ヘパリン。 ヘパリン

ヘパリン類似物質の効果と副作用

ヘパリン

血管の中に 血栓ができるのを防ぐ働きがあります。 血液が固まるのを防ぐお薬です。 血液検査の血液凝固の防止• 血液透析の血液凝固の防止• 血管カテーテル挿入時の血液凝固の防止• 血栓 塞栓症の治療• 血栓塞栓症の予防• 四肢 動脈血栓塞栓症の治療• 四肢動脈血栓塞栓症の予防• 手術後の血栓塞栓症の治療• 手術後の血栓塞栓症の予防• 手術中の血栓塞栓症の治療• 手術中の血栓塞栓症の予防• の治療• の予防• 症の治療• 症の予防• 人工心肺の血液凝固の防止• 体外循環装置使用時の血液凝固の防止• 脳塞栓症の治療• 脳塞栓症の予防• の治療• の予防• の治療• 人により副作用の発生傾向は異なります。 記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。 本剤は、通常、次記の各投与法によって投与されるが、それらは症例または適応領域、目的によって決定される• 通常、本剤投与後、全血凝固時間(Lee-White法)または全血活性化部分トロンボプラスチン時間(WBAPTT)が正常値の2~3倍になるように年齢、症状に応じて適宜用量をコントロールする• 〈静脈内間歇注射法〉1回5000~10000単位を4~8時間ごとに静脈内注射する• 注射開始3時間後から、2~4時間ごとに全血凝固時間またはWBAPTTを測定し、投与前の2~3倍になるようにコントロールする• 〈皮下注射・筋肉内注射法〉1回5000単位を4時間ごとに皮下注射または筋肉内注射する• なお、筋肉内注射にあたっては、組織・神経などへの影響をさけるため、次記の点に配慮すること• ・ 筋肉内注射時神経走行部位をさけるように注意すること• ・ 筋肉内注射時、繰り返し注射する場合には、注射部位をかえ、たとえば左右交互に注射するなど行うこと• なお、乳・幼・小児には筋肉内注射を連用しないことが望ましい• ・ 注射針を刺入したとき、激痛を訴えたり、血液の逆流をみた場合は、直ちに針を抜き、部位をかえて注射すること• 〈体外循環時(血液透析・人工心肺)における使用法〉・ 人工腎では各患者の適切な使用量を透析前に各々のヘパリン感受性試験の結果に基づいて算出するが、全身ヘパリン化法の場合、通常、透析開始に先だって、1000~3000単位を投与し、透析開始後は、1時間当り、500~1500単位を持続的に、または1時間ごとに500~1500単位を間歇的に追加する• 局所ヘパリン化法の場合は、1時間当り1500~2500単位を持続注入し、体内灌流時にプロタミン硫酸塩で中和する• 体外循環後は、術後出血を防止し、ヘパリンの作用を中和するためにプロタミン硫酸塩を用いる• 〈輸血及び血液検査の際の血液凝固防止法〉輸血の際の血液凝固の防止には、通常、血液100mLに対して400~500単位を用いる• 以下の病気・症状がみられる方は、• 亜急性細菌性心内膜炎• 外傷後日の浅い• 過敏症• 血管障害による出血傾向• 月経期間中• 血小板減少性紫斑病• 血友病• 重症高血圧症• 重症糖尿病• 重篤な肝障害• 重篤な腎障害• 手術時• 消化管潰瘍• 頭蓋内出血• 性器出血を伴う妊産褥婦• 大腸炎• 中枢神経系の手術後日の浅い• 内臓腫瘍• 尿路出血• 消化管憩室炎• 血液凝固障害[汎発性血管内血液凝固症候群<DIC>を除く]• HIT• ヘパリン起因性血小板減少症• heparin-induced thrombocytopenia 患者の属性に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、• 妊婦・産婦• 幼児・小児• 新生児 低出生体重児を含む• 高齢者 年齢や性別に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、できれば服用・利用しないことが望まれます。 乳・幼・小児 0歳〜14歳• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際、十分に注意して下さい。 低出生体重児 0日〜27日• 新生児 0日〜27日•

