かっこいい英単語。 かっこいい英語の単語を紹介!意味もおしゃれな4・5・6・7文字の言葉とは

かっこいい英単語一覧とその意味!4文字5文字6文字【文字数別】

かっこいい英単語

ぴかっと光ることやひらめきが起きる様子を表しています。 考え事をしているときに「一閃思いついた」と言うととてもかっこいいですね。 天と地が初めてでき、この世界が始まった時のことを指します。 「この地は開闢の頃から続く歴史がある」という風に使うと、とても博識な印象を受けます。 敵や邪魔者を追い払うという意味です。 日常生活では中々使いどころがない単語ですが、溜まった作業や宿題を「駆逐する」という風に使う方法もあります。 何だか重大なミッションを遂行するようでかっこいいですよね。 薄紫色のキク科の花で、星のような花びらから「Aster(アスター)」という英名がつけられています。 花言葉は「追憶」「君を忘れない」です。 遠くに離れてしまった友達にこの花を贈ると、とても気持ちがこもっているのが伝わってきます。 さまざまな、という意味で使われる言葉です。 日常会話の中でも「四方山な話ですが」という切り口で話し出すと、かっこよさが溢れて感じられますよね。 勇敢な人という意味がありますが、周囲を気にしていない乱暴さが込められている単語です。 人にやりたくないことを強要された時などに「蛮勇な行いはしたくないので」と言い返すと、語彙力が豊富な人というイメージがつきますね。 無欲で執着心の少ない人を表します。 どことなくさっぱりしている印象を感じますよね。 四字熟語では「虚勢恬淡(きょせいてんたん)」と言って、心が落ち着いていてさっぱりとしている人を指す言葉もあります。 穏やかな人に言いたいですね。 真夏に有明海と八代海の沿岸で光が異常な屈折の仕方をし、実際に海上で点灯している漁火よりも多くの灯りが見える現象を指します。 意味も知らないとなかなか使えない言葉ですね。 両目のことを指します。 「双眸で景色を眺める」や「彼を見つめる双眸の眼差し」など、小説などに出てきそうな言い回しです。 実際に使うことができたらかっこいいですね。 空の半分は晴れていて、半分は雨が降っている状態です。 実際にこの場面に遭遇したことがある人もいるのではないでしょうか。 とても神秘的な現象です。 「2人の思いはまるで片時雨のよう」と、恋愛を語る時に使うこともできますね。 とても遠い未来、もしくは過去のことを表します。 「久遠の時を超えても忘れない」などと言えたらかっこいいですよね。 文字の通り美しく、麗しい様子を表します。 その場にいるだけでパッと目を引くほどの美しさです。 とても綺麗な人や物に巡り合った時に使いたい言葉ですね。 見た目もかっこいい四字熟語です。 雲は試練を表しており、その試練の外側に青い天空を望めるという意味があります。 試練を乗り越えた先に爽やかな景色が広がるという意味です。 座右の銘にしてもいいですね。 突然起きて人々を驚かせる事件や出来事のことを指します。 「こんなことが起こるなんて、まさに青天の霹靂だ」というような使い方です。 何か驚いた時は是非使ってみましょう。 夫婦で仲良く生きて、一緒に年をとっていき最期は同じ墓に入るという意味があります。 まさに理想の夫婦像を表す四字熟語です。 結婚相手に対して伝えたい熟語ですね。 ずっと前から、早くからという意味があります。 「夙に準備していた」なら「ずっと前から準備していた」という意味になります。 さりげなく使いたい日本語です。 漢字の通り爆発する様子を表していますが、勢いよく破裂する様子も表しています。 風船などが破裂した時などに使ってもいい言葉ですね。 目には見えても手に取ることのできないものを表しています。 何か風情あるものや情景に触れた時の感想としても使える言葉です。 格好良さだけでなく美しさも感じられますね。 意味のあることをしないで、無駄に一生を終えてしまうことを意味しています。 「酔生夢死な生き方はしたくない」というように言うととてもかっこいいですね。 勢いがあって勇敢なことを意味しています。 