ずっとドコモ割。 ドコモ光セット割とずっとドコモ割プラスを初心者向けに詳細を解説!

ずっとドコモ割プラス(dポイント進呈)への変更方法とメリット、デメリット

ずっとドコモ割

「 ドコモで誕生日月に3000ものポイントがもらえるって本当?」 3000円相当のdポイントが付与されることもあって、興味をもってる人は多いです。 ドコモを利用している人の誕生月に最大3,000円分のdポイントが貰える「ずっとドコモ特典」というプログラムがあります。 ずっとドコモ特典に加入 対象の料金プランを契約する だけで、ドコモの利用年数が短い人でも誰もが毎年誕生月に、最大ポイントの3,000ポイントを狙うことができるお得なプログラムです。 この記事では、ずっとドコモ特典の内容や最大3,000ポイントを獲得するにはどうすればいいのか?お話しています。 ドコモを利用するなら、ずっとドコモ特典のことはぜひ確認をしておいてくださいね。 ずっとドコモ特典とは? 参照: ドコモで誕生日月に3000ポイントをもらうためには、ずっとドコモ特典の利用が必要になります。 dポイントを最大で3000ポイント付与 契約者の誕生日月のみ 確認しておきたいのが、あくまでも最大3000ポイントであるということ。 あとで、詳しくお話していきます。 対象プラン ずっとドコモ特典には、対象料金プランが決められています。 これら以外の料金プランは対象外。 例えば「キッズケータイプラン」や「データプラス」を利用している回線はずっとドコモ特典を貰うことができません。 対象料金プランには、 誕生月の前月までに対象プランに変更を申し込んでおけば対象になります。 dポイントクラブに加入 公式: ずっとドコモ特典を利用するためには、ドコモの無料会員サービスであるdポイントクラブに加入している必要があります。 dポイントクラブとは、ドコモユーザー以外でも誰でも加入することができるドコモのポイントプログラムサービスで、ドコモのサービスを利用したりするとドコモが発行するdポイントを受け取ることができ、そのdポイントを使って買い物をしたりケータイを安く購入したりすることができます。 ずっとドコモ特典はdポイントを還元してもらえるサービス。 なので、利用するということはdポイントクラブへの加入は絶対条件なんですよね。 少し触れましたが、誰でもずっとドコモ特典に加入していれば誕生日月に同額のポイントが付与されるわけではありません。 もらえるdポイント額は、dポイントステージによって変わり付与されるポイントが異なります。 ドコモで誕生日月に3000ポイントもらうためには? dポイントクラブのステージ ポイント数 ギガホ・ギガライト ケータイプラン プラチナステージ 3,000ポイント 1,200ポイント 4thステージ 2,000ポイント 3rdステージ 1,500ポイント 2ndステージ 1,000ポイント 1stステージ 500ポイント ずっとドコモ特典で受け取ることができるdポイント数は、 dポイントクラブのステージ 対象プラン によって変わります。 それで毎年3,000ポイントもdポイントが貰えるということになります。 dポイントクラブのステージの決まり方 ずっとドコモ特典でお得にdポイントをゲットしたいなら、dポイントクラブのステージが鍵を握っているということになります。 dポイントクラブのステージの決まり方がどうなっているのか見ていきましょう。 ステージ ドコモ回線継続利用期間 dポイント獲得数 (6か月間累計) プラチナステージ 15年以上 10,000ポイント以上 4thステージ 10年以上 3,000ポイント以上 3rdステージ 8年以上 1,800ポイント以上 2ndステージ 4年以上 600ポイント以上 1stステージ 4年未満 600ポイント未満 dポイントクラブのステージは、 ドコモの回線継続利用期間 6か月間の累計dポイント獲得数 のどちらか高い方のステージが適用となります。 ドコモを継続契約して15年以上の長期利用者ならそれだけでプラチナステージ。 つまり、ドコモ歴が長ければ長い人ほどお得な特典とも捉えることもできます。 しかし、ドコモの契約したての利用者は1stステージとなってしまいます。 利用年数利用年数ではプラチナステージに到達することができない… という人は、dポイントの獲得数でプラチナステージを目指すことができる仕組みになっています。 