ダブル おどり 炊き。 【鬼比較】 炊飯器 2020年版

3合炊きでここまで甘くて美味しいの!?高機能なJコンセプト炊飯器「Wおどり炊き搭載 JW7」でもちもちご飯を炊いてみたⅢ Panasonic Store オリジナルキット予約受付中|パナソニック公式通販サイト

ダブル おどり 炊き

毎週発売される新製品の中から注目度の高い製品を、さまざまなカテゴリから横断ピックアップして紹介する連載「今週発売の注目製品ピックアップ」。 今週は、パナソニックから、スチームオーブンレンジの最上位機種「3つ星ビストロ NE-BS1300」と、スチーム&可変圧力IHジャー炊飯器の最上位機種「Wおどり炊き SR-SPX6シリーズ」のほか、EIZOのカラーマネージメントに対応した24. 1型ワイド液晶ディスプレイ「ColorEdge CG247X」を紹介する。 パナソニック「3つ星 ビストロ NE-BS1300」 2016年6月1日(水)発売 パナソニックから、スチームオーブンレンジ「3つ星ビストロ」の最上位機種「NE-BS1300」が発売される。 肉や魚をこんがり焼き上げるスチームオーブンレンジ。 ヒーター線の厚みや幅、W(ワット)数の最適化により、立ち上がりが早く高温維持が可能な平面形状の「大火力極め焼きヒーター」を搭載した点が特徴。 また、天井とヒーターの密着性を高めるハニカム形状の天井を採用し、ヒーターの熱を効果的に庫内に伝え、グリル皿と併用することで、肉や魚の両面をこんがり焼き上げるという。 さらに、庫内天井にオートクリーン加工を行い、天井の油汚れを熱で自動的に分解し、手入れの手間を軽減する。 例えば、冷蔵庫にある豚肉とキムチとアボカドの3つの食材で簡単に「キムチとアボカドのカツ」ができる。 このほか、オーブンの温度調節範囲が80〜300度(300度運転時間は5分。 庫内容量は約30L。 重量は約20kg。 ボディカラーは、ルージュブラックとホワイト。 パナソニック「SR-SPX6シリーズ」 2016年6月1日(水)発売 パナソニックから、スチーム&可変圧力IHジャー炊飯器「Wおどり炊き」の最上位機種「SR-SPX6シリーズ」が登場。 ラインアップとして、炊飯容量(白米)が0. 09〜1. 0Lの「SR-SPX106」、0. 18〜1. 8Lの「SR-SPX186」を用意する。 お米一粒ずつに、均一に熱を伝える「Wおどり炊き」を進化させ、炊飯中の水分量に合わせて加圧・減圧を調整する「圧力コントロール」を採用した炊飯器。 水分量が少なくなる沸騰維持工程の後半で、ゆっくりと減圧して、お米をふんわりと立ち上げられるようになった。 この時にできた米粒の間の空気層に、「焼き効果」のある高温スチームを行きわたらせることで、余分な水分を飛ばし、ごはん表面のベタ付きを約54%低減(従来機種「SR-SPX105」との比較)。 ハリのあるごはんを炊き上げる。 また、もち米100%やもち米に白米を混ぜた場合で、それぞれに適した火加減で炊き上げる「赤飯」「おこわ」の各専用コースを搭載。 これにより、炊飯時間を約40%短縮(従来機種「SR-SPX105」との比較)し、「赤飯」では白米並みの46分、「おこわ」では48分〜58分で炊き上げられる。 加えて、IHスチームの温度をそれぞれ220度と150度に高め、もちもちした弾力感が向上し、蒸したような食感を得られるという。 「SR-SPX106」の主な仕様は、消費電力(炊飯時)が1210W、本体サイズは26. 8(奥行)mm、重量は6. 9kg。 「SR-SPX186」の主な仕様は、消費電力(炊飯時)が1400W、本体サイズは29. 7(奥行)mm、重量は8. 2kg。 いずれもボディカラーは、ルージュブラック、スノークリスタルホワイトの2色を用意した。 EIZO「ColorEdge CG247X」 2016年6月3日(金)発売 EIZOから、カラーマネージメントに対応した24. 1型ワイド液晶ディスプレイ「ColorEdge CG247X」が発売される。 映像制作市場向け「ColorEdge CG247」の後継機種。 広色域パネルを採用し、Adobe RGB色域99%を再現するほか、映画制作に用いられる表示規格「DCI-P3」のカバー率を95%から98%に向上。 コントラスト比は、白浮きを抑えて引き締まった黒色を表示できるよう、従来の1000:1から1500:1に向上させている。 また、電源を入れてから表示を安定させるまでの時間を7分から3分に短縮。 標準消費電力は、従来比32%削減しており、22Wとなっている。 付属の遮光フードは、組み立てが必要な従来のタイプから、ワンタッチで取り付け・取り外しできるタイプに変更した。 キャリブレーション機能は、筐体にキャリブレーションセンサーを内蔵し、専用ソフト「ColorNavigator」を使用して最適な表示にすることが可能なほか、表示品位を維持するための定期的な再調整も自動で行われる。 加えて、画面全体の輝度・色度が均一になるように補正する専用回路の搭載や、個体差のない滑らかな階調表現を実現している。 5(奥行)mm。 重量は約8. 9kg。

