速報ヴィパ。 ユースサッカー美作は24日決勝 美作中、ヴィパルテなどが進出:山陽新聞デジタル|さんデジ

アルバルク東京、ルカ・パヴィチェヴィッチHCが続投「再び優勝を目標として戦っていきたい」(バスケットボールキング)

速報ヴィパ

コンボ強化3個で火力要員になる。 チームHPによってパーティステータスが上昇するため、受けられるダメージ量を増やせる。 極醒フェンリルヴィズパーティの組み方のコツ お邪魔を作れるスキルがあると良い 極醒フェンリルヴィズ自身がお邪魔目覚めスキルを持つが、お邪魔ドロップの供給を目覚め効果に頼り切るのは安定しづらい。 任意のタイミングでもお邪魔を作れるよう、お邪魔生成スキルを1〜2体は編成しておきたい。 コンボ強化覚醒が好相性 極醒フェンリルヴィズは6コンボ以上で攻撃倍率が発動する。 7コンボ以上で火力が上昇するコンボ強化と相性が良く、発動させやすい。 火力要員はコンボ強化持ちがおすすめだ。 おすすめの覚醒バッジ HPバッジがおすすめ 極醒フェンリルヴィズはリーダースキルでダブル軽減を持つが、お邪魔2コンボ時に発動する軽減効果は安定して発動しづらい。 HPバッジを選択してHPを底上げしておくと、6コンボ以上時の軽減効果だけでも耐えられるダメージ量が増える。 お邪魔の2コンボ以上でダメージを軽減、攻撃力が5倍。 覚醒 付けられる超覚醒 付けられる潜在キラー 神 極醒フェンリルヴィズのリーダー評価 お邪魔ドロップを扱う特殊なリーダースキル 軽減+攻撃倍率発動にお邪魔の2コンボが必要という、一風変わったリーダースキルを持つ。 自身のスキルでお邪魔を呼び寄せたり、お邪魔を生成できるサブを編成するなど、特殊なパーティ編成が必要になる。 スペックは高いが使い勝手は良くない 最大約68%の軽減に加えて、22. 5倍という高い攻撃倍率を持つ。 しかしお邪魔でコンボを組む条件のクセが強く、パーティの組み方や立ち回りが難しい。 お邪魔2コンボ分とは別に攻撃色を必要とする点にも使いづらさがある。 敵のギミックを逆手に取れる強みはある お邪魔生成やお邪魔目覚めのあるダンジョンなど、敵のギミックを活用した攻略も可能。 ダンジョンのギミックを細かく知っていれば、それに合わせた編成で攻略することができる。 パズドラの関連記事 新キャラ評価/テンプレ ヒロアカコラボ.

次の

【レガシー】大会結果 : ヴィズコーパ速報

速報ヴィパ

コンボ強化3個で火力要員になる。 チームHPによってパーティステータスが上昇するため、受けられるダメージ量を増やせる。 極醒フェンリルヴィズパーティの組み方のコツ お邪魔を作れるスキルがあると良い 極醒フェンリルヴィズ自身がお邪魔目覚めスキルを持つが、お邪魔ドロップの供給を目覚め効果に頼り切るのは安定しづらい。 任意のタイミングでもお邪魔を作れるよう、お邪魔生成スキルを1〜2体は編成しておきたい。 コンボ強化覚醒が好相性 極醒フェンリルヴィズは6コンボ以上で攻撃倍率が発動する。 7コンボ以上で火力が上昇するコンボ強化と相性が良く、発動させやすい。 火力要員はコンボ強化持ちがおすすめだ。 おすすめの覚醒バッジ HPバッジがおすすめ 極醒フェンリルヴィズはリーダースキルでダブル軽減を持つが、お邪魔2コンボ時に発動する軽減効果は安定して発動しづらい。 HPバッジを選択してHPを底上げしておくと、6コンボ以上時の軽減効果だけでも耐えられるダメージ量が増える。 お邪魔の2コンボ以上でダメージを軽減、攻撃力が5倍。 覚醒 付けられる超覚醒 付けられる潜在キラー 神 極醒フェンリルヴィズのリーダー評価 お邪魔ドロップを扱う特殊なリーダースキル 軽減+攻撃倍率発動にお邪魔の2コンボが必要という、一風変わったリーダースキルを持つ。 自身のスキルでお邪魔を呼び寄せたり、お邪魔を生成できるサブを編成するなど、特殊なパーティ編成が必要になる。 スペックは高いが使い勝手は良くない 最大約68%の軽減に加えて、22. 5倍という高い攻撃倍率を持つ。 しかしお邪魔でコンボを組む条件のクセが強く、パーティの組み方や立ち回りが難しい。 お邪魔2コンボ分とは別に攻撃色を必要とする点にも使いづらさがある。 敵のギミックを逆手に取れる強みはある お邪魔生成やお邪魔目覚めのあるダンジョンなど、敵のギミックを活用した攻略も可能。 ダンジョンのギミックを細かく知っていれば、それに合わせた編成で攻略することができる。 パズドラの関連記事 新キャラ評価/テンプレ ヒロアカコラボ.