ドコモ利用期間が短い人も、dポイントさえたくさん獲得すればプラチナステージになることが可能。 誰にでもずっとドコモ特典で、最大の3,000ポイントを獲得するチャンスがあるということになりますね。 ステージ判定の対象となるポイント ドコモ利用期間が15年未満の人がプラチナステージになるためには、 6か月間のdポイントの獲得数の累計が10,000ポイント以上あればランクアップができます。 ドコモの利用料金に応じて 街角やネットのお店でd払いを使う キャンペーンやアンケートに答える など、いろんな方法でdポイントは貰うことができます。 ただしステージ判定については注意しなくてはならないことがあります。 ステージ判定の対象になるポイントと対象外のポイントがあるということです。 対象になるdポイント 対象外のdポイント 街やネットのお店で買い物をしたときに獲得したポイント(ただし、キャンペーン対象のポイントは対象外) キャンペーンで獲得したポイント ドコモの回線利用で獲得したポイント(dカードGOLDの特典ポイント分は対象外) アンケートで獲得したポイント dカード利用で獲得したポイント ずっとドコモ割プラスで獲得したポイント アクセサリーやオプション品を購入したときに獲得したポイント ドコモ子育て応援プログラムで獲得したポイント 更新ありがとうポイント レシートで貯めたポイント 歩いて貯めたポイント ポイント交換のポイント ポイント獲得ゲームでためたポイント あくまでもステージ判定の対象となるdポイントは、 ドコモの回線利用ポイント アクセサリなどを購入 d払いやドコモ払い dカード利用で獲得したポイント の4種類で、 それ以外のdポイントは対象外となります。 ステージアップを狙うなら、「d払いやdカードで買い物をする」という方法がステージアップの手段となるということになります。 ・dカード:100円に対して1ポイント ・d払い:200円に対して1ポイント dポイントはdカードなら100円に対して1ポイントが貯まるので、 d払いを利用するよりもdカードの方がポイント還元率が高くなっています。 6か月の累計ポイント獲得数10,000ポイントを目指す場合は、1か月で1,700ポイント以上あれば到達することができます。 100円で1ポイントなら、 月に17万円以上dカードで支払いをすれば6か月で10,000ポイントまで到達が可能です。 生活費や固定費など、可能な限りdカードでまとめてしまえば到達できそうな金額です。 日々の買い物などはできるだけd払いやdカードから支払うように心がけることで、dポイントをたくさん貯めることができます。 ステージ判定は毎月実施 dポイントクラブのステージ判定は毎月実施しています。 ステージ判定は、「ドコモ回線継続利用期間」の判定なら毎月末時点での利用年数で判定します。 「dポイント獲得数」の判定の場合は、前々月までの6か月分の累計ポイントでの判定。 ずっとドコモ特典は手続きが必要 dポイントを受けとるためには自分で手続きをする必要があります。 ずっとドコモ特典が獲得可能な誕生月になると、 獲得案内メールがドコモから届きます。 この 獲得案内メールが届いたら手続きを行います。 dポイントクラブサイトから申込み 専用ダイヤル(*8470)で申込み ずっとドコモ特典は、以上の2つの方法で手続きをすることができます。 専用ダイヤルの場合は、 獲得対象の回線から専用獲得ダイヤルに電話をする必要があります。 ずっとドコモ特典のdポイントの使い方 ずっとドコモ特典でもらったdポイントの使い方についてもお話していきますね。 まず、知っておいてほしいのがポイントの獲得期間と有効期限があるということです。 獲得可能期間 誕生月だったけどつい忘れてもう次の月になってしまった… ずっとドコモ特典の案内メールが届いても、ついつい忙しくて見逃してしまっている人も多いです。 ずっとドコモ特典は誕生月に手続きしないともう貰えないというわけではありません。 誕生月から6か月間獲得することが可能 もしも、誕生月が1月なら6月までの間ならいつでも手続きをして獲得することができます。 dポイントの有効期限 獲得したdポイントには有効期限が決められています。 