モース ドラマ。 刑事モース〜オックスフォード事件簿〜シーズン1~7の動画を無料視聴できる配信サイト

刑事モース~オックスフォード事件簿~

モース ドラマ

製作国:イギリス(2018年)• 原題:Endeavour• 原案:コリン・デクスター『モース警部』• 脚本:ラッセル・ルイス• 演出:ブレイディ・フッド• 音楽:バリントン・フェロング• 昇任試験に合格して巡査部長となる。 頭脳明晰。 冷静な判断と直感で数々の難事件を解決する。 クロスワードパズルとクラシック音楽を愛し、かよわい女性に弱い。 上司サーズデイの娘ジョアンに想いを寄せている。 フレッド・サーズデイ(ロジャー・アラム/声:土師孝也) テムズ・バレー警察カウリー署の警部。 モースが信頼する上司。 早くからモースの才能を認め、ともに難事件を解決してきた。 娘のジョアンを心配するあまり過保護になり、ジョアンから反発されている。 レジナルド・ブライト(アントン・レッサー/声:佐々木睦) テムズ・バレー警察カウリー署の警視正。 モースたちカウリー署の捜査陣を管轄する。 組織の規律や慣習を重んじる昔気質の性格。 ジム・ストレンジ(ショーン・リグビー/声:丸山壮史) テムズ・バレー警察カウリー署の巡査部長。 モースとはよき友人でもある。 現在はモースと同居している。 シャーリー・トルーラブ(ダコタ・ブルー・リチャーズ/声:野首南帆子) テムズ・バレー警察カウリー署の女性巡査。 Case11から登場。 新人ながら優秀で、何事にも意欲的に取り組む。 彼女の何気ない一言がモースの捜査を助けることも多い。 ジョージ・ファンシー(ルイス・ピーク/声:露崎亘) カウリー署に新しくやってきた新米の刑事巡査。 Case18から登場。 モースの部下となるが、軽口でモースをイラつかせる。 トルーラブに恋心を抱く。 マックス・デブリン(ジェームズ・ブラッドショー/声:魚建) テムズ・バレー警察に勤める警察医。 非常に優秀で、的確な指摘で事件の解決に貢献する。 サーズデイの家族 ウィン・サーズデイ(キャロライン・オニール) サーズデイの妻。 毎朝夫に昼食用のサンドイッチを作って持たせている。 黙って家を出ていった娘ジョアンと連絡が取れずノイローゼに陥っていたが、町に帰ってきたため元気を取り戻す。 ジョアンとサーズデイの間に起こった出来事(Case17)については何も知らない。 ジョアン・サーズデイ(サラ・ヴィッカース/声:長尾明希) サーズデイの娘。 Case13で家族に黙って家を出て行き、何か月も連絡を絶っていた。 サーズデイによって既婚者の恋人と別れることになり、町に戻ってくる。 モースが想いを寄せる女性。 サム・サーズデイ(ジャック・バノン) サーズデイの息子。 Case13で陸軍に入隊するため家を出た。 現在はサウスオックスフォードシャー軽歩兵連隊に配属されている。 そのほか ドロシア・フラジル(アビゲイル・ソウ/声:定岡小百合) オックスフォード・メール新聞の気骨ある編集長。 モースの捜査に何かと協力してくれる。 各話のあらすじ(ネタバレ有) Case18「堕ちたミューズ」 1968年4月。 オックスフォード市警察は4つの警察と統合し、テムズ・バレー警察となる。 巡査部長に昇任したモースは新人教育を任され…。 Case19「死のフィルム」 1968年5月。 ピットリバース博物館で警備員をしていた元刑事のロナルド・ビーヴィスの遺体が自宅で発見される。 Case20「殺意を誘う列車」 1968年6月。 ウォディントン駅の貨物操車場でトラック運転手バート・ホッブスが殺され、ウイスキーなどの積み荷が奪われる事件が発生。 Case21「失われた英雄」 サーズデイ警部の息子サムがいるサウスオックスフォードシャーの連隊基地で、殺人事件が発生する。 Case22「疑惑の四重奏」 オックスフォードで収録されたゲーム番組で、ドイツ代表選手が銃撃されて死亡。 流れ弾で6歳の少年スティーヴンが重体となる。 Case23「ねじれた翼」 男子校の教師が行方不明になる。 モースは上層部から潜入捜査を命じられ、教師に扮して学校に赴任することに。

