いじらしい 古語。 あどけなし、と、いじらしい の違い教えてください(>人<;)

らしい(ラシイ)とは

いじらしい 古語

1 根拠や理由のある推量を表す。 「台風が接近している らしく、風雨が強まってきた」 「又からすがなくので見ると狐がきている。 よほどひだるい らしい」〈桑名日記〉 2 伝聞や推量に基づく婉曲 えんきょく な断定の意を表す。 「冬山というのは非常に危険 らしい」「隣の子はよく勉強する らしい」 3 (多くは体言に付いて)ぴったりした状態、よく似た状態にある意を表す。 いかにも…のようである。 まさに…と見うけられる。 「名探偵 らしい見事な推理だ」 「どうやら実説 らしくもあり、又嘘 らしい所もあるてな」〈滑・・四〉 [補説]近世になって、古語の「らし」と、活用があって形容詞を作る接尾語「らしい」との類推から生まれたといわれる。 連用形は、「ございます」「存じます」に続くときに「らしゅう」となる。 仮定形として「らしけれ」が考えられるが、代わりに「ようなら」を使うことが多い。 なお、近世以降、同源の文語形推量の助動詞としての「らし」も用いられた。 「このころとられた らしき中間が封じ文出して」〈浮・好色盛衰記〉また、 3はとの区別のつかない場合もある。 [語誌] 1 中世後期に成立した接尾語「らしい」が近世以降に助動詞化したもの。 成立については、上代から中古にかけて用いられた推量の助動詞「らし」と結び付ける説もある。 しかし、「らし」は中古中期以降、口頭語では用いられず、古語として意識されていたことなどから疑問。 2 仮定形「らしけれ」はほとんど用いられず、仮定表現には「らしかったら」「らしいなら」の形が用いられる。 ただし、接尾語「らしい」では「男らしければ」のように「らしけれ」も用いられる。 3 現代語「らしい」は、古典語「らし」とは違って「明日雨が降るらしい」のように未定の事実を対象とする推量にも用いられる。 ただし、その場合でも「空模様があやしい」といった現在の事実を手がかりにする意味合いが強い。

次の

愛しい と 愛おしい この二つの違いってなんですか?詳しく回答...

いじらしい 古語

1 根拠や理由のある推量を表す。 「台風が接近している らしく、風雨が強まってきた」 「又からすがなくので見ると狐がきている。 よほどひだるい らしい」〈桑名日記〉 2 伝聞や推量に基づく婉曲 えんきょく な断定の意を表す。 「冬山というのは非常に危険 らしい」「隣の子はよく勉強する らしい」 3 (多くは体言に付いて)ぴったりした状態、よく似た状態にある意を表す。 いかにも…のようである。 まさに…と見うけられる。 「名探偵 らしい見事な推理だ」 「どうやら実説 らしくもあり、又嘘 らしい所もあるてな」〈滑・・四〉 [補説]近世になって、古語の「らし」と、活用があって形容詞を作る接尾語「らしい」との類推から生まれたといわれる。 連用形は、「ございます」「存じます」に続くときに「らしゅう」となる。 仮定形として「らしけれ」が考えられるが、代わりに「ようなら」を使うことが多い。 なお、近世以降、同源の文語形推量の助動詞としての「らし」も用いられた。 「このころとられた らしき中間が封じ文出して」〈浮・好色盛衰記〉また、 3はとの区別のつかない場合もある。 [語誌] 1 中世後期に成立した接尾語「らしい」が近世以降に助動詞化したもの。 成立については、上代から中古にかけて用いられた推量の助動詞「らし」と結び付ける説もある。 しかし、「らし」は中古中期以降、口頭語では用いられず、古語として意識されていたことなどから疑問。 2 仮定形「らしけれ」はほとんど用いられず、仮定表現には「らしかったら」「らしいなら」の形が用いられる。 ただし、接尾語「らしい」では「男らしければ」のように「らしけれ」も用いられる。 3 現代語「らしい」は、古典語「らし」とは違って「明日雨が降るらしい」のように未定の事実を対象とする推量にも用いられる。 ただし、その場合でも「空模様があやしい」といった現在の事実を手がかりにする意味合いが強い。

次の

「健気」とは?意味・類語・英語【使い方や例文】

いじらしい 古語

これは、「嫌がる」という意味のほかに「大事にする」 という意味ががあります。 ・・・・・ 辞書での意味は次の通り。 【愛おしい(いとおおしい)】 1 大事にして、かわいがりたくなるさま。 たまらなくかわいい。 2 かわいそうだ。 気の毒だ。 3 困ったことである。 つらい。 【愛しい(いとしい)】 1 かわいく思うさま。 恋しく慕わしい。 2 かわいそうだ。 ふびんだ。

次の