きみ は きれい だ。 ときみのリフレッシュコーナー 富士ゼロックス新潟

ファーストサマーウイカ 『東野幸治の幻ラジオ』名物リスナー・クレーマークレーマーについて語る。「ディスってるじゃないけども、やいやい言ってくるファンの方がいて」

きみ は きれい だ

声の主は業務部に所属する女であり、彼女の視線の先には柴崎の同期同室である笠原郁とその上官、堂上篤がいた。 ふたりは何か、声さえ荒げずとも些か会話と呼ぶには易しくない険しい面を突き合わせていた。 それでもほんのりと郁の頬が赤いのはその相手を意識している証拠だ。 微笑ましい、と思うのは柴崎自身がふたりに近い立ち位置にいるからだ。 憂いを含んだその音。 敵か?勿論相手が見ていないのでちょっぴり柴崎の顔が歪んだがその後にこりと営業スマイルを貼り付け女の横に並んだ。 さて、と柴崎の頭の中には女のデータが引き出されていく。 「こんにちは、先輩」 「あら柴崎さん」 「溜め息なんて吐いてると幸せ逃げますよ」 「幸せじゃないから出てるのよ。 真っ昼間からあんなの見せられて」 女は二等図書正、図書大卒の堂上と小牧の同期である。 ついでに同じく住処は基地内の独身寮だ。 身長163㎝の成人女性平均値よりは高めで、長い黒髪はいつも代わり映えのないひとつ結びにしている。 笠原並みにナチュラルメイクの彼女だがそのままでもそれなりに見れる顔立ちをしており度々図書館員来館一般男性問わず告白をされている。 まぁ数は私に負けるけどね、というのが総合した柴崎の見解の人物だったのだが。 「見せつけてんのかしら。 場所ぐらい考えなさいよ」 ごん。 と離れているはずの柴崎達の所まで響きそうな拳骨が落ちたあとのわしゃわしゃと撫でる優しげな手つきを見て、はっ。 バカみたい。 と彼女は鼻で笑って仕事に戻っていった。 「おつかれー笠原」 「ただいまぁ」 「なぁに疲れてるわねぇ」 だってー。 と部屋に入るなりへたり込んだ郁は大分疲れている様子で、同じく直前に戻ってきたばかりの柴崎は荷物を整理しながら窓の外を思った。 受けて立つわよ?」 「やっ、そうじゃないけど!室内で訓練だって限られてるんだもん。 外走りたーい」 「はいはい笠原犬は走らないとストレスかかるのよねー」 うわぁぁん。 正に子供の駄々である。 仮にも妙齢の女の台詞や態度ではない。 しかしこれぞ笠原、ではあるので柴崎は放っておくことにする。 財布と携帯を手に、ご飯先に行っちゃうわよー?と言えば郁が釣れることを知っているからだ。 「あ待って待って!今日アジフライあるの忘れてた!」 「ほんとそんなとこだけ誰よりも情報早いわよね」 財布を引っ掴み、打って変わってにこにこと笑顔になった郁に柴崎は呆れたように溜め息を吐いた。 「それで?今日殴られてた原因は?」 「え?」 「お昼過ぎよ。 向かいでアジフライを頬張る郁はいかにも幸せそうである。 柴崎は煮付けを解しながらそれを眺めた。 咀嚼しながら顔を上げた郁が柴崎の背の向こうへおーい、と手を振る。 柴崎が振り返ると少し先にトレイを手にした手塚光が立っていた。 ごった返す食堂内で空いていた席を探していたようですんなりと柴崎の隣の椅子を引く。 「手塚今からご飯とか珍しいねー」 「おつかれさま、ね。 郁の隣の席も空いていたのに、立っていた位置から近いという理由だけで手塚が柴崎の隣を選んだわけではないことも郁には及ばない。 そこが郁の良いところであって柴崎ではかなわないところだ。 あっけらかんとした郁の笑顔は純粋で裏表がない。 「はぁ。 柴崎は小声で隣の手塚に話を振るついで、その先にいる女子3人組を見た。 柴崎達のひとつ上の期である。 真ん中ね。 と目元の赤い女子にさっと視線を走らせすぐに反らした。 情報はどんなものでも欲しいが喧嘩を売るつもりはないからだ。 現在の柴崎に直接吹っ掛けてくる自体が希なことであるとはいえ面倒事ははじめから起こさないに限るのである。 「俺も笠原じゃないけど外で訓練がしたいと思ったわ」 「おー手塚。 