私 の 家政 婦 ナギ さん いつから。 家政夫のナギサさん

私の家政婦ナギサさん2話/多部未華子の衣装のブランドは?ピンクのジャケットが可愛い!

私 の 家政 婦 ナギ さん いつから

ドラマわたナギ感想口コミ前評判! 多部未華子さん主演の注目ドラマ、わたナギこそ「私の家政夫ナギサさん」 大森南朋さんの家政夫役ももちろんですが、瀬戸康史さん、眞栄田郷敦さんといったイケメンキャスト。 そしてハナコの岡部大さん、ずんの飯尾和樹さんといた芸人キャストにも注目の作品です。 そんなわたナギの口コミ感想、そして前評判はどうなっているのか、早速意見を見てみましょう。 主役を演じておられる女優さんが可愛らしかったので最初の回は見てみたいと思いました。 CMだけでは内容はよくわからなかったので、内容についての興味はあまりありません。 ・ドラマ「私の家政夫ナギサさん」は、今回一番見たかったドラマでいつから始まるんだろうとずっと待ち続けていました。 多部未華子さん大好きです。 CMでの「どう見てもおじさんじゃん」というセリフ、メチャクチャツボです。 そのセリフの時の大森南朋さんのとぼけたような顔が忘れられません。 これは面白い事間違いないと思っています。 ・予告CMで観よう!と感じた数少ないドラマです。 かなり驚きの配役だと思いました。 多部未華子ちゃんがすごく美人に成長したなあと感じます。 家政婦ではなく男性の家政夫さんなので、今の世の中をうまく反映させて面白く作って欲しいです。 ・多部さんが結婚されて益々キレイになった。 ドラマの内容は、少々ハチャメチャな感じはするが楽しそう。 ・原作をマンガで読みました。 ナギサさんは大森南朋さんのイメージではなかったですが、彼の演技力で働く女子を癒やしてくれることと思います。 多部未華子さんはこういったラブコメディー系の作品もとても上手い女優さんなので期待大です。 ・多部未華子さんの作品は、自分の中で外れがないので面白いのではないかと思いました。 相原メイ、スーパー家政夫 ・鴫野ナギサ、田所の関係がどのようになっていくのか、ちょっとコメディっぽい感じがするので興味深いです。 スーパー家政夫ということで、ちょっとした豆知識もあるのではないかというのも期待しています。 ・コミカルで楽しそうなイメージを番組宣伝などで感じられます。 実際に男性の家政婦さんがきたら、とても楽しそうな感じだし我って見ていられるドラマだと思います。 多部さんも年を重ねてもとても可愛らしい感じが好きです。 ・多部未華子のドラマだという所ですでに面白そうと思います。 多部未華子は最近演技の幅が凄く広がっているし、演技力も付いてきていると思うし、尚且つあか抜けて可愛くなったと思うのでそれをまとめて凄く見たいなと思いました。 役柄的にもキャリアウーマンだけど家事が出来ないというそのギャップを上手に演じてくれそうで楽しみです。 ・おじさんが家政婦として家にやって来るという、前代未聞のような設定が、面白いです。 多部未華子さんは、近年ビジネスウーマン的な役が多いので、今回もそんな感じなのは勿論、私生活ではダラダラしているという役柄なのも、見てみたいと思っています。 ・今まで「家政婦」を題材にしたドラマは、主役の俳優が印象的で、内容も興味深く、結構話題になることが多かったように思います。 そして新ドラマのタイトルが、時代を反映した「家政夫」というところに、どんな内容のドラマなんだろうという興味を惹かれます。 ・第一印象として、今までに数の少ない題材にあたる家政夫を選んでいるあたりに意気込みを感じます。 その家政夫役が大森さんというのは凄いチャレンジで見る価値がありそうです。 また、重くなりすぎず火曜日の夜には最適だと感じます。 ・働き盛り。 仕事は頑張らなくちゃ。 あれこれ頑張る。 周りによかれと思って頑張る。 「できます!」「大丈夫です!」が口癖になって、家にひとりでいるときは、反動で無になる。 何もしたくない。 よくわかります…。 そして多部未華子さんは頑張る女性がよくにあう!大森南朋さん演じる家政夫ナギサさんと出会ってどう変わるのか楽しみです。 ・ストーリーの内容が軽快かつ主人公が等身大のアラサー独身女子を演じてくれそうなので、とても楽しみにしている作品です。 また、キャスティングも多部未華子さんと瀬戸康史さんがメインで役柄と役者さんの印象もぴったりだと思ってます。 ・出演されている俳優さんが面白そうだと思いました。 ラブコメディっぽいので楽しく見られそうだという印象を受けました。 ただ、CMを見た際に展開が遅いと数話で飽きてしまいそうだなという印象を受けましたが、興味はあるので最初の回は見てみたいです。 ・原作のファンなのでとても期待しています。 主人公のメイが恋に惑わされていく姿を実写で早く見たいです。 多部未華子さんはとてもかわいいのでメイ役にも適していると思います。 とにかく今期で一番楽しみなドラマです。 ・これはマンガ原作で、コメディ要素が多そうなので面白そうと思いました。 ただテレビCMではあまり華やかさがなく、地味な印象でした。 テンポによってはつまらなくなりそうかも。 家政婦で流行ったドラマに便乗してみました、というのでないことを祈ります。 ・多部ちゃんのNHKの経理のドラマがとても面白かったので、彼女主演のドラマは面白そうな気がします。 ただ、共演が大森さんなのでちょっと彼女の相手役としては(役的なのでしょうが)年齢が開きすぎてどうかなぁと心配はあります。 ・多部未華子さんと瀬戸康史さんが結ばれる話なのか、家政婦の人との話なのか不明です。 しかし、笑いあり涙ありの作品のように感じます。 主題歌が、あいみょんさんで、この曲はすごい好きで絶対感動シーンに使われると涙が出そうになると思います。 今から楽しみです。 ・話の内容が明るそう。 元気が出そうと感じます。 キャリアウーマンではないですが、昔は私もバリバリ働いていたので、少し身近に感じるのではと思いました。 多部未華子も好きですし。 大森南朋も好きなので、1度みてみたいと思います。 ・ずっと待ちにまっていたドラマ! 内容も家政婦のおじさんというところまた、恋愛と仕事を模様に描かれているため、女性がとても好むドラマになっているのではと思います。 