ねぎし 店舗。 店舗案内

2015年5月28日 放送 ねぎしフードサービス 社長 根岸 榮治 (ねぎし えいじ)氏 |カンブリア宮殿: テレビ東京

ねぎし 店舗

弊社が大切にしているのが、「お客さまにおいしさを お客さまにまごころを ねぎしはお客さまのためにある そしてお客さまの喜びを自分の喜びとして親切と奉仕に努める」という経営理念です。 また、「働く仲間の幸せ(人の成長・100年企業)」、「『日本のとろろ文化』と日本の農業に貢献します」、「おいしい味づくりで楽しい街づくり」といったビジョンを掲げ、100年企業の実現を目指し、経営理念・思いを従業員に共有し、自ら考え行動できる自由闊達な風土づくりを行っています。 弊社では、アルバイトを含むすべての従業員の方に、経営理念・思いを理解してもらうため、採用後、直ぐに店舗勤務するのではなく、先ず、本社(サポートオフィス)において3時間の入店前研修を実施しています。 また、従業員を対象とし、経営理念の理解度テストを年1回実施するほか、経営理念を改めて考え、自らの働き方を振り返ってもらうため「私と経営理念」という文集を毎年発行しています。 働きやすい環境づくりのため、従業員満足度アンケートを年1回実施しており、集計・分析結果を従業員に情報開示しています。 従業員から寄せられた要望については、うやむやにせず、できないものはできないと回答しますが、できるものは次年度の経営指針書に盛り込んでいます。 また、時間外労働の削減、有給休暇の取得も促進しています。 2016年7月から全従業員の労働時間は、タイムカードを活用し、1分単位で管理し、給与を支給しています。 2017年から全店舗の従業員の労働時間を本社 サポートオフィス で集約し、月3回、各店長に共有し、従業員にも周知し、時間外労働の削減や、店舗間の応援協力 ヘルプ の実施に繋げています。 2016年からは正社員の5連休の取得を推進し、2018年の取得率は60. 7%となっています。 正社員の公休については、2017年度の96日から2018年度は97日、2019年度は100日と拡充し、さらに2020年度は104日とすることを目指しています。 アルバイトの方の有給休暇取得も促進しており、2017年の取得率は11. 96%でしたが、2018年には96. 6%になっています。 アルバイトの方にもワークライフバランスを考慮した働き方を勧めています。 池袋東口店を例にとると、アルバイトの方には、店舗が忙しい土日のどこかに必ずシフトを入れてもらいますが、あくまで学業や家事、育児などを優先してもらっています。 この考え方は、採用面接の際も伝えますが、入店後も常日頃から店長が直接面談で伝えています。 働きやすい職場であれば、口コミが広がり採用もしやすくなる効果もあります。 店長自身も、家庭の行事の際には、必ず休暇を取り、ライフステージに合った働き方を確立しています。 なお、アルバイトが集まりにくい店舗では、店舗間の応援協力 ヘルプ が必要となりますが、経営戦略上、弊社の店舗は全て本社 サポートオフィス のある新宿から30分圏内に立地しており、適時適切な応援協力が可能です。 多能工化の推進 お客さまの喜びと満足を見える化するため、「常設アンケートはがき」を各店舗の全テーブルに設置し、毎月約2,000通のお客様の声をいただいています。 アンケートでは、お客様に「本日輝いていたスタッフ」を回答いただき、毎月、名前を書かれた従業員約500人を「親切賞」として、そして半期・年間の集計結果で「親切大賞」として表彰しています。 お客様から直接名前とお褒めの言葉を書かれることによって、「おもてなし」精神を讃えて表彰するものです。 また、アンケートでは、弊社の5大商品である「味」、「笑顔・元気」、「清潔」、「親切」、「楽しさ」を5段階評価していただき、店舗別総合満足度一覧として社内で公表しています。 なお、お客さまからの改善のご指摘については、「お宝レポート」と呼び、大切に保管し、すぐにお客さまの声をもとに業務の改善に繋げる取り組みを行っています。 こうしたことでお客さまの喜びを自分の喜びとして感じてもらっています。 弊社には、品質、サービス、衛生の観点から複数の認定制度やコンテストがあります。 サービスを評価する「接客ロールプレイングコンテスト」については、年2回開催し、前期は女性社員及びアルバイトの方のコンテストを、後期は店長のコンテストを実施しています。 なお、店長のコンテストの審査員は、前期のアルバイトの方のコンテストの入賞者です。 店舗の綺麗さを評価するクレンリネスコンテストは年2回開催し、全店長同士で審査を行います。 各店舗ではクレンリネスコンテストの入賞を目指し、PDCAサイクルを回すので、店長のリーダーシップ力とチーム力が養われます。 また、各店舗の焼き場担当者は、社内の「焼士認定」を取得した専門スタッフに限定していますが、「焼士認定」は難易度が高く、2016年度9名、2017年度4名、2018年度10名のみの認定となっており、何度も落ちる人も珍しくありません。 しかし、これが品質の維持・向上や、従業員のモチベーション向上に繋がっていると考えています。

