパッチリとした目元にして、目力をアップさせることが可能なのです。 目尻切開法 目尻を切開することで、切れ長で大きな目に見せることができます。 大きな目に見せることができますので、顔のバランスを整えることができます。 また、細く小さなきつい印象の目がくりっとした柔らかい印象の目にすることができるのです。 眼瞼下垂 瞼が下がり気味で、眠そうな目、ダルそうな印象の人がいますよね。 そういう人は眼瞼下垂の手術を受けることで、パッチリとした目元に変えることができ、目の縦幅を大きくすることで、目を大きく見せることができるのです。 眼瞼下垂の手術は、上の瞼を動かす筋肉である眼瞼挙筋を縫合して縮めることで、瞼が開く力を強化させます。 眼瞼下垂は肩こりや頭痛、眼精疲労などの原因にもなるものですから、眼瞼下垂の手術をすることで、目を大きく見せるだけでなく、これらの症状を緩和させることもできます。 眉下切開 眉下切開法は上の瞼がたるんでいる人におすすめの美容整形になります。 眉の下を切開して、上瞼の余計な皮膚や脂肪を取り除き、丁寧に縫合していくことで、上瞼のたるみを取って、スッキリした目元にすることができます。 上瞼の脂肪や皮膚を取り除いて、たるみを取ることで、目を大きく見せることができますし、若々しい目元に変えることができるのです。 隆鼻術(シリコンプロテーゼ) 鼻が低くて悩んでいる人は、鼻にシリコンプロテーゼを入れることで、鼻筋を通す隆鼻術の美容整形を受けると良いでしょう。 鼻が低いと、平べったく凹凸が少ない顔の印象になりますが、シリコンプロテーゼを入れて、鼻筋を通すことで、堀が深く、ハッキリとしていて、整った印象の顔立ちになることができるのです。 隆鼻術は鼻の穴の中から切開してシリコンプロテーゼを入れますので、傷跡は一切目立ちません。 鼻を高くするためには、ヒアルロン酸を注入する方法もありますが、ヒアルロン酸の注射だけでは、シリコンプロテーゼを入れるのとは違って、永久に鼻の高さを保つことはできません。 ヒアルロン酸は2~3年で体内に吸収されますので、注意が必要です。 小鼻縮小 鼻の美容整形の種類、2つ目は小鼻縮小です。 鼻の穴が大きい、鼻が横に広いなどの悩みを抱えている人は、小鼻縮小の手術を受けると良いでしょう。 鼻の穴の内部から切開して、余分な皮膚や組織を除去してから縫合することで、小鼻を小さくすることができます。 どんな鼻にしたいかによって、術式が少し異なりますので、納得いくまで医師に相談して、鼻のデザインを決めると良いでしょう。 鼻中隔延長 鼻中隔延長は鼻先を下の方に伸ばす手術になります。 鼻中隔の軟骨が小さいと、鼻の穴が上に向いているような鼻、「ブタ鼻」になってしまうんです。 鼻先を伸ばすことで、鼻の穴が上向きになっているのを修正して、鼻の穴が目立たなくなりますし、鼻筋が通ってシュッとした印象の鼻になるのです。 この手術に使う軟骨は、自分の耳の軟骨(耳介軟骨)や肋骨の軟骨(肋軟骨)を採取して使います。 鼻尖形成 鼻尖形成は、鼻先を細く整えることで、だんご鼻などのボテッとした鼻をタレントやモデルのようにスッキリとした鼻にすることができます。 鼻尖形成は鼻先にある軟骨や脂肪などの余分なところを取り除くことで、細い鼻先を作ります。 関連記事 ・ 輪郭や顎の美容整形の種類 小顔になりたい人は、輪郭や顎の美容整形の種類をチェックしておきましょう。 輪郭や顎の美容整形もたくさんありますので、どのような種類があるかを説明していきます。 顎形成(シリコンプロテーゼ) 輪郭や顎の美容整形の種類、1つ目は顎形成です。 顎にシリコンプロテーゼを入れることで、顎が前に出るようになりますので、理想的な顎のラインを作ることができます。 また、顎がスッキリとして、立体感のある顔立ちになることができますし、横顔のバランスがキレイになります。 口の中の粘膜を切開して、シリコンプロテーゼを入れますので、傷が目立つこともありません。 ヒアルロン酸を顎に注入することで、理想的な顎のラインを形成することができますが、2~3年で体内に吸収されるので、元に戻ってしまいます。 