アナ 雪 2 歌 松 たか子。 『アナ雪2』松たか子が歌う新曲『イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに』MVがお披露目!

映画『アナと雪の女王2』松たか子が歌うメイン楽曲MV

アナ 雪 2 歌 松 たか子

アカデミー賞の授賞式には、もともと、アメリカ本場でのエルサ役を務めるイディナ・メンゼルさんがパフォーマンスをすることが発表されていましたが、 この程、世界9ヶ国のエルサ役が共に『アナと雪の女王2』の「イントゥ・ジ・アンノウン」歌唱することが明らかになりました。 そこで、 日本でエルサ役を務めている、松たか子さんももちろん、今回一緒に歌唱することになったわけですね。 各国のエルサたちに会える、というのは大きな喜びであり、自分以外のエルサに出会う、というのも滅多にない機会だと思います。 ご覧になる方々にとって楽しいひとときになるとよいなと思っています」 と最大限の喜びをコメントをしています。 今まで松たか子がアナ雪の生歌を披露しなかった理由 今まで、映画の劇場や動画、CDなどでしか、松たか子さんのアナ雪2の歌声を聞くことが出来なかったわけですが、これには大きな理由があるようです。 松たか子さん ディズニーとの契約上、テレビ等でアナ雪の主題歌を歌うことは出来ないといわれています。 アナ雪1の主題歌を担当したのは、May. Jさん、そしてアナ雪2の主題歌は中元みずきさんであり、 松たか子さんはエルサ役の声優であり、「アナ雪の歌声=松たか子」という印象が定着するのをディズニーが嫌ったという説が有力です。 神田沙也加さんもテレビでアナ雪の歌声を披露していますが、松たか子さんと違うのは主題歌でないということ。 その他にも、 「実は歌がヘタ」「タバコのせい」「主題歌の担当者を尊重している」といった説がありますが、 最初の「実は歌がヘタ」は絶対違いますよね、松たか子さんは今までも多くのシングルやアルバムをリリースしていて、歌が上手いのは誰もが承知の通り。

次の

アナ雪2の松たか子が歌う主題歌の歌詞は?挿入歌やエンディング曲の歌詞も紹介

アナ 雪 2 歌 松 たか子

アカデミー賞の授賞式には、もともと、アメリカ本場でのエルサ役を務めるイディナ・メンゼルさんがパフォーマンスをすることが発表されていましたが、 この程、世界9ヶ国のエルサ役が共に『アナと雪の女王2』の「イントゥ・ジ・アンノウン」歌唱することが明らかになりました。 そこで、 日本でエルサ役を務めている、松たか子さんももちろん、今回一緒に歌唱することになったわけですね。 各国のエルサたちに会える、というのは大きな喜びであり、自分以外のエルサに出会う、というのも滅多にない機会だと思います。 ご覧になる方々にとって楽しいひとときになるとよいなと思っています」 と最大限の喜びをコメントをしています。 今まで松たか子がアナ雪の生歌を披露しなかった理由 今まで、映画の劇場や動画、CDなどでしか、松たか子さんのアナ雪2の歌声を聞くことが出来なかったわけですが、これには大きな理由があるようです。 松たか子さん ディズニーとの契約上、テレビ等でアナ雪の主題歌を歌うことは出来ないといわれています。 アナ雪1の主題歌を担当したのは、May. Jさん、そしてアナ雪2の主題歌は中元みずきさんであり、 松たか子さんはエルサ役の声優であり、「アナ雪の歌声=松たか子」という印象が定着するのをディズニーが嫌ったという説が有力です。 神田沙也加さんもテレビでアナ雪の歌声を披露していますが、松たか子さんと違うのは主題歌でないということ。 その他にも、 「実は歌がヘタ」「タバコのせい」「主題歌の担当者を尊重している」といった説がありますが、 最初の「実は歌がヘタ」は絶対違いますよね、松たか子さんは今までも多くのシングルやアルバムをリリースしていて、歌が上手いのは誰もが承知の通り。

