せき とう おう りゃく せいらん し。 西湖(せいこ)とは

せき・とう・おう・りょく・せい・らん・し! : 今日の秋印

せき とう おう りゃく せいらん し

白……「白田」(しろた)、「白川」(しらかわ)、「白井」(しらい)。 黒……「黒田」、「黒川」、「黒井」。 赤……「赤井」、「赤星」、「赤川」。 紺……「紺野」。 青……「青田」、「青山」、「青井」、「青」。 緑……「緑川」。 藍……「藍川」、「藍田」、「藍本」。 土には金(金属)があり、生命の源となる水があり、その水を吸って木は育つ。 その木が燃えて火となり、……。 玄は黒という意味) (城島明彦).

次の

苗字は不思議だ(色編): 城島明彦(作家)の『ちょっとあぶない雑記帳』

せき とう おう りゃく せいらん し

虹色と言われた時 どんな色を思い出しますか? 金色や銀色のようなちょっと特別な色 というイメージでしょうか。 虹色というと、様々な色が バランス良く混ぜられているので きれいでカラフルな色というと 納得しちゃう組み合わせですね。 そんな虹色の順番は 赤橙黄緑青藍紫 この 7 つの色が、この並びで 並んでいるというのが特徴 です。 音読みで覚えると 「 せきとうおうりょくせ い らんし 」 となります。 リズミカルで覚えやすいですよね。 実は虹が七色なのは、なんと 万有引力のニュートンが大元に なっているって知っていましたか? なんでもニュートンさんの時代 なんでも7と結びつかれているのが 大事なことであり流行でもありました。 今は虹を 7 色と判別するのは 知識が伝わった日本が中心で ほとんどの国では5色や2色など 7色以外と判別しているんですって。 虹はどの方向から見ても 全く順番が変わること無く 、 上から 赤橙黄色緑青藍紫の順番に 光の具合で作られていますよ。 どうしてそういい切れるのかというと 虹を作り出すことに必要な空気の水分 地球の空気の層と太陽の光などは 地球上のどこでも同じ方向にあるためです。 ちょっとむずかしい言い方でしたが 単純に光が当たる方向が同じなので 全く違う並び替えになることは 絶対に無い、というわけです。 もう一つ、 英語圏では 「 ロイジービヴ 」 という覚え方もあります。 R・O・Y・G・B・I・V つまり以下の通りです。 Red Orange Yellow Green Blue Indigo Violet これは日本語での色を英訳して、 その単語の頭文字を取ったものなんです。 英語が好きな人や慣れている人に かなり限定した覚え方ですが 語感は非常に良いですよね。 人名に似ている言葉なので 覚えやすいのですが、 英語に訳してあることを忘れてしまうと、 これなんだっけ? ということにもなってしまいます。 覚える人は、その元の言葉も 覚えておかないといけません。 虹色の覚え方?アフリカ 8 色、日本 7 色、米英 6 色、ドイツ 5 色、南アジア 2 色! 先程も触れましたが、 7 色として虹色を見ているのは 日本と韓国とオランダの 3 カ国 だけです。 それより 多い国はアフリカで 8 色 で す。 イギリスやアメリカは6色 ドイツでは5色 ロシアやインドネシアでは4色 南アジアや沖縄では、なんと2色! 2色の国では赤と黒の2色で分けられ 日本から見るとなんだか不思議な 感じがします。 この様に国や文化で大きく虹の色は 変わっています。 これは色の見え方の違いや 文化の違いによって、色を細かく 分類しない地域もあるためなんです。 見える色には差があるので どうこう言うことはできませんが それぞれの文化の差があって なかなかに面白いですよね。 色数が少ない国では、 虹色もそこまで派手ではない、 といったことがよくわかる比較と 言えるでしょう。 まとめ 虹の色の順番は、必ず決まっており 赤橙黄色緑青藍紫 と、 上から徐々に 暗くなっているようにできています。 この色の順番から、暗い色をまとめて 黒としてしまう国もありますが 色の順番自体は変化はありませんので 虹を描くときは注意が必要です。

