サマー ウルフェン ブリッツ。 【プリコネ】サマーウルフェンブリッツと言いながら下半身をアップしている画像の元ネタ【マコト】

キャラクター/マコト(サマー)

サマー ウルフェン ブリッツ

プリコネの用語をまとめてみました。 色んなストーリーネタバレ注意。 気が向いたら追加していく予定。 目 次• 【アイス】 ま た お 前 か クソ装備。 ただでさえ剣を装備するキャラが多いにも関わらず事ある毎に要求される。 サブドロップする箇所も多いが慢性的に足りない。 マジでいい加減にしろ。 【赤ちゃん】 主人公の事。 記憶を完全に失っており、生後間もない赤ちゃん同然の為。 見た目は男子校生のイケメンなのに 貨幣を食べる等の寄行を平然とやってのけるその様は実にみっともないが、会話で選択肢が表示されるタイプのゲームの主人公としては全く感情移入出来ず、プレイヤーの映し身ではない独立したキャターという事をハッキリ意識し易い点ではよく出来たキャターと言える。 【アルパカ】 リマの事。 見た目はアルパカっぽいがロバである。 【宴おばさん】 宴の始まりだ! クリスナの事。 ストーリー、戦闘開始時、ユニオンバーストと事ある毎に宴を始める為。 "宴おばさん"という呼称を知らなくても宴おばさんって呼んじゃうぐらい宴宴うるさい。 【エルフの女】 アリサの事。 中の人が本家シャドバのラジオで「エルフの女」というあだ名を付けられた為。 【岸くん】 主人公の事。 草野やその取り巻き達が主人公の事を「騎士くん」と呼ぶ為。 ちなみに 「騎士クン」 表記で呼ぶのは草野のみ。 【キャ虐】 キャ虐はいいぞ キャルちゃんを虐待する事。 「かわいそうはかわいい」だからね、しょうがないね。 公式が一番ノリノリでガチめの虐待をする事に定評がある。 キャルちゃん 14歳 の虐待歴• リアルの親が変な宗教にハマって生まれてから一度も愛されない。 中学生なのにバイト三昧で友達が出来ない。 「風水的にいいから」とかいう理不尽な理由で遠い塾に通わされる。 修学旅行の為の積み立て貯金を親にぶんどられて参加出来ず。 アストルム世界でもに電撃を浴びせられる、罵られる等。 暗殺を命じられたペコリーヌにどんどん愛着が湧いてしまい、良心の呵責で曇る。 に洗脳され、傷つけたくない人達を傷つけまくる。 わりとガチでかわいそうなので幸せになって欲しい。 でもキャ虐は続けるね・・・ 【草野】 ユイの事。 ユイの現実世界での名前が 「草野優衣」。 語呂が良い事、草野がネタにされ易い愛されキャラである事 、敗けヒロインや諸悪の根源やごめユイでネタに事欠かない事等が相まって頻繁に使用される。 単純に草が生えた際に 「草野」と言う事がある 例:「流石に草野」、「草野生えた」等 【ごめユイ】 ごめん、ユイ・・・・・・! お前もうわざとやってるよね? この光景が既に悲しいと思う。 わかってるのにごめユイするな 「ごめん、ユイ・・・・・・!」 マコト本人の事を指す場合もある。 草野の恋を応援するはずが何故か草野の思い人を寝取ってしまった際に発される言葉。 ふ~ん、エッチじゃん よくカスミもごめユイ扱いされるが、カスミは草野と高校が同じだけで絡みが薄い上に別に 「ごめんなさい、ユイ先輩」 とか言った事は無い。 むしろ絡みが薄いユイの主人公に対する気持ちを汲み取ってそれとなくフォローを入れてあげる等 マコトより余程草野の恋を応援してくれる。 恐らくごめユイ三銃士のの為に数合わせでぶっこまれたのが広まってしまっただけだと思われる。 ごめユイが面白過ぎるのが悪い。 その迫真のボイスも然る事ながら ご時世的にあまりよろしくない単語が含まれてしまっているスタイリッシュ不謹慎ユニバ。 武 漢 毒 吹 き 「まとめて・・・逝っけぇーーっ!!!」 もかなり不謹慎である。 ちなみにリノちゃん星6はコロナが流行るより前に実装されていた為、リノちゃんは完全に被害者である。 年頃のJKがおっ広げた股をドアップで映し出されるその様は非常にえっちで非常にシュール。 イベントで挿入されたアニメーションで非常に火力が高い瞬間が捕えられた為、当然ネタにされまくりに。 ユニオンバースト発動時に挿入されるアニメーションでは見れないので注意だ。 と 【「サマーブリッツ!」と言いながら下半身をアップで映し出されている画像の元ネタ】という面白過ぎるタイトルの記事が表示されたり 画像欄が画像だらけだったりとにかくシュールで面白い。 これのせいで股を広げてドアップで映し出されている画像の事が「サマーブリッツ」と呼ばれる等影響力もでかい。 【諸悪の根源】 例のアレ 草野の事。 ストーリーでムイミがかなり辛辣な罵声を草野に浴びせた際の台詞が元ネタ。 本当に諸悪の根源であった事や画像のトも相まってやはりネタに。 元々騎士クン一筋な癖に中々踏み出せないアピールをして周りの岸くん好きメンバーに気を遣わせる等、多分に面倒臭い一面も孕んでいたので事ある毎に諸悪の根源扱いされる事になった。 