汁粉 ぜんざい 違い。 おしることぜんざいの違いは何?地域別、関西と関東で呼び名が違う! | コトバの意味紹介サイト

あんこの缶詰を「ゆであずき」と呼ぶのはどうして?

汁粉 ぜんざい 違い

種類 [ ] 、ともに汁粉と呼ぶ地方では、の違いによって区別される。 田舎汁粉 — つぶし餡を用いたもの。 小倉汁粉とも呼ぶ。 御前汁粉 — を用いたもの。 また、以前より即席汁粉としての展開もみられる。 懐中汁粉 — の皮の中に粉末のとあられを入れた日本古来の。 湯を掛けて溶いて食べる。 お湯を注いで作る個包装の 粉末汁粉や カップ汁粉、缶入りでそのまま飲むことができる おしるこ缶なども販売されている。 おしることぜんざいの違い 関東(すなわち角餅) 関西(すなわち丸餅) 汁気あり つぶあん おしるこ(田舎汁粉または小倉汁粉) ぜんざい こしあん おしるこ(御膳汁粉) おしるこ 汁気なし ぜんざい 亀山または金時 バリエーション [ ] 以外に、、、、、()などを用いて作る場合もある。 小豆ぼうとう - で、の代わりにを入れたもの。 そばがき汁粉 - 周辺地域で、餅の代わりにを入れたもの。 かぼちゃ汁粉 - 米の収穫が困難だったやでは、の代用として・を入れたものがある。 では「冬至南瓜」と呼ばれる同様の料理がある。 とその周辺でよく作られるでは、汁物料理のひとつとしてぜんざい(小倉汁粉)が鉢に盛って出される。 やの代わりに、やが用いられ、場合によっては下煮したやなどのが丸ごと入れられる事もある。 歴史 [ ] の12年()の『』の後段(宴会の後に出される間食で、や、などが含まれる)の欄に、「 すすりだんご」と称される物が載っている。 これはもち米6に対しうるち米4で作った団子を小豆の粉の汁で煮込み、味を付けたものであり、その上から白砂糖をにした一種の汁物である。 当初は甘い物ではなく、塩味で調理されており、として用いられる事もあった。 ・東部でのにおける汁粉も、元来はこうした塩味の料理であったと考えられる。 餡餅やなどとの関連性もあるものと見られる。 現在は甘みを増してや甘味屋・茶店などで供されており、大阪の「夫婦善哉」(白玉団子の善哉(田舎汁粉)が2つの小さな御椀に入れられて供される)、仙台のずんだ汁粉など地域色の出た汁粉が出されている。 特に甘味屋や茶店においては、口直しや甘味を際立たせるものとして、やなど塩味の濃い食品を添えて出す事が多い。 また、長崎のにおいては「梅椀」という名で御前汁粉がデザートとして出される。 梅椀という名前は梅の花の塩漬けを汁粉に浮かべて出したからともいわれる。 砂糖が貴重品だった時代の名残ともいわれるが、古い時代の卓袱料理の献立では汁粉以外の菓子類等が出されており、確証は無い。 塩()を添えることで、で分解されたとナトリウムとのによりグルコースの速やかな体内への吸収を助ける。 「すすりだんご」と称するものは現在でも等に残っており、団子の汁粉を指したり、団子をと煮たのような料理を指す事もある。 は、昭和2年の5月に「しるこ」について 「しるこ」は西洋料理や支那料理と一しよに東京の「しるこ」を第一としてゐる。 と注目している料理である事を書き、またのしるこを啜る事なども書いている。 この事について、の「甘い物の話」でも触れており、久保田万太郎は「まず一気に汁粉を流し込む」と食べ方の付いて書いている。 芥川龍之介は久保田万太郎と共に、汁粉は「食う物か飲むものか」熱心に話をしていた(「味の自由」より)。 小島政二郎の「食いしん坊」でも同様であり、昔から話の話題となる料理であった。 行事 [ ] の代表的な食べ物の一つである。 やにおいてはとして汁粉を食べる風習がある。 またなど四国の一部では雑煮に餡入りの餅が使用される。 においては、を用いて汁粉やぜんざいを作る。 に食されるも同様である。 他の料理 [ ].

次の

鏡開きとはいつ?お汁粉を食べるのはなぜ?ぜんざいと何が違うのか!