次の

ヘパリン類似物質

ヘパリン

血管の中に 血栓ができるのを防ぐ働きがあります。 血液が固まるのを防ぐお薬です。 血液検査の血液凝固の防止• 血液透析の血液凝固の防止• 血管カテーテル挿入時の血液凝固の防止• 血栓 塞栓症の治療• 血栓塞栓症の予防• 四肢 動脈血栓塞栓症の治療• 四肢動脈血栓塞栓症の予防• 手術後の血栓塞栓症の治療• 手術後の血栓塞栓症の予防• 手術中の血栓塞栓症の治療• 手術中の血栓塞栓症の予防• の治療• の予防• 症の治療• 症の予防• 人工心肺の血液凝固の防止• 体外循環装置使用時の血液凝固の防止• 脳塞栓症の治療• 脳塞栓症の予防• の治療• の予防• の治療• 人により副作用の発生傾向は異なります。 記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。 本剤は、通常、次記の各投与法によって投与されるが、それらは症例または適応領域、目的によって決定される• 通常、本剤投与後、全血凝固時間(Lee-White法)または全血活性化部分トロンボプラスチン時間(WBAPTT)が正常値の2~3倍になるように年齢、症状に応じて適宜用量をコントロールする• 〈静脈内間歇注射法〉1回5000~10000単位を4~8時間ごとに静脈内注射する• 注射開始3時間後から、2~4時間ごとに全血凝固時間またはWBAPTTを測定し、投与前の2~3倍になるようにコントロールする• 〈皮下注射・筋肉内注射法〉1回5000単位を4時間ごとに皮下注射または筋肉内注射する• なお、筋肉内注射にあたっては、組織・神経などへの影響をさけるため、次記の点に配慮すること• ・ 筋肉内注射時神経走行部位をさけるように注意すること• ・ 筋肉内注射時、繰り返し注射する場合には、注射部位をかえ、たとえば左右交互に注射するなど行うこと• なお、乳・幼・小児には筋肉内注射を連用しないことが望ましい• ・ 注射針を刺入したとき、激痛を訴えたり、血液の逆流をみた場合は、直ちに針を抜き、部位をかえて注射すること• 〈体外循環時(血液透析・人工心肺)における使用法〉・ 人工腎では各患者の適切な使用量を透析前に各々のヘパリン感受性試験の結果に基づいて算出するが、全身ヘパリン化法の場合、通常、透析開始に先だって、1000~3000単位を投与し、透析開始後は、1時間当り、500~1500単位を持続的に、または1時間ごとに500~1500単位を間歇的に追加する• 局所ヘパリン化法の場合は、1時間当り1500~2500単位を持続注入し、体内灌流時にプロタミン硫酸塩で中和する• 体外循環後は、術後出血を防止し、ヘパリンの作用を中和するためにプロタミン硫酸塩を用いる• 〈輸血及び血液検査の際の血液凝固防止法〉輸血の際の血液凝固の防止には、通常、血液100mLに対して400~500単位を用いる• 以下の病気・症状がみられる方は、• 亜急性細菌性心内膜炎• 外傷後日の浅い• 過敏症• 血管障害による出血傾向• 月経期間中• 血小板減少性紫斑病• 血友病• 重症高血圧症• 重症糖尿病• 重篤な肝障害• 重篤な腎障害• 手術時• 消化管潰瘍• 頭蓋内出血• 性器出血を伴う妊産褥婦• 大腸炎• 中枢神経系の手術後日の浅い• 内臓腫瘍• 尿路出血• 消化管憩室炎• 血液凝固障害[汎発性血管内血液凝固症候群<DIC>を除く]• HIT• ヘパリン起因性血小板減少症• heparin-induced thrombocytopenia 患者の属性に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、• 妊婦・産婦• 幼児・小児• 新生児 低出生体重児を含む• 高齢者 年齢や性別に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、できれば服用・利用しないことが望まれます。 乳・幼・小児 0歳〜14歳• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際、十分に注意して下さい。 低出生体重児 0日〜27日• 新生児 0日〜27日•

次の

ヘパリン類似物質

ヘパリン

目次 (項目へとびます)• 特徴 ヘパリンNaはグルコサミンとウロン酸のニ糖単位からなる分子量5000~20000の不均一な構造を持つ酸性ムコ多糖である。 ヘパリンを投与することにより、Xaは阻害されトロンビンが減少し、結果的にフィブリンを阻害することにより凝固系を阻害する。 適応 播種性血管内凝固症候群 DIC DICは凝固系が亢進しているため凝固系を止めるヘパリンを用いる。 副作用 ヘパリンは血液をサラサラにし、凝固系を止めすぎるため副作用として 出血が考えられる。 そのため出血している患者(血小板紫斑病、血友病等)や出血する可能性のある患者(内臓腫瘍、大腸炎等)には原則禁忌となっている。 注意 TDMの際アミノグリコシド系抗菌薬とヘパリンを併用していると複合体絵を形成し、測定法によっては測定値が低くなることがある。 ヘパリンとワルファリンの違い ヘパリンの特徴を、血液凝固薬のワルファリンと比較して以下に示す。 抗Xa因子作用はヘパリンと同等。 抗トロンビン作用はヘパリンより弱く、持続時間が長い。

次の