獲得した日を含む月から数えて6ヶ月目の月末まで 1月誕生月の人が6月にずっとドコモ特典を獲得したとしたら、6月から6か月目の末。 11月末までdポイントを利用することが可能となるということになります。 どのタイミングで獲得の手続きをして、いつまでにdポイントを使わなければならないか逆算すれば、次回の機種変更時に利用することもできますよね。 期間・用途限定dポイント ずっとドコモ特典で貰えるdポイントは、d ポイント(期間・用途限定)。 しかし、期間・用途限定のdポイントはそうではありません。 買い物では同じように利用することができますが、 利用料金の支払いやデータ量の追加など一部利用ができないサービスがあるので確認しておきましょう。 ドコモで誕生日月に3000ポイントもらう方法のまとめ ドコモで誕生日月に3000ポイントGETまとめ• ずっとドコモ特典に加入• 「ギガホ」または「ギガライト」を契約しdポイントクラブでプラチナステージになる ずっとドコモ特典で最大3,000ポイントを獲得するためには、ギガホまたはギガライトを契約。 dポイントクラブでプラチナステージになることが条件です。 ドコモの利用年数が15年未満の人でも、dカードやd払いなどでdポイントを貯めることで長期利用者と同等のステージにいくことができます。 誰でもずっとドコモ特典で3,000ポイントをゲットできる可能性がありますよ。 dカードやd払いを使って、dポイントをたくさん貯めてお得にポイントをゲットしましょう。

次の

ドコモ新料金プラン「フリーコース」「ずっとドコモ割コース」を徹底解説

ずっとドコモ割

「 ドコモで誕生日月に3000ものポイントがもらえるって本当?」 3000円相当のdポイントが付与されることもあって、興味をもってる人は多いです。 ドコモを利用している人の誕生月に最大3,000円分のdポイントが貰える「ずっとドコモ特典」というプログラムがあります。 ずっとドコモ特典に加入 対象の料金プランを契約する だけで、ドコモの利用年数が短い人でも誰もが毎年誕生月に、最大ポイントの3,000ポイントを狙うことができるお得なプログラムです。 この記事では、ずっとドコモ特典の内容や最大3,000ポイントを獲得するにはどうすればいいのか?お話しています。 ドコモを利用するなら、ずっとドコモ特典のことはぜひ確認をしておいてくださいね。 ずっとドコモ特典とは? 参照: ドコモで誕生日月に3000ポイントをもらうためには、ずっとドコモ特典の利用が必要になります。 dポイントを最大で3000ポイント付与 契約者の誕生日月のみ 確認しておきたいのが、あくまでも最大3000ポイントであるということ。 あとで、詳しくお話していきます。 対象プラン ずっとドコモ特典には、対象料金プランが決められています。 これら以外の料金プランは対象外。 例えば「キッズケータイプラン」や「データプラス」を利用している回線はずっとドコモ特典を貰うことができません。 対象料金プランには、 誕生月の前月までに対象プランに変更を申し込んでおけば対象になります。 dポイントクラブに加入 公式: ずっとドコモ特典を利用するためには、ドコモの無料会員サービスであるdポイントクラブに加入している必要があります。 dポイントクラブとは、ドコモユーザー以外でも誰でも加入することができるドコモのポイントプログラムサービスで、ドコモのサービスを利用したりするとドコモが発行するdポイントを受け取ることができ、そのdポイントを使って買い物をしたりケータイを安く購入したりすることができます。 ずっとドコモ特典はdポイントを還元してもらえるサービス。 なので、利用するということはdポイントクラブへの加入は絶対条件なんですよね。 少し触れましたが、誰でもずっとドコモ特典に加入していれば誕生日月に同額のポイントが付与されるわけではありません。 もらえるdポイント額は、dポイントステージによって変わり付与されるポイントが異なります。 ドコモで誕生日月に3000ポイントもらうためには? dポイントクラブのステージ ポイント数 ギガホ・ギガライト ケータイプラン プラチナステージ 3,000ポイント 1,200ポイント 4thステージ 2,000ポイント 3rdステージ 1,500ポイント 2ndステージ 1,000ポイント 1stステージ 500ポイント ずっとドコモ特典で受け取ることができるdポイント数は、 dポイントクラブのステージ 対象プラン によって変わります。 