と ある 科学 の 超 電磁 砲 t 13 話。 アニメ『とある科学の超電磁砲T』13話が放送延期。新型コロナウイルスの影響

海外の反応【とある科学の超電磁砲T (3期)】第18話 良いギャグ回!佐天さんのけん玉シーン作画気合い入りすぎw(レールガン)

と ある 科学 の 超 電磁 砲 t 13 話

総人口230万人を数える、東京西部に広がる巨大な都市。 特殊な授業(カリキュラム)を受け、能力を得た学生たちは、定期的な『身体検査(システムスキャン)』によって、『無能力(レベル0)』から『超能力(レベル5)』の6段階に評価されている。 その頂点に立ち、最強と謳われるのが、7人の『超能力者』たちである。 そのひとり、御坂美琴。 電気を自在に操る『電撃使い(エレクトロマスター)』最上位の能力者にして、『超電磁砲(レールガン)』の異名を持つ彼女は、名門お嬢さま学校・常盤台中学に通う14歳の女子中学生。 後輩で『風紀委員(ジャッジメント)』の白井黒子。 その同僚でお嬢様に憧れる初春飾利と、都市伝説好きな彼女の友人、佐天涙子。 そんな仲間たちとの、平和で平凡で、ちょっぴり変わった学園都市的日常生活に、年に一度の一大イベントが迫っていた。 『大覇星祭』。 7日間にわたって開催され、能力者たちが学校単位で激戦を繰り広げる巨大な体育祭。 期間中は学園都市の一部が一般に開放され、全世界に向けてその様子が中継されるにぎやかなイベントを前に、誰もが気分を高揚させていた。

次の

「とある科学の超電磁砲T」13話の放送が延期に! 放送日は決まり次第告知との事!

