おやすみ 日本 眠い いね。 [B!] おやすみ日本 眠いいね!

今週末『おやすみ日本 眠いいね!』にスガシカオ、永山絢斗がゲスト出演

おやすみ 日本 眠い いね

ぼやーっとしたイメージの宮藤官九郎と、もさーっとしたイメージの又吉直樹(ピース)が進行役を務める「おやすみ日本 眠いいね!」。 「全国の眠れぬ人々が眠れるまで放送する」というコンセプトで月イチ生放送。 しかも番組終了時間が未定という異色の番組だ。 どのように番組終了時間が決まるかというと、視聴者がスッキリしたり、番組に共感したり、眠くなったらテレビのリモコン、PC、スマホで「眠いいね!」ボタンをポチっとする。 毎回「眠いいね!」指数が、番組冒頭で発表される「一定数」以上を越えるまで続けられる。 前回(1月12日放送回)では2600万眠いいね!を達成。 筆者も毎月見ているのだが、「眠いいね!」ボタンを押すまでもなく、毎回確実に寝落ちしてしまう。 なんとも言いがたいゆるい番組。 だからこそ、視聴者を安眠に導いてくれる。 同番組の人気コーナーが「日本眠いい昔ばなし」。 女優の市原悦子が寝る前にぴったりの昔はなしを朗読してくれる。 あの声で朗読されるのだから、多くの視聴者が安眠に導かれているに違いない。 残念ながら今年1月12日に亡くなった市原悦子。 同番組では市原悦子を偲んで、番組放送終了後に「市原悦子さん ありがとうスペシャル」(45分番組)を放送。 MCには又吉直樹。 上白石萌音がナレーションを務める。 自宅や病院で収録した未公開音源や、貴重なエピソードを披露。 「おやすみ日本」ファン必見のスペシャル番組だが、いかんせん、番組放送開始時間がわからないのがネック。 視聴するためには、頑張って寝落ちしないようコーヒーをガブガブ飲むか、長時間での録画をおすすめする。 16日(土)放送回では、ゲストとして柄本時生と宇崎竜童が出演。 クドカン、又吉直樹と、どんなまったりトークを繰り広げるのか楽しみである。 NHK総合2月16日(土)深夜24時05分より「おやすみ日本 眠いいね!」を放送。 番組MC:宮藤官九郎/又吉直樹(ピース)。 ゲスト:柄本時生/宇崎竜童。 関連動画は番組公式サイトで配信。

次の

宮藤官九郎&又吉直樹のNHK『おやすみ日本』に三谷幸喜、トータス松本登場

おやすみ 日本 眠い いね

NHK番組表・トップページ 東京の番組表 トップページ このサイトはラジオとテレビの1週間先までの番組表と、過去8日分の番組表をご覧になることができます。 このページでは、お知らせ情報、おすすめ情報、番組表を見るためのナビゲーション(チャンネルの選択、ジャンルの選択、地域の選択)を提供しています。 お知らせ: このインターネット番組表は各チャンネルの1週間先までの番組表がご覧になれます。 内容が表示されてないものは、まだ詳細が決定されていない番組です。 もう少しお待ちください。 NHK番組表の使い方については[]をご覧ください。 ラジオまたはテレビを対象として、番組をジャンルで検索することができます。 総合と、Eテレで放送している番組の内容は、地域によって異なる場合があります。 このサイトで提供している機能、各ページの説明、ブックマークの付け方、以上3つについての説明が記載されています。 番組は緊急ニュースなどにより、放送時間や内容が変更になることがありますのでご注意ください。 この番組表の私的な利用以外は、NHKの許諾が必要です。

