井の頭 公園 ミーア キャット。 ミーア「キャット」 : 動物園写真館

ブルー・キャット・ブルース : 作品情報

井の頭 公園 ミーア キャット

[広告] バッタモンと名乗る人物の正体は京王線代田橋駅でラーメン店を経営しながらプロのジャズピアニスト及びカーレーサーであるジェイク稲垣さん(Twitter: BATTAMONDESU)と判明しているが、今回新たに現れたロビンことフビンは普段、銀座の高級クラブで働いているという。 キャットウーマンことニャンコウーマンの正体は、森高千里さん公認のものまね芸人のナナちゃんさん(Twitter: nanappee416)。 フジテレビの『まねもの』という番組にも出演予定だという。 (放送日未定) バッタモンが乗車しているバットモービルは約1年2ヶ月かけて現状まで改造し、かかった費用は約2000万円。 放送宣伝車としても警察に申請済みで、許可をとっているという。 ベース車両は1979年式ポンティアック・ファイアーバード・トランザムというアメリカ車。 「吉祥寺は東京で力がある街。 しかしそんな吉祥寺でも、ドンキホーテやユニクロができて変わってきている。 商店街に関しては日本中で疲弊しており、そんな現状に危機感を持っている。 そのため、商店街の活性化に貢献したい。 あとは危険ドラッグと『ながらスマホ』は本当に危険なので、その撲滅運動も兼ねている」とバッタモンことジェイク稲垣さん。 「この活動するのにバットマンを選んだのは最高にクールでかっこいいから。 この格好で登場するだけでみんなが笑顔で感動してくれるのが嬉しい。 故 ジョニー大倉さんのバックミュージシャンだったとき、ジェイクよく聞けよ、ロックンローラーは常にクールでカッコよくキメなきゃダメなんだ!と教わり、ジェイク稲垣の命名もジョニー大倉さんである。 自分のポリシーはワルでクールでプリティー。 これからは地球上で一番可愛げがあって引き出しの多いバットマンとなるべく、漫才や音楽など、みんなに喜んでもらうことを吉祥寺からどんどんしていきたい。 YouTubeで 『コネクリ』で検索でラーメンピアニストなどの動画も見てくだされば」とも。 また、見学に来ていた吉祥寺在住の40代男性は、「たまたま前回の出現にでくわし、気になって今日来た。 バッタモンさんらはただの目立ちたがり屋ではなく、暗いニュースが多い今の時代に、少しでも世の中を明るくしたいという気持ちを持ってやっているのが伝わってくる。 ご本人らは楽しんでやっているようだが、なかなかできることではないと思う。 出現してくれるだけで街が明るくなるので、これからの活躍に期待したい。 」とコメントした。 当新聞ではこれからも彼らの活動を追跡していく。

次の

ミーア「キャット」 : 動物園写真館

井の頭 公園 ミーア キャット

東武動物公園では、ネコ科動物を「キャットワールド」という場所で公開している。 人気のホワイトタイガーだけが別格な雰囲気だったが、ライオン舎が新しくなって、 より楽しめるようになった。 ところが、これに加えてもう一つ大きな変化があった。 ライオン舎の手前に小さなスペースができていた。 そこにはミーアキャットがいて、 ひょこっと立ち上がっている。 これが女性の気を大きく引くようだ。 あちこちから、 「か、かわいい〜」という声が挙がり、じっとその姿を目で追っている。 大型ネコの 仲間に混じって小さなミーアキャットがいるのは、なかなかにシャレが効いていた。 しかも、とにかく近いのである。 肉眼でもその姿表情が確実にわかる距離。 携帯でも おそらくは、そこそこの写真が撮れそうだ。 皆が近寄る中、唯一離れてレンズを向け しかも中間リングで距離を縮めての撮影。 なんだかすごく違和感を感じた。 とはいえ 背景がライオン舎の空間なので比較的よくボケる。 楽しめるスポットがまた増えた。 AB D3/FD500mmf4. 5L+FD50.

次の

2020年 井の頭自然文化園へ行く前に!見どころをチェック

井の頭 公園 ミーア キャット

東武動物公園では、ネコ科動物を「キャットワールド」という場所で公開している。 人気のホワイトタイガーだけが別格な雰囲気だったが、ライオン舎が新しくなって、 より楽しめるようになった。 ところが、これに加えてもう一つ大きな変化があった。 ライオン舎の手前に小さなスペースができていた。 そこにはミーアキャットがいて、 ひょこっと立ち上がっている。 これが女性の気を大きく引くようだ。 あちこちから、 「か、かわいい〜」という声が挙がり、じっとその姿を目で追っている。 大型ネコの 仲間に混じって小さなミーアキャットがいるのは、なかなかにシャレが効いていた。 しかも、とにかく近いのである。 肉眼でもその姿表情が確実にわかる距離。 携帯でも おそらくは、そこそこの写真が撮れそうだ。 皆が近寄る中、唯一離れてレンズを向け しかも中間リングで距離を縮めての撮影。 なんだかすごく違和感を感じた。 とはいえ 背景がライオン舎の空間なので比較的よくボケる。 楽しめるスポットがまた増えた。 AB D3/FD500mmf4. 5L+FD50.

次の