晴れたらあたしと勝負しよー」 「山猿とおいかけっこはちょっと」 「ああ?なんだとぉー!」 口からご飯粒を飛ばしそうな勢いでじゃれるふたりに柴崎は眉を寄せながらも笑った。 疲れた顔をしていた手塚も幾分か浮上したようでチキン南蛮を頬張っている。 丁度夕飯時の食堂には人がごった返し、端に座る3人の周りも席は埋まっていた。 うまい具合に手塚の隣とその斜向かいにも男性防衛部員が座り、空いているのは郁の隣くらいなものだった。 中々1人で食事を取る者もいないのでそこが埋まることはないだろう。 ただ、最近堂上と付き合いだして細やかながらも可愛さが滲み出ている郁を横目で見るひとつ空いた隣に座る男には、柴崎は一撃必殺の笑顔を振り撒いた。 誰に許可取ってあたしの笠原見てんだこの野郎が。 因みにその際手塚もガン飛ばしていたりする。 と手塚の台詞に郁は苦い顔をした。 正に今日の午前は射撃訓練だったのだ。 一日内勤よりは良いとしても、せめて対人で組み手でもしたかったというのが心情である。 そんなことが4日も続いていて、郁は憂鬱だった。 必然的に仕事の効率が落ちたりミスが常以上に増える。 「今ならリクエスト業務でさえちょっと嬉しいって思っちゃうんだよあたし」 「ああ。 広いもんな」 「最初はあんなに苦戦してたのに今の笠原なら業務部とそこまで大差がないのよねぇ。 感慨深いわ。 ニキビ娘が懐かしい」 「ちょっ、柴崎!もそんなのまで思い出さなくていいじゃん」 因みに業務部と大差がない、というのは業務部は所定の書架から探すのが早い。 郁は書架に辿り着く足が早いので探す時間が取れどっこい、という意味である。 「凄くない!?業務部と同じ!もっとほめてよー」 「だそうよ、手塚」 「まだムラがある。 平均的には早くなったとは思うが、見つからなくて詰まると途端に停滞するの直してから言え」 「あら正論ね」 「くそぉぉぉお地味に飴があるのがくやさしい!」 「なんだそれちゃんと日本語話せ作るな」 「ふふふ。 手塚もよく笠原と仲良くなったねー。 あたしも妬けちゃうわ?」 なっ。 カッと手塚の頬が赤く染まって柴崎は危うく味噌汁を吹き出すところだった。 すんでの所でそれを押さえ込むとニヤリと笑みを浮かべる。 笠原はあたしのものよ。 やはり手塚の葛藤など、柴崎の言葉遊びなど、至らない郁が言葉の通りに突っ掛かりまくっていた特殊部隊の入隊当時の話をしだす。 果てしなく微妙な顔をした手塚は柴崎を恨めしげに見詰めながら白米を掻き込んだ。 「笠原かわいー!」 「はぁ!?ほんと何なの柴崎!」 小牧並みに柴崎の笑いが止まらなくなったのは言うまでもない。 「あ」 やっと晴れたその日、昼休憩に一度部屋へ戻っていた柴崎は共同ロビーで堂上の背中を見つけた。 そしてそばに立つ相手は先日の、堂上と小牧の同期である業務部の先輩だった。 ふたりの話は済んでいたようで先輩はさっさと外へと出ていった。 堂上は何かを考えるように立ち止まりしかしそのまま男子寮の方へと足を向ける。 「堂上教官」 「ん?ああ柴崎か」 「どうしたんですぅ悩んじゃって?」 詰まるところ、洗いざらい吐けや。 という意味であるが堂上は酷く険しい顔をして何でもない、と言い柴崎の制止を振り切り男子寮へ続く扉の向こうへ行ってしまった。 小牧教官どこかしら。 と柴崎は情報収集に走る為にメールを打ちながら、図書館裏口まで来た時不意に聞こえた声に顔を上げた。 複数の女の声だった。 「付き合ってるって本当なの?」 「堂上二正があんたに本気だとでも思ってるの?」 主に言い寄っているのは二人で、見た顔だ、と柴崎はスマホをちゃっかり撮影モードに移行しながら見つからないように歩み寄る。 考えたのはきっかり1秒。 3人組のひとりが先日手塚に告白をした女だったのだ。 その手塚目当てだった女は端に寄り大変居心地の悪い顔をしていることから力関係が窺えた。 ねえやめようよ。 多少同情心が湧く程度に、面倒な友人を持ってご愁傷さま、とも柴崎は思う。 彼女は純粋に、手塚に本気だったのだろう、が。 