何か物事に取り組むときに「獅子奮迅の思いで取り組みます」と言うととてもやる気が感じられますね。 暗い夜を意味しますが、特に新月の夜を表しています。 「闇」や「夜」など暗さを感じる言葉は漢字がとてもかっこいいですよね。 特に優れた才能のある人を指す言葉です。 何か人より秀でた才能がある人に向けて「彼はこのジャンルの英傑だ」というように使います。 夜明けの太陽が昇り始めたほんのり明るい闇のことを指します。 漢字の響きがとても美しいですね。 日本らしい漢字の組み合わせです。 桜の花のことを指します。 春の景色を思い浮かべることの出来る美しい言葉です。 青空と言う意味があります。 澄み渡るような改正を目にした時に「蒼穹の景色が広がっているね」などというと大変かっこよさを感じられます。 仏教において足の速い神様のことを指しますが、足の速い人自体を指して「韋駄天な走り」と言うことがあります。 大河ドラマのタイトルになったりもして、知名度も上がっている言葉です。 是非使いこなしたいですね。 勇ましくて強く、決断力があることを意味します。 チームを引っ張るリーダーのような存在です。 「彼は本当に勇猛果敢だ」や「勇猛果敢なリーダーになりたい」という使い方ができます。 東西南北、四方を司る四神を表しています。 鳥の姿をしており、南を守っています。 神々しさや燃え盛るような輝きが連想されますね。 少しの間、という意味があります。 「玉響の思い出」というと「少しの間の思い出」という意味になりますね。 美しい日本語です。 燃え盛る炎を表しています。 自分の情熱や熱意が燃え盛っている時に「紅蓮の思い」と表現してみるととてもかっこいいです。 漢字も美しいですね。 天に届くほど高い建物を指します。 日本でいうとスカイツリーを「摩天楼」と表現すると美しいですね。 海外に旅行に出かけて、天にも届きそうなほど高い建物を見たら是非使いたい表現です。 炎のように勢いがいいことを表しています。 先ほど紹介した「紅蓮」に勢いが加わっています。 「焰」という字がかっこよさを感じさせますね。 「神」という漢字が入っているだけでかっこよさが増しますね。 神様のために舞う舞楽を表しています。 神様が吹かせた風という意味があります。 形勢が明らかに劣勢であった時に風が吹き、そのおかげで九死に一生を得たという場合に「神風が吹いた」と使います。 朝空を見上げると、明るいにも関わらず月が浮かんでいることがありますよね。 この単語はそういう情景を表しています。 空を見上げた時に自然とそんな言葉が浮かぶとかっこいいですね。 「軒の玉水」というフレーズで使われることが多いですね。 軒下から滴り落ちる雨水のことを示しています。 玉水には清らかな水という意味があるので、美しさを感じられる単語です。 あちこち歩き回ったり、散歩したりすることを表しています。 ただ「散歩に行ってくる」というのではなく「少し逍遥してくる」というと昔らしい渋さがあってかっこいいですね。 鳳凰の子供、つまり将来素晴らしい功績を残すような人になるというのが確信されている子供のことを示しています。 画数も多く難しい漢字同士の組み合わせです。 昔の人が戦の時に、自分たちを鼓舞するために挙げた声のことを意味しています。 「鬨を挙げる」というと「歓声をあげる」という意味で使うこともできます。 月の満ち欠けを表しており、満月になった月が新月へとどんどん欠けていく時期のことを示しています。 夜空を見上げて「今日の月は虧月」と言えたらかっこいいですね。 大きな蛇のことを表しています。 なかなか日常生活で使うことのない漢字ですが、難しい漢字で書けるとかっこいいです。 「物憂げ」と書くことが多く、あまり見かけない珍しい漢字です。 やる気が起こらない、憂鬱という意味があります。 かっこいい日本語を覚えておこう! かっこいい日本語を紹介しました。 普段使うことがない漢字の単語はもちろん、聞いたことのない熟語・フレーズもたくさんありましたね。 ぜひ覚えておいて日常生活で使ってみましょう。 他にも参考になる記事を紹介します。

次の