また20代後半の女性が主人公というところも世の中の多くの女性が共感するのでは。 ・私もナギサさんのような家政夫が欲しいです。 家事全般を完璧にこなし、それでいて愚痴なども聞いてくれる。 こんな完璧な人がいたら、きっと毎日充実して暮らせるだろうと思います。 メイが、ナギサさんと過ごすことでどんな風に変わっていくのかを楽しみにしています。 ・マンガ原作のコメディで、力を抜いて見られそう。 多部未華子は「これは経費で落ちません」で大好きになりました。 コメディでまじめな役をやりきる力に長けていると思います。 大森南朋のキャスティングもいい。 ずん飯尾や趣里も楽しみです。 私の家政夫ナギサさん前評判:つまらなそう・面白くなさそう ・この手のドラマは難しいと思います。 どこまでコミカルに演技切れるか、というところですが、家政夫役が大森南朋というのがちょっと配役ミスではないかと思います。 突然部屋に見知らぬおじさんが現れるとか、ちょっと現実離れしすぎている点もたのしみきれない理由となります。 ・多部ちゃんも瀬戸康史も大好きなんだけど、大森南朋も演技が上手くていいんだけど、ストーリーがつまらなさそう。 最近は、刑事ものや医療系のドラマが面白いので、家政婦さんのお話はほのぼのしすぎてる。 見ていて単調で飽きてしまいそう。 ・家政夫のミタゾノや逃げ恥の二番煎じになりそうで怖い。 主題歌のあいみょんのうたは好きですがどうリンクしてくるのかな。 多部未華子ちゃんが可愛いのでとりあえず1話はみようかなぁと思います。 予告から見てみようとは思えない。 ・また漫画原作の実写化か、と飽き飽きしています。 漫画と実写化はだいぶギャップがあったりして、全然観たいとは思いません。 主演の多部未華子や 大森南朋にしても、地味でパッとしないし、おっさんと若い女性じゃ胸キュンもしません。 ・何度も番組宣伝をみましたが、はっきり言って何も面白くなさそうです。 家政婦のミタやミタゾノなど、でるキャストのインパクトもないし、多部未華子さんもはっきりいってぱっとしません。 石原さとみさんや、北川景子さんのように、ずぼらではなさそうな人を起用したほうがいいと思います。 ・Webコミック原作だと、割と地味な展開なのかな?と少し思ってしまい、その点であまりドラマ性は期待できなそうだと感じました。 家政夫が主人公にどう絡んでいくんだろう?逃げ恥の逆バージョンみたいな感じなのか?だとしたら恋愛に発展するのか…?と思うと、絵的にやはり地味めな気がします。 大森南朋さんが豹変したら面白いかも?と思いました。 ・原作が漫画ということで、ビジュアルはすごくイメージに沿っていて、よくできていると思います。 個人的には漫画からドラマの実写ものはあまり見ないので、個人的には見ないかなと思います。 最近のドラマで家政婦の・・というタイプが多すぎるので、期待値が下がるのはあります。 ・設定の段階でちょっと無理があって物語に入り込めるイメージが沸かない。 といえ普通では考えられないストーリーが展開するのがドラマのいいところでもあるので、コメディとしてあまり深く考えずに見ることはできるのではないでしょうか。