次の

【グラブル】レオナは強いか弱いかより今の土パは枠がキツい?/土マグナの連撃問題はマキラかカインのバッファーとオメガ武器がカギになるか

速報ヴィパ

ロードアメリカを舞台にダブルヘッダーで開催されたインディカー・シリーズ。 12日に行われた第4戦は、フェリックス・ローゼンクヴィスト(チップ・ガナッシ)がラスト2周でトップに浮上し、念願のインディカー初優勝を飾った。 佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は8位でレースを終えている。 この週末から観客を迎えての開催となったインディカー。 第4戦も多くの観客がサーキットに訪れ、55周のレースがスタートする。 ポールポジションのパトリシオ・オワード(アロウ・マクラーレンSP)がホールショットを決めるも、後方でマルチクラッシュが発生。 ターン1進入前にでライアン・ハンター-レイ(アンドレッティ・オートスポート)が、後ろからウィル・パワー(チーム・ペンスキー)に押し出されクラッシュ。 ジャック・ハーベイ(マイヤー・シャンク・レーシング)もコースアウトを喫する。 さらにグラハム・レイホール(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)もターン2でパワーと接触した後、ローゼンクヴィストに押し出されるとウォールにヒット。 1周目でリタイアとなった。 5周目にリスタート。 オワード、コルトン・ハータ(アンドレッティ・ハーディング・スタインブレナー)、アレックス・パロウ(デイル・コイン・ウィズ・チームゴウ)、そして開幕3連勝中のスコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)と続いていく。 6周目、パワーがコースアウトを喫し、再びイエローコーションとなる。 リスタートは8周目。 オワードがトップをキープ。 ターン1でパロウがハータをアウトから一気にオーバーテイク。 2番手に浮上する。 12周を走行してハータとディクソンが最初のピット作業へ。 翌周、パロウがタイヤ交換へと向かう。 トップのオワードは15周を走行してピットレーンへ。 アロウ・マクラーレンSPのクルーたちもしっかりと送り出し、パロウに差をつけてコースへ復帰。 タイヤ交換を遅らせたローゼンクヴィストはハータの前でピットアウトに成功する。 快走を続けるオワード。 パロウは少しペースが上がらず、22周目のターン1でローゼンクヴィストに交わされポジションダウン。 さらに26周目にはアレクサンダー・ロッシ(アンドレッティ・オートスポート)がパロウをオーバーテイクし3番手に浮上する。 オワードは28周を走行し2回目のピットイン。 差を詰めていたローゼンクヴィストも翌周ピットに向かうも少し作業が遅れ、オワードは再び大きくリードを広げることに。 オワードは42周目で最後のピットインを行いレッドタイヤをセレクト。 全車が作業を終えると5秒の差をつけトップを走行する。 2番手にローゼンクヴィスト、ロッシ、マーカス・エリクソン(チップ・ガナッシ)、ハータと続き、佐藤琢磨は8番手まで順位をアップする。 勝負のラストスティント。 徐々にオワードとの差を詰めていく2番手のローゼンクヴィスト。 残り5周で3秒差に。 オワードのタイヤは厳しく、ブラックタイヤのローゼンクヴィストが射程圏内に捉えると54周目のターン5でサイド・バイ・サイドとなり、ついにオーバーテイク。 ファイナルラップで差をつけたローゼンクヴィストは、トップチェッカーを受け念願のインディカー初勝利を挙げた。 チップ・ガナッシ・レーシングは開幕4連勝を達成。 2位にオワード、3位にロッシ。 佐藤琢磨は8位でフィニッシュとなった。 4連勝を狙ったディクソンは、最後のピット作業で痛恨のエンジンストール。 12位でレースを終えた。 /No. /Driver/Team/Eng/Laps/SP 1/10/F. ローゼンクヴィスト/チップ・ガナッシ/H/55/7 2/5/P. オワード/アロウ・マクラーレンSP/C/55/1 3/27/A. ロッシ/アンドレッティ・オートスポート/H/55/10 4/8/M. エリクソン/チップ・ガナッシ/H/55/16 5/88/C. ハータ/アンドレッティ・ハーディング・スタインブレナー/H/55/2 6/18/S. フェルッチ/デイル・コイン・レーシング/H/55/11 7/55/A. パロウ/デイル・コイン・ウィズ・チームゴウ/H/55/3 8/30/佐藤琢磨/レイホール・レターマン・ラニガン/H/55/12 9/1/J. ニューガーデン/チーム・ペンスキー/C/55/14 10/4/C. キンボール/A. フォイト・レーシング/C/55/13 11/12/W. パワー/チーム・ペンスキー/C/55/8 12/9/S. ディクソン/チップ・ガナッシ/H/55/6 13/22/S. パジェノー/チーム・ペンスキー/C/55/22 14/21/R. ヴィーケイ/エド・カーペンター・レーシング/C/55/15 15/59/M. チルトン/カーリン/C/55/21 16/26/Z. ビーチ/アンドレッティ・オートスポート/H/55/17 17/60/J. ハーベイ/マイヤー・シャンク・レーシング/H/55/9 18/20/C. デイリー/エド・カーペンター・レーシング/C/55/20 19/98/M. アンドレッティ/アンドレッティ・ハータ/H/54/19 20/14/D. ケレット/A. フォイト・レーシング/C/54/23 21/7/O. アスキュー/アロウ・マクラーレンSP/C/53/18 22/28/R. ハンター-レイ/アンドレッティ・オートスポート/H/0/4 23/15/G.

次の