次の

パナソニック炊飯器おどり炊きの口コミと比較!Wおどり炊きとの違いは?

ダブル おどり 炊き

本製品ではさらに、ごはんのおいしさの構成要素の一つである「見た目」に着目し、本体内部に搭載された圧力センサーを使用し、追い炊き工程で微細な圧力制御を行う「加圧追い炊きplus」を新たに搭載しました。 また、時間のないときに短時間で炊ける従来の高速コースの工程を見直し、「スチーム高速コース」を新たに搭載しました。 当社は本製品を通して、ごはんの愉しみ方を提案するとともに、ごはんのおいしさにこだわるお客様のニーズに対応します。 <特長>• 「スチーム高速コース」で時短はそのまま、さらにおいしく• 「銘柄炊き分けコンシェルジュ」に新銘柄「雪若丸」「富富富」を追加 パナソニックセンター大阪では、4月13日より、2階フロア内に展示しております。 当社従来品SR-VSX108(2018年発売)と新製品SR-VSX109で比較。 2018年度産コシヒカリ使用。 電子顕微鏡(Hirox RH-2000)による粒の大きさの測定。 従来品SR-VSX108:7. 21 mmに対して、新製品SR-VSX109:7. 99 mm。 お米の量・銘柄・保存状態、水の量等の使用条件によって異なります。 一部コースを除きます。

