処方箋 郵送。 処方箋の薬を郵送で受け取る方法

病院に行かずに薬をもらう方法はある 電話による診療のみで処方も

処方箋 郵送

7都府県に緊急事態宣言が発令され、日本中で「外出は控える」というムードが高まっている。 困るのは「薬」をどうするかだ。 処方薬をもらうためだけに病院に行くのは院内感染のリスクが怖いが、普段から服用している薬を急にやめるのもリスクがある。 知っておくべき「病院に行かずに薬をもらう方法」を調査した。 まず検討したいのが「電話」で処方薬をもらう方法だ。 厚生労働省は2月29日、かかりつけの医療機関で電話による診療のみで持病の治療薬を処方することを認めると通知を出した。 これまでは、常用する薬をもらうためだけに病院に行き、何時間も待たされることがしばしばあった。 院内感染リスクが高まる中で、この変更は朗報だ。 ナビタスクリニック川崎の谷本哲也医師(内科医)が語る。 「通院による感染リスクを減らすため、高血圧や糖尿病といった慢性的な持病の薬を中心に電話での処方が認められることになりました。 これまで薬をもらっていたかかりつけ医がいる医療機関に相談し、電話での処方箋発行が可能かどうかを確認しましょう。 対応できる病院なら、電話口で診察券の番号や名前などを伝え、電話診察の日時を相談する。 一部の医療機関では、病院ホームページの専用フォームで電話診療の予約を受け付けています」 予約した日時になると、登録した番号にかかりつけ医から電話がかかってくる。 通常の通院時と同じように「体の調子はどうですか」「症状に異変はありませんか」といった問診がなされ、担当医師が薬の用量や種類の変更が必要か否かを判断してくれる。 電話診察が終わると、患者の希望する薬局に治療薬の処方箋がFAXなどで送られ、薬局の薬剤師が電話などで服薬指導してくれる。 「治療薬は薬局から患者宅に郵送されます。 中には、処方箋を患者の自宅に郵送し、患者かその家族が薬局まで取りに行くシステムの病院・薬局もあります。 その場合、パソコンやスマホのテレビ通話機能を使った「オンライン診療」を受ける方法がある。 「事前にオンライン診療を受け付けている医療機関に予約し、テレビ通話で診療を行ないます。 テレビ画面を通して直接顔を見ながらやり取りできるので、患者が息苦しそうにしていないか、顔色は悪くないかなど視覚的な情報も判断できる。 オンラインで薬をもらう際に注意したいのは、正確な情報を伝えるのが重要だということです。 かかりつけ医から処方されていた薬がある方は、オンライン診療の医師に服薬歴を正確に伝えるため、『お薬手帳』を見ながら説明するようにしてください」(前出・谷本医師) 今後は、持病の慢性疾患に限らず、初診の場合でも、オンライン診療が受けられるようになる可能性がある。 政府は4月5日、新型コロナ拡大を受けて認める方針を固めた。 ただし、初診の場合は注意点もある。 実際にオンライン診療を行なう前出・谷本医師が言う。 「聴診や触診ができないため、病状を正確に把握できないケースがある。 それを補うため、軽い症状でも、いつから、どの場所に、どの程度の強さ・頻度で生じているのか、吐き気や下痢といった随伴症状の有無などの細かい情報もできるだけ伝えてください。 突然の強い痛みや呼吸困難があるなど重い症状の時はオンラインでなく、病院に行くべきです」 薬の受け取りや支払いは、電話診療と同じく郵送や電子決済で行なうケースが多い。 電話やオンラインでの診療が受けられない場合、処方箋なしで医療用医薬品を購入できる「零売薬局」を利用する手もある。 病院で処方される医療用医薬品は約1万5000種類とされるが、その半数近い約7300種類は処方箋がなくても零売薬局で購入できる。 零売薬局のひとつ、銀座薬局代表の薬剤師・長澤育弘氏が指摘する。 「電話やオンラインで処方薬が受け取れない場合でも、市販薬より効き目が強い解熱剤や咳止め、痛み止めなどの薬を買うことができます。 まだ全国的に店舗は多くありませんが、首都圏を中心に増えつつある。