次の

『刑事モース〜オックスフォード事件簿〜』新作登場!NHKにて2月8日(土)スタート

モース ドラマ

あらすじ 本国イギリスでシャーロック・ホームズの人気を超えたモース警部(「」)の若かりし頃を描く、知的ミステリーエンタテインメント!オックスフォード警察の主任警部モース。 科学より直感を信じる名警部として周囲から絶大な信頼を得ている。 そんなモース警部も新人時代は、死体を見て気絶したり、誤認逮捕したりと悪戦苦闘の日々を過ごしていた。 ある時、頼りないモース刑事の鋭い観察力に目を付けたサーズデイ警部補が声をかける。 「お前、俺のアシスタントになれ。 」 サーズデイの粘り強い捜査の中で、新米刑事モースの類まれなる直感力が開花していく。 刑事モース~オックスフォード事件簿~の感想 刑事なのに血や死体が苦手なモース警部。 彼は名門オックスフォード大学出身で知的な役柄。 モース役を演じたショーン・エヴァンスが、知的でいて神経質な役柄を見事に演じている。 モースとフレッド・サーズデイの関係が父親と息子のような関係でドラマに温かみをもたらしている。 このドラマで新聞社編集者のドロシア・フラジルを演じているアビゲイル・ソウは、「」でモースを演じたジョン・ソウの娘である。 ジョン・ソウは2002年に亡くなっているためこの事実を知ることはなかったが、同じ役柄のドラマに親子で出演するとは何とも感慨深い話である。 刑事モース~オックスフォード事件簿~を無料で見るには! このサイトがお勧め!!無料期間やポイントを利用してイッキ見 予告編(英語 Season1 エピソード 第1話 新米刑事、最初の事件 オックスフォードで15歳の少女メアリーが失踪する。 応援の為オックスフォード市警にやってきた若き刑事巡査モースは、サーズデイ警部補の部下として捜査を始める。 20歳の女性マーガレットが持病の心臓発作で死亡している姿が発見されたのだ。 一見事件性はないように思われたが、捜査を始めたモースは彼女の部屋に残されたタバコの吸い殻に気付く。 彼女の恋人によると、二人とも喫煙しないとわかり、第三者の存在が浮かび上がる… 第3話 殺人予想図 廃棄列車の中で人妻エブリンの絞殺死体が発見される。 車内にはオペラ「オテロ」の歌詞が書かれており、その筋はオテロが妻を絞め殺すというものだった。 翌日、植物学者グレースの死体が発見される。 テーブルに残されたお茶から猛毒のダチュラの葉が検出され、庭の温室からはオペラ「ラクメ」の歌詞が見つかる。 オペラのヒロイン、ラクメはダチュラの毒で自殺するのだ… 第4話 密謀のロンド モースは兵器工場で行われる新型ミサイルのお披露目会の警備に訪れる。 セレモニーは無事終わるが、その直後に工場内で従業員マレソンの死体が発見される。 マレソンは従業員の作業能率をチェックする担当で、彼の報告が原因で停職中の従業員フロストは、マレソンを恨んでいた。 引き逃げ事故と思われたがモースは疑いを抱く。 ノリスは大学が所有する土地の売却に反対していた。 またノリスの遺品にムーンライト・クラブのマッチがあり、その裏に電話番号がメモ書きされていた。 その番号の家に住み、ムーンライトでタバコ売りをしていたジョージナも遺体となって発見される… Season2 エピソード 第6話 死のパレード モースは任務中の負傷から回復し、オックスフォード市警に復帰する。 その日、行方不明の娘を捜す父親が署を訪ねてくる。 同じころ、イギリス王室900年の記念パレードでにぎわう街で男がビルから転落し死亡する事件が起こる。 そして別の場所では宝物展の盗難事件が発生する。 一見無関係な3つの事件につながりがあると睨んだモースは、捜査を進めるが… 第7話 顔のない少女 博物館で男性がノドを裂かれて殺される。 その事件の現場が今は女学校となっており、そこの生徒たちが次々に失踪して… 第8話 情事のスケルツォ 主婦が首を絞められて殺される事件が相次いで起こった。 情事の痕跡や結婚指輪が消えていることなどからモースは同一犯を疑い、凶器となったストッキングを販売するデパートへ捜査に赴く。 そこでサーズデイは、戦時中にイタリアで知り合った女性と思いがけず再会する。 第9話 汚れたネバーランド 警察統合計画が動き出し、かつて少年矯正施設だった場所が新しい本署の建設予定地となった。 そんな中、大物記者が謎の死を遂げ、建設がらみの癒着がささやかれる参事が殺された。 警察内部の腐敗が影響していることを知ったモースは捜査を進め、想像を絶するおぞましい事実を突き止める。 Season3 エピソード 第10話 光と影の奇想曲 湖の近くで若い女性のれき死体が発見される。 何度も同じ車にひかれていることから事件として捜査が始まる。 