かっこいい英語の単語を紹介!意味もおしゃれな4・5・6・7文字の言葉とは

かっこいい英単語

世界には多数の言語がありますが、そのほとんどはアルファベットです。 ひらがな、カタカナ、漢字で構成されている日本語を使う日本人でも、アルファベットはなじみの深いものかもしれません。 それも、英語に関しては少なくとも中学から6年以上も学んでいるので、知っている英単語も多いでしょう。 また英語が話したり、読むことができなくても街中を見ていると至るところに英語表記のものがあります。 それほど、英語は日本でも一般的なものです。 特に格好いい英単語はいろいろなジャンルで使われています。 今回は日本でも使える格好いい英単語を文字数別に一覧にして紹介します。 3、4、5、6、7、8文字、そして8文字以上の英単語を意味と一緒に取り上げます。 かっこいい英単語を使いたい! 英語には数えきれないほどの英単語がありますが、その中でも格好いいスペルや発音の物は、世界中で使われています。 例えば、 Tシャツのデザイン、ゲームや漫画などでよく見かけます。 意味が解らなくても、その文字の並びや音の並びだけで「格好いい」と思わせることができます。 個人でも、こういった英単語を知っておくと、何かのパスワードにしたり、ペットの名前に用いたりと、意外に使いどころはたくさんあります。 そんな時には、やはりありきたりなものよりも、誰もが聞いて「格好いいな」と思ってくれるような単語の方が良いでしょう。 また、その時に意味も合わせて知っておけば、さらに格好良さは上がるでしょう。 日本ではよくあることですが、意味も解らずに使っていた英語が実は飛んでもなくダサいものであったり、あまり良い言葉ではない、といったことも少なくありません。 そのため、なるべく意味も抑えながらにしておけば、何かと恥をかいたり、余計なトラブルを避けることもできます。 文字別に紹介していくので、 オリジナルのデザインを作る時や、 パスワードに困っているなら、きっと参考になるはずです。 また、何か技の名前や武器の名前などにも使うこともできます。 ちなみに、ここでは各英単語の発音をカタカナ表記にして、紹介しますので厳密には英語での発音とは少し異なることもあります。 ただ、カタカナとして使うこともできます。 可愛い英単語の存在を知っていますか。 それは「ゆめかわいい」英単語とか、「病みかわいい」英単語な... 意味は、まず主なものがトランプやサイコロの1、1の札を意味します。 その他に、口語的な使い方が多いですが、「最高のもの」、「ぴか一」、「最優秀選手」などがあります。 例えば、スポーツでも、「彼女は私たちのチームのエースアタッカーだ」なんて使うこともありますね。 「私が一番」という意味を込めて使いたい時などにはおススメな言葉です。 意味はシンプルに「箱舟」です。 ノアの箱舟とは、神の怒りによってもたらされた大洪水を乗り切った「救いの箱」を言います。 そのため、ピンチを乗り切る物に対して比喩表現的に使うことがあります。 最も主要な意味は動物の「フクロウ」です。 ただし、この言葉はギリシャ神話で、知恵の神「アテナ」の象徴がフクロウであることから「知恵」や「賢明」を表すシンボルともなっています。 この言葉を人間に対して用いる時には「もったいぶった人」や「真面目腐った人」、「夜更かしをする人」と表現する時にも使われます。 意味はともかく、発音とスペルは目立つものなので、デザイン的にも使いやすいかもしれません。 意味は「灰」です。 その他に、胚芽らや燃え殻、灰色などと言った意味もあります。 よくヘアカラーで、「アッシュグレー」という時もありますが灰色がかった髪色のことです。 アメリカでは有名校、名門校のことを「アイビーリーグ」なんて言ったりします。 それでは意味は何かというと「ツタ」です。 意味はなんともしっくりきませんがカタカナ表記にすると格好いい感じがしますね。 読み方からすでに格好いい印象を受けます。 そして、この意味は「王」や「国王」です。 