トーマツコンサルティング 年収。 デロイト トーマツ コンサルティング|会社案内|デロイト トーマツ グループ|Deloitte

デロイトトーマツ(DTC)の年収【年齢別推移・職種別・生涯賃金】や給与

トーマツコンサルティング 年収

デロイトトーマツコンサルティングの年収は以下のようになっているようです。 デロイトの給与は、BIG4の中では最も高いと考えてよいでしょう。 ただ、年齢や経験、役職によってやはり大きく変わってきます。 また戦略コンサルタントに比べれば金額は低くなります。 (戦コンであれば最低800万円程度貰えるイメージ) 某電力会社案件などで潤っているなどと聞きますし、インセンティブや賞与などを考えると高い年収が期待できます。 特に冬の賞与に反映されるため、人によっては、通常の2倍ほどの賞与がもらえることもあったようです。 また、年俸制で新卒でも530万円という高い給与ではあるものの、家賃補助などはないので最初のうちは給与の伸びを感じにくいかもしれません。 マネージャークラスとなれば、1000万円を超えるため余裕が出てくるでしょう。 1.『』 年収800万以上や外資系への転職に強い 2.『』 評判の良い総合転職エージェント 3.『』 フリーコンサル案件に特化したエージェント 福利厚生は充実している? 各種保険 健康保険、厚生年金、雇用保険、総合福祉団体定期保険、財形貯蓄制度、労災保険 退職金制度、企業年金基金、定期健康診断、自己啓発援助など 諸手当 通勤手当、出張手当のみ 休日休暇 慶弔休暇、年末年始、夏期休暇、有給休暇(初年度10 日、最大20 日) 一般的な福利厚生となっており、目立った特徴はありません。 有給休暇も一般的な日数なので、取りやすいかどうかです。 当然、プロジェクトによって左右されるので、土日出勤しなければならないような時もあります。 閑散期やプロジェクトの間には、長期休暇を取得する人もいます。 コンサルなので当然と言えば当然です。 ただ裁量労働なので、自分でスケジュールが管理できればプライベートも確保できるでしょう。 コンサルとしての仕事の早さが問われるので、アウトプットのイメージがつかめないと深夜までタスクを行っている人も多いです。 どのコンサルにも言えることですが、優秀な上司も多いので、ハングリー精神がある人間にとっては成長できる環境ではあります。 精神的にきついと感じる人もいるため退職者もそれなりにいるため、入れ替わりが激しいのは事実です。 デロイトトーマツコンサルティング合同会社の情報 事業内容 4大監査法人の一つであるDeloitte Touche Tohmatsuのメンバーファームでクライアントの事業戦略立案から実行まで一貫して支援しています。 2,300名規模のコンサルタントが、デロイトの各国現地事務所と連携して、世界中のエリアで最適なサービスを提供することを目指しています。 他の外資系ファームと比較すると穏やかな社風で、人材を育成するという風土があるといわれています。 もし、外資系への転職が不安であれば、お時間がある時に以下記事を読んで頂くと良いかと思います。 参考記事: 会社の特徴 4大監査法人のグローバルネットワークを活かしたクロスボーダー、クロスファンクション(コンサルティング、フィナンシャルアドバイザリー、監査、税務)でのワンストップソリューションの提供が強みといえます。 2006年当時300名程度だった人員は、2017年には2100名以上にまで急増しています。 社内での会社の評価は「堅実な社風」と捉えられており、会社の将来性や成長性、安定性においては高い支持を得ています。 インダストリーサービスでは、日本と米国で混成チームを組成し、日本と米国における銀行業の収支構造やビジネスモデルなどの違いの具体的な調査を行い、トータルサポートを実施しています。 抽象的ではなく具体的なサポートをすることで、クライアントのグローバル展開における大きな足掛かりをつくり貢献することに成功している会社です。 その他にも情報・メディア・通信・資源・自動車などの様々な分野においての活躍が見られます。 あとは、東電案件が何かと話題ですよね。 BIG4について ご存知の通り、デロイトはBIG4の一角です。 日本のBIG4系コンサルとして最も規模が大きく、リーダー企業として存在感を示しています。 その他BIG4については以下にまとめていますので、お時間ある時に読んで頂けると幸いです。 ・ 教育制度の評価と新卒の教育・中途採用の場合の教育は? 各インダストリーやコンピテンシーユニット主催の勉強会などあるようですが、全員が受けるわけではありません。 成長環境かどうかは、所属の上司やユニットの状況に左右されるため、主体的にプロジェクトを選ぶ意思を示すことが必要です。 上司等への相談はしやすいとの話も聞くので、自分の動きによって大きく変わるはずです。 新卒採用の場合には、1. 5か月の研修と1か月のOJTがあるようです。 中途入社になるとペーシックなPCスキルと成果物作成スキルを1週間ほどの研修で教わるようです。 BIG4の中でも年収が高いため、戦略系ファームからの転職者が比較的多い印象です。 専門性の高い人材も募集しているため、事業会社やSIerから転職する方もいます。 転職者に求める資質については、以下のようなものが挙げられます。 「日本の国際競争力の再興」「企業のみならず政府・NGO等を含むクロスセクターでのインパクト創出」という広い視野と志を持つ人• グローバルPJが大半であるため、志向性・語学力は必須のため、英語などを学んできた人• 積極性、協調性、根気強さ・打たれ強さ、泥臭い仕事を厭わない覚悟など、仕事に対して熱意のある人 コンサルファーム出身者であれば、比較的良い条件で、かつ採用可能性も高いため、穴場の転職先と言えそうです。 経験業務 転職を成功させる上で、事業との関連性を経験業務を持って語れることは重要です。 デロイトは、幅広くアドバイザリーサービスを提供しており、一概には言えませんが、代表的な アドバイザリーサービスにおいてどのような経験が求められているかをまとめました。 戦略 ・経営戦略コンサルティングファームでのコンサルタントとしての実務経験 ・事業会社等での経営企画部門・新規事業開発部門での実務経験 ファイナンス ・経理・財務部門における改革プロジェクト経験 ・ 経理・財務部、経営企画部などの計数管理、計画立案を遂行する部門での経験 デジタル ・コンサルティングファームでの実務経験 ・システム開発経験(アプリケーションまたはインフラストラクチャー) ・インターネットサービス企業やWebサイト企画・運営会社などでの実務経験 ・事業会社の経営企画・情報システム部門などでの実務経験 当てはまらないからと言って諦める必要はありません。 自分の経験をデロイトの業務に紐付けることができるか考えてみましょう。 デロイト内部のコンサルタントや転職エージェントに相談すれば、新しいアイデアも生まれるのでオススメです。 求められる人柄や会社の雰囲気など 外資系の割には堅実な社風ではありますが、仕事をこなしていく裁量を持たせてもらうが出来ます。 中途採用者が活躍していることからも、今まで培ってきたコンサルスキル、ITスキルがあれば、非常に活躍しやすい場所であるともいえます。 多忙のためか、飲み会などがあまりされていないとの話もあるので、仕事とプライベートを割り切ってやっていきたい人にも向いているかもしれません。 デロイトトーマツコンサルティングへの転職を検討している方がすべき1つのこと ハイクラス求人を扱っている転職エージェントに登録してみてください。 その理由は下記3点です。 Webには出てこないデロイトトーマツコンサルティングのリアルな情報が手に入る可能性がある• デロイトトーマツコンサルティングおよびその他ファームの非公開求人を紹介してもらえる• 面接対策や年収アップ交渉をしてもらえるため、効率的に転職活動ができる デロイトトーマツコンサルティングへの転職を目指す方へのおすすめエージェント デロイトトーマツコンサルティングを目指す方にオススメな転職エージェントは以下です。 転職エージェント 登録すべき人 ランスタッド 高年収を目指す、すべての方 Type転職エージェント 年収800万以下のすべての方 アクシスコンサルティング コンサルタント転職を目指す、すべての方 ランスタッド は、オランダで1960年に創業された世界最大級の総合人材サービス企業。 39の国と地域で活動し、日本には93の拠点があります。 年収1000万以上を目指すプロフェッショナル向けサービスを提供しています。 世界規模の企業であるため、外資系やグローバル企業への転職支援実績も多数あり、下記の3つのメリットがあります。

次の

デロイトトーマツコンサルティングへ転職|選考難易度や年収を解説!

