ポケモン シリーズ。 ポケモンギフトコスメシリーズ《ポケモンフェイスマスク》第3弾が6/19発売!新たなデザインと保湿力にこだわられた仕上がりに。コダックが新登場

ポケットモンスターシリーズの一覧

ポケモン シリーズ

本編 世代 発表年 タイトル 内容 ゲーム機 1996• 主な舞台:• ポケモン: 1998 1999• 主な舞台:• ポケモン: 2000 2002• 主な舞台:• ポケモン: 2004• 主な舞台:• ポケモン:• 主な舞台:• ポケモン: 2006• 主な舞台:• ポケモン: 2008 2009• 主な舞台:• ポケモン: 2010• 主な舞台:• ポケモン: 2012 2013• 主な舞台:• ポケモン: 2014• 主な舞台:• ポケモン: 2016• 主な舞台:• ポケモン: 2017• 主な舞台:• ポケモン: 2018• 主な舞台:• ポケモン:153種 2019• 主な舞台:• ポケモン: 対戦系・補助系 ニンテンドウ64• ニンテンドーゲームキューブ• Wii• ニンテンドー3DS• Nintendo Switch• スマートフォン• 外伝 不思議のダンジョン ゲームボーイアドバンス• ニンテンドーDS• Wii• ニンテンドー3DS• Nintendo Switch• ポケモンカードゲーム ゲームボーイカラー• ゲームボーイ対応• ゲームボーイカラー専用 ニンテンドーDS• に同梱 ピンボール ゲームボーイカラー• ゲームボーイ対応 ゲームボーイアドバンス• パズル ゲームボーイカラー• ゲームボーイカラー専用 ニンテンドウ64• 日本未発売 ニンテンドーDS• ニンテンドー3DS• スマートフォン• ポケモンレンジャー ニンテンドーDS• ポケモンスクランブル Wii• ニンテンドー3DS• Wii U• スマートフォン• その他 ピコ• すうじをつかまえよう! ひらがなカタカナ かけちゃった! みんなでピコ ポケモンわいわいバトル! ニンテンドウ64• ニンテンドーゲームキューブ• ニンテンドーDS• 配信終了• ビーナ• ポケモンすうじバトル!! もじ・かず・ちえあそび• ポケモンをさがせ! めいろでだいぼうけん! 知能育成 ポケモン大運動会 Wii• 配信終了• ニンテンドー3DS• 配信終了• 配信終了• Wii U• Nintendo Switch• 小型ゲーム• アーケードゲーム• メダルゲーム• スマートフォン• サービス終了• 配信終了• 配信終了• 配信終了• 配信終了• 配信終了• 配信終了• サービス終了• サービス終了• ポケモンが収録されているゲーム ゲームボーイ• スーパーファミコン• サービス終了 ニンテンドウ64• ニンテンドーゲームキューブ• プレイステーション2• ニンテンドーDS• ビーナ• Wii• ニンテンドー3DS• Wii U• Nintendo Switch• アーケード• スマートフォン• 関連項目•

