らくらくホン セーフモード。 らくらくホンの電源ボタン(会話を切るボタン)は2秒押していると電源ま

ドコモのらくらくスマートフォンme F

らくらくホン セーフモード

注1:使用する外部メモリのメーカーにより、最大対応容量は異なります。 最新の対応状況について、 詳しくはメーカーホームページなどでご確認ください。 また、機種・コンテンツにより制約があります。 注2:通信速度は、技術規格上の最大値であり、実際の通信速度を示すものではありません。 ベストエフォート方式による提供となり、 実際の通信速度は、通信環境やネットワークの混雑状況に応じて変化します。 注3:高音質通話、ビデオコール、海外ローミングなどに対応。 注4:Bluetooth機器の特性や仕様によっては、操作方法が異なったり、データのやりとりができない場合があります。 対応プロファイルについて、詳しくは「」をご確認ください。 注5:をご覧ください。 注6:ワンセグ放送は、利用環境によってノイズが入ったり、受信できない場合があります。 ワンセグ放送の受信状態をよくするためには、アンテナを十分引き伸ばしてください。 また、アンテナの向きを変えたり、場所を移動することで受信状態が良くなることがあります。 ワンセグサービスについて、詳しくは「」などでご確認ください。 NHKの受信料については、NHKにお問い合わせください。 注7:必要最低限の機能のみ動作させることで、待受状態を長持ちさせることができます。 注8:FeliCa方式のサービスのみご利用になれます。 機種によりご利用になれないサービスがあります。 注9:WORLD WINGの通話・通信料は国内での通信を対象とした各種割引サービスの適用対象外です。 海外でのご利用について、詳しくは「」でご確認ください。

次の

Androidスマホ、セーフモードの設定・解除方法

らくらくホン セーフモード

画面下に 「セーフモード」と 表示されました。 これでセーフモードの起動は完了です。 こちらの動画も参考にしてください! セーフモードが解除できない時の原因は? 「いつの間にか セーフモードになってしまった」 「セーフモードにが解除できない」 という場合、 電源を入れるときや再起動をする時に ついうっかりボリュームボタンを 触ってしまっていたという事が 原因として考えられます。 まずはもう一度、 再起動してみて下さい。 それでもセーフモードが解除できない という時は端末自体の故障が原因という事も 考えられるので 携帯ショップで相談してみましょう。 ウイルスが原因かも…と心配なあなたは こちらの記事も読んでみてくださいね。 セーフモードってなに?機能や活用方法を紹介! ここまで いつの間にかセーフモードになっていた という場合の対処法について おはなししてきましたが、 そもそも セーフモードって 何のための機能で どんな風に活用すればいいのでしょうか? Androidでは充実したアプリによって 機能を拡張することができますよね。 それはとても便利でいい事なんですが 中には アプリが原因でAndroid端末に 不具合が起きてしまう事もあるんですね。 端末が動かなくなってしまって 不具合の原因であるアプリを アンインストールすることもできない ということもあるんです。 そんな時に セーフモードを起動することで、 Androidに最初から入っているアプリ以外の データを 読み込まなくしてくれる というわけです。 不具合の原因となるアプリも 読み込まないのでその間に削除するなり、 無効化するなどの対策がとれるんですね。 まとめ Androidのセーフモードについて おはなししました。 「いつの間にか セーフモードになってしまった」 という場合は。 端末の電源を入れるときや再起動時に セーフモードを起動してしまった 可能性があります。 解除するためには、 一度普通に再起動してみてください。 それで解除できない場合は端末自体が 故障している可能性もあるので 携帯ショップで見てもらうといいでしょう。

次の

らくらくスマホでセーフモードにする設定と解除の方法を知りましょう!

らくらくホン セーフモード

Androidのセーフモードとは Androidスマートフォンには「セーフモード」という機能が用意されています。 アプリやウィジェットなどを追加してカスタマイズできるのがAndroidスマホの魅力ですが、多数のアプリをインストールすると挙動がおかしくなることもあります。 Androidスマホをセーフモードで起動すると、最初からインストールされていたアプリだけが有効となり、後から自分でインストールしたアプリは無効となります。 いわば初期状態に戻るわけで、スマホの動きが不安定になった場合は、セーフモードにして確認するとよいでしょう。 セーフモードで問題なく端末が動作することを確認できたら再起動し、後からインストールしたアプリを1つずつアンインストールしながら挙動を検証して、不具合の原因となったアプリを探っていきましょう。 0以降のOSを搭載したスマートフォンの操作方法を紹介しています。 Android OSのバージョンや機種によっては、画面構成やメニュー名、設定項目など異なる場合があります。 セーフモードの起動と解除の手順 Androidスマホをセーフモードで起動するには、電源ボタンを長押しして表示されるメニューで「再起動」または「電源を切る」アイコンをロングタッチし、確認画面で「OK」をタップして再起動するのが一般的です。 このため、操作ミスによって意図せずにセーフモードに切り替わってしまうケースも少なくありません。 セーフモードで起動すると、ホーム画面の下に「セーフモード」という文字が表示されます。 セーフモードを解除するには、電源ボタンを長押しして、「再起動」をタップすればOKです。 この解除方法を知っていれば、知らぬ間にセーフモードになってしまった場合でも安心です。 「元に戻すには再起動」と覚えてきましょう。 Androidスマホの電源ボタンを長押しして、表示されたメニューアイコンの「再起動」をロングタッチします• 「再起動してセーフモードに変更」という警告画面が表示されるので「OK」をタップし、スマホを再起動します• セーフモードでスマホが起動しました。 画面下に「セーフモード」という文字が表示されています。 ホーム画面に配置したアプリアイコンも初期状態で入っていたアプリだけになります• アプリケーション画面に切り替えても、初期状態のアプリアイコンしか表示されません。 ただし追加したアプリが削除されたわけではなく、セーフモードを解除すれば元に戻ります• セーフモードの解除方法を覚えておきましょう。 電源ボタンを長押しして「再起動」アイコンをタップし、スマホを再起動するだけでOKです• 再起動が完了したら、ホーム画面下部の「セーフモード」というテキストがなくなっていることを確認します。 予めご了承ください。 関連記事•

次の