ヒデ 死亡。 【東京喰種】カネキがラスボスだった!?最終回でまさかの死!?

XJAPANのメンバーの死の謎!?HIDEとTAIJIの死因は??PATAは無事??

ヒデ 死亡

人物 [ ] 少年時代はから来るコンプレックスのため、内気で大人しい子供であった。 小学生のころ、太っている生徒はにを走らされるという罰があり、その中にhideも入っていた。 この頃、深夜ラジオでロックに出会い、「ロックミュージシャンは痩せてなくては」と、ダイエットしたという。 学習塾や習いごとに忙しく通っていた。 祖父の「松本家から医者を出せ」という命令もあり、卒業文集では「になって見離された患者さんを助けてあげたい」と綴った。 アメリカへの集団でのも経験している。 そこにはのも参加していた。 の横山明裕とは幼馴染であり、互いにプロになって以降も交流があった。 中学時代、友人のキッカケで、ロックに興味を持ちに製を買ってもらいバンドを組むも活動はしておらず、そのまま県内屈指の進学校の高校へと進学した。 高校が「エレキ禁止」であったためにバンドを組めずにいたが、横須賀のに通うようになり、そこで出会った友人らとX加入以前に活動していた唯一のバンド、「」を組んで活動する。 また、「おばあちゃん子」であったhideは美容院を営んでいた祖母からの影響を少なからず受けている。 Xデビュー当初は祖母のを借りてステージ衣装として使用したりしていた。 若作りでお洒落な人物であったために、後のファッションなどの基盤となった。 高校卒業後に、へと進み、卒業して実際に美容院で働いてもいた。 「サーベルタイガー」を解散した時には、全ての音楽活動からは足を洗って美容師として生きていこうと決心し、いくつかのバンドから誘いがあったのをすべて断っていたが、結局はの誘いでXに加入する事になる。 バンドの発掘に力を入れ、ではバンドリサーチ担当としてや、、DEEPを発掘し、また、自身でもレモネードレーベルを立ち上げ、、trees of lifeなどのバンドを発掘した。 テレビやゲームが好きであり好んで視聴したり遊んだりしていた。 またコンピュータに強い興味を示しており、90年代前半には、すでにライブでパソコンを使ったギミックを披露していた。 1995年には自身で製作したホームページを開設している。 テレビ番組の中では特にお笑い番組が好きで、当時人気を誇っていた「」などがお気に入りであり、(特に)のファンでもあった。 また、ソフト『』にはまっていて、デビュー・シングルの『EYES LOVE YOU』のは、そこから得たアイディアを取り入れている。 音楽性と影響 [ ] 中学生の頃、初めて聴いたのに大きな衝撃を受け、に目覚める。 以後は様々なロックを聴き漁るようになり、その中でキッス(特に)、、、、、、()、などに影響を受けた。 のファンではあるが、hideの代名詞となる「」は、同じBOWWOWのが使用していたのが気になった事がきっかけであると語っている。 Xの「PSYCHEDELIC VIOLENCE CRIME OF VISUAL SHOCK」というフレーズを考案した。 これがという言葉を生み出したのはhideと言われる所以になる。 また、hideが音楽界に与えた視覚面や音楽面の影響は多大で、音楽ライターのからヴィジュアル系はhideから始まってhideで終わったとも言われている。 のちに有名になるだが、まだ無名時代からの大ファンだったという。 略歴 [ ] Xに加入しての初仕事は「」の企画で行われた「やしろ食堂」でのライブであった。 1989年4月、Xのギタリストとしてアルバム『』でメジャーデビュー。 Xではギター以外にもバンドのビジュアル全般を担当し、メンバーの髪のセットなども行っていた。 主にYOSHIKIがXの作詞・作曲を行っていたが、HIDEも一部の曲で作詞・作曲を担当。 Xでの活動と並行して1993年1月21日にのとと共に MxAxSxS名義でオムニバスアルバム『』に参加し、同年8月5日に2枚のシングル「」、「」を同時発売しソロデビュー。 9月29日にはZI:KILLのTUSKと、映像作品『Seth et Holth』を発表する。 1994年2月、初のソロアルバム『』を発売。 ジャケットの仮面のオブジェは、映画『』などで知られるによるデザイン。 また、同年3月から4月にかけて初のソロツアーを開催した。 1996年、アマチュアバンドであったZEPPET STOREの楽曲や存在を世間に知らしめたいという動機からレーベル「」(レモネード)を立ち上げる。 5月22日に同名タイトルのアルバムとビデオを発売することでレーベルの存在を公にした。 また、6月よりソロアルバム制作を開始し、9月2日に2ndアルバム『』を発売。 1997年9月、の脱退によりX JAPANは解散を発表し、同年12月31日の「」をもってXは解散。 その翌日の1998年1月1日、 として紙上に全面広告を掲載。 同年1月28日にシングル「」を発売。 1998年5月2日の朝7時30分頃、自宅マンションの寝室にてドアノブに掛けたタオルで首を吊って呼吸停止した状態になっているのが同居していた婚約者によって発見され、病院に搬送されたが午前8時52分に死亡が確認された。 33歳没。 後にファンが後追い自殺をするなどの事態が発生したという。 5月5日に関係者のみ300人を集めが執り行われ、5月6日に、5月7日にが催され、両日はファンの献花を受け付け、連日ファンが大挙して押し寄せた。 告別式にはTOSHI、を含むX JAPANのメンバーをはじめ、親交のあった音楽仲間や業界関係者も参列した。 告別式はテレビで生中継された。 hideの死 [ ] 晩年 死去 [ ] 1998年5月1日、hideはSpread Beaverのメンバーと共に音楽番組「」の収録を行う(その際に披露した曲は「、、、」)。 これが生前最後に収録した番組となった。 その打ち上げ後、日付をまたいで更に飲み、泥酔したhideはマネージャーの弟・裕士が運転する車で自宅マンションまで送られた。 朝7時30分頃、hideは自宅マンション寝室のドアノブに掛けたタオルで首を吊った状態で発見された。 その後、病院に搬送されたが午前8時52分に死亡が確認された。 病院に着いた時は既に心肺停止状態だったという。 当日午後3時頃から、「元X JAPANのギタリストhideが死亡、警視庁は自殺と断定」と速報で報道された。 「」の歌詞や、ラジオ番組「」での発言が意味深長で自殺に関連するのではないかという見方や、はたまた事故ではなく自殺だと断言している人間の存在までもあり、様々な見解がある。 警察は雑誌取材などに「『牽引』にしては首の輪が小さく、むしろ死を意図するものであった。 また、『バンドや音楽活動で悩み酒量が増えていた』と聞いており、突発的に死に踏み切ったのだと思われる」と答えている。 「故意による自殺」か、「不慮の事故」かは不明であり、遺書や「死にたい」と自殺をほのめかす発言がない事や、ドアノブに柔らかいタオルで自殺する方法は珍しい事から、不慮の事故とする説がある。 YOSHIKIは「彼は自殺するような人間ではない」と発言している。 1998年10月24日 hide不在の中行われた hide with Spread Beaver TOUR appear!! "1998 TRIBAL Ja,Zoo" 公演前に行われた記者会見で、マネージャーの裕士は「hideは生前、ひどい肩こりと偏頭痛に悩まされており、整骨医が行う首の牽引によるストレッチをしていた。 いつものように牽引していたが、帰国直後の時差ボケと、泥酔状態であったために起こった事故であり自殺ではない」ことを改めて発表している。 2014年8月22日、「」に出演したToshlが、hideの死について、自分が洗脳されていなければと自責の念を述べた。 1998年9月に出版された「hide 真実のストーリー」にはコンサートで行われる予定であった首吊り自殺の演出の練習を酔っぱらったまま行ってしまい死んでしまったと書き記されている。 葬儀までの5日間 [ ] hideの墓 hideの遺体は5月3日にのに安置された。 夕方、YOSHIKIがから帰国しから築地本願寺に直行。 YOSHIKIは最初これを「悪い冗談じゃないか」とも思っていたが、飛行機の中での正式な報道を見た瞬間に現実であることを受け入れ号泣したという。 翌5月4日、週が明け本格的にワイドショーなどで大々的に取り上げられる。 築地本願寺にファンが集まり始め、その数は5万人規模となる。 夕方にYOSHIKIがの正面に姿を現し、報道陣を前にメッセージを発表した。 5月5日には、関係者のみ300人を集め密葬がとり行われた。 その間もファンは絶え間無く押し寄せ、その数は数千人にもふくれ上がった。 また、疲労と心労が重なったファンが次々と倒れ、救急車で病院に搬送された。 さらに、「hideが自殺」と報道されていたためにファンのが築地本願寺境内をはじめ全国で相次いだ。 そのため、翌日には警視庁の要請でX JAPANのメンバーが記者会見を開き、自殺を思いとどまるように訴えた。 5月6日の、5月7日の告別式の両日はファンの献花を受け付け、連日ファンが大挙して押し寄せた。 中には単なる通行人や野次馬もいたとされるが、通夜、告別式に5万人近くが集まったとされ、沿いに2 - 3kmのファンの列が出来たことも報道されていた。 「ファンは列に並ぶ際、パニックになるようなことも無く、むしろ近隣住民の迷惑にならないようにゴミ拾いまで進んで行う素行の良さであった」と葬儀翌日の・に掲載されている他、本社が築地にあるという場所柄、「銀座の花屋が空になった」「地下鉄の車内は花の香りでむせかえるほどだった」等の記者の証言が数多く残されている。 5月7日の告別式はテレビで生中継された。 告別式には、脱退したTOSHI、TAIJIを含む元X JAPANメンバーをはじめ、親交のあった音楽仲間や業界関係者が列席した。 築地本願寺開山以来初めてのグランドピアノ持ち込みによるYOSHIKIの伴奏で、TOSHIがX JAPANの「」を歌った。 hideの「」が流される中、午後3時40分出棺。 道路に交通規制が掛けられ一般車両を完全に止めた状態であったが、ファンが大挙して道路に広がりを追いかける者まで現れる非常事態となり、築地本願寺周辺がパニック状態になった。 その後、hideはのでに付された。 代々幡斎場周辺も築地本願寺同様ファンが大挙して道路に広がり霊柩車が斎場に到着するシーンも追いかける者まで現れる非常事態となり、これもパニック状態になった。 秀徳院釋慈音(しゅうとくいん しゃくじおん)。 はをもって、の三浦霊園に納骨され、一部はロサンゼルスの海に当時のzilchのメンバーや弟・裕士によってされている。 2013年3月に、何者かの手によってhideの墓石が刃物のような物で傷を付けられるという事態が発覚した。 そのため、で調査を行うこととなった。 十三回忌にあたる2010年5月2日には、築地本願寺でが行われた。 法要には約35000人の関係者やファンが参列した。 死後 [ ] 1998年5月13日にシングル「」、5月27日にシングル「」が生前に予定されていた通りに発売。 7月23日、生前にレイ・マクヴェイとポール・レイヴンと共に結成されたプロジェクト zilchの1stアルバム『』が発売。 10月21日、未発表曲としてシングル「」が発売。 これは生前に録っていた仮歌の音源を使用して、hideと共に最も作業に深く関わっていたによって制作された。 11月21日、アルバム『』が発売。 このアルバムは生前には未完成であったが、Spread Beaverのメンバーや、サーベルタイガー時代からの仲間であるやなどの参加により完成された。 死去から丁度1年後の1999年5月1日、『』が発売。 hideに縁のあるや、hideが時代からファンであったなどが参加。 、故郷であるの海岸沿いにある所有の土地を利用し、記念館「hide MUSEUM」が開館。 衣裳や楽器などhideにゆかりのある品々を展示、併設の「Cafe Le PSYENCE」ではライブも行われた。 オープン式典にはX JAPANファンを公言し、設立にも協力したというのも出席。 横須賀市内を走るでも、hide並びにhide MUSEUMをテーマにしたを3台(所属車2台と所属車1台)製作・運行させている。 に当たる2004年5月2日には「FILM GIG」などのイベントが開催された。 2005年9月25日に記念館は閉館。 当初は3年間の期間限定であったが、結果的に5年に延長された。 閉館後も、展示品などは時期を見て公開する予定であるとされている。 2007年4月1日、に移転しLEMONed shopがオープン。 2007年10月17日、X JAPANが再始動。 新曲「」は、生前のhideの演奏をデジタル加工して使用されており、念願としていた世界デビューへhideも同行する形が取られた。 10月22日のミュージックビデオの撮影にはhideの立ち位置に空席のマイクスタンドとhideモデルのエレキギターが設置され、YOSHIKIがhideの人形を持って登場するなど『hideも一緒である』ということが強調されていた。 2008年3月28日にで開催されたX JAPANの復活ライブでは、特殊映像などを駆使して再現されたhideの立体映像が登場。 2008年5月3日・5月4日、にてhideを追悼する為の十周忌追悼ライブ『』が開催された。 多数のバンドやミュージシャンが出演し、5月3日に出演したhide with Spread Beaverと5月4日に出演したX JAPANでは、ステージに設置された巨大モニターに生前のhideの映像を放映する形で共演。 2013年はソロ活動20周年、2014年は生誕50周年のメモリアルイヤーとなり、hide MUSEUMの8年ぶりの復活など、様々なプロジェクトが進められた。 