魔法 科 高校 の 劣等 生 夢 小説。 魔法科高校的劣等生 来访者篇 动画化/原作完结卷9月10日

魔法科高校の劣等生

魔法 科 高校 の 劣等 生 夢 小説

1-4 ページ5 「ウィード」、意味は雑草 この言葉は二科生を指す差別用語 緑色のブレザーの左胸に八枚花弁を持つことが出来ない。 言わば、劣等生 それに反して、緑色のブレザーの左胸に花弁を持つことを許された生徒を『ブルーム』、意匠からそう呼ばれる こちらは優等生、と言ったところか この学校の定員は一学年二百名 その内百名が第二科所属の生徒として入学する 国立魔法大学の付属教育機関である第一高校は、魔法技能師育成の為の教育機関である。 国から予算が与えられている代わりに果たさなければいけない一定の義務 それは、魔法科大学、魔法技能専門高等訓練機関に毎年百名以上の卒業生を供給すること 残念ながら、魔法というものはちょっとしたことでは済まされない事故が起こる。 大変危険ながらも、生徒は魔法という自らの才能、可能性に未来を賭けて魔法師への道へ突き進む そのなかでもやはり、困難というものは付き物だ。 死亡事故や身体に障害が残る、といった事故はほぼ根絶されている。 しかし、魔法の才能は心理的要因により簡単に白紙化する 事故のショックで魔法が使えなくなるというのは普通で、そうなってしまった生徒が毎年少なからず退学していく その穴埋め要員が「二科生徒」なのだ 彼らは学校に在籍し、授業に参加し、施設・資料を使用することを許可されてはいるが、最も重要な、魔法実技の個別指導を受ける権利がない。 独学で結果を出す。 それが出来なければ普通科高校卒業資格しか得られない。 魔法科高校の卒業資格は与えられず、魔法科大学へは進学出来ない 魔法を教える者が不足している現状では、才能ある者を優先せざるを得ないのだ。 二科生はそれを最初から承知の上でここに入学する。 教えられないことを前提として、入学を許された集まりが二科生なのである 二科生を「ウィード」と呼ぶことは建前では禁止されている だがそれは、半ば公然たる蔑称として、二科生自身の中にも定着している それが更に彼女が面倒だと思うところであった.

次の

魔法科高校の劣等生 (ページ5)