こういった意味があるからか、ゲームや漫画などの物語でもリーダー的存在の人物の名前が「レックス」になることは多いです。 より英語的な発音をするなら「ヴェックス」になります。 意味は「いらだたせる」、「じらす」、「うるさがられる」、「悩ます」、「当惑させる」を表す動詞です。 意味を考えるとあまり格好良くはありませんが、あまり使用頻度の低い「v」と「x」が入っているものはスぺルとしては格好いいです。 意味は「(刃物の)刃」、あとは刃の「鋭利さ」、「鋭さ」など刃物関連にメインな意味を持っています。 そのほかにも、「(言葉の)激しさ」、「痛烈」、「強み」、「優勢」や「縁、かど」などがあります。 つまり、なんとなく鋭さを感じる言葉ですね。 意味は「武勇伝」、「冒険談」、「年代記」などです。 つまり、一人の人物の壮大な物語を表す言葉であり、壮大なイメージを持つものです。 カタカナでもよく聞く単語なので、意味は分かりやすいかと思いますが、「(数字の)0」、「零」、そのほかに温度や長さなどの「ゼロ地点」を表します。 読み方もスペルもシンプルで、意味もわかりやすく、とても使いやすく格好いい英単語だといえるでしょう。 意味は「公爵」、「君主」などです。 他には「こぶし」や「げんこつ」もあります。 力強く、大物といった印象を与える単語であり、響きも重みがあります。 意味は天文学における「新星」です。 新星とは、星として形成されたばかりのもので、急激に明るさを増して、次第に薄れて元の明るさに戻るという特徴を持った変光星です。 意味は有名ですが「鷹」であり、いろいろな場面で見かける単語です。 他にも、hっ人に向かって使うと「他人を食い物にする人」、「強欲な人」、「詐欺師」などといった意味を表します。 意味は「酸っぱい」、「酸味のある」などであり、他に「気難しい」、「辛辣な」といったものもあります。 日本語はあまり格好良くはありませんが、単語の音は良いでしょう。 日本語では「軸、軸線、地軸、中心線、主軸」などがメインの意味です。 基本的には「運命」という意味になりますが、運命と言っても悪い方向へと進む運命を表しています。 他にも「破滅、死」といったものもあり、そういった運命になっていくというニュアンスがあります。 また、神が下す「最後の審判」といったものもあります。 動詞で「さっと切る、深く切る、めった切りにする」が主な日本語です。 もしくは「むち打つ、振り回す」などもあります。 特にゲームや漫画など剣を持ったキャラの技名に使われることが多い言葉ですね。 よく曲の「歌詞」の意味で用いることもあり、ラップなどでは普通に「リリック」と言います。 これはイギリスの貴族の最高位の人物に与えられる称号を表しています。 この単語は意外とカタカナで見る機会もあるかもしれません。 よくゲームや漫画で使われています。 ただし、カタカナで使うことが多く、スペルを知らない人も多かったのではないでしょうか。 意味は「無秩序、大混乱」を意味しており、本来は聖書などで語られる天地創造以前のまだ宇宙や世界が定まっていない「混沌」の状態を表す言葉です。 意味は国王や王妃がかぶっている「王冠」のことです。 後は「帝王の身分」、「帝位」、「主権」、そして「栄光」などといった非常に高貴なものを表すものです。 カタカナでも良く聞きますね。 意味は「ヒナギク」という花の名前です。 そのため、女性に対して名前をつける時に採用されることが多い単語です。 花を表す以外に、「第1級のもの。 すてきなもの」といった意味もあるため、そういった気持ちも込めて良く使われるのかもしれません。 ドワーフはよく子ども向けのアニメやファンタジーの世界観を表す時によく使われますが、おとぎ話に出てくる「小人」の意味を持っています。 ただし、普通のものよりも極端に「小さな直物」や「盆栽」などといった意味ももっています。 主に成功したものに対して使われることが多く、成功者を表す言葉としても用いることができます。 ここでも最初の文字はvなので正確には「ヴァニッシュ」になるでしょうが、カタカナ表記で使いたい場合は「バニッシュ」の方が格好いいでしょう。 