松尾 芭蕉 弟子。 松尾芭蕉のお弟子たち

松尾芭蕉とは?俳句や奥の細道などの代表作、旅や服部半蔵との関係について解説!

松尾 芭蕉 弟子

向井去来为长崎人,本名兼时,俗名平次郎,其父亲是儒医和天文学家。 去来25岁随父来到京都,学习儒医和佛教天台宗,但他倾心的是俳谐文学,34岁后拜入松尾芭蕉门下。 去来一生清贫,但情趣高雅,不为富贵所动。 他选择了这么一块修建国家级寺院的嵯峨野岚山,筑一小小的茅舍,与农夫町人为伍,显示他恬淡的心境与自由的品格。 嵯峨野岚山的自然风景,四季变换的色彩,也成了他写作俳句的源泉。 去来和芭蕉交往甚密,有很深的师生情谊,落柿舍也成了他们友谊的见证。 近邻岚山之麓,大堰川之流。 此地乃闲寂之境,令人身心怡悦,乐而忘忧。 去来性疏懒,窗前荒草离离,不加芟除。 数株柿树,枝叶纷披,遮蔽房檐。 5月,雨水渗漏,铺席、隔扇霉气充盈,几无寝处。 户外,树影森森,殊觉可喜。 此一地清阴,乃去来送吾之最佳礼物也。

次の

宝井其角の俳句 30選 -洒落風-

松尾 芭蕉 弟子

河合 曾良 誕生?? 日 死没 頃 勝本 職業 諸国巡見使随員 ジャンル 俳句 代表作 曾良旅日記 河合 曾良(かわい そら 2年() - 7年()頃)は、中期の。 没年月日については、随員の日誌に無いため、不正確なものとなっている。 の『』における奥州・北陸の旅に同行した弟子。 の一人とされる。 経歴 [ ] 下の下桑原村(現)の高野七兵衛の長男として生まれる。 幼名は与左衛門。 その後、両親が亡くなったため伯母の養子となり、岩波庄右衛門正字と名乗る。 12歳の時、養父母が亡くなったため長島の住職・深泉良成の元に引き取られる。 8年()頃より主に仕え、河合惣五郎を名乗る。 元年()頃に致仕。 江戸のにを学ぶ。 年間にに入門し、同4年(1687年)の『鹿島紀行』、2年()からの『』の旅に随行し、「」(所蔵、)を残した。 将軍の命により、6年()に幕府の随員となり九州を廻るが、翌年、可須村風本(現勝本浦)で巡見の途上に病没した。 享年62。 戒名は賢翁宗臣居士。 墓所はの能満寺。 5年()、没後30年を経て故郷・諏訪の正願寺にも墓標が建てられた。 6年()に旧と諏訪市が河合曾良の終焉の地と生誕の地としての縁で提携を結び、旧勝本町が旧3町と合併()後もに受け継がれた。 関連書籍 [ ]• 『芭蕉奥の細道 付曾良旅日記、奥細道菅菰抄』 萩原恭男校注、• 桜井武次郎 『奥の細道行脚 「曾良日記」を読む』 、200 脚注 [ ] [].

次の

松尾芭蕉とは?俳句や奥の細道などの代表作、旅や服部半蔵との関係について解説!

松尾 芭蕉 弟子

概要 [ ] 森川許六の「師ノ説」(『風俗文選』所収)に「其道を継ぐ十哲の門人」 とあるのをはじめ、各務支考らもこれを説いているが、10人が誰に当たるかについては諸説ある。 なお、蕉門十哲を表す語としては、「蕉門十哲」のほか、のにならう「十大弟子」という語もある。 この種の語の初見は、許六の「宝永元年記」の「去来誄」で、これに「猶生き残りたる十大弟子の中にも」とあるため、この種のものは、元年以前、末ころに発唱されていたのではないかと推測する見解がある。 一般的な蕉門十哲 [ ] 一般には、竹内青々編『続俳家奇人談 』(3年())の筆とされる賛画に描かれた、次の10名とされることが多い。 このうち、其角、嵐雪、去来、丈草は,江戸期の諸書を通じて十哲に挙げられている。 許六、杉風が挙げられることも多い。 (たからい きかく) 元年() - 4年() 蕉門第一の高弟。 江戸座を開く。 (はっとり らんせつ) 3年() - 宝永4年(1707年) 其角とならんで蕉門の双璧をなす。 (むかい きょらい) 4年() - 宝永元年() 嵯峨野に別荘「落柿舎」を所有。 芭蕉よりとともに「」の編者に抜擢される。 (ないとう じょうそう) 寛文2年() - 宝永元年(1704年) (もりかわ きょりく) 2年() - 5年() 晩年になって入門。 画の名人で芭蕉に画を教える。 (すぎやま さんぷう) 4年() - 享保17年() 本名は杉山市兵衛。 蕉門の代表的人物で芭蕉の経済的支援者。 のの近くに庵があり、「採荼庵」(さいだあん、さいとあん)と云った。 (かがみ しこう) 寛文5年() - 16年() (たちばな ほくし) 生年不詳 - 享保3年() 「」の道中の芭蕉と出会い入門。 (しだ やば) 寛文2年(1662年) - 5年() 芭蕉の遺書を代筆。 (おち えつじん) 2年() - 没年不詳 蕉門の門人。 「」の旅に同行。 その他の蕉門十哲 [ ] 以下のような人選をしたものも見られる。 出典 [ ]• 『風俗文選・和漢文操・鶉衣』(『風俗文選』巻之四)• 『蕉門十哲』7頁• 『』(『俳人逸話紀行集』に収録)• 『蕉門十哲』5頁• 『蕉門十哲』5-6頁• 『鮫洲抄』• 『俳人百家撰』• 『蕉門十哲』6頁 参考文献 [ ]• 春秋楼編『鮫洲抄』12年序• 緑亭川柳ほか編『俳人百家撰』博文館,1894• 森川許六編『風俗文選・和漢文操・鶉衣』有朋堂,1922• ,『俳人逸話紀行集』,1915• 『』岩波書店,1932• ほか編『俳諧大辞典』,1957• ほか編『総合芭蕉事典』,1982• ほか監修,尾形仂ほか編『俳文学大辞典』,1995.

次の