と ある 科学 の 超 電磁 砲 t 13 話

決着! これがジャッジメントですの 白井黒子と警策看取……二人のレベル4の戦いがついに決着しましたね。 それにしても黒子があそこまで苦戦させられることになろうとは…。 警策看取のレベル4の能力【リキッドシャドウ】は言うまでもなくすごいんですけど、彼女を本当に強者たらしめている理由はそれだけじゃないんですよね。 大会中継用カメラをハッキングする能力に加え、それを活用してリキッドシャドウの弱点である距離的な制約を克服……さらには黒子のテレポーターとしての弱点および心理を的確に読み取るなど、枚挙にいとまがない。 スペシャリストでありながらジェネラリストのような高い能力……まるで一人でジャッジメントの業務をこなしてるような印象さえ受けましたね。 さすがの黒子もこれはちょっと分が悪い……しかも元々手負いだし。 でも黒子には初春という優秀なハッカーと、目のつけどころが時々シャープな佐天がいる……ある意味今回の勝敗を分けた立役者ともいえるでしょう。 特に初春……佐天の情報をヒントにして超短時間で中継カメラをハッキングするだけでなく、黒子のダミー映像を合成するなど、そのぽわんとした見た目からは想像できないような仕事をしてのけていた……佐天さん、いっぱいあおいであげて! とはいえ、一番体をはって頑張ったのはやっぱり黒子なんですよね。 特に地下で警策を追い詰めたときのあの戦い……個人的には今までの黒子のバトルの中でも上位にランクインすると思う。 投擲されたナイフをテレポートせずに掌で受け(痛い!)、掌底からの回し蹴り……最後はテレポートからのドロップキック。 あえてテレポートで避けない勇気……黒子からしたらまさに命がけの読みあいだったわけですが……警策にはこれくらい捨て身にならなきゃ勝てないと判断したんだろうなぁ……。 結果、黒子の勝利……というよりはジャッジメントの勝利、といったところでしょうか。 本当のみーちゃん 今回の黒子との戦いを通じて、警策看取は決して木原と同類の人間でないということがとてもよくわかりましたね。 黒子のフェイク映像を見せられた際には激しく動揺していたし、何より黒子にやられた時に浮かんだドリーの姿がもうすべての答えだったように思う。 警策看取……彼女こそ本当の「みーちゃん」だったのか……。 彼女が執拗に学園都市を憎む理由がとてもよく腑に落ちた。 木原と組んだのはその目的がたまたま合致したからだけだったんですね。 ドリーがあれだけ慕うくらいだったから……本来の警策看取はとても優しい心の持ち主であることが察せられますよね。 個人的には警策みーちゃんにはこのまま終わってほしくないなぁ……と思わずにいられない。 万策尽きてからが策! 逆転の食蜂操祈 万策尽きた食蜂操祈……そこからが彼女の本当の策だったんですね。 木原がゲットしたリミッター解除コード……実は自壊コードだった……それこそが食蜂の策。 木原には陰謀力で勝てないと悟った食蜂は、多大なリスクを覚悟して、自分で自分にメンタルアウト……リミッター解除コードと自壊コードの認識を入れ替えていたんですね。 万策尽きて敗れ、リミッター解除コードを盗み出されることを想定しての捨て身の作戦……これ、思いついても絶対に実行しないヤツですよ。 これにはさすがの木原も完全にはめられた……老害が倒れゆく様がなんとも痛快。 それに今回の決着は食蜂にとっては一石二鳥……もともと食蜂はエクステリアを維持し続けることのデメリットを苦慮していたわけですからね。 リスクを取った甲斐があったというものですよ……とりあえず食蜂が無事でよかった。 彼女のこういった行動の原点は突き詰めると彼女本来の優しさにあると思う。 御坂妹のバグの心配や、今でも忘れられないドリーとの思い出の日々……彼女は常に誰かのために動いている……美琴に対してはちょっと微妙なところだけど。 そんな食蜂だからこそ、今回の逆転劇は生まれたんだと思う。 美しい逆転劇をどうもありがとう。 まとめ アニメ「とある科学の超電磁砲T」第13話「SYSTEM(神ならぬ身にて天上の意志に辿り着くもの)」を視聴した感想について書きました。 今回は黒子と警策、食蜂と木原の戦いに決着がついていましたね。 黒子と警策の戦いでは、黒子の捨て身の攻撃が見ものだった一方で、警策の「みーちゃん」としての過去が垣間見えるなど、とても興味深かったです。 そして食蜂と木原の戦いは……食蜂の万策尽きてからの策が見事にハマっていましたね。 まさか自らをメンタルアウトするなんて……食蜂のこういう戦い、決して嫌いじゃない……運チには運チなりの戦い方があるのだ。 そして残ったのは絶賛レベル6進化中の美琴さん……エクステリア自壊後も暴走が止まらないんですけど。 最後の希望は上条当麻のイマジンブレイカーただ一択……これは次回に期待ですね。 以上、アニメ「とある科学の超電磁砲T」第13話の感想でした!.

次の

とある科学の超電磁砲T

と ある 科学 の 超 電磁 砲 t 13 話

今期のアニメ 23• あ行 140• か行 169• さ行 140• た行 85• な行 43• は行 159• ま行 63• や行 29• ら行 50• わ行 13• その他 4• アニメ海外の反応まとめ[あにかん]について 外国人達のオーバーリアクションな反応が翻訳文からでもよく伝わってきて、それを読むとそうそうここが面白かったよねとか、こんな細かい描写にも気が付くなんて凄いなとか、特に自分も気に入った同じアニメを見て共感した嬉しさがこみ上げてきます。 そういった外国人の反応を手間をかけて翻訳して記事にしてくださるサイトの存在を知り、主に自分が閲覧するのに便利なようにこのアニメ海外の反応まとめ[あにかん]を作りました。 このサイトは定期的に手動でまとめてますが、別館としてアンテナサイトもありますので、早く海外のアニメ反応を読みたい人はをご覧ください。 また、巡回先に追加してほしいサイトがあれば、よりご一報いただければ助かります。 アンテナにも追加します。

次の