意味は動詞で「消える、消滅する」です。 漫画やゲームの技名でも良く用いられます。 言葉の響きも格好いいので、意味と一緒に使う方が良いかもしれません。 「有罪の、罪を犯して」を表し、「身に覚えのある、やましいことのある」といった意味も含みます。 ドラマなどのタイトルで使われるのを見たことがあるかもしれません。 これは意味を含めて考えた方が格好いいでしょう。 意味は「神の、神聖な、神々しい、非凡な」となっており、人間離れして、しかも神聖なものを表すときに使える英単語です。 バスターは主にゲームや漫画などで使われ、武器の名前などで聞いたことがあるかもしれません。 意味は「破壊するもの、でかいもの、めずらしいもの」などです。 カタカナ表記で見ると結構格好いい印象を受けます。 ただし、意味は単純で「消しゴム、黒板消し」です。 なんとも意味と響きが合っていないような感じがしますね。 ただ、消しゴムは「文字を消すもの」です。 この「消す」という機能に注目して漫画やゲームなどでは、何かを消す人、例えば暗殺者や情報を消す人などのことを「イレイザー」とカタカナで使われることもあります。 この単語はよく聞く機会も多いと思います。 特に英語表記でも、カタカナ表記でもあるでしょう。 速さを示すときのたとえでも使われることが多いですね。 なかなか意味を聴いただけでは意味を予測しずらい単語です。 カタカナ表記で何かの名前などで使われることがあると思います。 昆虫の「カマキリ」を表す英単語です。 「渦巻の、らせん状の」などといった意味を持っており、よくカタカナで使うことも多く、聞いたことがあるという人は多いのではないでしょうか。 使われる時にはほとんどカタカナでしょう。 英語表記ではぱっと見発音の仕方がわからないかもしれません。 意味は「皇帝、帝王、天皇」です。 位として、最高位を表す言葉の一つです。 意味は知らなくとも聞いたことがあるという人は多いでしょう。 意味は「緋色、深紅色」といった色を表す言葉です。 緋色とは深い赤色のことです。 そのため、情熱的な女性などの名前などを当てはめることもあります。 時として、その人の性格や特徴を表すために色の英語で表現することもあります。 意味は「天罰、天罰を加える人、強い相手」であり、とても強い人物や敵のような存在を示す言葉としても使われることが多いでしょう。 日本ではカタカナで表記した方が格好いいかもしれません。 よくカタカナで聞くことが多いです。 日本語でもそのまんま「サイクロン」と使い、「低気圧、大暴風、大竜巻」のことです。 日本でも、それほどの自然災害が発生した場合は「サイクロン」と言います。 意味は「深紅色、あかね色」です。 スカーレットと同じような意味ですが、正確にはクリムゾンの方がより濃く、深い赤色でしょう。 どちらかと言うと、どす黒い赤色である場合もあります。 そのため、情熱的な赤をポジティブに英語で表現したい時には、クリムゾンよりもスカーレットの方が良いでしょう。 「運命、宿命、天、神意」などを表しており、人間に課せられた運命のことで、それは悪い結果でも、良い意味でも関係なく、その人々の運命全体を表現しています。 日本語では「創世記、起源、発端」であり、物事の始まりを示すものです。 これはカタカナ表記で使うと格好いいものでしょう。 意味よりも言葉の響きの方が良いですね。 戦いにおいて勝利をもたらす女性に足して使う言葉です。 女性が戦うゲームや漫画などで用いられることが多いでしょう。 ホテルの名前などで使われているのを見たことがあるかもしれません。 お店の名前などで使えますね。 意味は「きわめて重要な、基本的な、主要な」であり、他に「深紅の、緋色の」もあります。 カタカナで使うことが多いです、日本語では「三日月、新月」を表しますが、日本で使うのであれば、「クレセント」単体よりも「クレセントムーン」として、「三日月」を表現することが多いでしょう。 この言葉は「無限、無限大、無数」という日本語で表現します。 音楽が好きな人は聞きなれている単語ではないでしょうか。 