スマホ 音声 録音。 Androidスマホで通話録音する方法は?アプリの評価と使い勝手も紹介!

【裏技?】スマホの内部音声をMP3で録音(ダビング)する方法

スマホ 音声 録音

購入手配から到着まで10日くらいでした。 前回の投稿から時間が経ってしまったのはご愛嬌・・・。 130円くらい。 これと普通の 3. 5mmオーディオケーブルがあればスマホの内部音声が録音できます。 アマゾンでは 600円くらい。 5mmオーディオケーブルも同じくらいの値段。 今回の目的なら 0. 6mで充分でしょう。 ちなみに長さは短ければ短いほど 音が良い。 ただし、スマホのイヤホンジャック(オーディオ端子)が外部出力端子と内部入力端子が一体になっている必要があります。 ご自身のスマホの仕様書などを見て確認すると良いでしょう。 (ほとんどスマホは一体になっています) こんな感じで ヘッドセット接続端子と記載されていれば一体型になっている端子が付いていることを示します。 (ヘッドセットってイヤホンとマイクが付いた物ですから) スマホの内部音をキレイに録音するための接続のイメージ図は下記のとおりです。 スマホの内部音声をイヤホンジャックから有線で出して、マイク入力ジャックにそのまま入れます。 アプリにはフリーソフトのを使用しました。 実践から確認まで動画にしましたので確認してください。 まだ動作は安定しませんが何度か抜き差ししたり電話機本体・アプリを再起動したりすれば出来ることを確認しています。 接続が成功した時と失敗した時の差が今一つわかっていません。 オーディオ端子が無いiPhoneでやりたい場合はライトニングケーブルからヘッドセット端子の変換ケーブルを購入して同じように行えば出来ると思うのですが、iPhoneを持っていないので未確認です。 同様にオーディオ端子が無いAndroidスマホの場合もType-C端子とヘッドセット端子の変換ケーブルを使えば出来ると思います。 こちらもまだ未確認。 本来は著作権などの問題で内部音は録画してはいけないらしい(だから電話機本体側で出来ないような仕組みにしている)ので自己責任でやるorやらないを判断してください。 これが出来ると スマホの画面を録画するアプリで 映像も 音もきれいに収録されてしまいます。 この 有線で接続された音というのをこの方法を利用して あたかも内部音を直接録音するようにしています。 結果、 スマホで内部音声を録音していることになります。 例えば Youtube Premiumに登録していないのにスマホ内に動画が劣化無しで保存できてしまいます。 これやっても出来ない人へ 詳しく説明します。 2つ可能性があります。 規格が違う 端子が4極のものは「 CITA」と「 OMTP」の2種類の規格があります。 これを間違えたので出来ないということです。 困ったことにわざわざこれはCITA規格ですとかOMTP規格ですとか書いてくれていません。 なので調べようが無いですが実は商品名をよく見ると親切に書いてくれている場合があります。 とあります。 5mmジャックを使用するあらゆるデバイスにシームレスに接続できます。 と記載されています。 日本では CTIA規格が主流なのですが、スマホになると判断が難しいです。 グローバル展開しているメーカーやからしたらコスト削減のためにも統一したいはずですが、上記をよく見ていただくとわかりますがSamsungは両方の規格で出しています。 同じメーカーでも機種ごとに異なる例はこのようにあります。 確実なのは両方購入しておくことですね。 800円くらいなのでそれぞれ買っても2,000円しないので。 もっと安く購入したい場合はやはりeBayを使うのがよいでしょうね。 CTIAや OMTPで検索して引っかかります。 CTIA規格のケーブルを買って、 OMTPと CTIAの変換を買えばどちらが来てもOKです。 下の2つが今調べた限り最安かと思います。 ステレオで録音できるの? 既に記載しているのでお気付きの方もいるかと思いますが、4極では入力はモノラルです。 ステレオで高音質で録音したい場合は2台のスマホがあれば出来ます。 片方を音声出力、もう片方を音声入力とすれば有線での録音が出来ます。 電話機本体やアプリによっては認識しないこともあります。 ただ、スマホに外部マイクを認識させるためには3極では無理で4極か5極が必要な場合がほとんどです。 これで出来ない場合は何かしらの仕掛けが入っていて仕様として出来なく作られていますね。 上の方法は2台のスマホが無いと出来ません。 1台で済ませたい場合はBluetoothで飛ばして有線でスマホ内に音を戻す手法。 Bluetoothで飛ばしているので音は劣化しますが外部音は入らないので十分きれいに音は録音できます。 あっ、200円であった。 eBay、すごいですね。 これたぶん受信機だとおもう。 写真で車のAUXにつなげているので。 こっちは確実かな。 300円ちょっとだけど、出力している写真が載っているし。 こっちは送受信できる。 しかも300円ほどでかなり安いね。 でもたぶんこれも認識させるために間に変換ケーブルが必要かなぁ。 ステレオだと 5極というまた3. 5mmジャックには存在します。 そのケーブルを使えばステレオで音声入力可能かと思いますが、そのためにはスマホ側も5極のメス端子が搭載されていなければなりません。 またアプリも有線入力でステレオ録音できる仕様でないといけませんね。 スマホで5極が搭載されているのは Xperiaのようですね(普通のスマホのステレオ録音は3極端子で切り替えて賄っている、つまり出力と入力を同時に出来ない)。 Sonyは有線イヤホンでノイズキャンセル機能が可能な商品を出していますから。 右耳のノイズ、左耳のノイズそれぞれをキャンセルするためには両方の耳にマイクが無いといけませんからね。 ノイズキャンセルはノイズをマイクで拾って、その逆位相をスピーカー(イヤホン)から出して打ち消している ただ、調べている限り一体型で5極から出力用と入力用に分岐するケーブルがありません。 あと5極って2. 5mmとか4. 4mmとか径が違っていて何か複雑そう。 最後の手段として root化がありますがかなりハードルが高い方法です。

