お 菓子 抜き ダイエット。 夕食抜きダイエット一週間でどれくらい痩せる?

炭水化物抜きダイエットで食べていいもの&お菓子や間食について

お 菓子 抜き ダイエット

おやつを食べるのはいいけれど、選ぶときに気をつけることがある。 高杉さんいわく、下記のポイントを押さえて食べると太りにくいとのこと。 カカオはポリフェノールなのでたくさん入っているほうが身体にもいい。 オリゴ糖は少し特殊な糖で、血糖値が上がらず、身体に吸収されにくいので太りにくいと言える。 腸内環境の改善としてもおすすめ。 ドライフルーツやナッツ類も砂糖や塩分が添加されていないものならOK。 たんぱく質は頭部のむくみの改善にも効果的なのだとか。 たんぱく質を摂ると小顔になれるという研究結果もあるほど。 ただし、食べ過ぎると塩分摂り過ぎになることがあるので注意が必要。 健康ブームのおかげで、コンビニで見かけるお菓子やスイーツにも糖質オフやダイエットに配慮したものを多数見かけるようになった。 そこで、お菓子コーナー以外でおやつになり得るものも含めて、ダイエット中におすすめのコンビニおやつを一挙ご紹介。 砂糖がゼロではないので食べ過ぎには注意。 オリゴ糖入りのお菓子 オリゴ糖は血糖値が上がらず、身体に吸収されにくいという特徴を持つ。 腸内環境の改善にも効果的。 砂糖の代わりにオリゴ糖を使ったスイーツはおすすめ。 ナッツ 素焼きのものをセレクト。 1日10~15粒ほどが目安。 ビタミン、ミネラル、脂質など栄養が豊富。 健康にうれしい作用があるオメガ3なども摂取できる。 ドライフルーツ 砂糖が添加されてないものであればOK。 フルーツのビタミンやミネラルや鉄分が凝縮されているので栄養価が高い。 果糖は糖質なので日中のおやつに食べるのがおすすめ。 寒天ゼリー 寒天はカロリーゼロなのでダイエットにぴったり。 寒天は水溶性食物繊維がたっぷりなので便秘解消が期待できる。 サラダチキン たんぱく質が豊富で脂肪が少ない。 カロリーが少なくてボリュームがあるのでよく噛むので満足感もある。 チーズ さけるチーズや6Pチーズのようなチーズ類は1日1~2個ならOK。 食べ過ぎると塩分過多になるので要注意。 あたりめ 歯ごたえがあるものはよく噛むので満腹感を得やすく、消化機能も活性化する。 茎わかめ 食物繊維とミネラルが豊富。 カロリーが低く優秀なおやつ。 おしゃぶり昆布 糖分が少なくて、食物繊維やミネラルが豊富。 長く口の中で味わえるのでたくさん食べなくて済む。 歯ごたえがあるものはダイエットおやつにおすすめ。 ポテトチップス じゃがいもを薄く切って油で揚げたものなので炭水化物と脂質のダブルパンチ。 トランス脂肪酸という身体に悪い油が含まれている場合が多いので避けるべき。 グミ コラーゲンや食物繊維配合と書いてあるものが多いので食べてもいいと勘違いしがちだが、基本は大量の砂糖が使われているので避けて。 アイスクリーム 乳製品と砂糖と油でできたアイスクリームは基本NG。 最近よくコンビニでも見かける「SUNAO」のような糖質オフのアイスクリームがある。 どうしてもアイスクリームが食べたいときは糖質オフのものを選ぶのが正解。 クッキー あえて悪い表現をすれば小麦粉と砂糖と油を混ぜて焼いたものがクッキー。 カロリーが高いし、血糖値が急上昇する要素をもっている。 ミルクチョコレート 太らないおやつで紹介したとおり、ハイカカオのチョコレートならOKだが、砂糖が多いチョコレートはNG。 パッケージの裏面にある成分表示を見て、カカオより砂糖が先に書かれていたらそれは避けよう。 菓子パン 炭水化物と砂糖と油でできた菓子パンはカロリーが高い上に、血糖値の急上昇によって太りやすい状態に。 駄菓子 油と砂糖でできたものが多い駄菓子も同様にNG。 カロリーバー 一見ダイエットによさそうだが栄養成分は少量しか入っていない。 エネルギーを補うだけなので糖質がメイン。 成分表示を見るとほぼ菓子パンと同じ。 間食として食べるとカロリーオーバーだし糖質もかなり摂ってしまうことに。 運動する前に少し食べたいとかならOK。 ゼリー飲料 エネルギーチャージ系はやはりカロリーが高いので避けたいが、ビタミンチャージ系ならOK。 ビタミン、ミネラルは糖質や脂質の代謝をサポートするので積極的に摂りたいもの。 水 1日1. 5~2リットル飲むのが理想的。 水は身体の代謝に必要で飲む量が足りないと老廃物が溜まりやすくなったり便秘になりやすくなる。 水を飲んで尿や便で排泄を促すことでデトックス効果も期待できる。 水は脂肪の燃焼にも必要。 便秘がちな方はマグネシウム豊富な硬水がおすすめ。 緑茶 カテキンには抗菌作用、免疫アップ作用があるので風邪を引きにくくなる。 利尿作用もあるのでデトックス効果も期待できる。 ビタミンCが豊富に含まれているので美肌をサポート。 カテキンの含有量が多いほどこれらの効果がアップする。 特保(特定保健機能食品)のお茶 緑茶やウーロン茶などで特保(特定保健機能食品)に指定されているものが多数販売されている。 これらは難消化性デキストリンなどの食物繊維が含まれていたり、お茶のカテキンが高濃度に配合されていたりするのでダイエットにはとても効果的。 ウーロン茶 ウーロン茶のポリフェノールは腸内で脂肪の吸収を阻害する働きがある。 血中の中性脂肪を低下させる効果も。 ルイボスティー エイジングの原因ともいわれる活性酸素を除去する「SOD酵素」が多く含まれる。 亜鉛やカリウムも豊富。 ホルモンバランスを整えたり、むくみ予防にもパワーを発揮。 コーヒー コーヒーに含まれるクロロゲン酸やカフェインには脂肪燃焼効果がある。 クロロゲン酸は食後の血糖値の上昇を抑える働きもある。 抗酸化作用があり、美肌をサポート。 例えば、ナッツ類やドライフルーツ、寒天ゼリー、サラダチキンなど。 ・主要コンビニで売られている太りにくいおやつが優秀。 ブランパンを使った高杉さん考案レシピがおすすめ。 ・ダイエット中は、ポテトチップスやアイスクリーム、クッキーなどは避けるべき。 ・おやつと一緒に飲む飲み物にも砂糖が含まれているか注意することが必要。 ダイエット中は水、お茶、コーヒーなどが効果的。

