ゴリランダー チョッキ。 【ポケモン剣盾】ゴリランダーの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

【ポケモン剣盾】草タイプ御三家「ゴリランダー」が強すぎてダイソウゲン!?種族値と型紹介

ゴリランダー チョッキ

ポケモン剣盾でゴリランダーが、7月1日より開始されたランクマダブル・シーズン8で使用率1位に輝いた。 環境トップを獲得するとともに、歴代最強の草御三家に君臨したと言っても過言ではないだろう。 ゴリランダーの強さの秘訣について、この記事で紹介したい。 スポンサードリンク 【ポケモン剣盾】ゴリランダー、ランクマダブル1位に! シーズン7では7位だったゴリランダー。 シーズン8では早くも1位に輝いた。 環境トップとともに、歴代最強の草御三家に君臨したといっても過言ではないだろう。 一方、キョダイマックスが解禁され、ダブルでも1位になるのではないかとされたエースバーンは4位にダウン。 シングルでは1位だが、ダブルではゴリランダーに軍配があるようだ。 5倍になる。 グラスメイカー:戦闘に出ると5ターンの間、場の状態を「グラスフィールド」にする ポケモン剣盾で初登場した草タイプの御三家サルノリの最終進化系。 3体の最終進化系の中では一番デザインが良いと評価されたが、草単色ということで対戦で輝くことはなかった。 しかし、グラスメイカーと新技「グラススライダー」で大幅に強化された。 グラスフィールドによって強化された草技の威力は半端なく、低耐久のポケモンでは半減でも受けられないほど。 そのうえで、こだわりハチマキを持たせたウッドハンマーは、一撃で倒すのは困難とされるダイマックスしたバンギラスやラプラスすら一撃で倒せてしまう(配分によっては耐える)。 ただし、その分の反動が帰ってくるので相打ちになることが多い。 グラススライダーは威力70の単体技だが、グラスフィールド化なら実質威力91となり、しかも先制技となる。 威力91の先制技が攻撃種族値125から飛んでくるわけだから弱いはずがない。 他の技としては、ダブルで需要の高い「ねこだまし」、しんかのきせきなどを落とせる「はたきおとす」を覚える。 ここまで技に恵まれているおり、やはり弱いはずがない。 なお、グラスメイカーは他のフィールドを書き換えることにも使える。 サイコフィールドによる威力1. 3倍に加え、サイコフィールド状態ならさらに威力が1. 5となり(威力156)、全体技となるワイドフォースを弱体化させられるのも強みだ。 現環境ではあまり見ないが、シーズン8からキョダイマックスも使えるようになったのでキョダイマックスするのもあり。 「じゃくてんほけん」はその時の候補に挙がるだろう。 比較対象として、同じく環境トップクラスで御三家のエースバーンが挙げられるが、こちらは基本的に命の珠ダイマックスで技構成もある程度決まっているので実は対処しやすい。 一方、ゴリランダーは、ねこだましサポートをしながら殴っていくのもよし、キョダイマックスしていきなり殴るのもよし、で「とつげきチョッキ」や「グラスシード」で調整を突破してくるので、とにかく汎用性が高い。 個人的には、エースバーンよりゴリランダーの方が脅威である。 歴代の草御三家はフシギバナが環境入りしたくらいで、ずっと不遇だった。 しかし、草単色というもっとも不遇な立ち位置でありながら環境トップに上り詰め、草御三家最強を証明したゴリランダー。 性能だけでなくデザインも良いということで、さらに使用者が増えそうだ。