ただ、日本では主にカタカナで使われることが多いので、あまり英語表記ではなじみがないかもしれません。 そのため、日本語ではそのまんま「ラプソディー」と言うことがほとんどですが、「熱狂的な文章」や「狂詩曲」といった意味を持っています。 聞いているだけで格好いい言葉ですね。 ただ、カタカナで言うだけでも、十分使える単語かもしれません。 これに意味を加えてみましょう。 日本語では「小星団、宇宙塵」といった天文学的なものと、「夢見るような気持ち」、「恍惚」といった人間の感情を表すものもあります。 これはそういったゲームもあるので、聞いたことがあるかもしれません。 音の響き的に格好いい単語です。 意味に関しては「前衛、先陣、先駆者たち、指導的地位」などといったものがあります。 これは「黙示、啓示」を意味し、「黙示録」が基本的な日本語表現です。 黙示録とは、新約聖書で語られているこの世の終末のことです。 あまり聞きなれない単語かもしれませんが、英語圏や受験英語などでは普通によく出る単語です。 意味は「雰囲気、ムード」、他に地球を取り巻く「大気」や「空気」、「環境」など多くの意味を持っています。 「ウルトラ」という部分がとても格好いいですよね。 意味は意外と予想外かもしれませんが、「紫外線の、紫外線を用いた」です。 意味をあまり気にせず、言葉のニュアンスで使っても良いかもしれません。 日本語では「大惨事、大災害、大きな不幸、大失敗、破滅、大変動」です。 全体的にとても大規模な事態を表す言葉です。 スペルだけでは、なかなか読みづらいかもしれませんが、カタカナでは良く聞く言葉でしょう。 基本的にこの言葉は日本では、そのまま「カタルシス」とカタカナで用います。 本来は演劇での用語ですが、他に心理学や精神医学での領域でもよく使われる専門的な言葉です。 「カタルシス」とは、心の中に溜まった気持ちや記憶などを言葉や行動などを通して、浄化させることを言います。 演劇の世界では、自分の負の感情を演技で表現することで、気持ちが晴れやかになったり、逆にその劇を見ることで気持ちが浄化されることです。 なかなか格好いい響きを持った英単語です。 しかしながら、意味は「バッタ」です。 もしくは「キリギリス、イナゴ」でもあります。 これは意味も含めて知っている人は多いのではないでしょうか。 日本語では「仮面舞踏会」です。 あとは「見せかけ、虚構」といった意味も合わせてあります。 とても語呂の良い単語であり、言いやすいものです。 動詞で「変態させる、一変させる」といった意味を持っています。 かっこいい英単語と意味の一覧【3・4・5・6・7・8文字】のまとめ たくさんの英単語を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。 この中で何か使える英単語はありましたか。 意外と言葉の響きのニュアンスで格好いいものが多かったのは、 動物や色の名前が多いです。 普段、日常で目にする英語やふとTシャツに書かれている文字など、格好いいなと思って調べてみると、案外何かの動物の名前であることも多いのです。 しっかりと意味も理解しておくと、さらに格好良く英単語を使うことができるはずです。 他にも知りたい方は、こちらのもチェックして見てください! 英語以外のかっこいい外国語の単語の記事 ここでは、英語以外のロシア語やイタリア語、ドイツ語、フランス語などの外国語の単語を紹介している記事をまとめました! スローガンや英語の座右の銘、メールアドレスなどを考えているという方などはぜひ参考にしてみてください。 ロシア語は難しい? 旅行や仕事で海外に行く場合、最低でも挨拶や日常的に使われている言葉くらい... みんかね編集部 日本語の響きも良いけれど、イタリア語の単語も耳から入ってくる音と単語の意味を理解した時の感覚は... みんかね編集部 あなたはフランス語の印象として、どんなイメージをお持ちでしょうか?おしゃれだと思う方もいれば、... みんかね編集部 ドイツ語と言うと、日本とは程遠い国の言語というイメージを持たれる方も多いのではないでしょうか。... みんかね編集部.

