ジープ ラングラー サハラ。 ラングラー(ジープ)の中古車

【ラングラーJL】スポーツとサハラの違いを徹底比較!ジープラングラーアンリミテッド4ドア

ジープ ラングラー サハラ

FCAのオールラインアップ試乗会 どうやら日本人は「ジープ」が好きらしい。 9月30日にGKNドライブラインのプル—ビンググランドで開催されたFCAジャパンのフルライン試乗会の冒頭、FCJのポンタス・ヘグスロトム社長は、FCAジャパンの業績が好調であること。 特にジープ・ブランドがそれを牽引してしること。 そしてジープ・ラングラーは2019年9月単体で800台を超えるセールスを記録し、今年は年間で5000台を超える見込みだという。 なんと、日本は北米以外でもっともジープ・ラングラーが売れるマーケットだというのだ。 どうりで都内でもジープ・ラングラーをよく見かけるはずだ。 個人的に、どうもジープに縁がなくて歴代、どのジープもちゃんと運転したことがなかった。 かねてより興味があったので、今回は数ある試乗車のなかから特にジープ・ラングラーを選んでドライブさせてもらった。 試乗コースが一般公道でないことは最初にお断りしておく。 かねてより興味があった理由は、「おそらくほとんど荒れ地へ行かないのに、どうして都内にはこんなにジープラ・ラングラー(とメルセデス・ベンツGクラス)が多いのか?という疑問があったからだ。 ご縁がなかったこともあって、ジープ・ラングラーについてはほとんど知識がなかった。 なので、少し調べてみた。 北米でのジープ・ラングラーの販売台数の推移 現行ジープ・ラングラーは2917年のLAショーで発表されたJL型だ。 ここ四半世紀というところで見てみると 2代目TJ型が1996-2006年 3代目JK型が2007ー2017年 現行4代目JL型が2018年ー ということになる。 北米でのセールスデータを調べてみた。 現行JL型は北米でも大ヒットを記録している。 2018年には24万台!も売れた。 2019年も9月までで17. 6万台が売れている。 その北米の次のマーケットが日本(で5000台)というのは、いろんな意味で驚きだ。 オフロードを走るクルマのことを「ジープ型」と言うように、ジープは日本人の心の奥底にしっかりポジションを築いている。 だから売れ続ける。 しかも現行のJL型は評判がいいときている。 全高以外はとくにばかでかいというわけではない。 筆者のガレージ(都内の狭小住宅)には高さの問題で入らないが、想像していたよりは大きくない。 きっと燃費が恐ろしく悪いのだろうと思ってエンジンスペックを見ると 2. 訊くと、2. まぁ許容範囲(!)だ。 トランミッションは、現在最高(と個人的に思っている)ZF製8速ATの8HPだ。 記憶が確かなら、ZFからライセンスを受けてクライスラーの工場で製造しているもののはずだ。

次の

ラングラー(ジープ)の中古車

ジープ ラングラー サハラ

FCAのオールラインアップ試乗会 どうやら日本人は「ジープ」が好きらしい。 9月30日にGKNドライブラインのプル—ビンググランドで開催されたFCAジャパンのフルライン試乗会の冒頭、FCJのポンタス・ヘグスロトム社長は、FCAジャパンの業績が好調であること。 特にジープ・ブランドがそれを牽引してしること。 そしてジープ・ラングラーは2019年9月単体で800台を超えるセールスを記録し、今年は年間で5000台を超える見込みだという。 なんと、日本は北米以外でもっともジープ・ラングラーが売れるマーケットだというのだ。 どうりで都内でもジープ・ラングラーをよく見かけるはずだ。 個人的に、どうもジープに縁がなくて歴代、どのジープもちゃんと運転したことがなかった。 かねてより興味があったので、今回は数ある試乗車のなかから特にジープ・ラングラーを選んでドライブさせてもらった。 試乗コースが一般公道でないことは最初にお断りしておく。 かねてより興味があった理由は、「おそらくほとんど荒れ地へ行かないのに、どうして都内にはこんなにジープラ・ラングラー(とメルセデス・ベンツGクラス)が多いのか?という疑問があったからだ。 ご縁がなかったこともあって、ジープ・ラングラーについてはほとんど知識がなかった。 なので、少し調べてみた。 北米でのジープ・ラングラーの販売台数の推移 現行ジープ・ラングラーは2917年のLAショーで発表されたJL型だ。 ここ四半世紀というところで見てみると 2代目TJ型が1996-2006年 3代目JK型が2007ー2017年 現行4代目JL型が2018年ー ということになる。 北米でのセールスデータを調べてみた。 現行JL型は北米でも大ヒットを記録している。 2018年には24万台!も売れた。 2019年も9月までで17. 6万台が売れている。 その北米の次のマーケットが日本(で5000台)というのは、いろんな意味で驚きだ。 オフロードを走るクルマのことを「ジープ型」と言うように、ジープは日本人の心の奥底にしっかりポジションを築いている。 だから売れ続ける。 しかも現行のJL型は評判がいいときている。 全高以外はとくにばかでかいというわけではない。 筆者のガレージ(都内の狭小住宅)には高さの問題で入らないが、想像していたよりは大きくない。 きっと燃費が恐ろしく悪いのだろうと思ってエンジンスペックを見ると 2. 訊くと、2. まぁ許容範囲(!)だ。 トランミッションは、現在最高(と個人的に思っている)ZF製8速ATの8HPだ。 記憶が確かなら、ZFからライセンスを受けてクライスラーの工場で製造しているもののはずだ。

次の

Chevron

ジープ ラングラー サハラ

基本装備• キーレス• スマートキー• パワーステアリング• パワーウィンドウ• ETC• ETC2. エアコン• Wエアコン• 盗難防止装置• ダウンヒルアシストコントロール• ドライブレコーダー• センターデフロック• 電動格納ミラー• アイドリングストップ• 電動リアゲート• クリーンディーゼル 内装• 革シート• ウォークスルー• パワーシート• オットマン• ベンチシート• シートヒーター• フルフラットシート• シートエアコン• 3列シート• ハーフレザーシート• チップアップシート• 電動格納サードシート 外装• LEDヘッドランプ• HID(キセノンライト)• フルエアロ• アルミホイール• リフトアップ• ローダウン• サンルーフ• ランフラットタイヤ• ルーフレール• エアサスペンション• ヘッドライトウォッシャー 安全装置• 運転席エアバッグ• 助手席エアバッグ• サイドエアバッグ• ABS• 横滑り防止装置• 衝突安全ボディ• 衝突被害軽減システム• クリアランスソナー• オートマチックハイビーム• オートライト• 頸部衝撃緩和ヘッドレスト カメラ• フロントカメラ• バックカメラ• サイドカメラ• 全周囲カメラ カーナビ• HDDナビ• DVDナビ• CDナビ• メモリーナビ• ポータブルナビ• SDナビ TV• TV フルセグ• TV ワンセグ• 後席モニター オーディオ• ミュージックプレイヤー接続可• ミュージックサーバー• カセット 動画プレイヤー• ブルーレイ再生• DVD再生 AV機器• Bluetooth接続• USB入力端子• 100V電源 自動運転• オートクルーズコントロール• アダプティブクルーズコントロール• レーンアシスト• 自動駐車システム• パークアシスト 過給器• ターボチャージャー• スーパーチャージャー 国内•

次の