それで毎年3,000ポイントもdポイントが貰えるということになります。 dポイントクラブのステージの決まり方 ずっとドコモ特典でお得にdポイントをゲットしたいなら、dポイントクラブのステージが鍵を握っているということになります。 dポイントクラブのステージの決まり方がどうなっているのか見ていきましょう。 ステージ ドコモ回線継続利用期間 dポイント獲得数 (6か月間累計) プラチナステージ 15年以上 10,000ポイント以上 4thステージ 10年以上 3,000ポイント以上 3rdステージ 8年以上 1,800ポイント以上 2ndステージ 4年以上 600ポイント以上 1stステージ 4年未満 600ポイント未満 dポイントクラブのステージは、 ドコモの回線継続利用期間 6か月間の累計dポイント獲得数 のどちらか高い方のステージが適用となります。 ドコモを継続契約して15年以上の長期利用者ならそれだけでプラチナステージ。 つまり、ドコモ歴が長ければ長い人ほどお得な特典とも捉えることもできます。 しかし、ドコモの契約したての利用者は1stステージとなってしまいます。 利用年数利用年数ではプラチナステージに到達することができない… という人は、dポイントの獲得数でプラチナステージを目指すことができる仕組みになっています。 ドコモ利用期間が短い人も、dポイントさえたくさん獲得すればプラチナステージになることが可能。 誰にでもずっとドコモ特典で、最大の3,000ポイントを獲得するチャンスがあるということになりますね。 ステージ判定の対象となるポイント ドコモ利用期間が15年未満の人がプラチナステージになるためには、 6か月間のdポイントの獲得数の累計が10,000ポイント以上あればランクアップができます。 ドコモの利用料金に応じて 街角やネットのお店でd払いを使う キャンペーンやアンケートに答える など、いろんな方法でdポイントは貰うことができます。 ただしステージ判定については注意しなくてはならないことがあります。 ステージ判定の対象になるポイントと対象外のポイントがあるということです。 対象になるdポイント 対象外のdポイント 街やネットのお店で買い物をしたときに獲得したポイント(ただし、キャンペーン対象のポイントは対象外) キャンペーンで獲得したポイント ドコモの回線利用で獲得したポイント(dカードGOLDの特典ポイント分は対象外) アンケートで獲得したポイント dカード利用で獲得したポイント ずっとドコモ割プラスで獲得したポイント アクセサリーやオプション品を購入したときに獲得したポイント ドコモ子育て応援プログラムで獲得したポイント 更新ありがとうポイント レシートで貯めたポイント 歩いて貯めたポイント ポイント交換のポイント ポイント獲得ゲームでためたポイント あくまでもステージ判定の対象となるdポイントは、 ドコモの回線利用ポイント アクセサリなどを購入 d払いやドコモ払い dカード利用で獲得したポイント の4種類で、 それ以外のdポイントは対象外となります。 ステージアップを狙うなら、「d払いやdカードで買い物をする」という方法がステージアップの手段となるということになります。 ・dカード:100円に対して1ポイント ・d払い:200円に対して1ポイント dポイントはdカードなら100円に対して1ポイントが貯まるので、 d払いを利用するよりもdカードの方がポイント還元率が高くなっています。 6か月の累計ポイント獲得数10,000ポイントを目指す場合は、1か月で1,700ポイント以上あれば到達することができます。 100円で1ポイントなら、 月に17万円以上dカードで支払いをすれば6か月で10,000ポイントまで到達が可能です。 生活費や固定費など、可能な限りdカードでまとめてしまえば到達できそうな金額です。 日々の買い物などはできるだけd払いやdカードから支払うように心がけることで、dポイントをたくさん貯めることができます。 ステージ判定は毎月実施 dポイントクラブのステージ判定は毎月実施しています。 ステージ判定は、「ドコモ回線継続利用期間」の判定なら毎月末時点での利用年数で判定します。 