【しょうがねぇだろ赤ちゃんなんだから】 しょうがねぇだろ赤ちゃんなんだから しょうがねぇだろ赤ちゃんなんだから しょうがねぇだろ赤ちゃんなんだから 主人公の寄行に対する免罪符、擁護として使用される。 実際主人公は記憶を完全に失ってしまっており、生後間もない赤ちゃんも同然の状態なのでしょうがない。 しょうがねぇだろ赤ちゃんなんだから例• お金を食べる。 11yoに養われる。 11yoと一緒に寝る。 地図が見れない。 アニメ。 ちなみに8yoは正しい方向を指差していた。 「立ち入り禁止」の意味が分からない そもそも文字が読めてないのかもしれない のでグングン進む。 11yoに出稼ぎさせてる間に街を徘徊して40人以上の女の子とコネクトしちゃう。 なかよし部に参加する際は部屋の隅でスクワットさせれるが特に不服も漏らさずずっとスクワットしてる。 えらい。 スケート場で宴おばさんのコートを自信満々で買って出るも転倒を繰り返す。 あはは。 あなたは女の子たちに守られて、良いご身分ですね。 尚、 2部では更に幼児退行が進んでしまい、ガチ赤ちゃんになってしまった。 【ダーク草野】 草野ェ・・・ 一部ラストで姿を見せた見るからに黒幕っぽい女の事。 この女が 「また会えたね、騎士クン」という台詞を発してしまった事で完全に草野が黒扱いされる事になり、 諸悪の根源として磨きが掛かってしまった。 「騎士クン」と呼ぶのは草野のみ。 ちなみに草野を星5にすると上の台詞と全く同じ称号が手に入る。 【ドM】 顔 クウカの事。 そのまんまドが付く程のドM女である為。 クウカ オー は Mと呼ばれる。 【偽姉妹】 シズルとリノの事。 シズルが偽姉、リノが偽妹。 主人公、シズル、リノはそれぞれ全く血縁は無い。 リノは主人公が好きなだけの人懐っこい近所の年下だが、シズルは完全に関係のような立ち振る舞いで怖い。 レ女 【】 覇瞳皇帝 千里真那 の事。 CVがである事、ペコが「あの男」と呼んだりする事等で扱いされている。 【ハイハイ】 新規ユーザーの進行度合いで序盤も序盤の段階は赤ちゃんになぞらえてハイハイと言われる事がある。 インフレキャラの暴力でガンガン進む様子は 「ターボハイハイ」と言われる事もある。 キテる。 ハツシオはいいぞ。 非常に微笑ましくてにやにやするし仲良しで凄くかわいいもっと描写してホラホラ。 アニメでもハツシオ回があったりOPでニコニコしてたりフィーチャーされている。 姉妹設定だがギルドが違う為、 ゲーム内でこの二人が絡むのがぶっちゃけ過去イベントの「ハツネのプレゼント大作戦!」しかない。 メインストーリーでもちょっぴり一緒になったがほんのちょっぴり。 【ぶっ殺すぞ!】 キャルちゃんの口癖。 かわいい。 にも悪い影響を与えているようで、キャルちゃんと一緒に編成すると 「ブッコロシマス! 」とか言い出しちゃったりする。 【プリン】 ミヤコの事。 あまりにもプリンプリンうるさいプリン狂いの為。 ミヤコと呼ぶよりプリンと呼んだ方が通りがよかったりとかする。 【プリンニシテヤルノ】 プリンにしてやるの! 競走馬。 明らかに元ネタがプリンのユニバ。 最近デビューしたが結果はよろしくない。 プリンばっか食ってるからだぞ。 名前が名前だけに話題性は有り、 カタログスペックの時点でクソ雑魚だったもののデビュー戦はプリコネおじさん達からのお布施も相まってそこそこ金がぶっ込まれていた。 結果が結果だったのでで終わると思われる。 【ママ】 赤ちゃんの保護者の事。 比喩抜き 主なママ一覧• コッコロママ 11yo• ミサトママ• ママサレン• ペコリーヌママ• キョウカママ 8yo• ヒヨリママ• マルチターゲットのボスで凄く強い。 赤ちゃん的にはいい感じのサンドバックなので新キャラの試運転に持ってこいな模様。 【ヤバイわよ!】 ヤバイわよ! プリコネの年末年始はヤバイわよ! キャルちゃんがCMに出演した際に発した台詞。 本家よりやたらネタにされる傾向が強い。 キャルちゃんを星5にするとこの称号が貰えたりする。 尚、当時のプリコネは正月キャルちゃんがクラバトをぶっ壊したりして絶賛炎上中だった模様である。 【n番目狙い】 特定の位置のキャラのみを集中攻撃してくる敵。 特に鬱陶しい上に出現頻度が高いのが3番目狙いと5番目狙い。 3番目はまだどうにかなるが5番目は存在するだけでマホマホぐらいしか置ける後衛が居なくなってしまう。 挑発持ちに吸って貰うとか・・・ てかそれしかないんじゃ・・・。 ネネカ様頼みだった初心者赤ちゃんは5番目狙い登場でよく詰まるとか詰まらないとか。 【yo】 "year old"の略。 若しくは幼女の略 幼女 主にキョウカ を呼ぶ際に使用される。 キョウカなら「8yo」、ミゾギなら「9yo」、ミミなら「10yo」となる。 ちなみにリトカルの合計年齢と宴おばさんの年齢は同じである。 ヒトリリリカル 8yoのプレミアム感ヤバイ・・・ヤバくない? PUYOPUYOOJISAN.