如何せんこの場へ着いてきている、越させられているのに逆らえない時点で柴崎の排除対象である。 「似合わないのよ」 「あんたみたいながさつな女なんて」 「堂上二正が可哀想よ」 「さっさと別れて」 完全に見下した口調で言い募る他ふたりに柴崎は青筋が立つほど怒りを覚えた。 何も知らないからって何を言っていいわけではないのだ。 どんな思いでどんな状況下で堂上と郁が歩んできたと思っている! 後で陥れる証拠にでもしてやろうとしていた撮影も忘れ歩み出そうとした瞬間、腕を後ろに引かれ柴崎は振り返った。 しかし振り返り切るより先に横を颯爽と誰かが通る。 「それで?あんた達が堂上君と付き合うって?」 「え、」 「正々堂々と本人に告白もせずにこんなところで恋人引っ捕まえてぐだぐだぐだぐだほざいてるような女共を男が見抜けないとでも思ってる?」 私だったら絶対無理だわ寧ろ恋人が人知れず貶されてるとか何その喧嘩買いにいくわ。 その、彼女の激昂たるや大変なものだった。 別に声を荒げているわけではない。 寧ろ落とされた声の調子と声音がその怒りの強さを表していた。 ほぼほぼ一息で言い切られていく台詞は最早読経に近い。 いっそ召される。 こわい。 柴崎でさえ録画モードでレンズを向けたまま固まっていた。 怒らせたら堂上より小牧の方が怖い、とは郁と手塚の言である。 それは痴漢の一件で柴崎も見ているがこの、教官と同期の先輩は同系列の、否、同姓であるが故の容赦の無さも相まってひたすらに顕著だ。 ローテーションで一緒になってもこの先輩が切れているところなど柴崎はいまだかつて見たことがなかった。 余計に、免疫がない。 「大体なんであんた達が似合わないとか言えるの?なんで?あああれ?あんた達の許可が付き合うのに必要なの?何その検閲。 笠原さんより私の方が似合うーって?何それ良化委員会的思考?」 中々の禁句である。 ぴしりと固まったのは壁に背を預けていた郁も同様で攻め立てていたふたりも目を見開き後退りした。 「なめてんじゃないわよ」 頭痛でも覚えたのか頭を押さえる先輩はひとり残った手塚っ子に目を向ける。 その頃になってやっと呪縛が解けたように柴崎は足を踏み出した。 ごめんね。 ごめんなさい。 小さな声で謝る女に先輩は、何だか知らないけどあんたも嫌ならいつまでもあんなのとつるんでんじゃないのよと頭を小突いた。 逆に荒立てたわね」 ああいうの見てらんなくって。 そう言った彼女はといえば盛大に舌打ちをしており、その顔を凶悪に歪めていた。 お礼を言った際のみ先輩を見た郁が視線をうろうろとさ迷わせている辺り、啖呵を正面から見る羽目になった郁には相当恐ろしいものだったのだろう。 「笠原。 先輩」 「しばさきぃー」 視界に入る位置まで柴崎が行けばとととっ、と郁が寄ってきて腕を絡めた。 珍しいと思う反面柴崎の胸に広がったのはじくりとした表し難い罪悪感。 郁は小さく、安心したように息を吐いたのだ。 証拠を、と考え見ていたがそれは。 本来なら、笠原の友達としては? 「あら、いたの」 「はい。 先輩の啖呵が凄すぎて見てましたー」 本当は、すぐにでも出ていくべきだっはずだ。 柴崎は郁に気付かれないようにとの優しさに乗り茶化し気味にそう言って、しかし自分が上手く笑えているか分からなかった。 ただ先輩はどうでも良さそうな調子で、そう、と返しただけだった。 「女の猫なで声にしか反応しないような馬鹿な男しか相手にしたことないだけだから」 いちいち気にしちゃ駄目ね。 去り際、笠原の肩を叩きながら先輩は現れた時同様に、颯爽と戻っていった。 「すみませんでした」 「何?いきなり」 さっきのことなら必要ないわよ?と謝罪は簡単に返された。 その声は常日頃聞く声だった。 「あの子達ってあんた達より上でしょ?あんたが出るより私の方が効くと思っただけよ」 手は止めないままに彼女はちらっと柴崎を見るだけだ。 柴崎が仕事もせずただ隣に座っても咎めることはない。 柴崎を見るより先に彼女は柴崎がいるはずの席に目をやり、手透きだと確認した上で雑談に興じることを許している。 