次の

ゴリランダー

ゴリランダー チョッキ

ポケモン剣盾でゴリランダーが、7月1日より開始されたランクマダブル・シーズン8で使用率1位に輝いた。 環境トップを獲得するとともに、歴代最強の草御三家に君臨したと言っても過言ではないだろう。 ゴリランダーの強さの秘訣について、この記事で紹介したい。 スポンサードリンク 【ポケモン剣盾】ゴリランダー、ランクマダブル1位に! シーズン7では7位だったゴリランダー。 シーズン8では早くも1位に輝いた。 環境トップとともに、歴代最強の草御三家に君臨したといっても過言ではないだろう。 一方、キョダイマックスが解禁され、ダブルでも1位になるのではないかとされたエースバーンは4位にダウン。 シングルでは1位だが、ダブルではゴリランダーに軍配があるようだ。 5倍になる。 グラスメイカー:戦闘に出ると5ターンの間、場の状態を「グラスフィールド」にする ポケモン剣盾で初登場した草タイプの御三家サルノリの最終進化系。 3体の最終進化系の中では一番デザインが良いと評価されたが、草単色ということで対戦で輝くことはなかった。 しかし、グラスメイカーと新技「グラススライダー」で大幅に強化された。 グラスフィールドによって強化された草技の威力は半端なく、低耐久のポケモンでは半減でも受けられないほど。 そのうえで、こだわりハチマキを持たせたウッドハンマーは、一撃で倒すのは困難とされるダイマックスしたバンギラスやラプラスすら一撃で倒せてしまう(配分によっては耐える)。 ただし、その分の反動が帰ってくるので相打ちになることが多い。 グラススライダーは威力70の単体技だが、グラスフィールド化なら実質威力91となり、しかも先制技となる。 威力91の先制技が攻撃種族値125から飛んでくるわけだから弱いはずがない。 他の技としては、ダブルで需要の高い「ねこだまし」、しんかのきせきなどを落とせる「はたきおとす」を覚える。 ここまで技に恵まれているおり、やはり弱いはずがない。 なお、グラスメイカーは他のフィールドを書き換えることにも使える。 サイコフィールドによる威力1. 3倍に加え、サイコフィールド状態ならさらに威力が1. 5となり(威力156)、全体技となるワイドフォースを弱体化させられるのも強みだ。 現環境ではあまり見ないが、シーズン8からキョダイマックスも使えるようになったのでキョダイマックスするのもあり。 「じゃくてんほけん」はその時の候補に挙がるだろう。 比較対象として、同じく環境トップクラスで御三家のエースバーンが挙げられるが、こちらは基本的に命の珠ダイマックスで技構成もある程度決まっているので実は対処しやすい。 一方、ゴリランダーは、ねこだましサポートをしながら殴っていくのもよし、キョダイマックスしていきなり殴るのもよし、で「とつげきチョッキ」や「グラスシード」で調整を突破してくるので、とにかく汎用性が高い。 個人的には、エースバーンよりゴリランダーの方が脅威である。 歴代の草御三家はフシギバナが環境入りしたくらいで、ずっと不遇だった。 しかし、草単色というもっとも不遇な立ち位置でありながら環境トップに上り詰め、草御三家最強を証明したゴリランダー。 性能だけでなくデザインも良いということで、さらに使用者が増えそうだ。