次の

Androidボイスレコーダー5選

スマホ 音声 録音

通話を音声メモとして録音する(残す)には 言うまでもありませんが、電話は便利です。 相手がどこにいても、その場で相手の意思を確認しながら相談することができますね。 ただ、ひとつ残念なのは、その会話を記録しにくいことです。 すれ違いが起きると「言った、言わない」になることもあり、お互いにモヤモヤしてしまいます。 そこで、スマホで通話した音声を録音する方法を説明します。 iPhoneかAndroidかで異なりますので、お使いのスマホでの方法を参照してください。 <目次>• 電話回線でスマホの通話を録音するには 通話の録音について、国内では通話の録音を禁じる法律はありませんが、海外では法に触れる地域があります。 そのため、 iPhoneは通話の録音ができない仕様になっています。 そこで、iPhoneでケータイ電話回線を使って録音するなら、「テレフォンピックアップ」と呼ばれる、イヤフォン型マイクを使って録音します。 イヤフォンを耳に刺し、ケーブルの先をICレコーダーなどに接続して、イヤフォンに付いているマイクから録音するわけです。 わざわざ機器を購入するとなると躊躇する人もいるかもしれませんが、これさえあれば、後述するLINE通話のような通話アプリの録音も簡単にできるだけでなく、会話の途中で録音したくなったときでもすぐに対応できます。 テレフォンピックアップはAndroidスマートフォンや固定電話でも利用できます。 ただし、別途レコーダーが必要となります。 録音データの再生やスマホに保存、シェアができる 通話レコーダー(無料) 通話アプリでの通話を録音するには LINE通話やSkypeなど、IP電話での通話を頻繁に使っている人も多いでしょう。 どちらも通話アプリ自体に録音機能はないため、別の手段で録音します。 iPhoneは、iOS 11の機能である「画面収録」を使います。 そのための設定が必要なことと、通話を開始してから録音を行わなければならないなど少し手順が難しいのですが、無料で録音できるのはメリットです。 LINEアプリで通話との統合をオフにする LINEの「設定」から「通話」を表示し、「iPhoneの基本通話と統合」をオフにします。 ちなみに、「iPhoneの基本通話と統合」をオフにすると、「電話」の履歴にLINE通話が登録されなくなります。

