アレキサンド ロス。 ALEXANDROSchannel

[Alexandros] Adventure 歌詞

アレキサンド ロス

読み : アレキサンドロス [Alexandros]は2001年結成の4人組ロックバンド。 読み方はアレ キサンドロスで、アレ クサンドロスではない。 略称はアレキ、またはドロス。 [Champagne](シャンペイン)というバンド名で活動していたが、Champagne(シャンペン)の商標権利を持つシャンパーニュ地方ワイン生産同業委員会の日本支局からバンド名の要請の変更を受けたため、2014年3月28日に[Alexandros]に改名。 ヴォーカルの川上洋平は、英語の歌詞の和訳を行う際は「 戸田よぺ子」という名義を用いている。 これは著名な映画字幕翻訳家である戸田奈津子と自身の名前の洋平を掛け合わせてもじっている。 [Alexandros](アレキサンドロス)のバンド名の由来 [Alexandros]というバンド名は、ヴォーカルの川上洋平がアメリカに遠征した時、なかなか寝付けない夜にふと思いついたのが由来。 括弧は旧バンド名[Champagne]からの名残りで、括弧をつけているのは、後付で「 カッコつける」という意味があるとしている。 [Alexandros]の由来については、川上洋平が自身のブログで語っている。 改名する事よりも新バンド名を考える方が断然ヘビーだったな。 これは実は発表ギリギリで思いついた。 先月アメリカに遠征した時の最後の夜(というか早朝)。 なかなか寝れなくて。 そんな中でピンと頭の中で出て来たのが Alexandrosだった。 メンバー&スタッフ全員起きた瞬間にメールにてプチ会議を開いて決定した。 EUは産地名を商品に使用する知的財産のひとつ、地理的表示の権利から、シャンペンやボルドーなどの商品名を勝手に使用することを禁じている。 「Alexandros」はギリシャ人の人名で、バンド名の読みは「アレ キサンドロス」だが、人名としては「アレ クサンドロス」と読まれる。 アレクサンドロスという名前は、古代ギリシア語で「 男達を庇護する者」という意味だそう。 川上洋平が思いつきで付けたバンド名ではあるが、図らずもアレキサンドロスには男4人組のバンドを庇護する意味合いがある。 アレクサンドロスの名を持つ歴史上で有名な人物は、通称アレクサンドロス大王(アレキサンダー大王)の名で知られるアレクサンドロス3世だろう。 アレクサンドロス大王(紀元前356年7月20日〜紀元前323年6月10日)は紀元前4世紀の古代マケドニアの王であり、父が没した後、ギリシアの反乱を鎮圧し、小アジア、エジプト、パキスタン、インド、ペルシアと次々と王国を支配しき、広大な世界帝国を築くも、32歳の若さで病死した。 旧バンド名[Champagne]は、ヴォーカルの川上洋平が小学校5年生ぐらいの時に「なんだかわからないけどカッコイイ」という理由で考えたバンド名。 [Champagne]はイギリスのロックバンド・Oasisの楽曲『 Champagne Supernova』が由来。 川上洋平は9歳~14歳まで中東のシリアで育っており、英語は中東訛りが入っている。