次の

松たか子

アナ 雪 2 歌 松 たか子

アメリカの映画賞『第92回アカデミー賞』(別名:オスカー)の授賞式が、日本時間10日にロサンゼルスのドルビー・シアターで開催され、女優・歌手の松たか子さん(まつ・たかこ 旧姓=藤間隆子 42歳)が日本人として初めてステージ上で歌唱パフォーマンスを披露しました。 松たか子さんは昨年11月公開のディズニーアニメ映画『アナと雪の女王2』で、前作から引き続き吹替版で主人公の1人・エルサの声を担当したほか、主題歌『イントゥ・ジ・アンノウン(Into the Unknown)』の歌唱も担当しました。 原曲は『第92回アカデミー賞』の歌曲賞にノミネートし、同曲を歌唱したアメリカ出身の女優・歌手イディナ・メンゼルさんのほか、松たか子さんら世界9ヶ国のエルサ役が集まり、本番ではリレー形式でそれぞれの国の言葉で歌唱パフォーマンスを披露しました。 (Twitter) 松たか子さんはレッドカーペットでのインタビューで、 「自分以外のエルサと一緒にいるということはそうそうあることではないのでとっても貴重な時間、不思議な奇妙な時間です。 楽屋がエルサだらけでキャッキャと言ってます(笑)」「みんなが『すばらしい経験よね』って喜んでいて、明るくて、気遣い合って、プリンセスをやった人の優しさに溢れてます。 なるほど、こういう人たちがやってたんだと勉強させてもらいました」と語っていました。 そして、松たか子さんがアカデミー賞で日本人初の歌唱パフォーマンスを披露したことにネット上では、• 子供にエルサってバレたって話だし、もう思う存分歌えた事でしょうね。 それにしても、松さんとても凄い事ですよねコレ…そして素晴らし舞台での素敵な企画• これは生涯に一度あるかないか?というくらいの素晴らしく・夢のような経験。 幸せな時間を過ごされたみたいで、なんだか自分の事のように嬉しい• 他の国のエルザの一番手で、イディナにバトンを渡す役目も松さんだったのでビックリしたと同時になぜか誇らしくなりました。 松さんだけ2箇所歌ってたねー、声量あって綺麗な声で正直もっと聴きたかった。 素敵なステージでした。 各国エルサのなかで、一番手で歌ってましたし、ステージ中央でパフォーマンスしてたし、日本人がアカデミーのステージで歌っているなんて……。 テレビ前で拍手しました。 これは誇らしいですね。 たとえグループの一人だったとしても、これまでのアナ雪への貢献が認められての参加だと思うし、アナ雪は様々な音楽とアーティストが参加してるけど、松さんの歌と歌声が一番好きです。 この大舞台の歌唱は日本にとっても名誉な事だと思います。 本当に嬉しいです。 松さんがこんなに歌唱力のある方とはロンバケの頃には想像もつかなかった。 お疲れ様です。 ありがとう。 などの声が上がっています。 2014年に日本公開された前作では、主題歌『レット・イット・ゴー(Let It Go)』を歌った世界各国のエルサ役声優陣が、同曲を歌い繋ぐ映像がYouTubeで公開され、日本でも大きな反響を呼びました。 それに続いて今度はアカデミー賞でのステージ上で『イントゥ・ジ・アンノウン(Into the Unknown)』を松たか子さん等が歌唱し、ソロパートはわずかでしたが存在感を放っており、世界の声優陣に負けず劣らずの姿に感動したという声が多く上がっています。 また、レッドカーペット登場時の着物姿も美しいと絶賛の声が上がっていますね。 日本人として初となるアカデミー賞での歌唱パフォーマンスを披露し、改めて大きな注目を集めている松たか子さんは、今年1月公開の映画『ラストレター』(岩井俊二監督)で主演を務めているほか、今年公開予定の役所広司さん主演『峠 最後のサムライ』、今年8月上演予定の長塚圭史さん作・演出舞台への出演などが決定しています。 今後のさらなる活躍が楽しみなところで、女優業だけでなく歌手活動にも期待したいですね。

次の