2014年12月10日、生誕50周年アルバムとして、3rdアルバム『Ja,zoo』に収録される予定であった未発表曲を含むベストアルバムが発売された。 収録内容も、新曲の「子ギャル」に加え、2002年7月にリリースされたベストアルバム『hide SINGLES 〜Junk Story〜』に収録された15曲 16曲目に収録されたコメントは除く を、Junk Storyから順番に歴史を遡るように収録している。 なお、この15曲はボーナス・トラック扱いである。 また、初回限定版には、「子ギャル」のデモ音源も収録され、怪人カードが初回限定版・通常版にも封入された。 これにより、完全に幻の曲は「ZOMBIE'S ROCK」の1曲となった。 この曲はタイトルしか判明しておらず、メロディー・歌詞ともに hideの頭の中にしか存在していないため、音源化は不可能である。 2015年5月24日、生誕50周年記念ドキュメンタリー映画「hide 50th anniversary FILM 〜JUNK STORY〜」が全国の映画館で公開され、また世界各国でも公開された。 2016年1月29日、日本人ロックアーティスト初として、約14万字に及ぶ膨大なヒストリー・未公開を含む、約100枚以上の貴重な写真、母子手帳、成績表、名刺、サイン色紙、イラスト、作品発売のポスター、ライブチケット、スケジュール表、日本レコード大賞 特別賞の賞状、hide MUSEUMオープンのポスター、hide MUSEUMのパンフレットなど、お宝アイテム約50点で構成された、豪華な大型本「hide Perfect Treasures」が発売された。 2016年7月18日、1996年に千葉マリンスタジアムで、翌年には都内5カ所のクラブを、インターネット配信で同時中継した伝説のイベント「hide MIX LEMONeD JELLY」が、で開催された。 2016年10月14日から16日までの3日間に渡って、で開催されたに、X JAPAN及びhide with Spread Beaverのメンバーとして出演。 なお、hide with Spread Beaverは、2008年5月に味の素スタジアムで開催された「hide memorial summit」以来、約8年ぶりの再集結であった。 2016年10月15日、伝説の2nd ソロツアー最終公演を3D映画化した「hide solo tour 1996 -PSYENCE A GO GO-」が全国で公開された。 2017年3月3日、X JAPANのドキュメンタリー映画が、全国で公開された。 2017年8月5日、「hide MIX LEMONeD JELLY」が、新木場STUDIO COASTCOASTで開催された。 2018年4月28日・29日、『hide 20th memorial SUPER LIVE「SPIRITS」』がお台場野外特設ステージで開催された。 hideと交友関係のあるアーティストが多数出演。 hide with Spread BeaverのメンバーはVISUAL JAPAN SUMMIT以来約一年半ぶりに集結。 2018年5月26日ドキュメンタリー映画「HURRY GO ROUND」が全国で公開された。 2019年5月2日CLUB CITTA'KAWASAKIにて『hide Memorial Day 2109~春に会いましょう~』献花式が開催された。 2019年12月8日CLUB CITTA'KAWASAKIにてhide Birthday Partyが開催される。 活動 [ ] INAとの関係 [ ] 、であり、hide with Spread Beaverのメンバーでもあるは、元々Xのレコーディングスタッフとして参加していたスタッフであった。 1993年よりソロ活動を開始するにあたり、作品の制作に全面的に参加。 デモテープ制作の段階で既に質の高さを追求していたとされ、質の高いデモテープを作ることによってレコーディングに携わる人間に対して曲の意図をより明確に伝える目的があったとされる。 なお、アルバム『PSYENCE』の収録曲「LASSIE」は敢えてデモテープの音源をそのまま収録。 いわゆる「裏方」であったINAをツアーメンバーとして無理矢理表舞台へ引っ張り出したとされ、後のhide with Spread Beaverのメンバーとしての活動までに至った。 LEMONed [ ] 1996年、の音楽に影響された事をきっかけにレコードレーベル LEMONed(レモネード)を設立。 英俗語である「LEMON(不良品)」に過去形の「ed」を付けて、「不良品だった」という意味を込めた命名である。 また同時に、大量生産されるこの時代で僅かな確率で生産された「不良品」が、似た者同士のアーティストの中で異彩を放ち、「僕たちもかつては不良品だった」と笑えるようにとhide自身語っている。 音楽以外には、ファッションやグッズの販売店や美容院、ののスポンサーにもなった。 毎年夏には「MIX LEMONed JELLY」を開催。 zilch [ ] zilch(ヂルチ)は、レイ・マクヴェイ Ray McVeigh (元プロフェッショナルズ、のサポートなど)、ポール・レイヴン Paul Raven (元、元PRONG、)というメンバーと共に結成したバンド(ユニット)である。 当初のメンバーはhideを含めた三人とされているが、様々なミュージシャンを加えるなど、敢えてメンバーの固定化をしない柔軟な体制でもあった。 、、、、、といった、それまでの ロックを消化した新しい形の非常に前衛的なロックを目指していた。 完成されたアルバム『』は、「」と「」という垣根を超えた、非アメリカ人によるアメリカへ向けての挑戦状であった。 「hide」に求められる音楽と、hide自身がやりたいと望む音楽とのギャップを取り除き、hideがやりたい音楽を、純粋に良いと思う音楽を作るという目的もあった。 hideがいなくなった後にリリースされた『3・2・1』のブックレットには、hideへ向けたマクヴェイとレイヴンのメッセージが寄せられた。 アルバムリリース後にツアーなども構想されており、真夏のである「」の前身フェス「beautiful monsters tour」ではとの共演も予定されていた。 マリリン・マンソンからは「でいいからやらせてくれ」「その代わり、アメリカを周る時は一緒にやろう」とを申し込まれたりもしていたとされる。 残されたメンバーや様々なミュージシャンによって活動は継続されていたが、2007年10月にポール・レイヴンが死去したため、今後zilch名義での楽曲製作が行われるかは不透明である。 逸話 [ ] この節には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 がまったく示されていないか不十分です。 内容に関するが必要です。 ( 2015年9月)• されています。 ( 2015年9月)• 難病であるを患ったファンである少女、貴志真由子の「hideに会いたい」という願いを、支援団体のを通じて受けたhideは12月31日、Xの東京ドームライブで少女と会い、ライブの打ち上げにも招待して少女を友達だと紹介し、少女から不自由な手で2か月かけて編んだマフラーをhideにプレゼントされた(このマフラーはhideの死後、形見として少女の手に戻った)。 その後も手紙を送ったり、お見舞いに訪れたりという交流を持ち、少女を励ますことになった。 少女への手紙には「昔のこととか初めてのドームのこととか忘れていた色々な絵が見えてきて、かなり感動したんだ。 おかげで、思い出さなきゃいけなかったいくつかのことが頭にやきついた」と感謝の言葉を残している。 1996年3月28日に少女は治療のために手術を受けたが、手術後の1996年4月1日にのため心臓に水が溜まり危篤状態となり、彼女の母親から「hideさんの声だけでも良いから聞かせたい」と電話を受けた時にはその日の予定を全てキャンセルし、病院へ駆けつけて数時間の間励まし続けた。 結果、その晩に危篤状態を抜け出し徐々に病状は良くなって数ヵ月後には退院することもできた。 その後にhideは「できることをするだけ」とあくまで個人的にに登録をしたが、その際に所属事務所が独断で急遽記者会見をセッティングしてしまい、パーソナルマネージャーを務める弟・裕士は、そのことを一切知らなかったと後に出版した追憶本「兄弟」の中で明かしている。 記者会見自体は行われたが、会見終了後にhideは「これじゃあ売名行為じゃねえか!! もしそんな風にマスコミに書かれてその娘が傷ついたらどうすんだ!! 」と言って彼を殴り飛ばした(hide自身ももちろんそのことは知らなかった)。 慈善活動をひけらかすような行動を嫌ってのことであったが、結果的にはこの報道が骨髄バンクの認知度向上に大きく貢献することとなり、以後もボランティア活動を続けていた。 貴志真由子は、hideが他界した11年後の2009年9月30日に、和歌山市内の病院で、肺出血による呼吸困難により28歳で他界した。 両親は現在和歌山市内で「レモネードカフェ」(hideが立ち上げたレーベル名にちなんで名づけられた)を営んでおり、2Fに設けられたライブスペースにはゆかりのミュージシャン等が度々訪れライブが行われている。 ファン想いであることが有名で、大物になるほど回避しがちなTV出演について「地方でライヴに来られないファンの為にも出る」と積極的であったり、「チケット代も安くないのに、更に高いお金を遣わせるのはいけない」と、ソロ活動についての関連グッズは全て5,000円以下であったという。 hideが初めて手にしたギターはのの(ナチュラルカラーのレスポールデラックスモデル)であった。 祖母に無理だと思って頼んでおいたら、内に出入りが出来たのでフリーマーケットで買ってきてくれたという。 当時は現在以上に高級品でロック好きには憧れの的であったために、隣の学校や、「友達の友達」という人までが自宅にギターを見に来るという状況になった。 だがそのギターは、PATA曰く「金がなかった頃に売っちゃたのかもしれない」とのこと。 そのため、記念すべきhideの最初のギターの行方は誰にもわからない。 hideの勤めていた美容院(が経営)の常連にヤクザの娘がいて、その常連が行方不明になったとき、その常連の日記の最後に「松本秀人 サーベルタイガー」と書いてあったため、その関連性を疑われ、車に乗せられる。 まで連れて行かれ、自白するよう強要されたが、hideは「分からない。 」と主張し続け、なんとか解放してもらう。 サーベルタイガー時代、当時後にXで一緒になるTAIJI率いるの・TETSUを迎えようと電話したところ、TETSUは留守で母親が出てきて、伝言を頼んだ。 しかし、本名を名乗っていたため、TETSUには「松本さんという方から、一緒にバンドをやりませんか?」としか伝わらず、無視することに。 しかし、サーベルタイガーに加入するといううわさがデッド・ワイヤーに広まってしまい、TETSUとが大喧嘩。 結果、引っ込みのつかなくなったTETSUがサーベルタイガーに加入したが、これが元で一時hideとTAIJIの仲は気まずいものになった。 また、kyoをサーベルタイガーのメンバーに加えようとしたとき、待ち合わせ場所にkyoがライブ並の格好で現れ、hide曰く「のごとく」人が避ける様を見て「他人の振りして逃げようかと思った」と言っている。 ただ、kyoも「お前も人のこと言えなかったろうが」と返している。 サーベルタイガー解散の理由は、が私用でライブをすっぽかし、裏でがギターを弾いてごまかすという事件があり、これに疑問を持ったTETSUが脱退を表明、それを聞いたhide・kyo・TOKIも「今のメンバー以外にはありえない」として解散を決意した。 hideがサーベルタイガーを解散させ、ミュージシャンを辞める決意をしたとき、親交のあったミュージシャンにそのことを電話で話した。 しかし、サーベルタイガー時代からhideの活躍ぶりは有名で、中にはバンドへの誘いもあったが全て断ってきた。 最後にYOSHIKIに電話を掛けて辞めることを伝えた。 「俺、美容師の免許を持ってるだろ。 実家のある横須賀に帰って美容師になることにしたよ。 もう、ギターは捨てる」と伝えたところ、「Xでもう一度やってみない?」とYOSHIKIから誘われる。 それまで全てのバンドからの誘いを断ったにも関わらず、YOSHIKIからのこのオファーには「ちょっと考えさせて」と返答を保留した。 後日、YOSHIKIからXのリハーサルがあることを聞いたhideは、池袋のスタジオでXの演奏をじっと見つめていた。 リハーサル後、池袋の居酒屋でhideはXに入ることをYOSHIKIに伝えた。 YOSHIKIをはじめXのメンバーたちは感情を爆発させ興奮のあまり奇声を発した。 かねてよりやに高い関心を持っており、出演した深夜番組にてその将来性を力説していた。 黎明期の1995年にはすでに自身のホームページと専用メールボックスを開設している。 X加入当時、Xが得意としていたテンポが速い激しい曲を弾いた経験が無く、全く弾けず、死に物狂いで練習したと言う。 『』のレコーディング中にを患い、腕の痛みに耐え切れず、本来自身が弾くはずだったパートを一部PATAに代わりに弾いてもらった。 この頃は連日お昼頃にスタジオに入り、明け方に帰宅するという生活サイクルで練習のしすぎが祟ったようで、PATA曰く「たぶん腱鞘炎になってた事は、他のメンバーは知らないと思う」との事。 作品 [ ] シングル [ ] 発売日 タイトル 規格 規格品番 売上枚数 収録アルバム 1st 1993年8月5日 MVDD-7 3 24. 7万枚 2007年12月12日 UPCH-5516 2nd 1993年8月5日 8cmCD MVDD-8 6 19. 