次の

通話録音アプリとは?スマホの通話を録音する方法 [スマートフォン] All About

スマホ 音声 録音

暇な時にゲームをする人が数多くいるでしょう。 そのたくさんのプレイヤーの中に、パソコンでゲームをやっている人もいるし、スマホでゲームをする人もいます。 ゲームする時、凄く気に入る音楽、つまりゲームのBGMを耳にかけることは、プレイヤーであれば多少経験したことがあるでしょう。 そんな時になったら、どうすればその気に入ったゲームのBGMを録音して保存できるか、今日の記事で、各デバイスによってゲームの音声を録音する方法を説明させてください。 「FonePaw PC画面録画」とは本来、パソコン向けのスクリーン収録ソフトですが、ソフトに搭載された高性能音声レコーダーを使えば、手軽にシステム音声とマイク音声を高音質で録音することが可能です。 以下はWindows版を例にして、パソコンでゲーム録音する方法を説明します。 ソフトを使ってゲームを録音する 1. 「FonePaw PC画面録画」をパソコンにインストールしたら、ソフトを起動してメインパネルに入りましょう。 そこで表示される 「音声レコーダー」を借りて、ゲームの音声をわずかの数ステップで収録することができます。 これが音声レコーダーのパネルです。 ゲームの音声を録音するにはただ 「REC」を押せばいいです。 当然、その前にパネルにあるシステム音ボリュームの調整機能によって音声の大きさをカスタマイズすることもできますよ。 録音過程中にもボリュームを調整できます。 仮作成の録音ファイルのサイズは、パネル上部に表示されます。 ストレージの残りを考えてながら音声を収録してみましょう。 もしストレージ容量はギリギリになったら、いったん環境設定に入って、録音の音質を下げてから録音を始めましょう。 ゲーム音声の録音を停止するには、パネル左上の停止ボタンを押せばいいです。 その後、収録されたゲーム音声を確認したら保存ボタンを押して、自由に指定できる保存先にMP3ファイルとして保存してください。 スマホ向けのゲーム録音方法 スマホでゲームアプリの音声を収録したい方々は、次の方法を参考してください。 「画面収録」の設定画面に入って、マイクボタンをタップすれば、マイクからひろった音声も収録される動画の中に取り込みます。 これで、iPhoneの内部ゲーム音声を収録することができます。 iOS 11以前のシステムを搭載されているiPhoneでは、 「画面収録」ではなく、 「ボイスメモ」を使ったら、マイクからスピーカー出力されたゲーム音声を録音できます。 もしそうして収録される音声の音質に満足出来ないならば、してから、iPhoneの画面・音声をパソコンで収録できるソフト 「」を利用してiPhoneのミラーリング映像からゲームの音声を収録することを試してください。 「AZ スクリーンレコーダー」 のようなレコーダーでは、マイク音声収録機能が備えています。 これによって、スピーカーから出力されるゲーム音声をひろってことができます。 そして、すればいいです。 ゲーム録音する時音質を上がるには? 最後には、ゲーム録音する時音質を上がるため、幾つの小ワザを紹介させてください。 本文に推薦された 「FonePaw PC画面録画」を一例として、 「環境設定」>「出力」の中には録音する時の音質を調整することができます。 普通には「高」に設定すれば十分ですが、それをさらに上がるには、 「最高」「無損失」に設定することもできますよ。 だからゲーム音声を録音する前にはまずマイクの収録機能を無効にしてください。 以上で、各デバイスでのゲーム音声録音方法をまとめて紹介してみました。 もし本文に紹介された録音ソフト以外また何か愛用のツールがあれば、どうぞコメントで皆さんとシェアしてください。

次の