次の

【ポケモン剣盾】ゴリランダーの育成論と対策【ソードシールド】

ゴリランダー チョッキ

ストリンダーとは そもそもストリンダーとは、剣盾初出であり、 初の 電気・毒タイプ複合の。 何より環境に多い ダイジェットを半減できるのは優秀。 気になるは 75-98-70-114-70-75と、やや両刀気味な。 特殊攻撃力は後述する特性と相性がいいが、攻撃力はアタッカーとしてはあまり期待できず、高くもない耐久、高くもない素早さとやや微妙なライン。 が足りないと言っている人もちやほや。 まあ使うかは別として。 新特性のパンクロックは自分の使用する音技の威力を1. 3倍にする効果と相手の音技の威力を半分にするという2つの効果がある。 前者はストリンダーがそもそもオーバードライブや爆音波などの音技をメインに戦うので相性が良く、後者は環境上位で言うと のを耐性も合わせて0. 25倍にできる。 覚える技も比較的優秀で、メインウェポンとなりえる オーバードライブや爆音波は特性により高ダメージが期待でき、 ほっぺすりすりによる麻痺撒きとS逆転による対面性能、 すりすりと相性のいい 祟り目まで覚える。 他にも特性の補正が乗るCダウンが狙えるバークアウト等も。 音技は身代わりを貫通する上にストリンダーは音技がメインのなので 相手のに身代わりをさせづらい点も優秀。 そこにほっぺすりすりを刺す事ができる。 また、このは性格によって姿が変わり、 寄りの性格だとハイのすがた 、 寄りの性格だとローのすがた になる。 ハイとローで覚える技も多少変わり、 中でもハイはギンジを覚えるので物理型もありえなくはないと言ったところ。 性格を控え目にすると必然的にローのすがたになるが、敢えてハイのすがたで育ててミントを使って特殊ATにするやり方も。 なので余ったDをCやSに振ってもいいが、Dの数値はの上昇倍率も考慮して偶数にするのが推奨。 例をあげると、4振り 91 と12振り 92 でチョッキ込の数値で136と138と2の差ができる。 役割対象 有利 ほぼ対面限定 条件次第で有利 やや怪しいが仕事できる範囲 詳しい役割対象はこちらの記事に掲載させて頂きました。 にックスを切らず対抗できる。 弱保の場合は耐えないがその場合は相手が麻痺しているので有利になる。 には身代わりを貼られようが音技で突破できる。 前者はHBコットン型なら完封。 後者はめっちゃ寝てたり積まれ過ぎなきゃOK。 にはばくおんぱで確2を取れる。 2回耐えてくるチョッキやオボンの場合は火力が低いのでまず対面で負けることはない。 にも比較的有利。 但し地面技を持っている場合は負けてしまう。 体力が減っている場合も厳しいので注意。 等の受けにも弱点を付ける為、受け回しにも比較的強い。 ヌオーもを切っているケースが多く、ばくおんぱで確2を余裕で取れるので受け出しを許さない。 にはほっぺすりすりから入ることで分がいい勝負ができる。 ブレード状態に2倍祟り目を決めれば余裕でワンパンできる。 しかし持ち物が分からない上では弱保の発動なども怖いため、相性は五分五分と言ったところか。 はストリンダーに変身されるとばくおんぱで確3を取れ、此方はチョッキを持っているのでとの撃ち合いは有利となる。 麻痺撒きによる壁ターンの時間稼ぎもできなくはない。 は特に初手に出やすく、壁も貼ってくる可能性があるので頭に入れておくといいかも。 弱点・それらの対抗策 等倍以上の殴り合いに強いストリンダーでも には完全に不利で初手に投げると何もできずにやられてしまう事が多いので注意。 そう言った相手にはあまり初手に出さないように。 また、ストリンダーを知っている人は が対面した時もちゃんと に下げてきます。 そういう動きをされる のはマジでやめてほしいのとステロ撒かれたり岩石封じで起点作られたりつのドリルの圧力、すなかきダイロック等もあって一気に不利になることもあった。 それをーできるは構築に組んでおきたい。 そしてストリンダーの 致命的な弱点として、 ックス適正がないということ。 通常の場合はオーバードライブ、ばくおんぱが特性により強化されており、祟り目は相手が状態異常の時に高火力を出せているのだが、ックスすると 特性の効果が 全く乗らなくなる。 一応ックス時のダイサンダーの方がばくおんぱより火力は出るが、それも195 一致補正込ダイサンダー と182 特性補正込ばくおんぱ の13の違い。 ダイアタックによるSダウンは優秀だが、その場合は特性補正が乗らないので普段のばくおんぱより威力が落ちる。 祟り目をダイホロウにすると威力はックス技としてはたったの120。 当然、一致補正は乗らないしこの火力だと実は 皮が剥がれたですら確定では落とせず、追加効果によるBダウンもストリンダーにとっては全くの意味をなさない。 120と130 状態異常祟り目 …10の差は偉大である。 これなら当然、別のにックスを切るのが得策。 勿論、絶対にックスをさせない訳ではなく、詰めれると判断した際はックスさせてもいいかもしれない。 あと、このストリンダーは耐久を調整してあるので大体は保証は利きますがその保証は1回限り…と言っても過言ではなく、例えば VS 対面で後投げするとダイバーン撃たれてめっちゃ消耗します。 それが控えめだと乱数、珠だったら確定で何もできずストリンダーが逝きます。 ックスターンを2ターン枯らせる利点もありますが…他にも負担をかけられるとなかなか活躍できないことも。 サイクル負けしないように釣り交換等で読みを上手く決めたり、サイクルを回せるのは多く見積っても1〜3サイクルのみってことも頭に入れておいてた。 まとめ 火力にあまり振ってないのは「役割対象にはこの火力で十分」「火力を振ってもワンパンできる相手は少ない」という理由があり、今回は耐久をメインに調整しました。 ストリンダーはメインで戦うよりかは裏にメインのを添えて、その上で削りや苦手なを倒したりする枠だと思っている。 対面性能が高い他にも、地面や特殊受けが相手の構築にいないと受け出しが厳しいなど、制圧力が高い。 なので基本は初手に出す事が多い。 この記事の調整では耐久もかなり調整したのでックスを切らずして相手のックスのターンを枯らしたり、対等に相手できたりする。 有利不利がはっきりしており、多く勝てる可能性があるがいる反面、地面技持ちにはまずなんもできません。 そういった相手には一発攻撃して削る、もしくは引かざるをえません。 そういう点ではよりかは使いづらいのかなーという考えもあります。 が、逆にそれらをケアできればストリンダーは前線級に活躍できるのではないでしょうか。 初めに言った通り、剣盾で一番好きななので調整は必死に考えました。 ストリンダーはイラスト等も結構あがっているで結構人気あると思うのですが使用者が少なく、「調整が分からない」という理由で使ってない人もちやほや。 この記事を見て参考にする人が増えたり、少しでもストリンダーの強さを教えられたらいいなーって思っています。 ここまで見てくださり、ありがとうございました!! darkvillagerian.

次の