「dポイント獲得数」の判定の場合は、前々月までの6か月分の累計ポイントでの判定。 ずっとドコモ特典は手続きが必要 dポイントを受けとるためには自分で手続きをする必要があります。 ずっとドコモ特典が獲得可能な誕生月になると、 獲得案内メールがドコモから届きます。 この 獲得案内メールが届いたら手続きを行います。 dポイントクラブサイトから申込み 専用ダイヤル(*8470)で申込み ずっとドコモ特典は、以上の2つの方法で手続きをすることができます。 専用ダイヤルの場合は、 獲得対象の回線から専用獲得ダイヤルに電話をする必要があります。 ずっとドコモ特典のdポイントの使い方 ずっとドコモ特典でもらったdポイントの使い方についてもお話していきますね。 まず、知っておいてほしいのがポイントの獲得期間と有効期限があるということです。 獲得可能期間 誕生月だったけどつい忘れてもう次の月になってしまった… ずっとドコモ特典の案内メールが届いても、ついつい忙しくて見逃してしまっている人も多いです。 ずっとドコモ特典は誕生月に手続きしないともう貰えないというわけではありません。 誕生月から6か月間獲得することが可能 もしも、誕生月が1月なら6月までの間ならいつでも手続きをして獲得することができます。 dポイントの有効期限 獲得したdポイントには有効期限が決められています。 獲得した日を含む月から数えて6ヶ月目の月末まで 1月誕生月の人が6月にずっとドコモ特典を獲得したとしたら、6月から6か月目の末。 11月末までdポイントを利用することが可能となるということになります。 どのタイミングで獲得の手続きをして、いつまでにdポイントを使わなければならないか逆算すれば、次回の機種変更時に利用することもできますよね。 期間・用途限定dポイント ずっとドコモ特典で貰えるdポイントは、d ポイント(期間・用途限定)。 しかし、期間・用途限定のdポイントはそうではありません。 買い物では同じように利用することができますが、 利用料金の支払いやデータ量の追加など一部利用ができないサービスがあるので確認しておきましょう。 ドコモで誕生日月に3000ポイントもらう方法のまとめ ドコモで誕生日月に3000ポイントGETまとめ• ずっとドコモ特典に加入• 「ギガホ」または「ギガライト」を契約しdポイントクラブでプラチナステージになる ずっとドコモ特典で最大3,000ポイントを獲得するためには、ギガホまたはギガライトを契約。 dポイントクラブでプラチナステージになることが条件です。 ドコモの利用年数が15年未満の人でも、dカードやd払いなどでdポイントを貯めることで長期利用者と同等のステージにいくことができます。 誰でもずっとドコモ特典で3,000ポイントをゲットできる可能性がありますよ。 dカードやd払いを使って、dポイントをたくさん貯めてお得にポイントをゲットしましょう。

次の

フレッツ・ずっと割引|フレッツ光公式|NTT西日本

ずっとドコモ割

5Gギガホ• 5Gギガライト• ギガホ• ギガライト• ケータイプラン dポイントの付与を受けるには、dポイントクラブに加入しておく必要があるので、忘れずに手続きしておきましょう。 なお、ずっとドコモ特典で還元されるdポイントは、dポイント獲得手続きを行う時点での、 dポイントクラブのステージによって変わります。 これはかなり大きいですね。 ただし、ずっとドコモ特典を受けるには、 申し込みが必要です。 対象プランに加入する場合は、ずっとドコモ特典の申し込みも忘れずに行いましょう。 ケータイプランの特典が少なくなった 画像引用元: 2019年10月1日以降にケータイプラン契約した方は、もらえるdポイントが 少なくなっています。 以前はケータイプランもギガプランと同様にdポイントがもらえていました。 少なくなった理由は、2019年10月1日に 電気通信事業法が改正されたためです。 改正法では、1年に1ヶ月分の料金を超える利用者特典の禁止が定められました。 これにより、月額1,200円のケータイプランでは、年間1,200ポイントまでしか付与できなくなったのです。 dポイントクラブのステージはどうやって決まる? 画像引用元: ステージは、ドコモ回線継続利用期間と、dポイント獲得数(6ヶ月間累計)で決まります。 