トーマツコンサルティング 年収

内定者感想例: ・1次面接の後には、面接官から直接フィードバックをいただくことができ、別の会社の面接にも非常に役に立った。 ・社員の方は、穏やかな人柄と論理的な話しぶりを兼ね備える方が多い印象を受けた。 どんな質問に対しても楽しそうに答えて下さる点や、自分の仕事に誇りを持って話して下さる点、人をまとめる立場として後輩をどう育てていきたいかのビジョンをしっかり持っている方が多かった点から、一緒に働きたいと心から思った。 ・外資系ファームでは即戦力が求められ、ガツガツした雰囲気が好まれることもあるのかもしれませんが、このファームでは入社後に能力を伸ばしていくといった社風があり、そのためには現時点での能力(ロジカルさ)よりも入社後に協力して成長していけるか、仕事をできるかといったポテンシャルが見られていると思います。 内定者感想例: ・コンサルタント、営業、ITスペシャリストそれぞれの職種において求められている能力、性格は違うと思う。 社員の方と1対1で話したり、他社の選考を受けたりして、自分にはどの職種が一番適しているか判断することが、一番大切だと思う。 ・どの社員も逆質問に対して、とても真摯に熱意を持って回答してくださる様子がとても印象に残っている。 全体的に、SIerの中では最も明るい雰囲気の会社、という印象を抱くことができた。 「システム開発を通して経営をサポートする」ITコンサルティングファーム 総合コンサルとは異なり、ITに特化したサービスを提供しています。 一般的にSE(システムエンジニア)がシステムを設計・開発してクライアントに納品するのに対して、ITコンサルタントはシステム設計・開発を通してクライアントが抱える経営問題を解決していくことまで求められます。 内定者感想例: ・これから成長していくベンチャー気質の社風だと思います。 役員との距離も近く、風通しの良い環境だと思います。 ・社風もトップの方と気軽にお話やご飯に行けるような関係があり、いい意味でベンチャー気質なところが多くあると感じました。 UP or OUTのファームが多い中、日系企業ということもあり人を大切にする企業だと思いました。 おわりに いずれのコンサルティングファームも、 ・他業界と比べると20代で高い年収(年俸)に到達できる ・実力主義のため同期と大きく年収が異なる場合もある ・社風に大きな違いはない ・チームリーダーの方針や案件によって取り組み方・仕事量は異なる ・近年働き方改革(残業規制など)が普及しつつある といった特徴があるといえるでしょう。 また、どのようなコンサルティングファームにおいても「仕事で必要な知識は自分で吸収していく」姿勢は当然求められます。 そのため、特にITコンサルを目指す方はIT技術への適性があるかを必ず把握しておきましょう。