次の

全店舗紹介 |牛タン・とろろ・麦めしのねぎしフードサービス

ねぎし 店舗

社長である根岸榮治さんは、もともと福島県いわき市を中心に他業種の飲食店を数多く展開していました。 東京で流行っていた業態を地方で次々にヒットさせ、福島だけでなく宮城、茨城と店を構えるようになりましたが、そのうちに全店に目が行き届かなくなりました。 気がつくと、各店で不正がはびこり、ライバル店に全従業員を奪われるケースさえ出てきたのです。 ある時、9人でやっていた店が9人ともいなくなったことがあります。 約50メートル先に同じメニューを取り揃えて看板だけが違うライバル店ができて、そちらに全員が移っちゃったんです。 さすがに、彼らを怨みましたよ。 だけど、数か月が経って、だんだん冷静に考えられるようになると、全部自分が悪かった、「因は我にあり」ということが分かってきたんです。 初心に帰って経営をやり直そうというと決意した根岸さんが注目したのが、好物の牛たんでした。 リスクを伴う従来のような他店舗展開はやめ、牛たんという一業種で勝負することにしました。 しかも、東京の新宿を中心に30分以内というのが出店の条件です。 1981年、歌舞伎町に1号店を出してはみたものの、なかなか思ったような味にならず、お客様もまばら。 軌道に乗った後もBSE問題など多くの試練を乗り越えながら、今年、その店舗数は40店舗になります。 「この言葉だけは覚えておきなさい」 経営をとおしての様々な失敗は、根岸さんに思いを社の全員で共有すること、人を大切にすることの大切さに気づかせます。 「理念共有」と「人財共育」は、まさにそのことを端的に示した言葉です。 最も大きかったのは、経営理念を明確化してそれを全従業員で共有したことと、人を育てるための仕組みを確立させていったことです。 かつての私はいかに売り上げと利益を上げるかという価値観だけで経営をしていました。 しかし、従業員が売り上げや給料の額ばかりに目を奪われ、一緒に働く仲間をライバル視して、自分だけが勝ち残ろうとする。 そんな社風ではいろいろな場面で不正がはびこり、本当の意味での働く喜びやお客さまによりよい商品を提供しようという思いは生まれません。 売り上げや利益が上がることだけに価値観を置く「事実前提」から、自分たちは何のために存在しているのか、その目的のためにどのように働いたらよいのかを第一に価値観を置く「価値前提」の考えになったことが最も大きな変革だと思います。 「お客さまにおいしさを お客さまにまごころを ねぎしはお客さまのためにある そして お客さまの喜びを自分の喜びとして親切と奉仕に努める」という経営理念や、「ねぎしの思い(経営の目的)」「基本行動」などはそこから明確になっていきました。 一般に、飲食業は従業員の定着率が低く、常に募集をかけなければ人が集まらない業種もあるそうですが、「ねぎし」の定着率は高く、多くの社員が働きがいを感じているといいます。 その秘密の一つが独自の人事考課制度にあります。 他にも人事制度でユニークな改善をしています。 人を育てた従業員ほど高く評価されるというもので、これは他にない独自の制度だと思っています。 従業員が辞めていく理由の七割は人間関係なんです。 しかし、人をどう育てたかを人事評価に盛り込むことによって上司は自ずと部下に関心を持って近寄り、教育し成長させていくことになります。 そうすれば人間関係は円滑になり、社員の定着率は高まり、冒頭に申し上げた人手不足という問題も解決することになります。 社内の人間関係がよくなってこそ、お客さまの喜びを自分たちの喜びとし、親切と奉仕に努めるという経営理念が実現できるんです。 このほかにも、「ねぎし」には本社がないなど様々な経営の特徴があります。 企業を活性化に導くヒントが盛り沢山です。 東京で大学卒業後、43年帰郷。 45年ねぎしフードサービスを立ち上げ多業態の飲食店を展開。 56年から牛たん「ねぎし」を東京・新宿を中心に店舗展開している。