次の

かっこいい英単語一覧!フレーズやチーム名・バンド名向けおしゃれ単語も

かっこいい英単語

ぴかっと光ることやひらめきが起きる様子を表しています。 考え事をしているときに「一閃思いついた」と言うととてもかっこいいですね。 天と地が初めてでき、この世界が始まった時のことを指します。 「この地は開闢の頃から続く歴史がある」という風に使うと、とても博識な印象を受けます。 敵や邪魔者を追い払うという意味です。 日常生活では中々使いどころがない単語ですが、溜まった作業や宿題を「駆逐する」という風に使う方法もあります。 何だか重大なミッションを遂行するようでかっこいいですよね。 薄紫色のキク科の花で、星のような花びらから「Aster(アスター)」という英名がつけられています。 花言葉は「追憶」「君を忘れない」です。 遠くに離れてしまった友達にこの花を贈ると、とても気持ちがこもっているのが伝わってきます。 さまざまな、という意味で使われる言葉です。 日常会話の中でも「四方山な話ですが」という切り口で話し出すと、かっこよさが溢れて感じられますよね。 勇敢な人という意味がありますが、周囲を気にしていない乱暴さが込められている単語です。 人にやりたくないことを強要された時などに「蛮勇な行いはしたくないので」と言い返すと、語彙力が豊富な人というイメージがつきますね。 無欲で執着心の少ない人を表します。 どことなくさっぱりしている印象を感じますよね。 四字熟語では「虚勢恬淡(きょせいてんたん)」と言って、心が落ち着いていてさっぱりとしている人を指す言葉もあります。 穏やかな人に言いたいですね。 真夏に有明海と八代海の沿岸で光が異常な屈折の仕方をし、実際に海上で点灯している漁火よりも多くの灯りが見える現象を指します。 意味も知らないとなかなか使えない言葉ですね。 両目のことを指します。 「双眸で景色を眺める」や「彼を見つめる双眸の眼差し」など、小説などに出てきそうな言い回しです。 実際に使うことができたらかっこいいですね。 空の半分は晴れていて、半分は雨が降っている状態です。 実際にこの場面に遭遇したことがある人もいるのではないでしょうか。 とても神秘的な現象です。 「2人の思いはまるで片時雨のよう」と、恋愛を語る時に使うこともできますね。 とても遠い未来、もしくは過去のことを表します。 「久遠の時を超えても忘れない」などと言えたらかっこいいですよね。 文字の通り美しく、麗しい様子を表します。 その場にいるだけでパッと目を引くほどの美しさです。 とても綺麗な人や物に巡り合った時に使いたい言葉ですね。 見た目もかっこいい四字熟語です。 雲は試練を表しており、その試練の外側に青い天空を望めるという意味があります。 試練を乗り越えた先に爽やかな景色が広がるという意味です。 座右の銘にしてもいいですね。 突然起きて人々を驚かせる事件や出来事のことを指します。 「こんなことが起こるなんて、まさに青天の霹靂だ」というような使い方です。 何か驚いた時は是非使ってみましょう。 夫婦で仲良く生きて、一緒に年をとっていき最期は同じ墓に入るという意味があります。 まさに理想の夫婦像を表す四字熟語です。 結婚相手に対して伝えたい熟語ですね。 ずっと前から、早くからという意味があります。 「夙に準備していた」なら「ずっと前から準備していた」という意味になります。 さりげなく使いたい日本語です。 漢字の通り爆発する様子を表していますが、勢いよく破裂する様子も表しています。 風船などが破裂した時などに使ってもいい言葉ですね。 目には見えても手に取ることのできないものを表しています。 何か風情あるものや情景に触れた時の感想としても使える言葉です。 格好良さだけでなく美しさも感じられますね。 意味のあることをしないで、無駄に一生を終えてしまうことを意味しています。 「酔生夢死な生き方はしたくない」というように言うととてもかっこいいですね。 勢いがあって勇敢なことを意味しています。 