次の

マコト(プリコネ) (まこと)とは【ピクシブ百科事典】

サマー ウルフェン ブリッツ

アグレッシブなプレイが楽しみたかったら前者を、ステルスプレイに徹したいなら後者を選べばいい。 もちろん、どちらもいずれ取得できるので、途中でプレイスタイルを変えることは難しくない。 ここでプレイヤーも、彼女たちと同じく戦闘や探索の基本を学ぶことになる。 基本的にはプレイヤーとパートナーのふたりで進めていくことになり、ソロプレイの場合はAIがパートナーを動かす仕様だ。 重いドアをジェスが支えてソフがくぐり抜ける、ふたりでアイテムボックスを同時に開ける……といったギミックもあるが、AIの場合は自動的に動いてくれる。 CO-OPの場合、パートナーを呼び寄せることも可能で、離れていてもマップに位置が表示されているので、あまり迷うことはない。 CO-OPに特化した数々の新要素 CO-OPプレイに特化した本作には、共有ライフというシステムがある。 自分の体力やアーマーとは別に、ふたりで共通したライフが存在するのだ。 ふたりのどちらかが失血死(体力がゼロになる)した場合、デフォルトでは3つある共有ライフがひとつ減る。 3つともなくなった状態でどちらかが失血死すると、リスタートになるというわけだ。 共有ライフを消費すれば、失血死したプレイヤーは体力を若干回復した状態で復活できる。 パートナーに助けてもらえれば共有ライフを消費することはないが、救助には時間が少しかかるのと、失血死するのはだいたい敵がわんさかいる状況なので、気が付けば共倒れ……ということになってもおかしくない。 もうひとつ、ハンドシグナルというユニークなシステムもある。 冒頭のキャラクター選択時、どちらかのハンドシグナルを選択することになるが、ゲームを進めていけばいろいろなハンドシグナルが獲得できる。 ただし、本作では、銃弾を撃ち込んでもなかなか倒れてくれない、堅めの敵がよく出現する。 とくにアーマーが厚いスーパーソルジャーは正面からの攻撃に強く、一方が正面から撃って敵の注意を惹きつけているあいだに、パートナーは背後に回って装甲の薄い部分を狙うなど、連携が求められることも多い。 失血死したプレイヤーは救助を求めるか、共有ライフを消費してその場で復活するかを選べる(制限時間はある)。 大量の敵が待っていたり、強烈なボス戦などでは共有ライフこそ生命線となるが、要所要所に回復できる場所が用意されていたり、何よりも一度死んだら終わりではないので、あまりFPSが得意ではないというプレイヤーも意外とサクサク進めるはずだ。 ソロプレイの場合でも、救助を求めればAIのパートナーが賢く立ち回ってくれる(とはいえ、無理な状況では共倒れになるので、そのときは潔く!)。 『Wolfenstein』シリーズではおなじみの、敵に見つかると警報が鳴って増援が呼ばれるシステムは健在。 司令官がいる場合は増援の敵レベルが上昇するので、真っ先に司令官を始末すべきというセオリーもそのまま。 そして、ステルス状態で敵の背後に近づければ、ゴツい斧やナイフで一撃死を狙えるのも同様。 これがCO-OPとなると、ひとりが司令官にステルスで近づくあいだに、パートナーは増援に備えて位置取りするといった戦略が可能となり、立ち回りを考える余裕が生まれる。 入り組んだマップではけっこう気づかれてしまい、すぐに増援が湧いてくるからだ。 ソロプレイの場合、ステルスプレイに徹するならクロークを習得して、自分がサイレントキラーとなったほうがよさげだ。 ちなみに、前作から19年も経っているので、ナチスの技術も飛躍的にアップしている。 ステルス機能を使って姿を消すボスなども登場し、ゴリ押しが通用しないこともある。 しかし、どのような状況でも、パートナーと協力すれば突破できるようになっているので、挟み撃ちやおとり役に徹するなど、ふたりでいろいろ試してみるといいだろう。 探索にPERK……本作ならではのシステム ツェッペリンを突破すると、いよいよパリの地に降り立つことになる。 本作ではMachineGamesだけでなく、『』シリーズを手掛けるArkane Studiosも開発に参加しているので、パリの街は縦にも横にも広がった構造となっている。 さすがに『』のコルヴォのように飛び回れはしないが、あちこちを探索することで、スキンやハンドシグナルのアンロックに必要なコインや回復アイテム、ベセスダ・ソフトワークスと言えばの多彩なコレクション(収集物)などが入手できる。 