5万枚 2007年12月12日 マキシシングル UPCH-5517 3rd 1994年1月21日 8cmCD MVDD-14 6 25. 9万枚 2007年12月12日 マキシシングル UPCH-5518 4th 1994年3月24日 8cmCD MVDD-15 4 22. 8万枚 2007年12月12日 マキシシングル UPCH-5519 5th 1996年6月24日 8cmCD MVDD-38 3 21. 3万枚 2007年5月2日 マキシシングル UPCH-5461 6th 1996年8月12日 8cmCD MVDD-42 4 20. 3万枚 2007年5月2日 マキシシングル UPCH-5462 7th 1996年12月18日 マキシシングル MVCD-13002 8 12. 2万枚 8th 1998年1月28日 8cmCD MVDH-9002 4 69. 0万枚 2007年5月2日 マキシシングル UPCH-5463 9th 1998年5月13日 8cmCD MVDH-30001 1 103. 4万枚 2006年11月22日 マキシシングル UPCH-5439 10th 1998年5月27日 8cmCD MVDH-30002 1 84. 2万枚 2007年5月2日 マキシシングル UPCH-5464 11th 1998年10月21日 8cmCD MVDH-30003 2 60. 7万枚 2007年5月2日 マキシシングル UPCH-5465 12th 2000年1月19日 マキシシングル MVCH-9035 2 29. 1万枚 13th 2002年7月10日 マキシシングル UUCH-5065 4 9. 6万枚 スタジオアルバム [ ] 発売日 タイトル 規格品番 1st 1994年2月23日 MVCZ-1001(初回限定盤) MVCD-11(通常盤) 2008年12月3日 UPCH-1640(再発盤) 2nd 1996年9月2日 MVCD-39 2008年12月3日 UPCH-1641(SHM-CD再発盤) 3rd 1998年11月21日 MVCH-29019 2008年12月3日 UPCH-1642(SHM-CD再発盤) ベストアルバム [ ] 発売日 タイトル 規格品番 備考 ベストアルバム 2000年3月2日 MVCH-29044 hideが作った3枚のアルバムの中から選曲したベスト。 対応 シングルス 2002年7月24日 UPCH-9036(初回盤) hideがリリースした全てのシングルに加え、未発表曲「Junk Story」を加えたシングルコレクション。 対応 UPCH-1162(通常盤) ベストアルバム 2004年4月28日 UPCH-1351 hideの7回忌を記念し、hideが生前にコンセプトとしていた「PSYBORG ROCK」を中心に収録されたベストアルバム。 対応 コンプリートボックス 2005年9月21日 UPCH-9180 入り完全受注生産商品。 hide歴代のシングル13枚を、2005年9月25日で閉館したhide MUSEUMDVDを一箱におさめた。 hideの楽曲配信第一弾として製作されたセレクション。 全てのシングルA面と死後に発表された「In Motion」「Junk Story」の2曲、「DOUBT(MIXED LEMONed JELLY MIX)」「FLAME(PSYENCE FACTION version)」の2曲のリミックス、入手困難な状態が続いていたX時代の「MISCAST」を追加した全20曲。 現在は本作は配信されておらず、公式サイトのディスコグラフィからも存在自体が消されている。 EYES LOVE YOU• DICE• TELL ME• MISERY• Hi-Ho• GOOD BYE• ROCKET DIVE• ピンク スパイダー• ever free• HURRY GO ROUND• TELL ME [hide with Spread Beaver]• In Motion• Junk Story• MISCAST• DAMAGE• Squeeze IT!! DOUBT(MIXED LEMONed JELLY MIX)• FLAME(PSYENCE FACTION version) リクエストベスト 2009年4月29日 UPCH-9473(Tシャツ付初回限定盤) 公式ホームページの投票で選ばれたリクエストベスト。 UPCH-9474(通常盤) UPCH-1709(通常価格盤) コンプリートベスト 2010年4月28日 I LOVE hide -Complete Audio Collection- UPEH-9001 これまでに発売されたシングル13枚、オリジナルアルバム3枚、ライブアルバム2枚、『hide SINGLES 〜Junk Story〜』に収録されている「Junk Story」「COMMENT Aug 10th,1995 」の計120曲をに収録したアルバム。 歌詞、ジャケット写真などアートワークを収録した「デジタルブックレット」も収録されている。 DISC1• DAMAGE• A STORY• ピンク スパイダー• DOUBT'97 MIXED LEMONed JELLY MIX Ver. GOOD BYE• TELL ME hide with Spread Beaver• DICE• Hi-Ho• PSYENCE• HONEY BLADE• ピンク スパイダー Live at YOKOHAMA on Nov. 18, 1998• Junk Story• BLUE SKY COMPLEX• POSE• EYES LOVE YOU• MISERY• FLAME• ROCKET DIVE• HURRY GO ROUND• ever free 生誕50周年記念アルバム 2014年12月10日 UPCH-9962(DVD付初回限定盤) ボーカロイドにより完成した未発表曲「子 ギャル」が収録されたアルバム。 UPCH-2004(通常盤) リミックスアルバム [ ] 発売日 タイトル 規格品番 備考 1997年6月21日 tune-up hide remixes MVCH-29002 hideの楽曲を7組のチームがリミックスしたもの。 LEMONed I Scream [Jazzy Soul MIX]by D. Construction• ERASE [Valk MIX]by D. Construction• FLAME [Reggae Ground Beat MIX]by D. Construction• LEMONed I Scream [Groove That Soul MIX]by DJ TURBO From GTS• LASSIE [Jazz Trance Spiritual Ecstasyboys MIX]by AMAMIYA Bros. LEMONed I Scream [Smooth Club MIX]by TEMPLE OF SOUL• POSE [Caravan Jungle MIX]by TEMPLE OF SOUL• POSE [Techno MIX]by FUMIYA TANAKA• POSE [The Rubber Hose MIX]by T・H・E・M 2002年5月22日 Psy-clone 〜hide electronic remixes〜 UUCH-1052 hideの楽曲をや、、などにリミックス。 DOUBT[EAT STATIC REMIX]• POSE[GMS REMIX]• FROZEN BUG '93[ANTIDOTE REMIX]• FROZEN BUG '93[GMS REMIX]• PINK SPIDER[SAIKO-POD REMIX]• BREEDING[ELECTRIC TEASE REMIX]• POSE[EAT STATIC REMIX]• PINK SPIDER[SYNTHETIC REMIX] ライブアルバム [ ] 発売日 タイトル 規格品番 備考 2008年3月19日 PSYENCE A GO GO UPCH-1597 セカンドツアー『PSYENCE A GO GO』より、代々木第一体育館での公演を収録した3枚組ライブアルバム。 全曲リマスタリング。 DISC1• PSYENCE(SE)• POSE• BACTERIA• DAMAGE• 限界破裂• Cafe Le Psyence• FLAME DISC2• Hi-Ho〜Drum Solo〜NATURAL BORN ONANIST D. Solo 〜Hi-Ho• LEMONed I Scream• LASSIE• KIMI WA KAWATTCHIMATTA CHIROLYN Solo• MISERY• TELL ME• OEDO COWBOYS DISC3• ERASE• DOUBT• OBLAAT• DRINK OR DIE• DICE• GOOD BYE• GOOD BYE SE 2008年4月23日 HIDE OUR PSYCHOMMUNITY UPCH-1594 ファーストツアー『HIDE OUR PSYCHOMMUNITY 〜hideの部屋へようこそ〜』より、横浜アリーナでの公演を完全収録した2枚組ライブアルバム。 全曲リマスタリング。 完全収録と謳われているが、アンコールで披露されたのカバー「」は、著作権の都合により収録されていない。 DISC1• OPENING SE• DOUBT• SCANNER• OBLAAT• NEW ROSE〜CHIROLYN's Room• 21世紀の精神異常者〜BLUE SKY COMPLEX〜21世紀の精神異常者• RAN's Room• DIGGER's JOB〜FROZEN BUG '93• HONEY BLADE〜JOE's Room• 's Room〜EYES LOVE YOU DEATH HOLLYWOOD Version• EYES LOVE YOU• DRINK OR DIE• TELL ME• HONEY BLADE unplugged• CELEBRATION• DICE• PSYCHOMMUNITY EXIT• A STORY SE コンピレーションアルバム [ ] 発売日 タイトル 規格品番 備考 1996年5月22日 compilation cd LEMONed MVCD-15003• DREAM OF THE LAST GIRL(Oversoul7)• GOLDDIGGER(Oversoul7)• STRANGLOVE ADDICTION(Oversoul7)• PEOPLE LIKE US(James Thomas)• STAR(James Thomas)• SOMEBODY SCREAM(Warriors Of Love)• HOURGLASS(BE)• HERE COMES THE PART(BE)• CALL ME(THE 69 EYES)• INGRID(Candy Darling) 2002年5月16日 Cafe Le PSYENCE-hide LEMONed Compilation- TOCT-24809 hideのヴォーカルによるXの「MISCAST」を収録。 hideが生前録音していたデモ音源を元に作られた。 8811 Burtonway• GETAWAY? SEARCH ME(ZEPPET STORE)• GOOD-BYE()• SURF RIDER()• 戯言(由紀人)• evening rose()• ELECTRIC CUCUMBER()• ロウソクの炎と青い空(ZEPPET STORE)• Hello, Good bye(shame)• INTO YOURSELF[rebuild version](TRANSTIC NERVE)• 21st Century Boy(shame)• MISCAST(hide)• DEARLY(ZEPPET STORE)• PSYENCE FACTION zilch [ ] 発売日 タイトル 規格品番 備考 1998年7月23日 CTCR-17044 アルバム自体は1996年当時にレコーディングされ既に完成していたが、契約上発売までにかなりの歳月を要した。 1999年3月3日 BasTardEYES CTCR-17050(限定盤) zilchやhideと交流のあったアーティストらがリミックスしたzilchのアルバム。 CDのほか、初回限定には、ビデオが付いていた。 CD(全タイプ共通)• ELECTRIC 兄弟仁義 CUCUMBER()• FUCTFUCTRACK 6(charlie clouser. perverthound(PITCHSHIFTER)• IMPOSE(praga kahn)• SCRATCH YOUR NUMBER(d. swamp)• REPSYCHLE(podboy a. a Tweaker)• shabba d)• SUPERSCHAFTRACK(schaft)• SLEASY JESUS(D. MIMIZUZEROES AND ROCK KINGPINS• DOUBTFOOL• DEDICATED TO THE TRUE PLAYA• MAKE THE MOTHERFUCKERS WAKE UP• HIDE AND SEEK• TEKMOTOPSYSHOSISTER-VIRUSMAKER7• ABSOLUTE ZEROES• LETTER TO A FRIEND トリビュート・アルバム [ ] 発売日 タイトル 規格品番 備考 1999年5月1日 PCCM-00002 後にDope HEADzとなるI. A、HEATH、PATAによるXの「CELEBRATION」のカヴァーを収録。 hideが生前にレコーディングしてI. Aがに保存していたヴォーカル音源が使用されている。 現時点でhideバージョンの「CELEBRATION」はこのアルバムのみに収録。 