次の

【2020最新】デロイトトーマツコンサルティングへの転職を徹底分析。面接での質問や年収情報などからわかる転職難易度とは

トーマツコンサルティング 年収

コンサルティングファームへの転職は現在でも人気業界となっていますが、その門戸は非常に狭いものとなっています。 IT、人事、医療など多種多様な業界領域があり、外資系、日系、シンクタンク系などコンサルティングファームも様々です。 今回はコンサルティング業界の「デロイトトーマツコンサルティング株式会社」に転職を検討されている人向けに、「デロイトトーマツコンサルティング株式会社」への転職についてのノウハウをレクチャーしていこうと思います。 目次 デロイトトーマツコンサルティングって何をしている会社? 多くの人が、デロイトトーマツコンサルティングの名前を聞いたことがあるのではないでしょうか? 日本におけるマネジメントコンサルティングのリーディングファームのひとつで、様々な業界に対する経営コンサルティングを手がけています。 Deloitte Touche Tohmatsu 世界150ヶ国に20万人以上のプロフェッショナルを抱える)のグループでのグローバル協働。 監査法人トーマツ(最大級の会計事務所 、DTC-FAS 財務アドバイザリー とも連携しています。 業務改革コンサルに強く、案件の割合としてはどちらかというと戦略系よりも業務系が多いのが特徴的です。 デロイトトーマツへの転職をお考えの人へ 結論から言うと、デロイトトーマツへの転職はそう難しいものではありません。 と言うのも、経営や戦略などのコンサルタントを除き、必ずしもコンサル経験が必要なわけではなく、未経験者でも可能な募集があるからです。 ただ、どの応募にも共通して英語力が求められており、 TOEIC700点が最低ラインと思っていいでしょう。 デロイトトーマツは、一般的なコンサルティング会社に比べて、「なぜデロイトトーマツなのか?」を聞いてくるため、面接の対策が必要になってきます。 転職エージェントに相談すれば、面接対策だけでなく、コンサル独自のケーススタディの対策もおこなってくれます。 さらには、ご自身のキャリアについての相談ものってくれます。 ここからは、年齢とご経験に分けて募集職種への転職方法と、オススメの転職エージェントをお伝えしていきます。 第二新卒・事業会社・金融機関・監査法人等の業務経験3年以下の人 こちらの人は、「Poolユニット」という専門性を特定していないジュニア・スタッフクラスへの応募となるでしょう。 Poolでは、特定の業界に絞らず、プロジェクトベースで幅広くコンサルタントとしての基礎スキルを身につけていくことになります。 この応募で見られるのは、 社会人としての基礎スキルや地頭の良さ、コンサルタントとしての適性です。 さて、結論から申しますとデロイトトーマツへ転職するためには業界最大手の や、への相談をオススメします。 転職エージェントは様々な業界・企業を知っており、特に大手ならば他のエージェントが持っていない求人も持っているので幅広い求人を紹介することができるのです。 業界No. 1!どのエージェントよりも多数の求人を保有• 転職者満足度No1!リクルートと比較するとサポートの手厚さに定評あり• 20代の転職サポートに強み。 若手を積極的に採用したい企業の求人が多数 また、転職するべきか迷っている、いい企業があれば転職したいという人は、大手企業から直接オファーがもらえる に登録して情報収集するのがオススメです。 事業会社・金融機関・監査法人の業務経験3年以上の人 こちらの人は、経営コンサルタントや戦略コンサルタントでの応募となり、各業界での経営企画/事業企画/マーケティングの経験、部署によっては英語も必須になってきます。 複数回の面接を通じて、ポジションやランクが決められます。 経営、戦略コンサルタントを目指す人にオススメするのが、との2つです。 上記の2社は年収500万円以上の良質な求人が多く掲載されており、30〜40代のハイレイヤー層の転職サポートに強みを持ちます。 各業界出身者が、あなたのキャリア設計から入社まで、転職に関わるあらゆることをサポートしてくれます。 登録しておくだけで、気になる企業からスカウトが届く!優良企業の求人が集まる会員制転職サイト• ・なら、実際にエンジニア経験のあるコンサルタントからの転職アドバイスを受けられる、最新のIT業界の転職事情などの濃い情報が得られるという点で、大手エージェントと合わせて検討しておきたいところです。 上記環境のサービス基盤設計、構築 サイジング、調達含む• ヘルプデスク、ユーザーからの依頼対応• 外部委託先等ベンダーのマネジメント 日本語、英語ともにビジネスレベルのリーディング、ライティング、リスニング、スピーキング能力が理想です。 