骨削り 骨削りには、顎削り、えら削り、頬削りの3種類があります。 余分な骨を削ることで、フェイスラインを整えることができるのです。 顎削りは顎が長い、顎が突き出ているなどの悩みがある人におすすめです。 口の中から切開して、余分な骨を削ることで、キレイな顎のラインを作ります。 えら削りは口の中の粘膜を切開して、えらの部分の骨と余分な筋肉を削ります。 えら削りをすることで、顔が一回り小さくなり、シュッとした小顔になることができるのです。 頬削りは、耳の横の生え際や口の中を切開して、頬骨を削ります。 頬骨を削ることで、柔らかく女性的な印象にすることができますし、小顔になることができるのです。 骨切り 骨切りの美容整形は、骨削りと似ていますが、削るのではなく切ってしまうので、より高い効果が得られます。 えら切りは下顎骨の厚みを減らし、下顎角(えらの骨)を切除します。 顎の骨切りは顎の骨を水平にカットしたり、顎の骨の中心部を切除した後に左右の骨をつなぎ合わせることで、ほっそりとした顎を作ることができます。 頬骨切りは頬骨の出っ張っている部分をカットして、さらに頬骨を内側に移動させることで、フェイスラインを整えます。 額形成(シリコンプロテーゼ) 額に丸みを出すことで、顔を立体的に見せることができ、外国人のように彫が深い顔立ちになることができます。 関連記事 ・ アンチエイジングの美容整形の種類 若々しく見られたいというあなたは、アンチエイジングの美容整形の種類を知っておきましょう。 アンチエイジングの美容皮膚科の領域での施術が多く、ヒアルロン酸を注入したり、ボトックス注射をして、しわやたるみを取るものが多いのですが、針や糸、メスを使った施術もあります。 ここでは、針や糸、メスでの美容整形の一例をご紹介します。 糸を使った施術 糸を使ったアンチエイジングの美容整形は、皮膚の中に糸を格子状に埋め込むことで、コラーゲンや血管の再生を促し、しわやたるみを取って、若々しい肌を作り出す美容整形方法です。 しわやたるみのほかに、毛穴の開きやくすみなども改善することができます。 この施術に使う糸は純金のとても細い糸や、体内で溶けて吸収される糸などが用いられます。 フェイスリフト フェイスリフトは、メスを使ったアンチエイジングの美容整形になります。 髪の生え際や耳の周辺など目立たない部分を切開して、たるみがある皮膚や筋肉組織を引っ張り上げて固定するので、しわやたるみが一気に解消しますし、そのしわやたるみが戻ることもありません。 顔全体のフェイスリフトをすることもできますし、首や頬など一部分だけをリフトアップすることも可能です。 胸の美容整形の種類 胸を大きくしたいなどの悩みを抱えている人は、胸の美容整形をチェックしておきましょう。 胸の美容整形は、豊胸だけではないって知っていますか? 豊胸(プロテーゼ) 豊胸の美容整形の代表的なものが、シリコンプロテーゼの挿入です。 脇の下を切開して、プロテーゼを挿入することで、2カップ以上のバストアップが可能になっています。 プロテーゼの形や大きさはたくさんありますので、理想的なバストになることができるのです。 また、プロテーゼをどこに入れるのかによって、仕上がりも変わります。 乳腺下法、大胸筋下法、大胸筋膜下法の3つから選ぶことができます。 豊胸(脂肪注入) 自分の脂肪を注入することでも、豊胸することができます。 自分自身のお腹や太ももから脂肪を吸引して、その吸引した脂肪の中から良質なものを選んで、それを胸に注入する美容整形です。 自分の脂肪を注入して、豊胸しますので、豊胸後の手触りや見た目が自然になります。 陥没乳頭 乳首が引っ込んでいて、刺激しても出てこない状態が陥没乳頭です。 陥没乳頭は、将来の授乳の妨げになることがありますし、乳腺炎などが起こりやすくなります。 乳輪部分を切開して、乳首の裏から乳首を押し上げることで、陥没乳頭を治します。 この方法なら形を整えることができますし、乳管を傷つけることがなく、将来の授乳にも差し支えることはありません。 