ダブルジャンプができるので探索範囲も広く、高所でレーザー砲台を発見したプレイヤーが下にいるパートナーを援護するといったマップも用意されているので、探索の楽しさがいままで以上になっているのは間違いない。 その反面、迷いやすい場所があるのも事実。 トラテープやランプといった、進行ルートのヒントはよく探せばあるのだが、ジャンプする位置などの操作は慣れておいたほうがいい。 また、いままでの『Wolfenstein』はチャプターに分かれた物語を追っていく形で進行していたが、本作は地下墓地(カタコンベ)にあるレジスタンスの基地を拠点にして、地区に分かれたパリを好きなように攻略できる。 ストーリーミッション以外にも、さまざまなサイドミッションが発生するので、寄り道しながら強化を重ねていくことも重要なポイントとなる。 プレイヤーの強化は、レベルアップによって獲得するアビリティポイント(レベルアップでダメージ値も上昇する)を消費してPERKをアンロックしていく形。 武器のカテゴリーはピストル、ブリッツゲヴェーア(マシンガン)、アサルトライフル、クーゲルゲヴェーア(ライフル)、近接武器。 改造パーツでアップグレードしたり、ゲーム中に入手するシルバーコインなどを使用してスキンを変更することも可能だ。 このように、プレイヤーの成長システムはいたってシンプル。 当然、APは有限かつ貴重なので、ある程度の段階でプレイスタイルの方向性は決めたほうがいいだろう。 CO-OPを気軽に楽しめるFPSという側面も いろいろと書き連ねてきたが、やはり本作最大の魅力はCO-OPの楽しさにある。 オンラインで遊んでいれば、シームレスにフレンドもしくはマッチングプレイヤーが参戦できるし、パートナーがオンラインから離脱してもそのままAIが動かしてくれるので、プレイが途切れることはない。 すでに発売されている海外では「敵が固い!」という声が挙がっているが、ふたりで協力して撃てば、そこまでのストレスは感じない。 何より、増援が押し寄せてくる場面やボス戦を、パートナーと大騒ぎしながら戦うのは、ふたり並んでシューティングゲームを遊んでいるような感覚に近い。 大人数での対戦ではないので、コミュニケーションが自然と密になるのも、最近のタイトルにはないフィーリングで新鮮ではないだろうか。 『Wolfenstein』シリーズのハードコアな展開を期待する人には、本作のノリは軽めに感じるのは確か。 ジェスとソフ、参戦はしないがふたりをサポートしてくれるアビー(彼女もアノ人の娘)のやり取りも軽快さに拍車をかけているが、会話の内容はしっかり下品だったりするし、破壊表現もしっかり18歳以上のみ対象だ(切断面の色調は変わるけど)。 本作には、『Wolfenstein』シリーズにニューカマーを呼び寄せる狙いがあると、個人的には思っている。 CO-OPに特化したゲームシステム、主人公も含めた演出面の刷新、すっきりと整理された成長システム、そして3519円[税別]という価格。 コアな『Wolfenstein』ファンには物足りない部分があるのも確かだが、ナチスを叩きのめす爽快なFPSというシリーズの魂はしっかりと残っているし、気軽に協力プレイが楽しめるFPSとしての完成度は高い。 何より、80年代ならではの、微妙にナヨナヨしていたり、大げさなメロディーラインが流れるシンセサウンドが最高なので! C 2019 ZeniMax Media Inc. Developed by MachineGames in partnership with Arkane Lyon. MachineGames, Arkane, Bethesda, Bethesda Softworks, ZeniMax and related logos are registered trademarks or trademarks of ZeniMax Media Inc. in the U. Wolfenstein, id, id Software, id Tech and related logos are registered trademarks or trademarks of id Software LLC in the U. All Rights Reserved. comの掲載基準に従い考慮しております。 各名称、登場人物、団体、場所、事象は架空のもの、またはフィクションに基づく描写によるものです。 本作品のストーリーとコンテンツはナチス政権の信念、イデオロギー、事象、行動、党員、行為を解釈、称賛、是認を意図するものではなく、またナチス政権による戦争犯罪や虐殺、その他人道に反する犯罪を矮小化する事を容認するものではありません。