次の

糖質制限(低糖質)ダイエット,糖質抜き(カット)のやり方。低糖、オフの食品とは?

お 菓子 抜き ダイエット

一時的な考えだと、戻るので無意味ですよ。 間食をしないダイエットをするのなら、もう一生食べないぐらいじゃないと無理だと思います。 というような、脳のパターンをつくるのがいいと思います。 間食というのは、いつも食べているとこが脳が覚えているので、脳が食べなさいという指令を出します。 そして、食べたい気持ちになります。 なのでの脳のパターンの回路を遮断する必要があるので、極端な話ですが、間食したいと思ったら、床を吹く だとか 何かほかのことに集中する そのうち、間食なんてなんで? というようになります。 飲み物は、ノーカロリーであれば問題ないです。 今アメリカで、レモネードダイエットというのがダイエットに効くと人気があるようですので、同じ飲み物を飲むなら 試してみれば如何ですか? 日本のアマゾンで買えるようです。 私は10月に食べ過ぎで救急車で病院に運ばれました。 その後1ヶ月、1日4食を3食に減らし、1日4回の間食を1回に減らしたら、2キロ体重が減りました。 50キロの体重が今48キロ。 体重だけを目安にしても、あまり当てになりませんよ。 私は月に3回ジムで運動をしています。 筋肉をつけたら、消費カロリーをアップ出来ます。 食事だけで痩せるのはストレスです。 体脂肪率を1%落とす方がキレイに見えます。 食事だけで痩せると、リバウンドするので、ご注意下さい。 運動すると体の水分が動いているのか、やたらと顔の輪郭がはっきりします。 痩せたり運動すると、マブタもすっきりします。 糖分が入って無い飲み物なら、何を飲んでも同じです。 栄養に偏りがない食事と運動で、痩せる効果を早めたらいかがですか? 食事と運動を併用する事をお勧めします。