2013年7月3日 hide TRIBUTE II -Visual SPIRITS- TKCA-73924 世代を超えたヴィジュアル系アーティストによるもの。 UNDER CODE PRODUCTION LAST COLLABORATION「D・N・A」 『Junk Story』• GOTCHAROCKA 『OBLAAT』• THE KIDDIE 『DAMAGE』• Sadie 『ピンク スパイダー』• CELL 『HURRY GO ROUND』• DaizyStripper 『MISERY』• defspiral 『ever free』• heidi. 『TELL ME』• 柩 from NIGHTMARE 『D. [DRINK OR DIE]』• machine 『DOUBT』• 摩天楼オペラ 『DICE』• R指定 『ROCKET DIVE』• アヲイ 『BACTERIA』• A 『EYES LOVE YOU』• 己龍 『ピンク スパイダー』• グリーヴァ 『限界破裂』• SCREW 『DICE』• ダウト 『DOUBT』• DEZERT 『D. [DRINK OR DIE]』• HERO 『HURRY GO ROUND』• FEST VAINQUEUR 『In Motion』• BORN 『ever free』 2013年8月28日 hide TRIBUTE IV -Classical SPIRITS- TKCA-73941 Classicalをテーマにピアノ、アコースティック、電子楽器などによるインスト・トリビュート。 ROCKET DIVE [チェロ三重奏ver. エリヤ• In Motion [現代音楽 ver. JUNK STORY [ホーミー ver. DICE [チル・ラウンジ ver. ever free [トリック・ギター ver. TELL ME [クラシカル・ヴァイオリン ver. MISERY [クラシック・ピアノ ver. EYES LOVE YOU [ジャズ・ピアノ ver. HURRY GO ROUND [マリンバ ver. GOOD-BYE [テルミン ver. Hi-Ho [電子鍵盤 ver. ピンク スパイダー [SPIRITS ver. CUTT「POSE」• 氣志團「ROCKET DIVE」• 筋肉少女帯「DICE」• GLAY「MISERY」Remixed by INA• J「FLAME」• ZEPPET STORE「GOOD BYE」• [DRINK OR DIE]」• D'ERLANGER「限界破裂」• THE NOVEMBERS 「DOUBT」• 森雪之丞 with 今井寿(BUCK-TICK)「EYES LOVE YOU」• THE PINK SPIDERS(Shame、PATA、CHIROLYN、JOE、I. A)「ピンク スパイダー」 2018年6月6日 hide TRIBUTE IMPULSE UPCH-2162 没後20周年のトリビュート。 hideの未発表ボーカル音源「HURRY GO ROUND hide vocal Take2 」を収録。 「ROCKET DIVE」• 「ピンク スパイダー」• DRINK OR DIE 」• 「GOOD BYE」• 「ever free」• 「ELECTRIC CUCUMBER」• 「EYES LOVE YOU」• SEXFRiEND0 ()、UK 「Bacteria」• 「TELL ME」• hide 「HURRY GO ROUND hide vocal Take2 」 VHS [ ]• Seth et Holth (1993年9月29日)• A Souvenir (1994年3月24日)• FILM THE PSYCHOMMUNITY REEL. 1 (1994年10月21日)• FILM THE PSYCHOMMUNITY REEL. 2 (1994年11月23日)• X'mas Present! (1994年12月24日)• UGLY PINK MACHINE file 1 official data file [PSYENCE A GO GO in Tokyo] (1997年2月26日)• UGLY PINK MACHINE file 2 un official data file [PSYENCE A GO GO 1995] (1997年3月26日)• seven clips (1997年6月21日)• hide presents MIX LEMONed JELLY (1997年8月21日)• マル秘X'masプレゼント'97 (1997年12月24日)• hIS iNVINCIBLE dELUGE eVIDENCE (1998年7月17日)• hide A STORY 1998 hide Last Works〜121日の軌跡〜 (1999年12月8日)• ALIVEST perfect stage (2000年12月13日)• seventeen clips〜perfect clips〜 (2001年5月3日) DVD [ ]• hide A STORY 1998 hide Last Works〜121日の軌跡〜 (1999年12月8日)• hIS iNVINCIBLE dELUGE eVIDENCE (2000年7月20日)• UGLY PINK MACHINE file 1 official data file [PSYENCE A GO GO in Tokyo] (2000年10月18日)• UGLY PINK MACHINE file 2 unofficial data file [PSYENCE A GO GO 1996] (2000年10月18日)• seven clips HURRY GO ROUND (2000年10月18日)• ALIVEST perfect stage (2000年12月13日)• A Souvenir TELL ME (2001年4月4日)• FILM THE PSYCOMMUNITY REEL. 1 (2001年4月4日)• FILM THE PSYCOMMUNITY REEL. 2 (2001年4月4日)• seventeen clips〜perfect clips〜 (2001年5月3日)• hide presents MIX LEMONed JELLY 1997. 26ALL NITE CLUB EVENT (2003年7月20日)• hide with Spread Beaver appear!! "1998 TRIBAL Ja,Zoo" (2005年9月21日)• ALIVE! (2008年12月3日)• We Love hide〜The Clips〜 (2009年12月2日)• hide 50th anniversary FILM「JUNK STORY」 2015年12月11日 その他 [ ] 激突 (1988年) の1stアルバム。 hideはコーラスで参加。 (1990年) L・O・Xのアルバムで、hideはJACK POT HIDE名義でコーラスで参加。 Overdoing (1992年) の2ndアルバム。 (1992年) TOSHIの1stシングルで、1曲目の「made in HEAVEN」にギターで参加。 (1993年1月21日) LUNA SEAのJとINORANとMxAxSxSを結成し一曲目の「FROZEN BUG」に参加。 FLOWERS (1994年9月21日) ヴィジュアル系の先駆者的存在であるの(YOSHIKIに招かれ、エクスタシーサミットにも出演したことがある)の邦楽カヴァーアルバム。 hideは二曲目の「」にギターで参加。 プログラミングにはI. 9曲目「HEAVY METAL THUNDER」にて参加。 プログラムとミキシングエンジニアでI. Aも参加。 少年ナイフUltra Mix(リミックスアルバム)(1997年10月22日) 世界的に有名な日本のでhideとも親交があったのリミックスをhideが担当(5曲目の「タワー・オブ・ザ・サン」)。 プログラムとミキシングエンジニアでI. Aも参加。 FRAGILE (1998年) D. の2ndアルバムで、2曲目の「FRAGILE」にギターで参加。 hide FIRST SOLO TOUR '94 『HIDE OUR PSYCHOMMUNITY 〜hideの部屋へようこそ〜』• hide VOCAL, GUITAR• GUITAR• GUITAR X JAPAN• BASS DEBONAIR• DRUMS• KEYBORD• hide solo tour 1996 『PSYENCE A GO GO』• PATA GUITAR X JAPAN• GUITAR• CHIROLYN BASS DEBONAIR• JOE DRUMS ZIGGY• KEYBORD• hide with Spread Beaver appear!! 『1998 TRIBAL Ja,Zoo』• KIYOSHI GTR MEDIA YOUTH• CHIROLYN B DEBONAIR• JOE Dr ZIGGY• Key• GTR• 様々な構造、材、カラーリングの物が存在するが、ここでは歴代のメインギター等、代表的なもののみを紹介する。 本人使用モデルはアクリルボディ等一部の例外を除き全てスルーネック構造。 ちなみにhideの使用するギターのレプリカモデル(値段にして8万円から45万円のもの)がフェルナンデス社から発売(一部を除き生産終了)されている。 アーティストモデルとしては彼の生前、死後を問わず過去に例がないほどの驚異的な売れ行きを見せ、ここからもhideというギタリストの人気の高さと影響力を窺い知る事が出来る。 FERNANDES FMG-175 アーミーパンサー [ ]• のの店で購入した最初のモッキンバードモデル。 購入の動機は、当時10代だったhideがのがモッキンバードを使用していたのを知り、更にがモッキンバードを持っているポスターを見てこの独特なシェイプのギターに興味を持った事から。 御茶ノ水の楽器店をいくつも回り「あっちの店はもっと安かったよ」と値切り交渉をして購入。 サーベルタイガー~X加入後の88年中頃までメインギターとして使用された。 Xの1stアルバム のレコーディングでもメインギターとして使用された。 ピックアップはフロント・リア共にディマジオのデュアルサウンドが搭載されていたが、リアのみ81(9V電池が必要なアクティブピックアップ)に換装、更に2つ直列で搭載されていたブースタースイッチもスイッチだけを残し、中の配線は取り外して使用。 ペグもつるしのグローバーインペリアルからシャーラー製へと交換されている。 ブリッジは後のMG-Xで定番のチューン・O・マチック仕様ではなくB. Richと同じバダスブリッジが搭載されており、更に低音弦側のみ裏通しが出来るようにボディに貫通穴が開けられている。 ボディカラーはナチュラルで、購入後にテープや雑誌の切り抜き、フライヤーやステッカー、布を貼ったり、目まぐるしくそのルックスが変化して行ったが、最終的には迷彩柄とヒョウ柄の布を貼り付けたルックスになり、これがアーミーパンサーの名前の由来となった。 上記の通り、ギターにペイントをする以前から使用する楽器のビジュアルにも拘って試行錯誤をしていたが、楽器としてのメンテナンスや手入れは当時それほど入念には行っていなかったようで、 Vanishing Visionのレコーディング時にフレットが音痴になってる。 いくらチューニングしても音程が合わないという事態に陥り苦労したと言う。 既にこの時点でサスティナー登場の94年まで続く、リアにEMGのアクティブピックアップ、フロントにディマジオのパッシブピックアップを搭載するという組み合わせが完成している点はギタリストHIDEを語る上で特筆すべき点であると言える。 Rich モッキンバ-ド"アメーバ"• 89年初頭頃から90年後半頃までのメジャーデビュー期に使用していたギターで、ペイント登場以前のメインギター。 当時のローディーから借りた物をペイズリー柄にペイントしてしまい、後にローディーから買い取った物。 ヘッド部のメーカーロゴが書いてる部分にツタンカーメンのプレートを貼り付けてメーカー名が隠される等、メーカー不明の謎の多いギターであった。 当時の雑誌に掲載された際は便宜上「FERNANDES製MG-X」と表記されていたが、HIDE本人曰く「実は唯一持ってる製」との事。 ブランドのB. Richコピーシリーズとのギターはヘッド形状が酷似しているが、ヘッドの左右非対称の頂点がB. Richの方がセンター寄りになっており、判別が付く。 オリジナルはナチュラルフィニッシュ。 ボディトップとサイドのみ黒く塗装し、その上からペイントされ、更にステージ映えするように蛍光塗料も使われている。 ボディ裏にはトレモロとそのスプリング用のキャビティを埋めた跡があり、元々はトレモロ 恐らくのロック式 が搭載されていた物をチューン・O・マチックブリッジに改造し、更に低音弦3本のみ裏通しできるようにボディに穴が開けられている。 ナット上部にはロック式トレモロを搭載していた名残なのか、それとも弦のテンションを稼ぐために意図的に取り付けたのかは不明であるが、通常ロック式トレモロ搭載のギター以外には取り付けされないテンションバーが取り付けられている。 ピックアップはフロントにディマジオのデュアルサウンド 現スーパーディストーションの4芯モデル 、リアにEMG81を搭載、コントロール部も当初はボリュームやトーン、セレクター以外にもブースタースイッチ等、所詮B. Rich仕様の多機能で沢山のスイッチが搭載されていたが、これらの回路とスイッチは89年中に全て取り外され、後のペイントと同様の1ボリューム、ピックアップセレクター、ダイレクトスイッチのHIDE定番の3点コントロールに改造された。 