次の

私の家政夫ナギサさん(ワタナギ)の放送延期はいつまで?開始日や代替番組は何?

私 の 家政 婦 ナギ さん いつから

[私の家政夫のナギサさん]のご紹介です。 [キャスト] 出典:thetv. jp 相原メイ(多部未華子) 製薬会社のMRとして働くアラサー女性。 性格はかなりの負けず嫌いで、入社3年目からずっと営業成績1位をキープしているやりてのキャリアウーマン。 あまりの隙のなさから、まわりから「仕事もプライベートも完璧」と思われているが、実は 生活力ゼロの、家事だけが大の苦手。 家事・料理も恋愛も手に付かない生活だった。 しかし、おじさん家政夫のナギサさんとの出会いから、自分の人生と幸せについて考えるようになっていく。 鴫野ナギサ(大森南朋) 家事代行サービス業者に勤めるベテラン家政夫。 50歳のおじさん。 家政夫としては珍しい、指名率1位の強者。 掃除、洗濯、料理といった家事全般を完璧にこなす。 寡黙で見た目と相反して、穏やかな人柄とふしぎな安心感、 そして50歳ならではの人生の深みのある一言は、多忙なメイに時間と心の余裕をもたらす存在になっていく。 田所優太(瀬戸康史) 外資系製薬会社のMR。 性格・ルックス・仕事もできる絵に描いたような超完璧人間のまさに王子様的な存在。 おまけに、誠実な人柄で、医師や営業先から絶大な信頼を得ており、誰とでも気さくに接するなど、 コミュニケーション能力が高くさらには懐も広く非の打ち所がない。 メイと同じ営業エリアで働くこととなり、 2人は営業先でよく会うように、そしてメイに恋の嵐を巻き起こすことに。 [原作] 原作はNTTソルマーレが運営する電子書籍配信サイト『コミックシーモア』内の少女漫画レーベル「恋するソワレ」 で2016年8月19日から配信連載中の「コミックシーモア」オリジナルコミックの「家政夫のナギサさん」(著者:四ツ原フリコ) が原作となってます。 [いつから開始?] まだ詳しくは発表されていないのですが昨年の様子からだと 第3週の4月14日の火曜日10時〜10時54分 の枠だと思われます。 TBSで放送予定です。 [あらすじ] このドラマの主人公である相原メイ(あいはら・めい)は、製薬会社のMRとしてバリバリ働くキャリアウーマンで仕事は誰よりもできるのに、家事だけは苦手な生活力ゼロのアラサー独身女子だ。 そんなメイの28歳の誕生日の夜、家に帰ると見たことのないエプロン姿のおじさん、鴫野ナギサ(しぎの・なぎさ)が突然現れる。 おじさんの正体は、料理・洗濯・掃除といった家事全般をパーフェクトにこなす指名率No1のスーパー家政夫だった。 見ず知らずの男性、ましてやおじさんが家にいるなんて考えられないと最初は拒むメイだったが、共に時間を過ごす中で、 いつしかナギサさんの存在に安らぎや温かみを感じていく。 そんな中、仕事ではメイの前に強力なライバルの田所優太(たどころ・ゆうた)が出現する。 この強敵を前に、成績優秀で負け知らずだったメイは大ピンチに陥ることに。 しかも人たらしでもある田所は、メイの警戒心をよそに爽やかにメイに急接近。 田所によってメイは仕事も恋も振り回されていく。 働き盛りで仕事に一直線だけど家事と恋は不器用なメイが、おじさん家政夫を雇うことから巻き起こる ハートフルラブコメディである。 [このドラマの見どころ] 家政婦と聞いてまず思い描くのは「家政婦はミタ」ではないでしょうか。 このドラマは「家政婦はミタ」と違い事件も起きませんし アットホームなドラマとなっています。 あえて事件というならば50歳の超やり手のおじさん家政婦が、主人公の相原メイの28歳の誕生日に突如現れて出会ったことは事件といえるかもしれません。 相原メイの職業であるMRとは 自身の勤めている製薬会社の営業で主に取引先は病院の医師などになり患者さんと医師との橋渡しにもなる、重要なお仕事です。 医薬品の結果や報告、コスト面での改善や業務は多岐にわたるためどうしても家のことが後回しに なってしまいますが、それを助けてくれるのが救世主ともいえるサポート役の鴫野ナギサの存在です。 名前だけ見ると女性と思われがちですが、50歳のおじさんというギャップな設定もこのドラマの見どころといえるでしょう。 また、家事という仕事は女性だけの仕事ではないんだよというメッセージも含まれており、日頃仕事でクタクタになってご飯を食べ、お風呂に入って寝る、そしてまた仕事というスパイラルにはみんな同じで男女なんて関係ないんだよというメッセージも含まれていると思います。 現代でも同じ境遇の方はこのドラマを見て「仕事が全てではない」とか 「そんな家政婦さんうちにも欲しい」と思うかもしれませんが、気になるのは鴫野ナギサがどういう経緯で今の家政婦になったか気になるところですね。 家事も仕事も全力でこなすというのは中々難しいところですが、仕事とはいえ完璧に家事をこなす鴫野ナギサの見えない部分にも着目してこのドラマを見るとより楽しめるかもしれません。 厳しい仕事の反面にある家事、それを解消して拠り所を作ってくれる家政婦の存在とその影響を受け人間的に変化、成長していく相原メイにも目が離せないドラマですね。 カテゴリー•