汁粉 ぜんざい 違い

小豆を使ったスイーツに「ぜんざい」や「おしるこ」とよばれるものがある。 ぜんざいは、地方によって違いはあるものの、主に小豆を砂糖で甘く煮て、餅や白玉団子、栗の甘露煮などを入れて仕上げる温かいスイーツを指すことが多い。 関東では、餅や白玉団子に汁気のないあんを添えたものを「ぜんざい」とよび、汁気のあるものを「おしるこ」とするようだ。 おしるこの中でも、こしあんを使ったものを「御膳しるこ」、粒あんを使ったものを「小倉しるこ」や「田舎しるこ」とよび分けることもあるという。 一方、関西では、粒あんをつかった汁気のあるものが「ぜんざい」、汁気のあるこしあんを使ったものを「おしるこ」、汁気のない粒あんを餅や白玉団子に添えたものを「亀山」や「金時」とよんで区別することが多い。 ぜんざいには、粒あんや小豆を甘く煮たものなど、小豆の粒が残るものを使うことが一般的だ。 また、九州の一部の地域では、白子団子が入っているものをぜんざい、餅が入っているものをおしることよぶこともあるそうだ。 ぜんざいとおしることの違いは、汁気の有り無しが基本であるが、粒が残っているか否かにおいても区別されているようだ。 ちなみに、「ぜんざい」は仏教用語で「すばらしい」を意味する「善哉」からきているという説がある。 ぜんざいというと、甘く煮た小豆に餅や白玉などが入った温かいスイーツをイメージすることが大半であろうが、沖縄でぜんざいというと全く違ったものになる。 最近では「沖縄風ぜんざい」とよばれることも多い沖縄特有のぜんざいは、砂糖や黒糖で甘く煮た豆と押し麦がトッピングされたかき氷を指すことが一般的なのだ。 店やメニューによっては、白玉団子が添えられていることもある。 甘く煮た豆には、金時豆が使われることが主流だが、もともとは緑豆で作られていたという。 緑豆は、漢方にも用いられるような食材でもあり、食べ過ぎや食欲がない時、涼をよぶための民間療法として使われていたようだ。 それが、戦後米軍物資として出回ったカリフォルニア産の金時豆が、煮崩れせずさっぱりと仕上がり使いやすかったこともあり、次第に緑豆に取って変わっていったとされる。 本来沖縄では、甘く煮た押し麦や緑豆(あるいは金時豆)を入れたお菓子全般を「あまがし」あるいは「ぜんざい」とよんでいたようだが、戦後に冷蔵庫が普及したことでカキ氷にトッピングするようになり、このような形になったのだとか。 「あまがし」は旧暦5月4日の「ユッカヌヒー」に子どもの成長を祈願して作られた菓子が起源とされる。 おいしいぜんざいに欠かせない小豆のゆで方を紹介しよう。 小豆はアクと固い表皮が特徴。 2回渋抜きのためゆでこぼして、3回目は1時間ほどしっかりとゆでて火を通す。 その後砂糖で甘く煮ていくというのが基本的な手順だ。 1.乾燥した小豆を用意し、変色したものを取り除く。 2.鍋に小豆を入れ、たっぷりの水を加えて火にかけ、沸騰したらゆで汁を捨てる。 3.2をもう一度繰り返す。 4.再度小豆の入った鍋に水をたっぷり入れ、火にかけて沸騰させる。 5.今度は湯をすてず、弱火にして40分~1時間程度かけてじっくりと煮ていく。 炊く途中に水分がなくならないように何度か湯を加えて、小豆が水から出ないように調節する。 6.小豆が指でつぶせるような柔らかさになったらざるに上げ、水分を切る。 残りの砂糖と塩少々を加えて5分ほど煮て火を止める。 8.1時間~2時間そのままにして甘みを含ませる。 砂糖は、はじめ少なめに入れてから好みの甘さになるまで足していくと、甘くなりすぎない。 煮汁が煮詰まることも計算に入れて調節しよう。

次の

おしることぜんざいの違いは何?地域別、関西と関東で呼び名が違う! | コトバの意味紹介サイト

汁粉 ぜんざい 違い

ぜんざいとおしるこ。 普段はその違いを気にしていない方が多いかもしれません。 しかし、そこには微妙な差異があるのです! 辞書による定義 ぜんざい 「善哉餅のこと。 関西ではつぶしあんの汁粉。 関東では餅に濃いあんをかけたもの。 」 おしるこ 「小豆あんを汁状にし砂糖を加えて煮たものに焼き餅 (もち) や白玉団子などを入れた食物。 御膳 (ごぜん) 汁粉・田舎汁粉など。 汁粉餅。 」 一言では語れないぜんざいとおしるこの違い 辞書による定義を見ると分かるように、そもそもぜんざい(善哉餅)の定義が日本国内で統一されておらず、関東と関西で地域差があるようです。 そのため、「ぜんざいとおしるこの違いはコレ」と一言で言い切ることはできなさそうですね。 それにしても辞書の定義だけを見てもなかなか違いが分かりにくいと思うので、改めて以下にいくつかの視点から、ぜんざいとおしるこの「違い」に焦点を当てて解説しようと思います。 関西におけるぜんざいとおしるこの違い 関西では、あずきを溶かした汁のことをぜんざいと言い、あずきの汁に焼き餅や白玉団子を入れたものをおしること呼んでいます。 つまり、関西では焼き餅や白玉団子等の具が入っているかどうかが、ぜんざいとおしるこの違いということですね。 関東におけるぜんざいとおしるこの違い 続いて、関東では、餅にあんをかけたものをぜんざいと言い、あずきの汁に焼き餅や白玉団子を入れたものをおしること呼んでいます。 同じものように思えますが、主役が餅なのかあんなのか、という点で異なるようです。 つまり、関東のぜんざいは餅が主役であるため、必ずしも餅があんにどっぷり浸かっている必要はなく、あんが餅の「タレ」のようにかかっているだけでぜんざいと呼べます。 一方で、関東のおしるこはあずきの汁が主役であり、餅はあくまでも具であるため、汁気たっぷりのあずき汁の中に餅が浸かっていなければおしることは呼べないのです。 関西と関東におけるぜんざいの違い 前述の定義に沿うと、関西のぜんざいと関東のぜんざいとでは、餅が入っているかどうかという点と、汁気が多いか少ないかという点において異なります。 餅がなくて汁気が多いのが関西のぜんざいで、餅があって汁気が少ないのが関東のぜんざいということですね。 関西と関東におけるおしるこの違い では、おしるこの地域差についてはどうでしょうか。 定義に沿って考えると関東も関西も違いはないように思えます。 しかし、一説によると関西ではこしあんで作られたものしかおしること呼ばないのに対し、関東ではこしあんで作られていても、つぶあんで作られていてもおしること呼ぶという違いがあるのだとか。 結局ぜんざいとおしるこの違いは何か、地域差があって一言では語れませんでした。 今回は地域差も含めて、4つの視点から両者の違いについて考察してみましたが、果たして本当なのかどうか、関西出身の人と関東出身の人両方に聞いてみると面白そうですね。

次の