ダイレクトスイッチをONにすると手元のボリュームノブのメモリの位置に関係なくそれらの回路をカットし、アンプ直結でボリューム10で音が出るという回路である。 このスイッチは以降全てのHIDEモデルに搭載されるようになった。 使用されてきたギターの中で、1番大掛かりな改造や手直しが加えられたギターである。 個性的なペイントの他、歴代メインギターの中で唯一指板のインレイが雲型ではなく菱形のダイヤモンドインレイと呼ばれる形状であった。 使用期間は2年足らずであったが、当時のXは全曲半音下げチューニングで、レコーディングもライヴもトラブルが起きない限りはこのアメーバ1本で通す事も多く、更にライヴ中にギターを振り回したり、ストラップを片方外して犬のリード代わりに掴みステージ上でギターを引きずり回すなどのパフォーマンスも行うなどかなり酷使していた為、ギター本体がボロボロになってしまい、ペイントへとメインギターの座を引き継ぐ事となった。 音はHIDE曰く「鉄板に弦を張ってるみたい」と言う程、中音域が出ない固く冷たいドンシャリ傾向の音で、このギターの音の反動で次期メインのペイントに中音域が強く出るモンキーポッド材を採用する事となった。 FERNANDES MG-X "ペイント"• 黒ボディを元にhide自身がでサイケペイントを描いたもの。 メジャーデビュー初期に使用していた為、HIDEモデルと言えばこのギターを思い浮かべる人が未だに多い。 ピックアップはフロントにデュアルサウンド 現スーパーディストーション 、リアに81のピックアップを搭載している。 これにはボディ材にが使用され(ネックは)粘りのある中音域をhide自身が気に入っていたようだ。 4-6弦のブリッジ箇所には弦のテンション感確保の為の裏通穴が開けられている。 本人が使用していた物はボディ裏にも白色でペイントが描かれていたが殆ど消えてしまっている。 コントロールは改造後のアメーバと同様のボリューム、ピックアップセレクター、ダイレクトスイッチ。 この頃からレコーディングでMG-Xを使用する際のボリューム操作は「音ヌケが全然違う」という理由で、ボリュームノブは使用せず、ダイレクトスイッチONでフルボリュームで録音するようになった。 以前のメインのアメーバ、初代のアーミーパンサー、その他サブ用のMG-Xなど、改造を加えられたり、仕様変更を繰り返してきた初期MG-Xの集大成とも言えるギターで、HIDE手描きのペイントが完成してからは殆ど手を加えられる事は無く、改造と呼べる物はメインとして使用された期間の晩年にフロントピックアップのコイルタップ用のミニスイッチを1個追加しただけで、あとはフロント側のストラップピンの取り付け位置の変更のみに止められている。 MG-X "チェリー・サンバースト"• hide所有の製ギブソンのスペックを盛り込んだもの。 このモデルとレモン・ドロップ以降に製作されたモデルはすべてこのレスポール仕様のラミネート構造を採用している。 ピックアップは彼のために開発されたフェルナンデスVH-401にを搭載したもの。 この仕様は少々の変更はあったが彼がこの世を去るまでMG-Xの最終型となり、それ以降の「イエローハート」、「サイエンス」、「基盤」(全て通称)なども同仕様となっている。 チェリー・サンバーストはサブを含めて数本が製作されている。 初号機はネックグリップはUシェイプ。 ボディ厚もそれまでのMGより5mm厚くした42mm。 初号機のサブとして製作されたものは45mmのボディ厚であった。 後に塗装を白くリフィニッシュされ1994年末のX JAPANライブ「白い夜」で使用された。 2号機以降はネックグリップをVシェイプに変更している。 Burny MG-X "レモン・ドロップ"• チェリー・サンバーストと同様にギブソン・レスポールのサウンドスペックを目指して製作されたもの。 このレモン・ドロップのボディは特に厚い45mmで製作。 ボディが厚い分、音も中低音がよく出てHIDE本人も気に入っていたそうだが、他のMG-Xより少し重量が重く、ライヴでの使用頻度はチューニングにより使い分けられ、限定的であった。 Burny MG-X "イエロー・ハート"• 後期のメインギター。 1996年の東京ドーム公演で初登場。 ネック・グリップはVシェイプを採用。 hide曰く「ロリロリのギターでゲロゲロのリフを弾く」をテーマに制作された黄色のボディに赤のハート柄というモデルで、主に「」、「」などの半音下げチューニングで使用。 チェリーサンバーストとは異なり、塗り潰しの分厚い塗装のため、チェリーサンバーストよりも低音が強く出る特性があると言う。 また色違いとして"グリーン・ハート"も製作され、こちらは「RUSTY NAIL」などのレギュラー・チューニングで使用されていた。 Burny MG-X "基盤"• グリーンハートと同時に製作され、当初、LAST LIVEでメインとなる予定だったギター。 緑色のボディに文字通り基盤が描かれ、マスターボリュームノブの横に当時のhideのHPのURLがプリントされていた。 更に基盤の黄土色の箇所はボディの木目が透けて見えるように塗装されるなど、かなり細部まで拘ったカラーリングであったが、完成したのがライブ本番直前のリハーサルの時で、音を出してみたところ、ボディーの塗装処理の都合で音抜けが良くなかったという理由でメインで使用される事は無く、当日はイエローハートのサブとしてセットアップされていた。 6弦にヒップショットDチューナーという、ワンタッチで1音下げられるペグを取り付けていたのも特徴。 またピックアップはイエローハート、グリーンハート、基盤のリアにはディマジオのスーパーディストーション、サイエンスのリアにはディマジオのエボリューションをマウント。 その他にもリアにセイモアダンカンのJBをマウントしたプロトタイプやセンターにシングルコイルを増設したプロトタイプ、ボディ材を変更したプロトタイプ等も存在し、常に理想の音を求めて試行錯誤していた様子が伺える。 その他 [ ] Les Paul STANDARD• 主にレコーディングでの使用を目的に1994年に購入。 シリアルナンバーは「9 0297」。 PATAの所有する59年製レスポールスタンダードとは2番違いで、全くの同一またはそれに近い時期に作られたもの。 のが所有していた個体。 このギターをサウンドの目標に、チェリー・サンバースト以降のMG-Xは製作されている。 非常に高価、希少で価値のあるギターであるが、PATA曰く、ギターにペイントをすることやステッカーを貼るのが好きなhideはこのギターにもステッカーを貼ってしまい、PATAに怒られたという。 購入以後はほとんどすべてのレコーディングに使用されるレコーディングメインだったが、一度だけライブで使用されたことがある(1993年12月31日のX JAPAN東京ドーム公演「X JAPAN RETURNS」でPATAの59年製バーストと共に「JOKER」の演奏に使用)。 Martin D-18• アコースティック・ギター。 自宅での曲作りやアコギパートのレコーディングなどで使用。 「hideがいつでもギターを弾けるように」と、hideと共に棺に納められている。 Burny H CUSTOM "くじら"• PATA所有のコリーナ材で制作されたモデルを弾いたところ、そのサウンドをいたく気に入ったため、同じ木材を用いてFernandes社のHシリーズのシェイプで製作されたギター。 ピックアップにトム・ホームズH-453を搭載。 H CUSTOMは通称シャチと呼ばれていたが、hideが勘違いでくじらと呼んだためこの愛称となった(アメリカでの商品名はVERTIGO)。 主にJa,Zooのレコーディングで使用されていた。 "くじら"をベースにhideオリジナルモデルとして製作が進められていたモデル。 このモデルの最終調整の打ち合わせ予定日の前日、hideは突然この世を去ってしまった。 その後、hide MUSEUM設立に合わせて製作されている。 その後、木材をホンジュラス・マホガニーへ変更して限定300本で発売された。 MODEL FERNANDES JG CUSTOM• PSYENCE A GO GOのツアー開始前、フェルナンデスに、「ツアー用にMG以外のギターを用意して欲しい。 みたいなギターがいい。 ピックアップはリア1発でいい。 」と、リクエストして製作されたもの。 市販のフェルナンデス・JGシリーズをカスタムして製作され、フロントピックアップを撤去し、リアのハムバッカー ディマジオのエアーゾーンをマウント に、コントロールは1ボリュームというシンプルなレイアウトにし、クリアピックガードを取り付けたが、どうしてもフロントピックアップを撤去してがら空きとなったキャビティーが気になるという事で、フェルナンデス側が独自にシールドをプラグインするとイルミネーションが点灯するギミックとダミー配線を仕込み、サイバーなルックスのギターとなった。 このギターの製作期間は僅か5日間だった。 hide本人はこのイルミネーションを「トレーニングマシーンみたい」と、いたく気に入っていた。 Burny H-65 CUSTOM 使用弦とピック• フェルナンデスHGS-1200 hideシグネチュアモデル・ゲージは009-046 、それ以前はアーニーボール・ハイブリッドスリンキー。 初期の頃、BLUE BLOODに代表されるような低音弦の速いオルタネイトのバッキングに重きを置き、そのサウンドにも拘り、一時6弦に052という極太の弦を使用していた事もあった。 フェルナンデス・スキャナー hideシグネチュアモデル 、ジムダンロップ・ナイロンスタンダード0. 73mm、ジムダンロップ・トーテックススタンダード0. 73mm• ピックはその日の腕のコンディションや気分によって使い分けていたという。 使用アンプ [ ]• X JAPAN 「THE LAST LIVE」 VHT Classic パワー・アンプ SANSAMP プリアンプ TONEWORKS アコーステック・シミュレーター DIGITECH GSP-2101 プリアンプ HIWATT CUSTOM HAIWATT 100 ヘッド・アンプ ENGL SAVAGE 100 ヘッド・アンプ HIWATT キャビネット MARSHALL キャビネット DIGITECH WHAMMY 2 ピッチ・シフター VOX WAH ワウ 関連書籍 [ ]• 遠藤 允「hide「がんばんだぞ」 - 優しさと、愛と勇気をありがとう」小学館• 本郷 陽二 「音楽のヒーローたち hide伝説」• 「限界破裂本」シンコーミュージック• 「hideDAYS」宝島社• 大島暁美「hide BIBLE - OFFICIAL BOOK hideを愛する全ての人へ贈ります」音楽専科社• 松本裕士「兄弟 追憶のhide」講談社• 「夢と自由」ニッポン放送プロジェクト• 荒川正彦「Pink Cloudy Sky - 俺とhideと横須賀ロック・ストーリー」メディア・クライス• 「HIDE 無言激」音楽専科社• 菅野秀夫「hide」扶桑社• 「Pinky Promise hide Official Book」インデックス・コミュニケーションズ• イエローZ「hide FOREVER FREE 松本秀人の大いなる遺産」• hide哀悼の会「hide ここにあり記」旭書房• 中条 剛「hide 真実のストーリー」ルー出版 脚注 [ ] 注釈 [ ]• なお、2000年にXを再結成する事をメンバーと約束していた事をhide死去時にYOSHIKIが公表した。 2006、2007年にも8cmシングルが12cm化され再発売されたが、その際には、もリニューアルされての再発売だった。 ちなみに本作は、ジャケット・レーベル共に、オリジナル盤をそのまま再現したものとなっている。 音源も、オリジナル盤のものが使用されており、リマスタリング等はされていない。 これについては再発盤も同様である。 ただし公式サイト内の「」では現在も情報が残されている。 表記はされていないが、『HIDE YOUR FACE』に収録の「EYES LOVE YOU T. VERSION 」である。 アルバム『PSYENCE』収録バージョン。 曲終了後にシークレットトラックとして「Virusmaker 7. 1」が収録されている。 出典 [ ]• ジャパンミュージックネットワーク 2011年3月6日. 2015年9月9日閲覧。 CDJournal. 音楽出版社. 2015年9月9日閲覧。 ORICON STYLE. 2011年7月27日. 2015年9月9日閲覧。 hide official web site [hide-city]. ヘッドワックスオーガナイゼーション. 2015年9月9日閲覧。 ロッキンf97年7月号別冊 Rockin'Talk CAFE(立東社)152p• 、藤谷千明『すべての道はV系へ通ず。 』、2018年8月26日、76頁。 松本, 裕士『兄弟 追憶のhide』講談社。 2014年8月19日. 2015年8月14日閲覧。 J-CASTニュース ジェイ・キャスト. 2013年3月2日. 2013年3月6日閲覧。 朝日新聞デジタル 2010年5月2日. 2016年1月10日閲覧。 著「hideDAYS」松本裕士インタヴューより• 2009年10月2日. 2009年10月4日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年9月7日閲覧。 www. lemoned-cafe. com. 2019年8月9日閲覧。 YOSHIKI/佳樹. 角川グループパブリッシング• ナタリー. 2011年1月6日. 2015年7月21日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 hideファンクラブ公式サイト• [ ] zilch公式サイト.