次の

ALEXANDROSchannel

アレキサンド ロス

2001年に川上洋平さんが青山学院大学に在籍中にバンドを結成。 ボーカル・ギターを務め、ほぼ全ての楽曲の作詞・作曲をしています。 幾度のメンバー交代を経て2010年からは現メンバー(川上洋平、磯辺寛之、白井眞輝、庄村聡泰)で活動。 なかなかチャンスに恵まれなかった川上洋平さんは、大学に6年通った後、営業マンとして3年会社に勤めた後デビューという異色の経歴を持っています。 Alexandrosの曲はドラマの主題歌やCMとタイアップすることが多く、『ワタリドリ』のMVは1億回再生を突破しました。 人気ロックバンドメンバー• 大型音楽フェスでヘッドライナーを務めた• 若手を中心に支持を広げている• 映画の主題歌を手掛けている• 2014年頃清水富美加と番組で共演した• 既婚者だった という人だったと公表されました。 川上洋平が既婚者で清水富美加と不倫してたとか信じない絶対信じないけどただの噂だけど、条件に当てはまりすぎててつらい。 タイプじゃなさそう。 単純に。 飯田祐馬さんも当時は既婚という事を公表していませんでしたので、疑惑の対象には上がっていなかったようですね。 だけど大変ねー。 川上洋平さんもアラフォーですので、結婚していてもおかしくありませんよね。 やはり川上洋平さんは既婚者だったのでしょうか? 2019年11月に、川上洋平さんはある発表をしていました。 「 今日は発表がございまして・・・わたしももうそろそろこんな歳なのでしとかなきゃなあと・・・」と結婚を匂わせる前置きをした川上洋平さん。 ボブ という見た目だそうです。 内面については、ラジオ番組で答えていた川上洋平さん。 「女性のタイプは……昔から言ってるんですけどないんですよ。 髪が長いとか短いとか、背が低いとか高いとかあまりなくて。 ミュージシャンをやってますから音楽に重きを置きたいので、相手の方も自分の仕事に重きを置いている人がいいなぁって思います。 あまり相手してくれない方がいいかもしれない。 恋愛なんて二の次、三の次ぐらいな人のほうが魅力的に感じます。 仕事内容は違うかもしれないけど、お互いやりたいことを一生懸命やって、かつ一緒に歩んでいくのが素敵だなと思います。 ということで僕の好きなタイプは、『 仕事に没頭している方』ですかね(笑)」 川上洋平さんは恋愛第一主義の女性よりも、 自立して自分の仕事を大事にしている女性がタイプなんですね。 自分の仕事や趣味など、自分が没頭している事を熱く語る人って、素敵ですよね。 KAWAKAMI ぬーは留守番 ALXDros.