次の

私の家政夫ナギサさんは全何話でいつからいつまで?地域別放送時間まとめ

私 の 家政 婦 ナギ さん いつから

2019年、映画『多十郎殉愛記』完成披露記者会見で挨拶する多部未華子 今から13年ほど前に初めて 『山田太郎ものがたり』(TBS系・2007年)で、 多部未華子という女優さんを認識した。 セレブ高校に通う、一般家庭の女子高生という役。 むちゃくちゃ顔は小さいけれど、さっぱりした顔立ちだったので、 「これからはこういうビジュアルの女優さんが主流になるのかな」 そう見ていた。 でもそこからあれよあれよという間に、主演クラスのトップ女優へ、そして美しさのレベルを上げていく様子は、世間も承知の通りだ。 そんな彼女が、7月からやっと! 放送スタートになった ドラマ『私の家政夫ナギサさん(以下、わたナギ略)』(毎週火曜22時〜・TBS系)に主演している。 ただキャリアウーマンの私生活は彼氏なし、家事全般が不得意で部屋は散らかり放題という公表できない事情がある。 そんな素性を知った妹が、誕生日にスーパー家政夫の鴫野ナギサ(大森南朋)の家事代行をプレゼント。 他に ライバル薬品会社のイケメンMRで、メイに好意を寄せる田所優太(瀬戸康史)が同じマンションに住んでいる……といったトラブルも物語には登場。 それよりもドラマを見て「こりゃ分かるな〜」と共感の嵐が巻き起こったのは、 メイが部屋の片付けが苦手で部屋がとっ散らかっているということである。 実は私も片付け、整理整頓、掃除は苦手である。 唯一、料理が好きだということは逃げ道になるけれど、カーペットの上にはいつも何かが転がっている生活。 なぜできないと聞かれても、生まれた頃から苦手だったのでその理由はこっちが知りたいくらいだ。 それでも納税率100%で仕事をしているので、社会的な迷惑をかけていないと主張したい。 さらにメイには母親からのプレッシャーという、自尊心を欠落させる逆風が吹く。 娘と同じく家事が苦手だった 母親の美登里(草刈民代)は、仕事を捨てて専業主婦になった後悔をメイに託す。 仕事も家事もこなせる主婦になってほしいと、強く要望をしてくるのだ。 だから、家事代行サービスを頼んでいることにも、どこか後ろめたさがあるメイ。 今や働く女性にとって、このサービスを依頼することはちょっとしたご褒美であり、人によっては日常だ。 こんな思いは年齢にかかわらず、女性であればどこかで抱えたことがあるはず。 仕事、結婚、日々の生活。 全てを完璧なスケジューリングで回せる女性なんて存在するのだろうか? そういうムズムズとしたメイの機微を表現するのが、多部未華子は、めちゃくちゃ上手なのだ。 多部ちゃんはとても堅実な人だと信じている これまで数々の作品に出演してきた彼女だけど、何もずっと普通の会社員を演じてきたわけではない。 『デカワンコ』(日本テレビ系・2011年)に見られるような、ツインテールにゴスロリファッションというインパクトも残している。 例えば昨今は、エキセントリックな怪演で印象を残す俳優も増えているけれど、常軌を逸した行為は何か引っ掛かりを残すために、敢えて仕組んでいること。 話題に上って当然だと思う。 それがここ数年、彼女が演じて印象に残るのは 『僕のいた時間』(フジテレビ系・2014年)、『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系・2017年)のヒロインとして、会社員の役。 どれも年齢と同じくらいの等身大の女性を演じて、女性視聴者から共感を得ている。 ご本人のけして多くは語ることのない、実直そうな姿勢が演技に反映されているのだと思う。 番宣で出演している番組をたまに見ていても感じるのは、まさに『これは経費で落ちません!』で演じた森若沙名子。 仕事はきちんとするけれど、私生活の顔はごく一部の人間にしか見せないタイプだ。 何の番組か忘れたけれど、共演回数が多く、しかも同じ誕生日だという嵐の櫻井翔にバラエティ番組で「そろそろ……」と連絡先を聞かれても断っていた。 あのスーパーアイドルにさえ迎合しない姿勢は、やはり森若沙名子を彷彿させる実直さだ。 トータルすると堅実な人だと思う。 もし私が男なら、髪の毛もスカートもヒラヒラさせていつも何かをアピールしているような女よりも、多部ちゃんを選びたい。 そんな魅力が『わたナギ』のメイには発揮されている。 文:小林久乃 エッセイスト、ライター、編集者、クリエイティブディレクター、撮影コーディネーターなど。 エンタメやカルチャー分野に強く、ウエブや雑誌媒体にて連載記事を多数持つ。 企画、編集、執筆を手がけた単行本は100冊を超え、中には15万部を超えるベストセラーも。 静岡県浜松市出身、正々堂々の独身。 女性の意識改革をライトに提案したエッセイ『結婚してもしなくてもうるわしきかな人生』(KKベストセラーズ刊)が好評発売中。

次の