デロイトトーマツコンサルティングの仕事のやりがい デロイトトーマツコンサルティングは、経営コンサルティングファーム業界の中では、部門 ユニット 別採用をおこなっており、若いうちから、ご自身が興味のある業界・テーマの専門性を身につけることができ、市場価値を高めることができます。 会社としてはコンサルティングサービスを貪欲に新しい試みにもチャレンジしている環境 最近は、デジタルマーケティングなどにも力を入れています なので、コンサルティング業界としては成長しているフィールドで仕事が出来る点はやりがいにつながるかもしません。 デロイトトーマツコンサルティングの将来性・今後の事業課題 近年、中途採用を積極にしている背景からも、会社が成長していることが伺えます。 外資系企業ではありますが、日本の企業を応援する姿勢があります。 ただし、大手企業が中心のようです。 クライアント環境の悪化がなければ、成長軌道し続けるのではないでしょうか。 国内のコンサルティングファームとは類似している点も多く、国内の競合企業 やなど のベンチマークに基づいた戦略を描いているようです。 海外戦略や、急激に増えている人材に対する育成などがもっと強化されれば、より差別化されて会社として強みになると思われます。 デロイトトーマツコンサルティングの評判・社風・カルチャー 会社としては急速に成長しているので、中途採用を積極的に採用している傾向です。 とくに、同業他社、、からの転職者が多いようです。 中途社員が多いので、よくある新卒入社の共通のカルチャーというのは少ないようです。 コンプライアンスの意識も高く、研修も充実しています。 コンサルタント職種であれば、若いうちから様々なクライアントのプロジェクトに関わることができ、幅広い知見を溜めることができる環境です。 ユニットによって、カラーや独自性があるので、各ユニットによって風土は様々のようです。 デロイトトーマツコンサルティングの面接など選考難易度 成長過程にある企業ですから人が増えていますが、中途入社は月平均20~30人ペースで採用しているようです。 エントリー時に職務経歴書や履歴書の他に、志望動機書を作成する必要があるようです。 具体的にデトロイトトーマツコンサルティングで何をやりたいのか、反映させたほうが良いかと思います。 面接は、コンサルの面接らしく浅い回答をするとすぐに面接官から突っ込まれるかと思います。 浅い回答をすると、「なぜ?」「なんで?」「どうやって?」と質問を受けますので、しっかりと自己分析をおこない、面接対策をおこなうことをお勧めいたします。 具体的にどんな仕事をおこなってきたのか、入社したらこのようなことができるなど、論理的にしっかりと話せるように準備をしましょう。 コンサル業界の特長としても、下記の点がポイントになるかと思います。 デロイトトーマツコンサルティングに転職後のキャリア形成は? 社内の平均年齢は30〜35歳くらいのようです。 社内はコンサルタント職種の人が多いですが、ある程度の経験を積み、身に着けたスキルを活かして他社に転職する人もいるようです。 また、事業会社からのデトロイトトーマツコンサルティングに転職された人には、事業会社との企業カラーが異なる点も多く、事業会社への転職 その場合は、経営企画などのポジション される人が多い傾向のようです。 エンジニアポジションは、コンサルタント職種とは異なりますし、今後は、海外戦略などが急速すればそれはそれで課題や取り組みも増えてくるでしょうから、長く働き続けながらスキルアップ・キャリアアップしていくこともできるのではないかと思います。 デロイトトーマツコンサルティングのオフィス・本社 本社は丸の内ビルディング17階にあります。 通称「丸ビル」と呼ばれている、丸の内のシンボルタワーです。 丸ビルは日本を体表するオフィスビルですよね。 丸ビルは地下鉄丸の内線「東京」駅からは直結していますので、天候に関わらず快適に通勤できるのが魅力。 周辺にはファッションをはじめ飲食店も多く、ランチや夜の飲み会や会食などにも困りません。 昨今、東京駅周辺地区の再開発が進んでおり、注目エリアです。 デロイトトーマツコンサルティグへの転職をお考えの人へ デロイトへの転職をお考えの人は、 転職エージェントの利用をオススメします。 なぜならば、転職エージェントはデロイトの選考で重要になってくるケーススタディの対策をおこなってくれるからです。 ケーススタディでは論理的な思考ができるのかを確認されるため、客観的なアドバイスが何よりも重要になってきます。 しかし、転職エージェントはキャリアアドバイザーによってサポートの質が変わってくるので、大手エージェントの中から2〜3社、特化型エージェントの中から1社程度に登録して、自分と相性の良いキャリアアドバイザーと一緒に転職を進めていきましょう。 年収500万円以上の転職を目指す人向け ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

次の