次の

NHK総合16日深夜「おやすみ日本 眠いいね!」クドカン×柄本時生×宇崎竜童!市原悦子SPも!関連動画

おやすみ 日本 眠い いね

インタビュー2018. 今回はざこね観覧の様子をリポートすべく、観覧者の一人として収録現場に潜入! さらに「どれくらい眠れた?」「深夜の放送終了後の予定は?」など、参加した皆さんへ素朴な疑問を投げかけてみました! 番組では、全国から寄せられた眠れないエピソードに、宮藤さんたち出演者が真剣に向き合います! 生放送のスタジオへ潜入! スタジオ観覧者として参加したのは、5月19日深夜放送の「眠いいね!」。 「ざこねしやすい格好で来てください」という番組スタッフの指示に従い、ジャージ姿で観覧に挑みました。 この日のざこね観覧希望の応募は、数百にのぼるとか。 その中から見事切符を手にした、20人あまりのラッキーな方々とともに、いざスタジオへ……。 スタジオ内は、ほどよく照明が落とされ、寒すぎず暑すぎずといった実に心地よい環境。 番組スタッフの皆さんも、心なしかリラックスしているような……。 まったりした雰囲気の中、ふんわり本番がスタートしました。 まずは、カフェコーナーへ。 テーブルの上には、番組ロゴ入り特製どら焼きと、ほうじ茶まで準備されていて、いたれりつくせりなスペースです。 試しに一ついただいてみると、しっとりしたカステラ生地の中に、ほどよい甘さのあんが包まれ、とっても上品なお味。 宮藤さんは「口の中がパサパサする……」とおっしゃっていましたが、とても美味しかったですよ! 観覧の皆さんは、お互いこの日が初対面であるにも関わらず「どこから来たんですか?」「どんなときに眠れないですか?」などなど、自然と会話が生まれていました。 まるで、修学旅行の夜のようですね。 これじゃ、ますます眠れないかも〜〜。 さて、次は足湯コーナーへ。 大人気のこのコーナー、季節に合わせた何かがお湯に入っているんです。 ちなみに5月放送のこの日は、足湯にはしょうぶとよもぎの葉が入れられ、そばにはあやめの花が飾られていました。 湯に足をつけると、徐々に身体がポカポカに。 あれ、急激に眠くなってきたかも……。 そして、満を持してざこねコーナーへ。 なんだ、このふわふわ感は! 足を踏み入れた瞬間、あまりの心地よさに驚いてしまいました。 聞けば、ふわふわ毛布の下に、布団やらウレタン素材のクッションシートが敷き詰められているとのこと。 まさに、雲の上に降り立ったかのような心地です。 ゴロンと寝転がると、頭上には小さな照明がいくつも光っていて、まるで星空の下にいるかのよう。 しかも、ほんわか温かいんです。 ざこねスペースに寝転がると、出演者たちの会話がいい感じのボリュームで遠くに聞こえます。 「眠いい!」生演奏なんて、まさに子守唄ですね。 ふと横を見ると、すでにぐっすりおやすみの方がいらっしゃいました。 あまりの心地よさに、取材中であることを忘れて、うっかり寝落ちしてしまうところでした……。 ざこね観覧者の皆さんに、突撃取材! この日、放送が終了したのは深夜2:22。 生放送終了後、観覧の皆さんにお話をうかがいました。 まずは、親子3人で参加されていた千葉県のご家族。 応募したのは、娘さんだとか。 なんと、前回の放送で「父が皆川猿時に似ていて眠れない…」という投稿が紹介されたそうですよ。 今回、そのお父さんも一緒に参加。 ガッツリ宮藤さんたちに絡まれていました。 お母さんは、「生放送っておそろしいですね。 結構自分が映る!」とおっしゃっていました 次に、カップルで参加したお二人。 なんとこちらのお二人、福岡と東京との遠距離恋愛中なんだそうです! 「もともと福岡で知り合ったのですが、彼女が2年ほど前に東京に転勤になってしまって。 この番組は二人とも好きでよく見ていて、一度ざこねしたいねと言っていたんです。 テレビで見たままのゆるい空気で、僕も20分くらい寝たかな?」(福岡県・30代・男性) 「いつも番組を見ていて、生放送を観覧しながら寝てみたいと思って応募しました。 いい意味で緊張感のない現場で(笑)、気づいたら寝落ちしていました…。 でも、赤木アナウンサーが最後に弾いたハープの音で起きました(笑)。 「とても居心地がよかったです。 スタッフの皆さんは優しく対応してくださって安心できました。 これから就職について考えないといけないんですけど、テレビ局で働くのってかっこいいなと思いました」(東京都・20歳・女性) 未来の「眠いいね!」スタッフ、誕生……? 「家で見るときは、ちょっと『早く終わってくれ…』と思うときもあるけど、スタジオに来ると『少しでも長く続いてくれ…』と思いました」(埼玉県・10代・男性) という方も。 取り上げた番組はこちらです!.

次の