次の

夕食抜きダイエットで7キロ減!成功した効果的なやり方を教えます

お 菓子 抜き ダイエット

小麦粉が入っていないものを選ぼう! パンやパスタ、うどんなど、小麦を使った食品を抜く小麦抜きダイエット。 「ご飯やおにぎり、親子丼はいいですが、マカロニグラタンやラザニア、ドーナツやクレープはNGです。 小麦粉が入っているかどうかで判断しましょう。 基本的にご飯を主食にして、肉や魚のメインのおかず一品と、おみそ汁と小鉢など、定食のような組み合わせにするのがおすすめです。 私たち人間の体に必要な三大栄養素はたんぱく質、脂質、糖質(炭水化物)です。 主食(ご飯)、主菜(肉や魚)、副菜(野菜や豆類)という定食スタイルは、三大栄養素を効率よくとれるようにできています。 和食に限らず、洋食や中華でも、この組み合わせならOKです。 甘いものを食べたいなら、瓦せんべいやどら焼き、ロールケーキはNG。 大福やチョコレート、マカロンなどはOKです」(伊達さん) 低カロリーよりも、体を温めるものに置き換えること 「朝はパンではなくて、モチを焼くとか、昼はサンドイッチよりもおにぎり、ラーメンではなくてチャーハン、グラタンよりもご飯が入っているドリアなど、小麦を使っていないメニューを選びましょう。 外食やコンビニでもさまざまなメニューがあるので、置き換えはそんなに難しいことはありません。 カロリーを気にして、野菜サンドイッチや、サラダだけにするのはNGです。 野菜だけでは、1カロリーも代謝を上げてくれません。 野菜でとれるのは、ビタミンとミネラルと食物繊維と抗酸化成分。 これらはほとんどカロリーがないので、体を温めて代謝を上げることはないのです。 熱を作るのはたんぱく質と糖質と脂質の3つだけなので、野菜サンドではどうしても体を冷やしてしまいます。 野菜でお腹をいっぱいにしてもやせられない、ということを理解しましょう。 どうしてもサンドイッチが食べたいなら、カツサンドやツナサンドを選びましょう。 サラダもメインとしてではなく、つけ合わせ程度の量(小皿1杯位)にして、オメガ3系オイルのえごま油やアマニ油をかけて食べるのがおすすめです」 マヨネーズかけご飯もOK! 「熱を作るたんぱく質と糖質と脂質が入った優秀メニューといえば、オムライスやかつ丼。 たんぱく質とご飯がしっかりとれるのでおすすめです。 簡単に食事を済ますなら、卵かけご飯やご飯にマヨネーズをかけたマヨご飯もOK。 マヨネーズは基本的に油と卵黄とお酢なので、体を燃焼させてくれるのです。 カロリーハーフのマヨネーズは甘味料や添加物を含むものが多いので、代謝アップの効果が落ちてしまいます。 通常のマヨネーズを選びましょう」 野菜や果物の選び方 「野菜や果物は、基本的に旬のもの、国産のものを選ぶのがベストです。 カントリーフードの法則に従ってください。 出身地や育った地域の食べものがその人の体に合いやすいのです。 その人の体に合うものは、代謝も上げやすいのです。 また冷えがある人は、自分が生まれたエリアよりも寒い地方の食べものを選ぶと冷えにくくなります。 例えばバナナやパイナップルなど、暑い地域でできたものは、体を冷やす成分が入っています。 逆に寒い地方のものは体を温めてくれるので、北海道の野菜や果物はおすすめです」 「今では一年中、いろんな野菜が食べられますが、冬にトマトなどの夏野菜は体を冷やすので食べる際は量や調理法を工夫します。 体を温めるのは、かぼちゃ、大根などの根菜類です。 これらは糖質制限ではNGとされていますが、小麦抜きダイエットではOKです。 じゃがいもやさつまいもなどのいも類も体を温めるのでOKです。 ただし、野菜だけでお腹いっぱいにならないように注意しましょう」 小麦抜きダイエットは制限やルールが簡単。 食べたいものをガマンして控えるのではなく、糖質の種類を選び、足りないものをプラスして食べる方法なのでストレスなく実践できるでしょう。 代謝の高い健康的な体作りを目指して、しっかり食べてやせましょう。 取材・文/奥沢ナツ ダイエットカウンセラー。 管理栄養士。 日本抗加齢医学会認定指導士。 日本アンチエイジング・ダイエット協会理事。 専門は、ダイエット、「心」と「体」と「性」にまつわる栄養学=ホリスティック・ニュートリション。 著書に『大盛りご飯を食べてもやせる技術』(池田書店)などがあり、メディア出演も多数。

次の