次の

マコト(プリコネ) (まこと)とは【ピクシブ百科事典】

サマー ウルフェン ブリッツ

Point! 敵が1体でも マルチターゲットの場合は追加効果が発生しません。 マルチターゲットのボスにうっかり使用しないよう注意しましょう。 スキルで付与できるデバフ量は控えめ スキル「アクアクロッシング」は敵1体時に防御デバフを付与できる。 しかし効果値はLv136時点で42と控えめな数値。 敵にもよるが、UBを使わないと防御デバフを十分に供給できない点に注意。 敵が複数いるとバフスキルの効果は12秒 バフスキルに関しても、敵が複数いるとバフの効果時間は12秒となりバフが重なり続けることはない。 永続で効果が重なり続けないと、 強力なバフスキルと言えない点には注意しよう。 ステータスは通常マコトと同等 水着マコトは通常のマコトとほぼ同じステータスになるようだ。 信頼できるほどの耐久力はないので、才能開花を進めたりヒーラーやタンクを入れてサポートしてあげる必要がありそうだ。 通常マコトと違って、 UBの火力が高く自身でダメージを出せる点も優秀だ。 Point! 敵を1体にしてしまえばよいので、ルナの塔のボス階のフィニッシャーとしても活躍できそうですね。 デバフ役としては汎用性に欠ける クランバトルでは最適クラスのキャラクターだが、敵の数が多い クエストやアリーナでは強力なデバフを活かしづらく運用は難しい。 デバフと火力を兼ね備えているものの、条件付きなのでデバフ役として使える場面が限られている。 水着マコト サマー と相性の良いキャラ.

次の