次の

処方箋の薬を郵送で受け取る方法

処方箋 郵送

持病があるひとは、薬の処方箋をもらいに行くだけのために病院へ行っている人も多いのではないでしょうか。 新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、大混雑した病院へ行くのって躊躇しますよね。 でも、この騒動にともない、病院、薬局に行かずに薬をもらうことが、臨時的に認められるようになりました。 Twitterでは、こんなツイートが注目されています。 先月のニュースだけど、まだ知らない人もいるので。 なお、疾患や病院によっては未対応とのことです。 この投稿を見たTwitterユーザーからは、こんな声があがっています。 外から失礼します。 今日病院に連絡して主治医も理解してくれて薬郵送してくれることに 常に治療必要ではないけど薬欠かせないのでよっぽどのことがない限り通院は避けます主治医も 何かあったら連絡してください、その時は電話で問診しますねって— ゆき YUKI YUKI87791654 母が通っている診療所は「電話で異常がなければ処方箋出しますが、処方箋は診療所まで取りに来てください。 FAXはできません」と言われました。 処方箋取りに行かなければならないなら、感染予防の意味なし。 早速、母にも教えます。 — あきさくら pakupakugohan 算定や会計、処方箋の取り扱いって皆さんどうしてるんでしょうか?うちは解決できてないので対応困ってます。 — おだゆき 20Bonheur うちの病院では電話再診料が取れるのでそれで算定出してるみたいです。 ちな直接来院か代理人来たら会計出してます🙆発行できる処方箋も処方内容が変わらないものに限って発行して、患者様が受け取りに行く薬局にFAXしてますねぇ…あとは電話処方箋スキャンして記録に残してます— 菜花 救外へ走れ 職員 nanoka0424 家人が高血圧で病院通いしていますので、早速問い合わせてみます。 有益情報、感謝!— すかっつ wonderskats 都心の大病院でも、まだ対応出来ない所が結構あります。 カルテの管理から処方箋発行まで、一気にまとめて電子化してしまったので、変更には手間がかかるのでしょうか。 都心まで何時間もかけて通院されてる方も少なくないので、早く対応して頂きたいものです。 — ぎょ 指先不器用 BikkuriSeitai わたしの母のかかりつけ病院はだめでした 直接診察なしではだせないし代理もだめだと 田舎は対象外なのかなー💦たいした薬じゃないから出して欲しいです 仕方ないから医者いかせてません— ポン順88 ponjun88 厚生労働省は先月末、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ観点から、臨時的な規制緩和として、電話などで持病の治療薬の処方箋発行を可能とする運用方針を自治体に通知しました。 これは、症状がない人が医療機関を受診することで、新型コロナウイルスへの感染リスクが高まるため、通院回数を減らしてもらう狙いがあるそうです。 継続的に薬をもらっている患者は病院へ連絡することで、病院が薬局へ処方箋をFAX(あるいは患者さんへFAX)し、薬局は患者へ宅配便で薬を送る、あるいは薬剤師が在宅訪問するといった流れになるそうです。 ただし、多くのリプライにもあるとおり、すべての病院が対応しているわけではないそうで、都心の大病院ですら非対応のところが結構あるそうです。 まずは電話で問い合わせてみるといいでしょう。 (いまトピ編集部:ヤタロー)•

次の

0410対応とは!コロナウイルス関連によるオンライン診療で処方箋に記載

処方箋 郵送

これは医師が患者とはなんの関係もない人に処方箋を渡してしまうことを防ぐ狙いがあります。 また、処方箋のコピーで処方薬を購入できてしまえば、悪意のある患者がコピーを使って大量に処方薬を購入し転売することを防げません。 そうならないようにするために、医師は患者に処方箋の原本を渡さなければならず、調剤薬局側は処方箋のコピーで薬を販売してはいけないのです。 電子処方箋システムでは紙の処方箋の原本が要らなくなる 院外処方において「原本を手渡しする」という原則は、オンライン診療(遠隔診療)の便利さを著しく低下させることから、厚生労働省が規制を緩める方向で動き出しました。 それが電子処方箋です。 厚生労働省は2016年3月に電子処方箋の運用ガイドラインの案を公表しました。 下記が、電子処方箋の仕組みの全体像です。 しかし、これもオンライン診療(遠隔診療)がさらに進めば 遠隔服薬指導という形でクリアできるようになります。 現在、政府の国家戦略特区の範囲内ではあるのですが、テレビ電話での服薬指導が行われています。 院内処方の病院・クリニックは処方薬を宅配できる? これまで院外処方について見てみましたが、次に院内処方についてみてみましょう。 スマホ診察などの オンライン診療アプリ「クリニクス」と呼ばれるシステムを運営している株式会社メドレーは、 オンライン診療(遠隔診療)を受けた患者に、医師の処方箋が必要な医療用医薬品を宅配便で患者に送っています。 そもそも従来型の院内処方では、病院において対面式の診療が終わった患者は、病院から処方薬を受け取って帰宅します。 この病院から薬を受け取るという工程を、「 宅配便で患者に送る」に置き換えただけなのです。 メドレー社によると、 処方薬を宅配便で送ることは法的に問題がないそうです。

次の