また、傷跡も目立たないという特徴があります。 乳頭縮小 乳首が大きくて悩んでいる人は、乳頭縮小の美容整形をすると良いでしょう。 乳頭縮小は、乳首の根元をカットして、縫い付けることで、乳首を小さくし、また形を整えることができますので、キレイな胸を作ることができるのです。 乳輪縮小 乳輪が大きくて悩んでいる人は、乳輪縮小の施術を受けましょう。 乳輪が大きい場合の手術方法は、たくさんありますが、基本は乳輪の外側部分を丸く切開し、縫い付けることで、乳輪を小さくします。 乳腺を傷つけることはありませんので、将来の授乳にも影響はありません。 関連記事 ・ 脂肪吸引(痩身)の美容整形 次の美容整形の種類は脂肪吸引です。 脂肪吸引は、太ももはお腹、二の腕などの部位がありますが、基本の施術方法はどれでも同じです。 皮膚の目立たない部分を小さく切開し、そこから細いカニューレ(管)を入れて、脂肪を吸引することで、理想のボディラインを手に入れることができます。 脂肪吸引は確実な部分痩せができるというメリットがあります。 ただ、脂肪吸引後は術後の腫れを抑えて、キレイなボディラインにするために、ガードルやサポーターを一定期間つけていなければいけません。 女性器の美容整形の種類 女性器に悩みを持っている人は、美容整形で悩みを解決できます。 女性器に関しては、なかなか周囲の人に相談できないので、悩んでいる人も多いのではないでしょうか? 小陰唇縮小 小陰唇が肥大していて大きさに悩んでいたり、左右不ぞろいの形に悩んでいる人は、小陰唇縮小の手術を受けると良いでしょう。 小陰唇の不要な部分をカットすることで、形を整えて、小さくすることができます。 膣縮小術 出産等で膣が広がってしまった人は、膣を収縮させることで、悩みを解決することができます。 膣の入り口から3~4センチの部位を縫い縮めることで、膣を狭める手術を行います。 美容整形の種類についての総まとめ ・二重埋没法:プチ整形として有名で気軽にできる目の整形 ・二重切開法:瞼を切開して縫い合わせる目の整形。 理想どおりになる ・目頭切開法:目を大きくするための美容整形。 ぱっちりアイになりたい人に ・目尻切開法:目尻を切開して切れ長で大きな目にできる美容整形 ・眼瞼下垂:瞼が下がり気味な人におすすめの美容整形 ・眉下切開:上の瞼がたるんでいる人におすすめの整形 ・隆鼻術(シリコンプロテーゼ):鼻にプロテーゼを入れて鼻筋を通す整形 ・小鼻縮小:鼻の穴が大きい人や鼻が横に広い人におすすめの整形 ・鼻中隔延長:ブタ鼻を治したい人におすすめ。 鼻先を伸ばす整形 ・鼻尖形成:団子鼻などのボテっとした鼻をスッキリとした鼻に治す整形 ・顎形成(シリコンプロテーゼ):顎にプロテーゼを入れて立体的な顎にする ・骨削り:フェイスラインを整えたい人におすすめの整形 ・骨切り:骨削りより効果が高い美容整形でフェイスラインを明確に整えられる ・額形成(シリコンプロテーゼ):額に丸みを出せる美容整形 ・糸を使った施術:糸を使ったアンチエイジング整形でシワやたるみを改善 ・フェイスリフト:メスでたるみや筋肉組織を引っ張り上げて固定させる ・豊胸(プロテーゼ):脇の下を切開してプロテーゼを挿入する豊胸方法 ・豊胸(脂肪注入):自分の尻や太ももから脂肪を吸引して胸に注入する方法 ・陥没乳頭:乳首が引っ込んでしまっている人の施術 ・乳頭縮小:乳首が大きくて悩んでいる人におすすめの整形 ・乳輪縮小:乳輪が大きくて悩んでいる人におすすめ ・痩身の美容整形は、脂肪吸引が代表的 ・小陰唇縮小:小陰唇が肥大している人や不揃いの人のための整形 ・膣縮小術:出産などで膣が広がってしまった人におすすめ 美容整形の種類をまとめました。 美容整形の手術は、その部位によっていろいろなものがありますが、細かく分類すると、ご紹介した種類よりももっとたくさんあります。 どんな施術を受けるのかは、美容整形の医師としっかり相談して、メリットとデメリット、リスクなどにすべて納得してから、美容整形を受けるようにしましょう。

次の