次の

[Alexandros](アレキサンドロス)のバンド名の由来

アレキサンド ロス

最近ついにブレイクし始めたバンド、[Alexandros]。 ブレイク間近、ブレイク間近と言われながらも中々ブレイクの波に乗れずに新人バンドに先を越されてばかりだったが、先にブレイクしたバンド勢が不祥事やらなんやら起こしてしまい、結局最後に生き残ったのがこのバンド、アレキサンドロスである。 アレクサンドロスでもアヤノサンドロスでもなく、アレキサンドロスである。 結局顔が良ければ中身も良いという真実が暴かれてしまったわけである。 顔面偏差値が低くても売れることはできるという勇気を与えてくれたバンド達の勢いはほんの束の間であった。 とは言ってもアレキサンドロスは顔だけのバンドではない。 実は苦労の多いバンドであることはファンならもちろんのこと、最近このバンドを好きになった人は知っているはず。 やっとの思いで売れた、どんな逆境に立たされながらも前だけを見て続けてきた結果がここにある。 運だけのバンドや顔だけのバンドではないのがこのバンドだ。 UKロックバンドの殿堂、Oasis。 イギリスの国歌なんて言われるほど彼らの代表曲はイギリス国民に多大なる影響を与えている。 そんなオアシスを愛して止まないのがアレキサンドロスのボーカリストである川上洋平。 蛇顔男子の代表格で今や世の女子達からモッテモテの彼、川上君はその昔シリアに住んでいたことがある。 シリア訛りの英語を話すことができるため、アレキの歌詞には英語が多用されている。 彼が子どもの頃に最も影響を受けたバンドがオアシスだ。 [Alexandros]は数年前にちょっとした問題がありバンド名を改名する事態に陥ったことがある。 バンド名を改名しなきゃいけないなんてバンドにとって一大事だ。 せっかく浸透してきたバンド名を今から変える!?また1から伝えるの!?そんなことになっても諦めなかったのがこのバンドだ。 彼らは[Alexandros]になる前に、[Champagne]というバンド名であった。 簡単にいえばシャンパンのことだ。 この[Champagne]というバンド名は彼らが敬愛するオアシスの楽曲「Champagne Supernova」から来ている。 もう根っからのオアシスファンである。 自分のバンド名に付けるくらい愛している。 それほど影響を受けきた存在であるバンドが自分達の楽曲に反映されないわけがない。 何かを創作している人なら影響された作品が自分の作品に色濃く出てしまうことは多々あるだろう。 オアシスのフロントマンであるノエル・ギャラガーが2015年のフジロックに出たときのことだ。 その年に同じくフジロックに初めて出たのがアレキサンドロス。 初めての出演ながらもフジロック最大規模のグリーンステージに立った彼ら、そして愛するノエルと同じステージに立つ喜びのあまりボーカルの川上洋平はステージ上でこう語った。 「小学生の時から唯一ずっと憧れていた人が最後に出る今日、このステージを俺たちで始められて本当に光栄です。 あの人が俺の師匠で良かった」() ノエルからしたら「俺っていつの間に師匠になったの?Why?」である。 しかしフジロック、何万人の観客の前で叫ぶほどオアシスが好きだということは伝わってくる。 オアシスなければ俺の人生なし、とまで伝わってくるほどの影響を受けたようだ。 それだけの影響を受けたのだからもはやオアシスは彼らの根底にあるものであり、原材料である。 彼らの楽曲にはオアシスから貰った様々な要素が含まれているのはもはや致し方がないこと。 スポンサーリンク アレキのパクリ騒動 特に似ていると言われていたのが[Champagne]時代の楽曲である「Forever Young」という楽曲。 この曲がOasisの「i hope, i think, i know」に似ていると言われている。 そもそもこの「Forever Young」という楽曲も彼らを窮地に立たせた。 楽曲だけではなく、ミュージックビデオがClubfeetというバンドの「Everything you wanted」に酷似しているということでネット上で騒動になったことがある。 日本だけではなく、海外リスナーからもコメントが大量に寄せられ、ClubfeetのMV制作関係者からも批判のコメントが投稿されたほど炎上してしまった問題である。 更に楽曲もOasisの楽曲にそっくりだということで更なる炎上を呼んだ。 騒動になったことにより[Champagne]のレーベル側が謝罪をし、MVをYoutube上から削除した。 [Champagne」時代はまだ楽曲制作もそれほど成熟されていなく、影響を受けたものが自分達の楽曲に反映されがちな時期だったとも言える。 音楽もファッションも、あらゆる芸術は元となった原型があるのだ。 あまりに酷似していればパクリと言えるが、[Champagne]の場合はどうだっただろう。 こんなことになったら普通はバンド活動なんて続けてられないほど恥ずかしい事態ではある。 しかし彼らは決して諦めなかった。 常に自分達を信じ続けた結果、今の彼らがある。 パクリを擁護するつもりはない、しかしこのバンドがあらゆる困難や逆境を乗り越えてブレイクしたバンドだということをもっと知って頂きたい。 すぐに売れたバンドじゃない [Champagne]時代の楽曲にこんな曲がある。 それが「spy」という曲だ。 彼らは売れる前にサラリーマンをしながらバンド活動をしていた。 バンド一本で活動しないなんて本気度が足りないとか、それじゃ売れないとか、甘えだとか、散々言われたこともあったという。 しかし彼らはデビューするまでは一般の会社で正社員で働くことを選んだ。 どっちもやれるという自信があったそうだが、やってみればもの凄く困難だったという。 デビューしたら会社を辞めるつもりでいた彼らだが、中々花は咲かずにいつの間にか3年の月日が流れた。 「一体いつになったらデビューができるんだろう?」。 不安定な時期が続いたという。 そして3年後のあるとき、彼らは事務所から引き抜かれる。 この「spy」という楽曲はもしもそのままサラリーマンを続けていたら?もう一つの安定した生活があったかもしれない。 でも自分が選んだ道を信じ続けたい、自分の信念を貫きたい。 そういう想いの込められた楽曲である。

次の