dポイントクラブステージの決まり方 dポイントクラブ ステージ ドコモ回線 継続利用期間 dポイント獲得数 6ヶ月間累計 1stステージ 4年未満 600ポイント未満 2ndステージ 4年以上 600ポイント以上 3rdステージ 8年以上 1,800ポイント以上 4thステージ 10年以上 3,000ポイント以上 プラチナステージ 15年以上 10,000ポイント以上 1stステージ以外は、ドコモ回線継続利用期間かdポイント獲得数(6ヶ月間累計)、どちらかを満たしていれば大丈夫です。 ステージアップできる支払い目安 ドコモ回線継続利用期間が短くても、dポイントを獲得しまくることで、プラチナステージまで短期間で上がることは可能です。 ただdポイントをたくさん獲得している方は、その分たくさん支払っているということでもあります。 では、どれだけ支払えばステージが上がるほどのdポイントを獲得できるのか、目安を見てみましょう。 なお、キャンペーンや特典による獲得は、 ステージ判定の対象外です。 「dポイント(期間・用途限定)」およびdカード GOLD特典で進呈されるポイント(ドコモのケータイおよび「ドコモ光」のご利用金額1,000円につき90ポイント分)についてはステージ判定対象外です。 また、他社からのポイント移行、キャンペーンでの進呈などサービス・決済ご利用料金のお支払いが伴わないdポイント獲得についても、ステージ判定対象とならない場合があります。 都内の一人暮らしでかかる生活費が、月15万円くらいだと言われています。 更新ありがとうポイントとの比較 ドコモには、ずっとドコモ特典と似た「更新ありがとうポイント」というサービスが以前からあります。 更新ありがとうポイントの対象となるプランは、です。 カケホーダイプラン• カケホーダイライトプラン• シンプルプラン• データプラン されます。 これは、ずっとドコモ特典の3rdステージ(1年に1,500ポイント付与)に相当する特典です。 つまり、• 2ndステージ以下なら、更新ありがとうポイントのほうがもらえる• 3rdステージなら、同ポイントもらえる• 4thステージ以上なら、ずっとドコモ特典のほうがもらえる という計算になります(ケータイプランは除く)。 対象プランが違うから気にする必要なし とはいえ、ずっとドコモ特典と更新ありがとうポイントは、そもそも対象プランが違います。 比較して「どちらが良いか」と考えるものではありません。 しかも、更新ありがとうポイントの対象プランは すべて新規受付終了しているため、今から考えても仕方ないことでもあります。 子育て応援プログラムとの併用は可能か? 画像引用元: ずっとドコモ特典と「子育て応援プログラム」は 併用可能です。 両方を利用した場合、毎年最大6,000ポイントがもらえます。 子育て応援プログラムは、12歳以下かつ小学生以下の子供を育てている親権者または扶養者の方を対象に、dポイントを 毎年3,000ポイント付与するサービスです。 5Gギガホ• 5Gギガライト• ギガホ• ギガライト• カケホーダイプラン• カケホーダイライトプラン• シンプルプラン• データプラン カケホーダイ、カケホーダイライトプラン、シンプルプラン、データプランは、さらに「パケットパック」または「シェアオプション」に加入している必要があります。 また、子育て応援プログラムによる付与を受けるには、お子さま情報を登録していなければいけません。 ポイントは子供の誕生月に付与 子育て応援プログラムでもらえる 3,000ポイントは、毎年子供の誕生月に付与されます。 子育て応援プログラムの対象となるのは、子供が0歳のときから。 そして、 12歳の誕生日を迎えたらプログラム終了となります。 なるべく早く申し込みましょう。 申し込みはか、ドコモショップ店頭で行えます。 ずっとドコモ特典のdポイント獲得は手続きが必要 続いて、ずっとドコモ特典のdポイント獲得手続きのタイミングと、ポイント獲得手順を解説します。 特にdポイント獲得手続きのタイミングは大切なので、損をしないようにしっかりチェックしましょう。 ずっとドコモ特典の手続きをするタイミング ずっとドコモ特典では、毎年 誕生月または誕生月翌月にdポイント獲得案内の メールをSMSで配信してくれます。 