次の

ポケモンギフトコスメシリーズ《ポケモンフェイスマスク》第3弾が6/19発売!新たなデザインと保湿力にこだわられた仕上がりに。コダックが新登場

ポケモン シリーズ

もはや国民的人気を誇るRPGモンスター育成ゲーム「ポケモン」。 ポケモンと言えば、ソーシャルゲームではポケモンGOやゲーム機を使ったゲームではシリーズである赤・緑から始まり、金や銀、サン・ムーンがあったりと多くのシリーズがあります。 1996年から赤・緑が発売されて以降、長く愛され続けているコンテンツで、ポケモンと共に成長したという方も少なくはないでしょう。 今回BatQue(バトクエ)では、そんな人気シリーズ「ポケモン」の人気投票を行いたいと思います!今はゲームをしていないという方も、ポケモン人気投票に参加してみてください! まずは自分が好きなシリーズに投票をお願いします! また、他のポケモン記事が気になる方はこちらから!• 歴代最高のポケモンシリーズ人気投票! 1996年に発売された赤・緑はその革新的なゲームシステム、魅力的なポケモン達で子供達を魅了しました。 発売から20年と少し経っていますからその当時ポケモンをやっていた子供も立派な大人になっています。 今の小学生は通信ケーブルが何かを知りませんし、151匹しかポケモンがいなかったんだよ!と言ったら驚かれます。 ポケモンというコンテンツの歴史の長さをジェネレーションギャップによって再確認できますよね。 昔懐かしのポケモンといえば! 昔は通信ケーブルを持っていた友達がちょっとしたヒーローに見えた。 そんな思い出はありませんか?今で考えれば容量が少なく荒いドットに少ない色。 お世辞も綺麗な画面とは言えません。 データはすぐに飛んでしまうし、通信をするのも手間。 それでも友達と情報交換をしあって151匹コンプリートを目指したりミュウの噂に心躍らせたりと、現在より技術が乏しくネットのない時代だからこそ輝いていたものもあると思います。 遠くなってしまった記憶のノスタルジー。 そんな価値が初代にはあると思います。 初代ポケモンシリーズの幻のポケモンといえば? 特に幻のポケモン「ミュウ」の噂はクチコミだけで広がりました。 プログラムの隙間に隠した小さな遊び心。 通常であれば人の目につかなかった本当の意味で「幻」のポケモンです。 その存在は子供達の熱意と希望をもって世界に伝播したのです。 それ程までに当時の彼らのポケモンへの熱量は凄まじいものでした。 そのような事もあり、低いゲームスペックに関わらず「初代が最高!」という方の気持ちも理解できるのではないのでしょうか。 どうしても初代を遊びたい!という方は、リメイクであるファイアレッド・リーフグリーンもおすすめです。 2002年に発売されたルビー・サファイアはハードがゲームボーイから後継機のゲームボーイアドバンスへと変わりました。 それにより目ざましく音質や画質が向上されました。 またゲームシステムに「ダブルバトル」が導入されました。 当時2対2で戦うポケモンバトルは非常に画期的で、新しくポケモンを始めた人にとっても、今までポケモンをしていた人も楽しめました。 他にも「とくせい」も加わりバトルの戦略も広がりました。 画期的な新しいシステムとは? 新しく加わったシステムの数々の中で最も少年少女を熱中させたのは「コンテスト」だと思います。 レベルを上げてポケモンを戦わせるのではなく、ポケモンの魅力を競う競技です。 そこでもらえるリボンが溜まっていくのはなんだかワクワクしたと思います。 このコンテストの導入で女の子のプレイヤーも増えたのではないのでしょうか。 また、その後2004年に登場したマイナーチェンジバージョンであるエメラルドでは「バトルフロンティア」といったやりこみ要素が増えたのもポイントだと思います。 対戦に特化した、高難易度のバトルが楽しめる要素です。 3作目では技術の発展に伴いゲームシステムの進歩やボリュームの増加。 バトルにおける戦略の幅が増えたりと、対戦が好きな方であれば以前より楽しい!と思うようなシリーズだと感じます。 数年前に発売されたオメガルビー・アルファサファイアではより深くなったストーリーと共にバトルも楽しめるので3作目のファンの方はまたやってみてはいかがでしょう。 【ポケモンシリーズ第六世代】X・Y 3DSがプラットフォームであり、今までと違って街並みなどもポリゴンで表現されるようになりました。 立体的なフィールドに驚いた方も多いと思います。 また大きく変わった点として、主人公の性別だけでなく肌の色、瞳の色、髪型や髪色の変更も可能となりました。 自分好みの主人公でリアルな街を歩くのはテンションが上がりますよね。 ポケットモンスターX・Yからの新システム そして最大の特徴と言えば「メガシンカ」ではないでしょうか。 バトル中に1回しか使えないので、どのポケモンにメガストーン(メガシンカに必要なアイテム)を持たせようか迷う場面が多々見受けられます。 また、メガシンカしたポケモンは強くなってとてもかっこいいのも特徴です。 ポケパルレでお気に入りのポケモンと触れ合って癒される事もできます。 6作目では自由度が上がり、よりリアルにポケモンの世界に没入できるのが魅力なのではないでしょうか。 【ポケモン】ゲームシリーズ人気投票のおすすめランキング!のまとめ.

次の

ポケットモンスターシリーズの一覧

ポケモン シリーズ

【サトシ】(CV:松本梨香) ある出会いから、ポケモンバトル最強を目指す 10才の少年。 正義感が強くまっすぐな性格。 夢は、ポケモンマスターになること。 【ピカチュウ】 サトシと一緒に冒険をしている 最高のパートナー。 落ち着いた性格だが、熱い心を持つ。 夢は、すべてのポケモンをゲットすること。 【ヒバニー】キックが得意で、仲間思いで負けず嫌い。 ひょんなことから、ゴウと運命的な出会いを果たす。 サトシ役・松本梨香さん、ゴウ役・山下大輝さんからコメント到着! 松本梨香さん(サトシ役) ポケモンに長く関わらせていただいたことで、日常生活にもサトシが登場してくることがあります。 それは、岐路に立った時など、「サトシならどっちを選ぶ?そう彼ならこれを望むはず!」という感じで 自然に反応しています。 彼のまっすぐで、思いやりがあって、熱い思いがそうさせるんだと思っています。 新シリーズでは、一心同体であるために、その名の通り「心」で演じていきたいです。 新たな出会いと冒険を前に、どんなことがおきるのか? そして、どんなことにも立ち向かうであろうサトシを応援してください。 これからも旅を共にする仲間と力をあわせていきたいですね。 サトシはいつでも全力フルパワーで頑張ります。 山下大輝さん(ゴウ役) ゴウ役に決まった時は、すごく嬉しく、そしてすごく驚きました! 僕のポケモン人生の中で一番最初に大好きになったのがフシギダネです。 アニメで観たフシギダネが 健気で一生懸命で可愛くて大好きで、小学生だった当時「ダネダネ~!」って鳴き声の真似をして ました。 今、ちっちゃいフシギダネ ぬいぐるみ と一緒に暮らしているくらい大好きです。 (笑) アニメが始まった当時僕は小学生で、サトシたちを介して動くポケモンたちに出会えるのを、テレビの前でドキドキしながら観ていたのを覚えています。 アニメを観てもっともっとポケモンが大好きになりましたし、これから始まる新しいシリーズも、観てくれる皆さんがもっとポケモンの事を好きになってくれる物語になると思います! 子どもの頃ポケモンと共に成長してきた大人にも、そして、これから初めてポケモンに触れるという子どもたちにも、「ポケモンってこんなに魅力に溢れた素敵な作品なんだ!」と思ってもらえたら嬉しいです。 サトシと共に、新たにスタートするゴウの歴史を、これから皆さんと一緒に作っていきたいです。 大好きな気持ちを声に乗せて!レッツゴー!!.

次の