次の

新しい『Wおどり炊き』で古米を実際に炊いてみた|試用レポート

ダブル おどり 炊き

パナソニックの最新炊飯器「SR-SPX7シリーズ」「SR-SPA7シリーズ」「PW7シリーズ」は、これまでの「Wおどり炊き」機能に 「加圧追い炊き」機能が追加され、ご飯の甘みともちもち感がUPしました。 さらに、新「ダイヤモンド竈釜」を採用。 内釜の高断熱中空セラミックスが約30%増量され、断熱性能が約10%アップ!お米一粒一粒に熱が伝わり甘みを引き出します。 お手入れもしやすくなりましたよ。 従来のお手入れ機能は煮沸のみでしたが、新お手入れ機能は、加圧減圧により一気に蒸気を噴射します。 パワフルな高温洗浄により、炊飯後の気になるニオイの低減効果が約28%向上。 洗浄時間も短縮され、約28分で洗浄できるようになりました。 「Wおどり炊き」とは、釜底と底側面のIHコイルの通電を高速で切り替えて熱対流を発生させる「大火力おどり炊き」と、加圧・減圧を繰り返してお米を釜底から対流させる「可変圧力おどり炊き」で、お米一粒一粒に均一に熱を伝えるパナソニック独自の炊き方です。 Wおどり炊きの最新機種はこの3つ! それでは、パナソニック炊飯器の最新モデル「SR-SPX7シリーズ」「SR-SPA5シリーズ」「SR-PW7シリーズ」を見ていきましょう。 「SR-SPX7シリーズ」 「SR-SPX7シリーズ」は、0. 5~5. 5合炊きのSR-SPX107と、1合~1升炊きのSR-SPX187の2機種があります。 このシリーズには、他のモデルにはない「 銘柄炊き分けコンシェルジュ」機能が搭載されています。 約50銘柄を、お米の特性に合わせたプログラム(火加減)で炊き上げることができ、好みに合わせて「おすすめ」「かため」「やわらか」も選べます。 その他に、ご飯を10種類の好みの食感、かたさに炊き分けできる「銀シャリ10種類炊き分け」機能、蒸し器で作ったような赤飯・おこわが炊ける「赤飯」「おこわ」コース、玄米が美味しく炊ける「玄米もちもちごはん」「玄米ごはん」コースなど、すべての機能が揃った最高峰モデルです。 出典: 「PW7シリーズ」 購入費用は抑えたいけどご飯が美味しく炊ける上位モデルが欲しい人には、「SR-PW7シリーズ」がおすすめ。 「SR-PW7シリーズ」には0. 5〜5. 5合炊きのSR-PW107と、1合~1升炊きのSR-PW187の2機種があります。 「SR-SPX7シリーズ」「SR-SPA7シリーズ」の加圧追い炊き機能は、スチーム噴射によりお米の芯まで熱を浸透させていますが、「SR-PW7シリーズ」の加圧追い炊き機能にはスチーム機能がついていません。 その他、「銀シャリ5種類炊き分け」機能、「SR-SPA7シリーズ」と同じ「おこわコース」「玄米もちもちコース」が搭載されています。 出典: 気になる電気代は? パナソニックのWおどり炊きの最新機種は炊飯後に気になるニオイの発生も少なく、お手入れが簡単な仕様になっています。 となれば、あと気になるのは 電気代ですよね。 ご紹介したパナソニックの最新炊飯器電気代は、次のようになります。 パナソニックWおどり炊き最新モデルの1回の炊飯にかかる電気代• SR-SPX107 (160Wh) 1回の炊飯で4. 32円• SR-SPX187(229Wh) 1回の炊飯で6. 18円• SR-SPA107(160Wh) 1回の炊飯で4. 32円• SR-SPA187(229Wh) 1回の炊飯で6. 18円• SR-PW107(163Wh) 1回の炊飯で4. SR-PW107(229Wh) 1回の炊飯で6. 18円 電気料金は、全国家庭電気製品公正取引協議会「電気料金新目安単価」から1kWhあたり27円(税込)として計算 出典: パナソニックの最新炊飯器で美味しいご飯を! パナソニックの最新炊飯器をご紹介しました。 消費量は減っているけれど、お米は日本人の主食です。 炊飯は毎日のことだから、家計に負担をかけずに美味しいご飯を食べたいですよね。 炊飯器の高級モデルは性能が高いぶんお値段は張りますが、パナソニックの最新炊飯器はお米の銘柄に合わせて炊き分けができたり、自分好みの食感、かたさに炊き分けができるなど魅力的。 ご飯の銘柄にこだわりのある人、毎日美味しいご飯が食べたい!という人は、検討してみてはいかがでしょうか。 家庭の電気代を節約するために、電力会社選びをはじめませんか? 電気代が高くて悩んでいませんか?省エネな家電を使うことでも電気代を節約できますが、一番効果的なのは電力会社の見直しです。 アナタにぴったりな電力会社のプランを選んで、無駄な電気代をなくして節約しましょう。 「エネチェンジ電力比較」では、かんたんな質問に答えるだけで電気料金のシミュレーションを行い、あなたのご家庭にぴったりな電気料金プランをご案内いたします。 もちろん、無料でご利用いただけます。

次の