ずっとドコモ特典のdポイント獲得手順 獲得手順は、大まかにまとめると下記の3ステップです。 獲得手順3ステップ• dポイント獲得案内メールをチェック• dポイントクラブサイトまたは専用獲得ダイヤルで手続き• dポイントが反映されているか確認 1dポイント獲得案内メールをチェック ずっとドコモ特典のdポイント獲得案内メールは、誕生月または誕生月翌月に SMSで配信されます。 誕生月になったらドコモからのSMSが来ていないかチェックしましょう。 利用している端末や設定によっては、SMSが受け取れないこともあるので注意してください。 2dポイントクラブサイトまたは専用獲得ダイヤルで手続き dポイントの獲得手続きは、dポイントクラブサイトか専用ダイヤルで行います。 dポイントサイト:獲得案内メールのURLからアクセス• dポイントクラブサイトやMy docomoにアクセスして、dポイント(期間・用途限定)が増えていることを確認しましょう。 次の章では、ずっとドコモ特典と一緒に利用したい、dポイントを ザクザク獲得する方法を解説します。 d払い:200円毎に1ポイント• なお、dマーケットの利用については都度課金でも月額料金でもOKです。 dTVやdヒッツなど、利用したいサービスがあれば積極的に契約しましょう。 d払いとiDで効率よくdポイントゲット 画像引用元: dポイントスーパー還元プログラムの対象となる、d払いとiDについてもチェックしましょう。 どちらもお店で簡単に支払いができ、現金より使い勝手がいいサービスです。 d払いとは 画像引用元: d払いは、PayPayやLINE Payといった「何とかペイ」などの スマホ決済のドコモ版で、アプリを使って決済します。 還元率は通常0. 5%で、200円ごとにdポイントが1ポイント付与されます。 5%の還元率です。 項目 d払い dカード 合計 街のお店 0. 5%還元 1%還元 1. 5%還元 ネットのお店 1. 0%還元 2. 0%還元 アプリダウンロード しておりますのでそちらも参考にしてみてください。 iD払いとは 画像引用元: iDは、ドコモが2005年から提供している電子マネーです。 「何とかペイ」系より歴史が長く、提携店がたくさんあります。 前述のは、主にiD払い自体にはポイント還元が無いということです。 しかし、iDに紐付けられた クレジットカードやデビットカードに基づいた還元がされるので、そちらをうまく活用していただければと思います。 iDの魅力としては、サイフからクレジットカードを出さずに、おサイフケータイやApple Payでクレジットカード払いできるようになることです。 ドコモ回線ユーザーならdカード GOLDがおすすめ 画像引用元: dカード GOLDは、 年会費10,000円(税抜)のドコモのゴールドカードです。 「年会費が高い!」と言われることもあるようですが、この金額はゴールドカードなら一般的な数字と言えます。 dカード GOLDの通常の還元率は、年会費無料のdカードと変わりません。 しかし、以下のような大きな違いがあり、ドコモ回線ユーザーであればもあるので是非とも契約したいカードです。 5%ポイント還元 d払いでのポイント還元 ネットショッピング 2%ポイント還元 特約店ポイント 特約店が設定した ポイントが追加で進呈 空港ラウンジ利用 国内・ハワイの 主要空港ラウンジ 無料利用可 - 旅のサポート 世界各地で日本語スタッフが旅行をサポート 海外旅行保険 最大1億円 税込 補償 - 国内旅行保険 最大5,000万円 税込 補償 - 申込 ドコモの利用料金の10%が還元される dカード GOLDの契約者なら、 ドコモの毎月の利用料金の10%がdポイントとして還元されます。 1,000円につき100ポイントです。 例えばドコモの5Gギガホを契約している場合、月額は7,480円(dカードお支払割適用時)ですから、毎月700ポイントが還元されます。 年間だと8,400ポイントですから、これだけでも年会費10,000円に迫りますね。 dカード GOLDならではのケータイ補償や買い物保険、旅行保険なども合わせたら、年会費は決して高くありません。 ずっとドコモ特典と、dポイントを貯める方法まとめ 以上、ずっとドコモ特典とdポイントを貯める方法ついてでした。

次の