女性は前夜、男友達と移動遊園地に出かけたきり、行方不明となっていた。 サーズデイはモースが住んでいたアパートに向かったところ、モニカから彼の居場所を教えてもらう。 遺体が発見された湖畔でひっそりと暮らしていたモースは、図らずも捜査に加わることに。 第11話 遠き理想郷 ある若い画家が住んでいる部屋が爆発し、黒焦げの遺体が発見される。 その画家は大学を中退した後、平和と友愛をうたうコミューンに参加していたという。 ちょうど同じ時期に有名スーパーで買い物直後の女性が倒れ、その後死亡するという事件が起きる。 そのスーパーでは経営者が飲酒運転で検挙されたり、輸入商品を巡ってデモが起きたりするなど、何かと問題の多いスーパーだった。 第12話 禁断の森 ブロンドの女子留学生が、夜間学校の帰りに森を抜ける道で失踪する。 数年前にも同じ場所で、サーズデイの娘ジョアンの同級生だったブロンドの女性が襲われる未解決事件が発生しており、サーズデイは関連を疑う。 同じころ、森に舟遊びに出かけた若い男女のグループの一人が失踪、池から人の片腕が見つかるという事件が発生。 だが、なぜか腕以外は発見されなかった…。 第13話 愛のコーダ 大物ギャングが亡くなり、サーズデイは跡目争いが起こるのを危惧する。 間もなくアパレルメーカー経営者が銀行を訪れた直後、車の中で射殺される。 そこはジョアンが勤めている銀行だった。 現場を調べたモースは、経営者が持っているはずのノートが見当たらないことに違和感を覚える。 同じころモースは、大学時代の恩師から妻の浮気相手の調査を頼まれる。 Season4 エピソード 第14話 死のゲーム 1カ月ほど前から失踪していたニールセン博士の溺死体が川で発見される。 彼はラブレース・カレッジのコンピューター開発チームのメンバーで、まさにその翌日にはラブレース・カレッジでコンピューターとロシアの教授のチェス対戦が行われることになっていた。 死体発見の同日、近所の施設の浴槽から初老の女性が溺死しているのが見つかり、モースは捜査を開始する。 そして、チェス対戦の当日、また新たな溺死体発見の知らせが入る。 第15話 嫉妬の讃美歌 モラルを重んじる団体を率いる女性活動家ペティボンに脅迫状が届き、モースはペティボンの警護を命じられる。 ペティボンは、はやりの音楽や文化を毛嫌いし、若者に絶大な人気を誇るロックバンド「ワイルドウッド」の曲を放送禁止にしようとしていた。 そんな中、パブの裏で若い男性の死体が見つかる。 男性は「ワイルドウッド」の大ファンで、死んだ後に首を絞められていたことが分かり……。 第16話 呪われたベッド 1967年。 自宅で突然死した老女の事件を調べることになったモース。 皿が割れ、紙類が散乱していたが特に他殺を示すものはなく、死体のそばにはペットのオウムがいた。 そんな中、ブライト警視正が職場で倒れて病院に運ばれる。 手術後、入院が必要になるが、同じ病棟には強盗で服役中のベイクウェルが入院しており、ギャングから命を狙われていた。 モースも見張りをすることになるが、ある患者から病棟にまつわるある噂を聞く。 第17話 不吉な収穫祭 ブラムフォード・ミアで白骨遺体が見つかったという知らせを受け、現場を訪れたモースたち。 骨は古代人のものであったが、そこは原発が近く、5年前にその周辺の土壌を調査していた植物学者のラックスマン博士の失踪事件が迷宮入りしていた。 サーズデイ警部補は、当時の捜査に不満を持っており、モースとともに再び捜査を始めるが、付近の村の人々は排他的で、近くの原発で聞き込みをしようと思っても中にすら入れてもらえず……。 Season5 エピソード 第18話 堕ちたミューズ 1968年4月。 オックスフォード市警察は4つの警察と統合し、テムズ・バレー警察となる。 そんな中、路上の車から射殺された男性の遺体が発見される。 遺体の耳には大きなくぎが打ち込まれ、車内には口紅の付いた吸い殻が残されていた。 「白いレインコートの女が車から出てきた」という目撃情報もあり、モースは捜査を開始する。 同日、ロンズデール・カレッジでオークションのために展示されていた宝飾品の窃盗未遂事件が起きる。 第19話 死者のフィルム ハリウッドのホラー映画『ファラオの呪い』で名声を獲得した俳優エミール・ヴァルデマーが、続編映画の撮影でオックスフォードを訪れる。 映画館ロキシー・シネマでは、ヴァルデマーのトークショーが企画され映画ファンの注目を集める中、元刑事のビーヴィスがレイトショーを見た後、自宅で突然死する。 ロキシーで販売しているオレンジスカッシュに毒が混入していたことが判明し、モースたちは殺人事件として捜査を始める。 第20話 殺意を誘う列車 1960年代、国鉄総裁による鉄道の大規模な合理化により、路線や駅が次々と廃止される。 