「違います。 もっと前にあなたに失礼を」 「柴崎さんに失礼された覚えなんて終ぞないけど」 「でもあたしの気が晴れないので」 ああ、そう。 すると少し考えるように顔を上げた彼女が身体ごと柴崎に向き直った。 彼女の視線の意味をすんなりと理解し柴崎は謝罪した。 清廉潔白タイプ。 と柴崎の脳内データに新しく書き込まれていく。 あたしてっきり先輩が堂上二正狙いなんだと思って虫除けしようと声掛けちゃってました」 間髪いれず甚だ有り得ないと彼女が目をかっ開いた。 それは思わず、その形相に柴崎がびくりと身体を揺らしたほどだ。 それなりに見れる顔が台無しである。 「はあっ!?嫌よ堂上君なんて。 私心置き無くヒール履きたいもの」 それが示唆だとして。 清々しいまでにチビと言い切った彼女に、柴崎ははじめて営業でない笑顔を向けた。 きみはきれい [newpage] 後日談 文学少女と少年の恋 それで?と公休日の昼過ぎ、手塚は向かいに座る柴崎に話の先を促した。 まだ終わる体では無かったからだが、珍しく柴崎が他人に興味を持ったようで手塚自身が話の先を聞きたかった。 自分の見立てが間違ったことを知るのにこんなに嬉しく思ったことはなかった。 とは柴崎の最大の賛辞だろう。 滅多にないほど楽しそうに笑う柴崎に手塚も自然と頬が緩む。 まあ尊敬する上官をチビっ子扱いなのは手塚には些か波立つところもあるが、善意でも悪意でもちゃちゃを入れられるよりは傍観してくれる方が安泰なので柴崎が安全牌とするなら従う方針である。 「小牧教官に話聞いてもらったのよ。 堂上教官と先輩がロビーで何話してたかなんだけど」 「なんて?」 「『殴ると脳細胞死ぬのよ』って。 死んでたのは電話口の小牧教官だっての」 おっかしい。 その時を思い出したらしく柴崎は涙さえ浮かべて店内で笑い声を上げないよう堪えている。 「公私混同しないようにする余り強く出るなって叱られてたのよ。 堂上教官!あの時の顔思い出したらもう。 っぷくくくく」 そのやたら険しかったという顔の下で何を思っていたのだろうか。 笑い続ける柴崎を前に手塚はやはり少しだけ、尊敬する上官を不憫に思った。 「笑いすぎだ」 「可愛いじゃない。 反省してたってことよ?あの人」 頭を傾け、人差し指の背で涙を拭う柴崎に手塚は溜め息を吐いた。 可愛らしいのはお前だ、とその一言は喉につっかえて出てこない。 カップの中身はお互い既に空で席を立つか追加オーダーをするか悩みどころだ。 手塚の視線を見越して柴崎がバッグを取った。 席を立つ、が正解らしく店を出る。 手塚が扉を開けて柴崎が出るのを待つ。 歩くのはいつも手塚が車道側だ。 ストーカー騒ぎからこちら、怪しい雰囲気を感じ取った時どちらともなく手を繋ぐこともある。 『大切な人は、大切なのよ?』 唐突に甦った先輩の声に柴崎は立ち止まった。 それは小学生の集団がカウンターに来るのが見えて柴崎が先輩の隣から席を立った際に何気なく発せられたものだ。 郁との関係について言ったものだと思っていたが、今は違うと断言する。 そういう意味ではなかった。 柴崎が仕事に戻る際彼女は視線を柴崎に向けはしなかった。 それはただ過ぎ去る日常の何気ない話で気にも止めないようなことだと。 彼女は言ったんじゃないだろうか。 今いる人間が、明日も隣にいるとは限らないと。 夕暮れ。 まだ完全に落ちきらないオレンジが徐々に暗くなり、雲もなく空気は澄んでいるようで鮮やかな濃紺がただ広がっていく。 僅かに光る星が見え、数歩先の街灯の間に立ち止まった手塚の顔が陰る。 誰そ彼は、なんて。 誰でもいいわけではない。 寧ろよくない。 隣に立つのは。 「柴崎?」 立ち止まった柴崎を手塚が訝しげに見ていた。 灯りが消える前に、手に。 ふらりと寄る辺ない蝶のように、柴崎は手塚に歩み寄る。 「ねぇ手塚。 あたしあんたとなら」 死んでもいいわ。 と柴崎は微笑んだ。 驚いた手塚の瞳に柴崎が映る。 柴崎はそれを見ることなくその先、手塚の向こうの月を見つめた。 文学少女と少年の恋.