次の

hideの死因や後追い自殺の人数は?葬儀・告別式の当時の様子!|仏事のいろは(浄土真宗)と暮らしの雑学

ヒデ 死亡

まず、ドアノブにタオルをかけて自ら死ぬという選択ですが、 うつ病の人が死のうと考えるとき、人目を避けようとします。 浴室という場所で果たして人は自殺するでしょうか? メディアや警察は自殺と断定してますが、 私も他殺説の線を支持しているものの1人です。 hideの死には何かとんでもない闇が隠されていると感じるからです。 そして、警察の捜査もあまりにもお粗末すぎるからです。 何せ警察は自殺の断定を早すぎるほど出しております。 僕はここにひっかかるわけです。 メディアも簡単に自殺を信じて、自殺、自殺と情報を国民に送り続けています。 日本の洗脳情報伝播はテレビを通じて送られており、 ネットの普及でこういう意見を残せるだけでも良かったと思います。 自殺という線を、消去法で消していきましょう。 一つはドラッグ、酒による衝動自殺です。 この場合でもリストカットがほとんどでしょう。 頸動脈を切ることもあるかもしれませんが、 多くは高い場所から飛び降りる投身自殺が多いです。 インフルエンザで話題になったタミフルを服用した中学生が 高層マンションから飛び降り自殺したように 薬効による衝動的な自殺願望は最初が強く出るため 投身や一瞬で死ぬような自殺形態がほとんどだからです。 ましてや立てばいくらでも死ぬ苦しみから逃れられるような体勢での自殺。 ドアノブにタオルを巻き、そして死ぬまで自重をかけ続けるような 死に方は不自然ですし、ドラックや酒でアルコール中毒になっていれば 手先が震え、ドアノブに強い力でタオルを巻き付けることなんて不可能だからです。 (巧緻性と強い力を要求する動作は意識が清明でないと難しい点です) それから既に出てますが、彼は酒癖、女癖も悪く 事務所間とのトラブルも多かったこと。 そして、マンションには(自称)フィンアンセといわれる女性がいたこと。 金の管理は弟のマネージャーに一任していたこと。 しかし、鶴の一声(つまりhideの意志で)そんな形などいくらでも変わるということ。 家族がいれば、家族は警察に捜査を継続するかどうかを要望できます。 そしてhideの、この不可解な死に対して家族は捜査の継続を要望していない点もおかしいのです。 おそらく真犯人は、きっといるでしょう。 ただ、この国は和の国です、真実をあぶりだすことを良しとしない国です。 この国は他の外国人が言うように腐ったミカンがたくさんいる国ですから。 私もhideは他殺線であることを支持しています。 私達の業界では人の不審死が嫌でも知れてしまうのです。 結論から言うとHIDEさんは他殺です。 彼は所属事務所と様々な軋轢を抱えていました。 その所属事務所の実態を週間新潮に暴露しょうとしたからです。 週間朝日と云う説も有ります。 実行犯は日本最大の裏社会組織傘下組員数人です。 また、彼の所属事務所は創価学会とも関係が深かったのです。 彼による創価学会と所属事務所の癒着暴露も関係が有りましたね。 また、彼の死の二日前に創価学会執行部で緊急会議が執り行われた事も判明してます。 私達の業界では多くの者が創価学会首謀の謀殺で在った認識されています。 構図的には尾崎豊謀殺と同じです。 その時は五代目山口組初代後藤組良知総業関係者が実行犯です。 高濃度の鎮静剤を無理やり投与してドアノブで首吊りに演出するのは、 私達の業界が実行する常套謀殺術なのです。 ドアノブで首を吊った者の7割は私達の業界の者に殺されたと思って下さい。 押尾 学の愛人だった田中香織は意図的に押尾 学の所属事務所から 病院搬送を遅らせる事を指示されて結果的に謀殺に至った訳です。 また田中香里と寝ていたのは押尾 学では有りせん。 寝ていたのは森 喜朗の長男である森祐喜です。 押尾 学は森祐喜の身代わりとして逮捕されたのです。 その後で押尾 学も自殺に見せ掛けて謀殺される予定だったのです。 また飯島 愛は高濃度のヒ素が混入された覚醒剤の贈与で謀殺されています。 酒井 法子の秘密を知っていたのです。 両者に覚醒剤を仲介役として流していたのも 森 喜朗の長男である森祐喜です。 覚醒剤の調達元は立場上明かせません。 他にもライブドアの野口 英昭も初代沖縄旭琉会組員に殺害されています。 依頼者は防衛施設庁と安部 晋太郎の後援会、安晋会です。 私が語れるのは此処までですね。 結論から言えば、自殺です。 警察により断定されています X JAPANのファンのなかには、hideは牽引による事故死であったとの主張もあります。 理由としては、遺書がないことや本人に悩みがないこと等を挙げ、肩の筋肉を伸ばす際に酔っていたために誤って窒息をしたものと説明されます。 ただし、自殺の場合に遺書が残されていることは、通常3割にも満たず、また、自殺者の家族や友人でその兆候を気づくことは1割強程度です。 厚生労働省が、警察の資料を基に作成された資料をHPで公開されています 上述した事故死による説は感情論から派生するものであって、彼の家族やファンがどのように主張しようと、事故現場での状況証拠が絶対的なものです。 なお、X JAPANのファン 特にhideファン の方に対しては、この話題はタブーなものとなっています。 もし、当人 質問者様のお姉さん がhideが病気で亡くなったと話したのであれば、敢えて本人を前に言及する事は止めてあげることが賢明です。 PS: hideのファンの中には、彼を神格化しており、精神的に強く影響を受けている者もいます。 実際、hideの自殺をした時、後追い自殺する者もいました。 そのため、当時はこれらの影響を考え、発言を「自殺から死去」に言葉を濁し報道した程です。 生涯Xファンの私です。 私はHIDEを司法解剖したお医者さんを知っています。 当時友達が大学で弁護士になるための必須科目として法医学をそのお医者さんから習っていたからです。 そのお医者さんはHIDEの死は自殺ではないと断言されました。 解剖によって何か分かるとかじゃなくて、あらゆるケースの自殺者や不審死体を解剖してきた彼の経験からそう断言されたんだろうと思います。 それと、この話は語弊がありますが、そのお医者さんは「窒息による自慰行為」も考えられると言っていました。 私もそれはありえるかなと思います。 肩こり治療説もありえますがそれだけで危険な行為を人はとらないかなと。 窒息自慰は脳内の酸素量を減らして気持ちよくなる行為です。 射精もします。 慣れるとギリギリのところで自分で拘束を解けるらしいけどやっぱり危険な行為には変わりないですよね。 わたしも断言できます。 HIDEの死は自殺ではありません。 X JAPANの大ファンです。 原因は首をつったことによる窒息死です。 でも誤解しないでください。 hideは自殺したんじゃありません。 (世間では結構自殺したと思われていますが・・・) (hideの死について説明する前に、一つ補足しておきます。 ギタリストは職業病で慢性的な肩こりを持っているので、ドアノブなどで、死なない程度に首をつって、肩の筋肉を伸ばしたりします。 ) その日、hideはテレビの収録が終わった後に、友達と一緒に朝まで酒を飲んでいました。 帰宅後、hideは普段通りにドアノブで首をつって肩の筋肉を伸ばしていました。 しかし、そのままの状態で眠ってしまい、二度と目を開けることはありませんでした・・・。 警察はhideの死に方と、hideの曲である「ピンク スパイダー」の歌詞によって「自殺」と断定しました。 しかし、hideの遺書がなかったこと、hideが死ぬ1週間くらい前にhideが都内のレコーディングスタジオと仮契約を結んでいたことにより、hideの関係者はhideの死は「不慮の事故死」だと主張しました。 今では、多くのX JAPANファン、そしてhideのファンの間では、hideの死は「自殺」ではなく、「不慮の事故死」とされています。 見解が二つに分かれていますね。 発見された状況を見て自殺ではないか?というもの。 (牽引していたわりに、タオルの輪が小さかった) 彼は悩みなどなかった、泥酔状態で誤って事故死したというもの。 自殺と報じられたときは、報道関係者もすごかったですし ファンも後追い自殺をしていました。 その後、家族や彼の関わった人々が事故死であったと発言していることから マスコミも自殺とは報道しなくなり、死因を表記しなくなったようです。 熱狂的なファンの自殺をくいとめるために、そのような発言に至ったと言う人もいますね。 友人がファンですが、事故死と言い張ります。 本当の死因は、数少ない人間しか分からないでしょうが それで慰められているのなら、特定しなくてもいいのでは? と個人的には思います。 A ベストアンサー あまり首の凝らない人にはなじみがないでしょうが、コリが酷くなると首が肩にめり込んでいるような感じになって、首を思いっきり引っ張ってもらいたいと思う事があります。 なんだかジャバラ付きストローを引っ張ったような感じになるんじゃないかと思うのです。 整体術では首にタオルを掛けて引っ張り上げる施術をする治療院もあります。 実際には顎と後頭部にかけて引くのですが、治療院にいけない場合など、自分でもタオルをかければ出来るんではないかと考えたりします。 一方首吊りはドアノブでも十分に出来ます。 詳細は書けませんが、ためしに壁に後頭部と肩だけをつけて寄りかかり、後頭部を壁から離さずに起き上がってみて下さい。 かなり苦労すると思います。 手が床ギリギリまでしか届かなければ、起きるのはかなり困難になるはずです。 彼は多分、顎にタオルを引っ掛けて、首を引っ張っているうちに、タオルが滑って首にかかってしまったのではないでしょうか。 自殺だとすればかなり知識がなければ思いつかないでしょうし、「ワザワザドアノブで?」とも思います。 慌てず腰を引いて壁につければ、多くの場合は助かるのですが、きっとパニックに陥ったのだと思います。 あまり首の凝らない人にはなじみがないでしょうが、コリが酷くなると首が肩にめり込んでいるような感じになって、首を思いっきり引っ張ってもらいたいと思う事があります。 なんだかジャバラ付きストローを引っ張ったような感じになるんじゃないかと思うのです。 整体術では首にタオルを掛けて引っ張り上げる施術をする治療院もあります。 実際には顎と後頭部にかけて引くのですが、治療院にいけない場合など、自分でもタオルをかければ出来るんではないかと考えたりします。 一方首吊りはドアノブでも十分に出来... Q 前の会社の同僚で、X JAPANが大ファンだった奴の事を思い出して 先日たまたまパチンコで遊んでいたX JAPANのものがあって 結構ドラマチックな展開の演出に感動しながら、大勝した時から HIDE ソロではhide の自由な表現を微笑ましく思ってしまいました。 hideの存在を知ったのキッカケはともかく、可愛い人、ひょうきんな人、HIDE hide と 生まれた世代が似ていたせいもあって、親近感を覚えます。 彼は、もう14年以上も前に不慮の事故で亡くなった故人というのは知っていましたが よりによって、自分の誕生日が、HIDE hide)の命日とは、皮肉だなぁ、と思いました。 彼のファンならその日を知らない人はいないでしょう。 築地本願寺の葬儀に5万人以上が 全国から駆けつけたというのだから、その人気、影響力はスゴイものがあります。 あんな「イケテル才能」のある ミュージシャンは自分の知る限り、いません。 この事実をどう受け止めたらいいのでしょうか? 自分とHIDEと重なる部分がすごく多いので、特にHIDEのファンの方 意見があったら、コメントお願いします。 ちなみに、hideとToshi、もう故人ですがTaijiも好きな方です。 HIDE というかsoloのhideが好きです の人をHappyにさせる生き方に共感した HIDEとほぼ同世代の男です。 皆さんのコメント、お待ちしております! よろしく! 前の会社の同僚で、X JAPANが大ファンだった奴の事を思い出して 先日たまたまパチンコで遊んでいたX JAPANのものがあって 結構ドラマチックな展開の演出に感動しながら、大勝した時から HIDE ソロではhide の自由な表現を微笑ましく思ってしまいました。 hideの存在を知ったのキッカケはともかく、可愛い人、ひょうきんな人、HIDE hide と 生まれた世代が似ていたせいもあって、親近感を覚えます。 彼は、もう14年以上も前に不慮の事故で亡くなった故人というのは知っていましたが よりによって、自分の誕... A ベストアンサー 小学生の頃の私は既に兄の影響もあって既に、Xの虜状態。 誰がどんな技術を持ってるだとか音域がどれだけだとか、 そんなことは何も知らなかったし、楽器がどうだとかも知りませんでした。 ただただ彼らが作ってくれる音楽がたまらなく好きでした。 (正確には「だった」ではなく、今でも好きなのですが。 ) hideが亡くなった当時私は中学生になったばかりでした。 当然、それ以降のXにはhideの姿はなくなりました。 突然「亡くなった」という事実が現れても現実感を感じられず ただ呆然としていました。 