次の

店舗のご案内│竹隆庵岡埜

ねぎし 店舗

年内は12月29日 土 まで全店通常営業いたします。 店舗名 12月30日 日 12月31日 月 1月1日 祝 1月2日 水 1月3日 木 新宿西口 通常営業 11:00〜17:30 (L. 17:00) 休み 11:00〜22:00 (L. 21:30) 通常営業 新宿西口 通常営業 10:30〜17:30 (L. 17:00) 休み 通常営業 通常営業 新宿西口 通常営業 11:00〜17:30 (L. 17:00) 休み 通常営業 通常営業 新宿西口 通常営業 11:00〜17:30 (L. 17:00) 休み 通常営業 通常営業 新宿3丁目 通常営業 11:00〜17:30 (L. 17:00) 休み 通常営業 通常営業 新宿東口 通常営業 11:00〜19:00 (L. 18:30) 休み 通常営業 通常営業 新宿歌舞伎町 通常営業 11:00〜17:30 (L. 17:00) 休み 通常営業 通常営業 新宿歌舞伎町 休み 休み 休み 休み 通常営業 新宿南口 通常営業 11:00〜20:00 (L. 19:00) 休み 11:00〜21:00 (L. 20:00) 通常営業 店舗名 12月30日 日 12月31日 月 1月1日 祝 1月2日 水 1月3日 木 渋谷 通常営業 11:00〜17:30 (L. 17:00) 休み 通常営業 通常営業 渋谷パルコ前 通常営業 11:00〜17:30 (L. 17:00) 休み 通常営業 通常営業 渋谷警察署前 通常営業 11:00〜17:30 (L. 17:00) 休み 通常営業 通常営業 神宮前5丁目 通常営業 11:00〜17:30 (L. 17:00) 休み 通常営業 通常営業 銀座7丁目 通常営業 11:00〜17:30 (L. 17:00) 休み 通常営業 通常営業 東京国際フォーラム前 通常営業 11:00〜17:30 (L. 17:00) 休み 通常営業 通常営業 東京駅八重洲地下街 通常営業 10:30〜18:00 (L. 17:30) 休み 通常営業 通常営業 店舗名 12月30日 日 12月31日 月 1月1日 祝 1月2日 水 1月3日 木 銀座3丁目 通常営業 11:00〜17:30 (L. 17:00) 休み 通常営業 通常営業 神田 通常営業 11:00〜17:30 (L. 17:00) 休み 通常営業 通常営業 御茶ノ水 通常営業 11:00〜17:30 (L. 17:00) 休み 通常営業 通常営業 秋葉原 通常営業 11:00〜17:30 (L. 17:00) 休み 通常営業 通常営業 錦糸町駅テルミナ2 通常営業 11:00〜20:00 (L. 19:30) 休み 通常営業 通常営業 上野駅広小路口 通常営業 11:00〜18:00 (L. 17:30) 休み 通常営業 通常営業 上野駅不忍口前 通常営業 11:00〜17:30 (L. 17:00) 休み 通常営業 通常営業 店舗名 12月30日 日 12月31日 月 1月1日 祝 1月2日 水 1月3日 木 池袋サンシャイン通り 通常営業 11:00〜17:30 (L. 17:00) 休み 通常営業 通常営業 池袋サンシャイン通り 通常営業 11:00〜17:30 (L. 17:00) 休み 通常営業 通常営業 高田馬場 通常営業 11:00〜17:30 (L. 17:00) 休み 通常営業 通常営業 中野 通常営業 11:00〜17:30 (L. 17:00) 休み 通常営業 通常営業 荻窪 通常営業 11:00〜17:30 (L. 17:00) 休み 通常営業 通常営業 吉祥寺 通常営業 11:00〜17:30 (L. 17:00) 休み 通常営業 通常営業 吉祥寺公園口 通常営業 11:00〜17:30 (L. 17:00) 休み 通常営業 通常営業.

次の