次の

主人公はきみだ ライツのランプをともそうよ|(株)出版ワークス

きみ は きれい だ

それでは早速実験開始! 黄身の硬さで好みが分かれる目玉焼きですが、今回はとろんとした黄身がおいしい半熟の目玉焼きを作ります。 必要なものはフライパンと油のみ。 フタは使う方法と使わない方法どちらもありました。 『中火でフライパンを温め油を入れて、完全にフライパンが熱くなってから卵を割り入れます。 白身が固まり始めたら大さじ1杯〜2杯くらいのお水を入れて蓋をして蒸し焼き黄身に白い幕が張り始めたら火を消して取り出してください。 by chichinonさん』 温めたフライパンに油をひき、卵を割り入れ水を加えて蒸し焼きする、オーソドックスなやり方ですね。 水の量が大さじ1〜2杯というのがポイントのような気がします! フライパンは手をかざして熱を感じるくらいになったらOKです。 白身と黄身を別々に焼く、となんとも新しい方法です。 一体どんな仕上がりになるのでしょうか? 『白身と黄身を別々に焼く方法がお勧めです^^フライパンにうすく油を塗り、まずは【黄身だけ】をお好きな硬さに焼きます。 (このとき、黄身はなるべくフライパンに近い高さからそっと投入してください。 )続いて、ほぐした【白身】を黄身のまわりに回しかけて、お好みの焼き加減に調節します。 別々に焼くだけなのに、いつもの目玉焼きが激変します。 byショコラのネネさん』 白身と黄身を分けます。 焼かないので香ばしさはありませんが、ふっくらとした仕上がりです。 10分でも黄身にしっかり火が通ったので、もっと半熟が好みの方は5〜8分くらいにしてみるといいかもしれません。 一体どういう出来上がりになるのか想像もつきません!出来上がりがたのしみです。 『某有名ホテルのコックをしていた人からの、又聞き情報ですが。。 フライパン弱火で油をうすくひいてそのうえにパラパラと塩コショウをします。 その上に割った卵をそっとのせるように静かにいれます。 あとは中火で。 ポイントはフライパンに塩コショウをするのが先!ってところらしいです。 by demuさん』 フライパンを弱火にかけて油を薄くひき、塩こしょうを入れます。 塩こしょうを先に入れるので後から味付けをする必要がありません。 今回は粗挽きのこしょうを入れてしまい、白身に黒い点々がついてしまいました…。 パウダー状のこしょうがおすすめです。 綺麗に焼けましたが、焼き方のコツというよりは、味付けのコツという感じですね。 こちらは強火でさっと仕上げる方法です!スピーディーでいいですね。 『フライパンに油をひき、卵を割ります。 水を少し 100ccくらい? 入れて、一瞬強火にして水を沸騰するくらいにしたら、蓋を閉め中火に戻す!! もう、10秒か20秒くらいできれいな半熟 うすぴんく で、白身はふっくらのきれいな目玉焼きができます。 固めがすきならもう少しおいてたら、身が固い目玉焼きができます。 このやり方で…失敗したことはないし、なおかつきれいに仕上がるから一度試してみてください!!

次の

<韓ドラ>『彼女はキレイだった』|BSフジ

きみ は きれい だ

vol. 151~160 バックナンバー タイトル vol. 158 vol. 157 vol. 156 vol. 155 vol. 154 vol. 153 vol. 152 vol. 151 vol. 141~150 バックナンバー タイトル vol. 150 vol. 149 vol. 148 vol. 147 vol. 146 vol. 145 vol. 144 vol. 143 vol. 142 vol. 141 vol. 131~140 バックナンバー タイトル vol. 140 vol. 139 vol. 138 vol. 137 vol. 136 vol. 135 vol. 134 vol. 133 vol. 132 vol. 131 vol. 121~130 バックナンバー タイトル vol. 130 vol. 129 vol. 128 vol. 127 vol. 126 vol. 125 vol. 124 vol. 123 vol. 122 vol. 121 vol. 111~120 バックナンバー タイトル vol. 120 vol. 119 vol. 118 vol. 117 vol. 116 vol. 115 vol. 114 vol. 113 vol. 112 vol. 111 vol. 101~110 バックナンバー タイトル vol. 110 vol. 109 vol. 108 vol. 107 vol. 106 vol. 105 vol. 104 vol. 103 vol. 102 vol. 101.

次の