何か物事に取り組むときに「獅子奮迅の思いで取り組みます」と言うととてもやる気が感じられますね。 暗い夜を意味しますが、特に新月の夜を表しています。 「闇」や「夜」など暗さを感じる言葉は漢字がとてもかっこいいですよね。 特に優れた才能のある人を指す言葉です。 何か人より秀でた才能がある人に向けて「彼はこのジャンルの英傑だ」というように使います。 夜明けの太陽が昇り始めたほんのり明るい闇のことを指します。 漢字の響きがとても美しいですね。 日本らしい漢字の組み合わせです。 桜の花のことを指します。 春の景色を思い浮かべることの出来る美しい言葉です。 青空と言う意味があります。 澄み渡るような改正を目にした時に「蒼穹の景色が広がっているね」などというと大変かっこよさを感じられます。 仏教において足の速い神様のことを指しますが、足の速い人自体を指して「韋駄天な走り」と言うことがあります。 大河ドラマのタイトルになったりもして、知名度も上がっている言葉です。 是非使いこなしたいですね。 勇ましくて強く、決断力があることを意味します。 チームを引っ張るリーダーのような存在です。 「彼は本当に勇猛果敢だ」や「勇猛果敢なリーダーになりたい」という使い方ができます。 東西南北、四方を司る四神を表しています。 鳥の姿をしており、南を守っています。 神々しさや燃え盛るような輝きが連想されますね。 少しの間、という意味があります。 「玉響の思い出」というと「少しの間の思い出」という意味になりますね。 美しい日本語です。 燃え盛る炎を表しています。 自分の情熱や熱意が燃え盛っている時に「紅蓮の思い」と表現してみるととてもかっこいいです。 漢字も美しいですね。 天に届くほど高い建物を指します。 日本でいうとスカイツリーを「摩天楼」と表現すると美しいですね。 海外に旅行に出かけて、天にも届きそうなほど高い建物を見たら是非使いたい表現です。 炎のように勢いがいいことを表しています。 先ほど紹介した「紅蓮」に勢いが加わっています。 「焰」という字がかっこよさを感じさせますね。 「神」という漢字が入っているだけでかっこよさが増しますね。 神様のために舞う舞楽を表しています。 神様が吹かせた風という意味があります。 形勢が明らかに劣勢であった時に風が吹き、そのおかげで九死に一生を得たという場合に「神風が吹いた」と使います。 朝空を見上げると、明るいにも関わらず月が浮かんでいることがありますよね。 この単語はそういう情景を表しています。 空を見上げた時に自然とそんな言葉が浮かぶとかっこいいですね。 「軒の玉水」というフレーズで使われることが多いですね。 軒下から滴り落ちる雨水のことを示しています。 玉水には清らかな水という意味があるので、美しさを感じられる単語です。 あちこち歩き回ったり、散歩したりすることを表しています。 ただ「散歩に行ってくる」というのではなく「少し逍遥してくる」というと昔らしい渋さがあってかっこいいですね。 鳳凰の子供、つまり将来素晴らしい功績を残すような人になるというのが確信されている子供のことを示しています。 画数も多く難しい漢字同士の組み合わせです。 昔の人が戦の時に、自分たちを鼓舞するために挙げた声のことを意味しています。 「鬨を挙げる」というと「歓声をあげる」という意味で使うこともできます。 月の満ち欠けを表しており、満月になった月が新月へとどんどん欠けていく時期のことを示しています。 夜空を見上げて「今日の月は虧月」と言えたらかっこいいですね。 大きな蛇のことを表しています。 なかなか日常生活で使うことのない漢字ですが、難しい漢字で書けるとかっこいいです。 「物憂げ」と書くことが多く、あまり見かけない珍しい漢字です。 やる気が起こらない、憂鬱という意味があります。 かっこいい日本語を覚えておこう! かっこいい日本語を紹介しました。 普段使うことがない漢字の単語はもちろん、聞いたことのない熟語・フレーズもたくさんありましたね。 ぜひ覚えておいて日常生活で使ってみましょう。 他にも参考になる記事を紹介します。

次の