次の

三菱鉛筆から『ジェットストリーム 和モダンカラー』数量限定発売へ

せき とう おう りゃく せいらん し

いったい虹の色の順番ってどうなっているのでしょう? 虹の順番 虹の色の順番はこうなっています。 紫 日本では伝統的に 赤 橙 黄 緑 青 藍 紫とされますが、実際の色や、光の波長を考えると、この順番が一番近いです。 でも、これはあくまでも、日本の場合の区別の仕方です。 例えば赤と橙の間には、赤とオレンジの間の色が存在します。 そうやって無数の色のグラデーションになっているのが虹の色なんです。 だから、国や文化が違えば、虹の色の分類も違ってきます。 アメリカの場合だと、水色を除いた、 赤 橙 黄 緑 青 紫の六色とされます。 ドイツの場合は、さらに紫まで抜いた 赤 橙 黄 緑 青の五色です。 そして、沖縄だとなんと 赤と 青の二色と認識されているそうです。 この順番を覚えるのは、それぞれの色を音読みで、リズミカルに読み上げるのがおすすめです。 スポンサーリンク 光の性質 虹ができる仕組みを理解する際に欠かせないのが、 光の性質を知ることです。 虹は光の不思議な性質のおかげで発生する現象です。 その不思議な性質とは次の2つです!• 光は屈折する• 屈折率は色 波長 によって違う 順番に解説していきますね! 光は屈折する 光は空気中に浮いている粒子にぶつかると進行方向が曲がる性質を持っています。 これを 屈折と呼びます。 粒子といっても酸素や窒素などの分子から、空気中を漂う埃や水蒸気など様々ですが、 虹を作り出すほどの粒子はかなり粒の大きいものが必要です。 雨上がりの空気中には粒の大きい水蒸気がたくさん漂っているため、虹が出やすいのです! 屈折率は色によって違う 光は屈折するわけですが、ただ屈折するだけではあの綺麗な七色は出ませんよね。 実は太陽の光には様々な色の光が混じっています。 これらの光は 色ごとに波長が違います。 そして、この波長ごとに粒子にぶつかった時の曲がりやすさが違うのです。 それぞれの色の波長の違いと、屈折のしやすさを表したのが下の画像です。 光の曲がる角度が違うと、遠くにいる人には、それぞれの色の光が分かれて届くため綺麗な七色の虹が見えるのです。 次は虹ができる際の光の屈折の仕方を更に詳しく見てみましょう! スポンサーリンク 虹ができる仕組み 虹は屈折率の違うそれぞれの色の光が、空気中の粒子で屈折して分かれて届くためできるものです。 しかし、どんな粒子でも良いわけでなく、 粒の大きい水蒸気でなければ、虹になるほどの大きな別れ方になりません。 下の画像をご覧ください。 光は 水蒸気の中で、屈折と反射を繰り返すことで、色ごとに光が分かれます。 ある程度の大きさの水蒸気でなければ、水蒸気の中での光の反射が起きないため、雨が上がった直後のような、空気中に大きな水蒸気がたくさんある状態でなければ、虹にならないのです! さて、ここまでは虹ができる仕組みをお伝えしました。 しかし、実は虹は良く見ると必ず2つ出ているのをご存知でしょうか?外側にうっすらと、もう1つ出ている虹があるのですが、今度はこの2つ目の虹のことを見ていきましょう! スポンサーリンク 主虹と副虹 虹を良く見てみると、色の濃い虹の外側にうっすらと薄い虹がもう1つ出ているのが分かります。 色の濃いはっきり見える虹の方を 主虹、色が薄い方の虹を 副虹といいます。 主虹は紫が内側で赤が外側になりますが、副虹は逆に赤が内側で、紫が外側になるのが特徴です。 この副虹はなぜできるのでしょうか? 副虹ができる仕組み 副虹ができる仕組みも、基本的には主虹と同じですが、 水蒸気の中で反射する回数だけが違います。 下の画像は副虹ができる時の、光の屈折と反射の仕方です。 副虹の場合は水蒸気の中で 2回反射します。 このように水蒸気の中で2回反射するため、光が飛んでいく方向が主虹とは更に離れます。 そのため、副虹は主虹の外側に出るのです。 副虹の色が薄い理由 では、なぜ副虹の方が色が薄いのでしょうか? 光は水蒸気の中で反射する際に一部の光は反射せずに水蒸気の外に出て行ってしまいます。 そのため、 水蒸気の中で反射するたびに、光は弱くなっていくのです。 主虹の場合の反射は1回だけですが、副虹の場合は2回反射しているので、その分、光が弱くなり色が薄くなってしまうのです。 まとめ 今回は虹ができる仕組みについてお伝えしました。 私は虹ができる仕組みは、光が水蒸気にぶつかって屈折するからだと思っていました。 しかし、厳密には屈折に加えて 反射しなければ、虹にはなりません! 虹には光を反射できるほどの大きな水蒸気が必要なんですね~! ちなみに虹が発生する条件には、水蒸気以外にも様々な条件があります。

次の