そんな中、ウォディントン駅の貨物操車場でトラック運転手が殺され、ウイスキーなどの積み荷が奪われる事件が発生。 カウリー署には強盗課のボックス警部補とドーソン巡査部長が送り込まれ、彼らと連携して捜査に当たることになる。 一方、フランシス・ポーターという女性の失踪届が出されたことから、モースはフランシスの足取りを追う。 第21話 失われた英雄 オックスフォード・ユニオンで、移民政策をめぐる討論が行なわれ、周囲からファシスト呼ばわりされるレディ・ベイズウォーターと、人種差別反対運動のリーダーが激論を交わす。 そんな折、雑誌の撮影でカメラマンとモデルたちがサウスオックスフォードシャーの連隊基地を訪れるが、モデルのジーンが撮影後に行方不明となり遺体となって発見される。 モースたちはジーンがレディ・ベイズウォーターの義理の娘であると知り……。 第22話 疑惑の四重奏 オックスフォードで「ジュ・サン・フロンティエーレ」(国境なきゲーム)というゲーム番組の収録が行なわれ、ヨーロッパ各国から代表チームが参加する。 着ぐるみを着た選手たちによる競技が進行中、ドイツ代表カール・フーシャーが何者かに撃たれて死亡。 流れ弾に当たって少年が重体となる。 捜査は国際事件として公安部に引き継がれるが、モースは理不尽に傷を負った少年を思い、ひそかに資料を入手し……。 第23話 ねじれた翼 カウリー署の月末での閉鎖が決定し、モースたちの今後の配属先は各自に通知されることになった。 そんな中、男子校のコールドウォーター学校でジョン・アイヴォリーという教師が失踪、それを捜査していた地元警察の刑事2人が交通事故で死亡する。 上層部に潜入捜査を命じられ、教師に扮したモースは、トルーラブ巡査とともに学校に赴任する。 アイヴォリーから引き継いだクラスには、不穏な空気が漂っていた……。 Season6 エピソード 第24話 花飾りの少女 カウリー署が閉鎖され、メンバーはそれぞれの配属先に散っていた。 モースはウッドストックの派出所で制服警官となり、サーズデイは警部補に降格されキャッスルゲート警察の刑事部でボックス警部の部下として働いていた。 ある日、モースは行方不明になっていた10歳の少女アン・カービーの遺体を偶然発見する。 マックスから検視の所見を聞くモースだが、制服警官に捜査の権限はなく……。 第25話 月の裏庭 1969年7月、アポロ11号が打ち上げられ月に向かう。 そのころオックスフォードでは、テレビで人気の天文学教授アダム・ドレイクが交通事故を起こし、同乗していた身元不明の女性と遺体で見つかった。 刑事に復帰したモースはデスクワークに回されたサーズデイに協力を頼み、捜査に当たる。 車の持ち主はドレイクではなく、2人の血中からは高濃度のアルコールが検出され……。 第26話 甘い罠 クレスウェルズ製菓のあるシグトン・グリーンという小さな村では、チョコ缶に入っているカードとともに個人を中傷する匿名の手紙が送りつけられ、住人たちは相互不信に陥っていた。 そんな折、製菓会社の社長が狩りの最中に撃たれて死亡する。 農場主のレネットがショットガンを持って出掛けたという証言からモースが彼の家を訪ねると、レネットの妻のマンディ=ジェーンが撃たれて死んでおり、レネットも自殺していて……。 第27話 新世界の崩落 Season7 エピソード 検索 検索 閉じる pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status.

次の

「刑事モース」動画フル無料視聴!英国の大人気ミステリードラマを配信で見る

モース ドラマ

イギリスの推理作家コリン・デクスターが原作、「最も好きな探偵」に、シャーロック・ホームズを抜いて第1位に選ばれたこともある人気ドラマ『モース警部』。 AXNミステリーでもおなじみです。 『新米刑事モース~オックスフォード事件簿〜』は、彼の若かりし日々を描いた正統派ミステリー。 1960年代のオックスフォードを舞台に、新米刑事モースが事件の謎に挑みます。 ドラマは、『ダウントン・アビー 華麗なる英国貴族の館』などを製作した、イギリスのテレビ局ITVで2012年にスタートし、これまで5シリーズが放送されました。 若きモースを演じるのは、イギリス・リバプール生まれのショーン・エヴァンス。 モースは不器用なところがあるものの、持ち前の洞察力と推理力で難事件を解き明かします。 本国イギリスでシーズン5のラストエピソードが放送された今年3月11日、早くも次シーズンの更新が発表され、話題になりました。 それもそのはず、シーズン5はこれまでのシーズンより2話多い6エピソード構成で放送され、IMDbの評価が各話8. 1ポイント~8. 9ポイントと、大変な高評価を得ています。

次の