でもCDを聞けばそこには彼らが今まで歩いてきた道と 道の上に残された楽曲の数々、 そしてその道や楽曲たちこそが彼らが今までしてきたことの確かな証拠。 そう考えたら私はもっと、hide、X、そして彼らの作った楽曲が 愛おしいとさえ思うようになりました。 hideが亡くなってしまった。 あの頃のXはもう二度と戻りません。 ですが、それを知っていて、覚えていて、愛している人がいる以上はきっと hideもXも消えることはないと考えました。 少なくとも私の中には存在し続けています。 そしてきっと私だけではなく、沢山の彼や彼らのファンの中にも。 とか考えたら、自然と彼の死も、当時の形でのXの死も受け入れられました。 亡くなっても亡くなっていないというか、 亡くなっても存在していたことがなかったことになった訳ではないですから。 小学生の頃の私は既に兄の影響もあって既に、Xの虜状態。 誰がどんな技術を持ってるだとか音域がどれだけだとか、 そんなことは何も知らなかったし、楽器がどうだとかも知りませんでした。 ただただ彼らが作ってくれる音楽がたまらなく好きでした。 (正確には「だった」ではなく、今でも好きなのですが。 ) hideが亡くなった当時私は中学生になったばかりでした。 当然、それ以降のXにはhideの姿はなくなりました。 突然「亡くなった」という事実が現れても現実感を感じられず ただ呆然としていました。 でもCD... A ベストアンサー 質問者さんが、今は無きX-JAPANを体験するとしたら CDより映像の方をお勧めします、なんたってVISUAL SHOCK! ですから Xの魅力は、楽曲とライブとプロモーションの3つだと思います。 リーダーYOSHIKIが、自らの発言やファンの期待を、ほぼ裏切っていないところが 未だに熱狂的ファンがついてきている部分ではないでしょうか ・楽曲 インディーズ時代から一貫していることは「歌メロ」がしっかりしている というところで口の悪いロックファンは「スピードメタル」をもじって Xの楽曲を「スピード歌謡」と揶揄していました、しかし売れてしまえば官軍 バックの音がハードロックやオーケストラであれ「歌メロ」はノーマルなので コアなファン以外でもすんなりXの世界に入ることができたのではないでしょうか 今の日本ミュージックシーンで、この手のバンドが皆無であることからも、 X路線の楽曲のレベルを維持し続ける大変さがわかります。 ・ライブ そのパフォーマンスは、まさに壮絶そのもの 演出という部分を差し引いても、ライブ途中の中止・中断は当たり前 (私も1回コンサート途中中止を実際に体験!中断は多数) メンバーのアイディアを具体化させた、派手かつ斬新な特殊効果 メンバーのコスプレイヤーがライブに現れる風景もXが初めてだったかもしれません X-JAPAN晩年は年に数回の東京ドーム公演のみで最大の魅力であった ラブステージが減少してしまったのは残念でありません。 ・プロモーション 彼らの最大の功績は自分たちのプロモーション活動ではないでしょうか? 今では当たり前の事ですが、彼らのプロモーションは斬新的でした。 インディーズ時代のビデオ無料配布ギグ、バラエティー番組への出演 デビュー当時のメディア出まくり戦略。 新規活動時の各種雑誌媒体のセンセーショナルな広告、TV-CM 活動休止の時は、フィルムコンサートで全国行脚とか 解散時にも、全国紙への全面広告とか 今までになかった、プロモーション活動が目新しかったです。 個人的意見ですが、Xはアルバム「ジェラシー」あたりがピークだったと思います あのころはバンドとしての形態が成り立っていたと思います。 TAIJI脱退後は、楽曲面でYOSHIKI独裁状態になってしまいレベルは高いものの 似た曲の飽和状態になってしまいました、 活動も個人活動が中心になりバンドとして成り立っていなかったと思います。 やはりなんのかんのいっても、もはやX路線で活動できるのは、YOSHIKIだけ 幽霊部員状態の「gorbe」とか、もう10年も噂だけのVIOLET-UKとか 歯がゆい思いをしています。 まー Xのファンは待つことには慣れていますので・・・・ (その我慢強さは「強殖装甲ガイバー」ファン以上とか) 質問者さんが、今は無きX-JAPANを体験するとしたら CDより映像の方をお勧めします、なんたってVISUAL SHOCK! ですから Xの魅力は、楽曲とライブとプロモーションの3つだと思います。 リーダーYOSHIKIが、自らの発言やファンの期待を、ほぼ裏切っていないところが 未だに熱狂的ファンがついてきている部分ではないでしょうか ・楽曲 インディーズ時代から一貫していることは「歌メロ」がしっかりしている というところで口の悪いロックファンは「スピードメタル」をもじって Xの楽曲を「スピー... Q 90年代 ミュージックステーションにX-JAPANが出演した時です。 バックダンサーで裸の女性 前張りのみほぼ全裸 が群れをなして檻の中... ていうことありましたよね? 司会のタモさんも絶句してましたが 苦笑 当時お茶の間で見ながら夜8時代の番組でこれはないだろうと思ってたんですがもしかしてあの件って闇に葬られた?検索してもそれらしいことひっかからないので。 当時のこと覚えてる方いらっしゃいますか?生放送なので見てたひとは居ると思うんですけど。 アレってどう考えても 芸術表現だとしても 問題になったと思うんですがことの顛末詳しく知ってる方おしえてください。 それともまったく問題なしだったんでしょうか。 A ベストアンサー 正確に言うとXJAPANではなく、 hideさんがソロで出演されたときのことですよね。 曲は「DICE」の時だったようです。 seesaa. html 私はその時のことは全く覚えていないのですが・・。 でもhideさんがソロで出演された際のことは、かすかに覚えているものも ありますが、いろんな意味で過激なものが多かったと思います。 その当時と今の放送業界?で状況が違うかもしれませんので、あまり過剰に反応する人がいなかったのかも。 90年代って、ドラマでもバラエティでも音楽の表現でもそのように感じるのですが、過激なものだったり、グロい表現方法だったり、性的描写っていうのでしょうか?そういうものもちょっと甘かったような印象です。 もしかしたらその当時、局に苦情の電話とかあったかもしれませんけど、どうなんでしょうか? 今だったら、間違いなく?問い合わせが来てしまいそうな表現方法だとは思います。 その前に放送の許可が下りないでしょうけどね。 逆質問みたいになって申しわけないですが・・・。 これは質問と直接関係ありませんが、以前、他のビュジュアル系バンドが出演してその演出が恐くて子供が泣き出したというような苦情が寄せられたことがあったんですよね。 (下記の質問が参考になります。 chiebukuro. yahoo. goo. 闇に葬るというより、大人の事情とかで今更それを表沙汰にすることはない(しない)というところなのかもしれないと勝手に想像したのですが、本当のところは正直分かりません。 憶測が多く、詳しくも説明できてないし、あまり回答になってないようですみません。 少しでも参考になれば・・・。 正確に言うとXJAPANではなく、 hideさんがソロで出演されたときのことですよね。 曲は「DICE」の時だったようです。 seesaa. html 私はその時のことは全く覚えていないのですが・・。 でもhideさんがソロで出演された際のことは、かすかに覚えているものも ありますが、いろんな意味で過激なものが多かったと思います。 その当時と今の放送業界?で状況が違うかもしれませんので、あまり過剰に反応する人がいなかったのかも。 90年代って、ドラマでもバラエティでも音... Q 彼氏が一カ月前に自殺していました 原因は私にあるとおもいます。 彼はとても一途で そしてすこし心が脆かったし 二年間の付き合いで 別れようとか別れたいとかいう言葉を口にしたことはありませんでした。 毎日大すき!っと言ってくれていました 私たちは車で二時間かかる距離で 遊ぶ回数は私は仕事であり、彼は学生であり 私の休みは土日は確実にないので あまり時間があわなくて 月一で彼の家にとまりに行く程度でした 彼と付き合ってくうちに 私は何度か別れたいとおもうときがありました その時は 彼氏がバイトもしないで奨学金で専門学校に通ってることに無償にいらいらしてたり 彼氏の恰好が v系寄りで少々派手だったり 彼の愛情が重く感じたり そんな理由でした。 一度本気で別れようといって連絡をとらなくしました そしたら 着信が90くらい来たり メールのあらしが来て 最後のメールで 俺はお前がいなきゃ生きてけない ごめん 死にます という文面で 首吊りのロープの写真がはられてました 私は怖くなって 怖くなって警察に連絡しました 警察から後ほど連絡きたら そのときは大丈夫だったそうでした それから話し合うことになって 会って話し合いました その時も彼の部屋で話し合ったのですが、 私は命をかけごとに使うことはおかしい と言いました 彼は別れたくないし 俺が死んだってお前には連絡いかないから大丈夫だよ^^ 言ってました・・ それからまた寄りを戻すことにしました そのころは、ただ死なれるのが怖かったんです 本当に死なれる気がしてどうしょうもなかったのです。 一回目の自殺予告のまえに ミクシーのほうで 死にたいとか もとから身長175cmで体重45キロくらいのかなり細身な体だったのに 首をつって余計なものが出ないように断食をする!って書いてあり その結果40キロまで落としてました その様子で 家族に精神病院にまでつれていかれたそうです。 私には何も遺言はありませんでした ただ 遺体には ポケットに私とのプリクラを入れて 手にはペアリング それだけの持ち物でこんな寒い深夜に山で首をつりました そしてミクシーのにっきに 彼女を責めないでください すべて弱い自分に原因がある お酒のせいですこし気がらくだ やっぱり世界一かわいい さすが俺が愛した人だ それだけ書いてありました 後悔しかありません そして今ではこんなにも引きずって なぜ振ってしまったのか こんなに自分を愛してくれてた人を どうして捨てたのか どうして救ってあげられなかったのか 後悔だらけです そしてできればあとをおいたい。 会いたい ただそれだけです これからさき一生このきもちをひきずっていくかとおもうと もう人生を終わりにしてもいいかなと思います だれかのアドバイスをききたいです また同じような経験をして今 どうやって暮らしているのか・・ できるかぎり質問にもこたえます よろしくお願いします 彼氏が一カ月前に自殺していました 原因は私にあるとおもいます。 彼はとても一途で そしてすこし心が脆かったし 二年間の付き合いで 別れようとか別れたいとかいう言葉を口にしたことはありませんでした。 毎日大すき!っと言ってくれていました 私たちは車で二時間かかる距離で 遊ぶ回数は私は仕事であり、彼は学生であり 私の休みは土日は確実にないので あまり時間があわなくて 月一で彼の家にとまりに行く程度でした 彼と付き合ってくうちに 私は何度か別れたいとおもうときがありました その時は... A ベストアンサー 度々すみません。 誰かを愛したら、誰かの優しさに縋り付くのではなく、自ら愛を与えなさい。 あなたはできる事は全てしました。 彼との交際中に、彼に愛を与えたじゃないですか? それは彼にとっては宝でかけがえの無いものです。 あなたが自我を堪えて、彼に嘘の愛を与える事が全て解決できたと思いますか? 私はそうは思えませんよ。 彼は自分の問題に彼自信が立ち向かうべきだった。 人を巻き込み、人の人生をうばってまで成せる事は、決して彼の力とは言えません。 あなたは幸せになりなさい。 辛さを経験しただけ、大きくなりなさい。 人の弱さや辛さがわかった今回を、忘れろとは言いません。 バネにして、誰かを愛した時、その人をありのままあなたの綺麗な目で見て、尊重してあげてください。 甘やかす事がすべてではありませんよ。 時には厳しく突き放す事が愛でもあります。 あなたは、この事を彼にしましたよね? 今は辛い、自分を責めるのも理解できます。 でも、あなたの人生はあなたが創るべきです。 厳しく書きましたね。 ごめんなさい。 ただ命を粗末にして、後悔しているのは彼自身でしょう。 あなたまで悩むと、彼はますます辛くなりますよ。 彼への供養は、あなたらしく生きること。 度々すみません。 誰かを愛したら、誰かの優しさに縋り付くのではなく、自ら愛を与えなさい。 あなたはできる事は全てしました。 彼との交際中に、彼に愛を与えたじゃないですか? それは彼にとっては宝でかけがえの無いものです。 あなたが自我を堪えて、彼に嘘の愛を与える事が全て解決できたと思いますか? 私はそうは思えませんよ。 彼は自分の問題に彼自信が立ち向かうべきだった。 人を巻き込み、人の人生をうばってまで成せる事は、決して彼の力とは言えません。 あなたは幸せになりな... A ベストアンサー めどはやまと言葉ではないでしょうか。 もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。 広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく 不親切です。 朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。 解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、 ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。 目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です) A ベストアンサー わたしは専門家でも何でもありませんので、こういう質問に回答してよいのかどうか分かりませんが、参考として聞いてください。 精神分裂症は、鬱病以上に複雑な精神の失調状態です。 鬱病の遺伝性については、先に、別の回答で次のように書きました(参考URL): >鬱病は、体質や気質と関係あることが知られていて、体質や気質は遺伝します。 けれども、同じ体質や気質を受け継いだ兄弟姉妹のなかで、全員が病気になるということはなく、何かのきっかけで、ある人が発病することがあります。 >「鬱」の因子と「躁」の因子,その他、色々複雑な原因があって、鬱病になるようです。 鬱病というのは、一つの病気というより、色々な病気や症状が重なっている状態だとも言えます。 精神分裂症の場合、遺伝的素因というのものも確かに幾らかあるようです。 しかし、仮に遺伝的素因があっても、一つではないと考えられます。 人間の主体自我は、構築がたいへん難しく、バランスが難しいです。 それは社会や文化や地域の人々や伝統や、家族との関係などで、構成されて行きます。 自我がどのように自己構成するかは、社会の文化や、家族関係や幼少期の経験、成長経過などが大きく関係します。 脳の神経伝達回路(ドーパミン回路)が、何かの理由で、神経伝達に失調を来すとき、分裂症を発症する場合としない場合があります。 この神経伝達回路の失調の可能性は、決定的ではありませんが、遺伝的に何か影響関係があります。 しかし、この回路の失調は、何がバランスの取れた状態かよく分からないというような面もあります。 分裂症を発症した人の場合、この回路がかなりおかしくなっていることが多く、過剰な神経伝達を抑えるための薬物を投薬します(これが普通、精神分裂症に対し、医師が投薬する薬で、メイジャー・トランキライザー=強力精神安定薬と言います。 ただしこれは症状がきつい場合で、弱い場合は、マイナー・トランキライザーを処方します)。 しかし、こういう過剰な失調、伝達回路の狂いが,遺伝的に決まっているかというと、これはそうでないようです。 この神経回路の失調、伝達異常は、普通の人でも一時的には起こり、鬱病の人でも、神経症の人でも、躁病の人でも起こります。 誰でも起こるのだと言えます(更に、メタンフェタミンやコカインなどの覚醒剤を使っていると、この回路が狂ってきて、強い擬似精神分裂症状になります。 この場合は、覚醒剤の成分物質が、脳の回路を壊しているのです。 覚醒剤を使うと、誰でもこういうことになります。 ただし、覚醒剤中毒と分裂症の症状は、強い場合,似ていますが、「本質は、まったく別」です)。 遺伝的な要因としては、この回路の伝達異常が比較的、起こりやすいというのがあるようです。 しかし、それだけではなく、人間関係に関する、交際のなめらかさを決めるような遺伝的要因が関係している可能性があります。 この場合も、こういう遺伝的な失調は、誰でもあることです。 他にも遺伝的素因があるかも知れないですが、発症していないで、家族などに分裂症に罹患した人がいる場合、確かに、こういう遺伝的素因がある可能性が高いですが、それは普通の人より、少し敏感な程度だと思えます。 成長の途上で、家族や外部の人と、色々な人間的関係を持って、自我が構成されて行くのですが、この過程で、遺伝的素因が強く影響する場合があるということです。 仮に遺伝的素因など、まずないといえる人、家族や親族を何代にも渡って調べても、分裂症の人などいない普通の人でも、育ち方や,置かれた環境によって、発症することがあります。 普通の人でも、断眠4日とか3日とかすると、幻覚が出てきますし、おかしな妄想的な思考も出てきます。 また、長期に仕事が忙しく不眠の上に、不合理で納得行かない仕事上の圧力を耐えていると、妄想が段段できてきて、神経症になり、分裂症にもなります。 どの程度かということと、もう一つ、精神的に失調しても、外から見ると判断がつかず、普通に見える場合、そういう神経症的分裂症的時期をやり過ごすと、発症に誰も気づかないし、本人も気づかないで、そのまま生活を続けて行くということになります。 遺伝的素因とは別に、成長の途中の自我構成の時期に、失調の「表現様式」の学習のようなものがあり、外から見て、この人はおかしい、というような失調を言動などで外に示す人は、日常生活で、おかしいということになることがあります。 遺伝的な影響も、確かにあるのですが、それよりも、もっと、生育環境や、自我の構成の仕方や、社会の文化や、属する集団の「正気」の考え方、それとどううまく付き合って距離を取るかの「技術」の問題、広い意味で人格のありようと、その人格が生活する場、家庭、社会、集団のありようが大きな問題になります。 一卵性双生児の場合、遺伝的素因は同じですが、その後の成長でも、両者を一緒に育てると、互いに心や行動の了解が容易であるので、自分と兄弟の自我の区別がはっきりしない形になることがあります。 無論、大人になれば、互いに他者ですが、幼児期や子供の時に、同じような自我構成を作り出してしまうことが多いのです。 一卵性双生児を別々に育てたても、発症の相関があったように思いますが、逆にこのことは、遺伝的「決定」ではないという証拠にもなるのです。 (分裂症は、「素因」が「生育過程での自我構成」に作用し、これにストレスなどが加わって発症するのです。 「素因」は強弱の違いで、すべての人が自我を構成する限り、すべての人にあると考えられます)。 遺伝的素因は、二つや三つではなく、もっとたくさんあると思えます。 しかし、この「素因」というのは、精神分裂症になる遺伝的「決定因子」ではなく、普通の人より、失調に陥り易く、それから抜け出しにくいとか、それを外部に表現し易いとか、外部環境の圧力に対抗しずらい自我とか、対人的に臆病になりやすいような要因ということです。 精神分裂症は、極端には、すべての人が、軽い状態で短い期間なら、みな、そういう状態になると考えるのが妥当だと思います。 遺伝的素因は、間接的には確かにあるが、それはかなりに影響するに低く、主に、人格形成に関係し、19世紀の西欧の場合はともかく、現代の日本の社会では、精神分裂症を発症する人は、発症前の生活や言動に、発症後のありようと連続した特徴があるということになります。 普通の人が、ある日、突然におかしくなるのではないと言えます。 元々自我は、WIN・OSではありませんが、おかしいことがたくさんあり、おかしいままに、自分自身と他者と、社会と集団とのあいだで,何とかバランスを取って日々生きているのが人間です。 お姉さんが発症されたとのことですが、年齢が分かりませんので、また、わたしは専門家でも何でもありませんので、間違っているかも知れませんが、お姉さんの発症前の状態、他人との関係や、自分についてどう思っていたか、何か変なところはなかったか考えてみられることです。 多分、そういう性格特徴の延長上に発症症状があると思います。 何とかバランスを保っていたのが、維持できなくなるのが発症で、突然おかしくなるのではないのです。 あなた自身については、自分の性格や人生について、これはこれで「わたし」なのだと思うことです。 色々悩みやその他のことがあっても、別におかしくない、「わたしはわたし」だと思うことです。 他人と違うというのは、自我はみなそうなので、仮にかなり違うとか言われても、そういうわたし、なのだということで、「どう違うかをよく知った上」で、そういう自分だと自己肯定することです。 ある程度「ユーモア」を持って、自分を客観的に、距離を置いて眺めてみることを心がけることです。 ユーモアを持ってというのは、自分の欠点や心の悩みを、まあ、人生はこういうもの、と「心の余裕」を失わないことです。 他人との関係で、悩むことがあれば、「他人は他人、わたしはわたし」で、冷静になり、どうも悩みがきつい場合は、気晴らしなどをして、拘らないようにすることです。 別に、分裂症の予防とかではなく、精神のバランスを保って、ストレスをうまく乗り越えるには、going my way の心で、余裕とユーモアで、ものごとを、自分自身を眺めるということです。 また、精神分裂症をあまり気になさらないことです。 仮にそうなったところで、大したことではないのです。 重症の場合は困りますが、それは現代では珍しいですし、重症でも、時間をかけて治療すれば、ほとんどの人は軽い状態になります あなたのお父さんですが、これまで何も目だった問題がないのなら、大丈夫です。 妄想症の発症の可能性はありますが、歳を取ると、大体、妄想をみな持つようになります。 不安神経症などの神経症と一緒になった場合は、困りますが、これまで、色々な苦労があっても、社会生活を営んでこられたのなら、気になさることはありません。 「なったときは、なったとき」とは無責任ですが、これが、ものごとを、冷静に客観的にユーモアを持って眺める、受け取るということです。 「くよくよしないのが長生きの秘訣」というのもありますが、同じようなことが言えます。 >No. goo. php3? 精神分裂症は、鬱病以上に複雑な精神の失調状態です。 鬱病の遺伝性については、先に、別の回答で次のように書きました(参考URL): >鬱病は、体質や気質と関係あることが知られていて、体質や気質は遺伝します。 けれども、同じ体質や気質を受け継いだ兄弟姉妹のなかで、全員が病気になるということはなく、何かのきっかけで、ある人が発病することがあります。

次の

三冠馬ナリタブライアンの全弟ビワタケヒデが死亡……25歳

ヒデ 死亡

HIDEの死因 死亡日:1998年5月2日 当時、 HIDEは 「自ら命を絶った」 そう報道されました。。 しかし、その後の報道や調べで、HIDEの死は 事故死とされたのです。 HIDEが自殺なんてするわけないでしょうが。。 事故の 原因は、 お酒とされていますが、不運としか言いようがありません。 HIDEはXJAPANに加入する前からも、お酒を飲んで暴れていましたし、この日の 「hide with Spread Beaver」のメンバーと、いつも通り飲んでいただけですから。 まさか、これが1997年にXJAPANが解散して、半年後の事とは。。 HIDEは何も悪くない・・・本当に悔やまれます。。 TAIJIの死因 死亡日:2011年7月17日 TAIJIの 死因は 「首吊り自殺」 と、報道されていましたが・・・ あまりにも不可解な点が多く、多くの謎が残っているのです。。 「他殺では??」 そんな、噂もあるのです。 TAIJIが自殺に見せかけて、他殺されていたとしたら・・・ 一体、TAIJIの身に何があったのか。。 謎ですよね。 XJAPANのメンバーの死・・・ 筆者は、未だに信じられません。。 スポンサードリンク PATAは無事?? PATAにも心配なことがありましたね。。 2016年2月に 大腸憩室炎及び 門脈血栓症と診断され、緊急入院が発表されました。 ICU(集中治療室)での治療でしたので、さすがに心配でしたね。。 この発表を受けて、XJAPANの活動を 休止、ウェンブリー・アリーナ公演も 延期になってしまいましたから。 PATAは 「ウェンブリーに行く」 「ウェンブリーで俺は死ぬ」 と、発言していましたが・・・ やめてください。。 さすがに、無理しないでほしいです。。 PATAにとっても、ウェンブリーは特別な場所でしたからね。 そんなPATAも年内には、無事に復帰を果たして、延期されたウェンブリー・アリーナ公演も開催されましたから、一安心です。 一時期、生死を彷徨うまでに病気が深刻化されていて、再び 「メンバーの死」 が頭によぎったファンも多いのでは。。 さすがの YOSHIKIもPATAを心配して 「ホントに心配かけやがって」 「みんな言ってやって!酒飲むな、タバコ吸うなって」 観客を煽っていました。 これにはPATAも苦笑いで、胸の前でXポーズを(笑) 笑い話になって良かったです。。 まとめ HIDE・TAIJIのメンバーの死、TOSHIの洗脳、PATAの体調不良・・・YOSHIKIも気が気じゃないですよね。。 まぁ、一番体調が心配なのはYOSIHKIですが、何とかなっていますからね。。 今後も、無理せずに活動してほしいものですが。 YOSHIKIには、到底無理な話でしょうけどね(笑) スポンサードリンク.

次の