魔法 科 高校 の 劣等 生 夢 小説

今回の話は前回作者がUPした『第三高校の劣等生part1』を修正したものです。 今回が初めての方は、この項は飛ばし読みして構いません。 一気に半分ほど下へ進んで『はじめに』へどうぞ! 前回のキャプションにも理由を追加したので、そちらを読んで頂いた方も大丈夫です。 「あ、これオリキャラ入れると無駄に話長くなるな」 ようは、元からオリジナル話を趣味でやってきた作者のオリキャラへの愛が暴走してしまいました 笑 スミマセン。 長々と説明をしてスミマセン。 深雪さんは妹のままです。 お姉さまLOVEです。 知識はアニメや漫画、wiki等のネット情報から成り立っています。 」 「は?」 何なんだ、この男は? とでも言いたげな怪訝な瞳で、目の前の少女は将輝を見ていた。 そんな痛々しい視線にも負けず、顔を真っ赤に染め上げながらも少女の姿からは目を逸らない。 いや、内心は恥ずかしさでいつ折れてもおかしくないが。 クリムゾン・プリンスとまで呼ばれ、人々から称えられる一条 将輝は入学式のこの日、新入生の間で既に注目の的だった。 何とかして彼に近づきたいと、大半の者が狙っている。 けれども、王子の瞳を釘付けにしたのは、他でもない普通科生の少女であった。 将輝は式の前に偶然彼女を目にしてから、ずっと目を離せない。 親友が答辞をしている間も、生徒会長が話している間もずっと、少女が座る後ろの座席にチラチラと目を配っていた。 何故か気になって、仕方がない。 式の終了後。 決意を固めた将輝は、人目もはばからずに冒頭の言葉を大声で言ったのだ。 だが、しかしどうしたものだろう。 このあとのことは何も考えていなかったのだ。 今さらながら、将輝は血の気の引いていく感覚に陥る。 「 いや、俺なんであんなこと言ったんだ? もっと他に台詞あったよな!? あれじゃ、よくあるナンパの定番みたいだし・・・。 あ、それにしてもこの子、髪が綺麗だな。 自分の頭を抱え、将輝は項垂れた。 「まったく、何やってるんだよ将輝」 ナイスタイミングで現れた親友・吉祥寺 真紅郎。 彼は何やら疲れたような、呆れたような表情をしている。 「あのさ、将輝。 ガヤガヤと、既に新入生が波を、輪を作り将輝たちを囲み、誰もが不可解そうな顔をしこちらを眺めている。 「な、何でもっと早く止めてくれなかったんだジョージ!? 参謀の名が聞いて呆れるぞ!」 「その言葉そっくり返すよクリムゾン・プリンス! ぼーっとしてたと思ったら急に走って彼女のとこに向かってさ!! 」 「おい。 用がないなら俺はもう帰るぞ」 少女は何となく不機嫌そうな雰囲気を出していた。 表情こそは変わらないものの。 あ、いや! と将輝がしどろもどろで止めようとした矢先、真紅郎がスッと前に出た。 「まぁそう言わないでさ。 」 「何で君の方が驚くのさ。 ・・・彼女は、入試の筆記テストで平均点96点。 特にあの難題だった魔法理論と魔工学で満点を取った前代未聞の新入生。 筆記なら首席の僕より圧倒的に点数が上。 ただ、実技の点が思わしくなかっために普通科生入りしてしまった極めて奇特な存在。 だから気になってたんだよ」 今、初めてそのことを知ったよ。 何て言ったらまたきっと、呆れた目で見られるから将輝は口を閉ざした。 「カーディナル・ジョージに興味を抱いてもらえたのはありがたいな」 「こちらこそ、僕のことを知っていてもらえて嬉しいよ。 で、さっきからお粗末で情けない姿を晒してしまっているのは僕の親友の一条 将輝だよ。 迷惑かけた上でこんなこと言うの申し訳無いけど、仲良くしてもらえるといいな」 「なぁジョージ。 どうして俺のことを不甲斐なく言う上に、そんな保護者みたいな口振りなんだ」 「必要、然るべきことだからだよ」 真顔で言ってのける親友に、将輝はぐうの音も出せなかった。 達也もずっと無表情のまま。 まさか、もはや嫌われてしまったのだろうか。 そんな将輝の後ろ向きな考えは杞憂だと告げるように、達也は一歩前に踏み出た。 「いや、俺の方こそ二人に声をかけてもらえてありがたいよ。 こちらの挨拶が遅れてすまない。 俺は司波 達也だ。 こちらこそよろしく頼む」 変わらぬ表情で差し出された達也の右手。 どうしてか動揺してしまっている将輝がそれを取るのは容易ではなく、真紅郎に脇をつつかれやっと握り返すことができた。 終始バラのように顔を真っ赤に染めるクリムゾン・プリンス。 なんとも情けないその横顔に、真紅郎は一人ほくそ笑んでいた。 これから大変苦労しそうだとか、面白くなりそうだなぁ、とか・・・ [newpage] * ただいま、と言ったところでもう返事をしてくれる相手はこの家には、いない。 電気も点けずにダイニングへ進み、それまで張り詰めていた気を一気に取り払い、ソファーへ堕ちた。 やるせないほどの脱力感や空しさが襲いかかってくる。 唯一無二の存在、世界でただ一人本当の愛情を向けられる妹。 叔母の命令でそんな大切な深雪と引き裂かれ、連絡すらも許されない今、達也の心には何の情緒も沸いてこなかった。 いや、この空虚な感覚こそ、悲壮に暮れていると言うのだろうか。 わからない。 ただ、分かっているのは、遠く離れた第一高校に通う深雪の無事と平穏を願うことしかできない事実。 成すべきことは、達也が通うことになった第三高校で何も目立たず、極力他者と関わらずに、ただ己を磨く三年間を過ごすこと。 いつか、深雪を四葉から解放できるように。 だからこそ、本当は一条や吉祥寺とは関わりたくはなかった。 あんな目立つ二人と。 けれども、あの状況では二人を蔑ろにすることはむしろ悪影響であるし、好意的な者を無下に扱えるほど達也も非情になれなかった。 「 まぁ、あの二人は専科。 俺は普通科だ。 よっぽどのことでもない限り、長い付き合いなんてすることにはならないだろう 」 廊下ですれ違った時に社交辞令をする程度の、そんな関係。 この時の達也は本気でそう思っていた。 達也は瞳を閉じた。 [newpage] * 「いい?将輝。 こういうのはタイミングと態度が大切なんだ。 相手が席に着くのを見計らって、涼しい表情で、自然と入っていくんだ。 あとは僕たちが他の誰かに捕まらないようにする、それだけだ」 「なあジョージ。 何で司波さんを昼食に誘うだけなのに、そんな何かミッションでもするかのように俺に説明するんだ?」 そう言うと、真紅郎の顔の表情筋は笑顔で固定し、貼り付けられたように笑った。 「誰のための講座だと思ってるのさ?朝から遠くから眺めるばかりで声もかけられなかった、どこぞのプリンスのためだろ!? 僕から提案しなかったら食堂にもこれなかったくせに!! 」 「俺だって声はかけようとしたさ!ただその・・・ほら、出会いがああだっから。 もしかして嫌がられたりとか、しないかな、と」 「それがヘタレだって言うんだよ」 グサリ。 なんだか、ここ二日間の真紅郎の言葉は将輝の胸によく突き刺さる。 今日は入学二日目。 時刻は昼時。 たくさんの生徒が昼食をとるために、この食堂に集まっていた。 将輝たちはこの場を利用しようとしている。 あたかも偶然居合わせたようにして、ここに来るだろう達也を昼食に誘おうという算段だ。 ちなみに、彼女が食堂に来るのは確定らしい。 真紅郎が言うには「彼女は朝からお弁当箱の類いは持っていない。 だから食堂に来るはずだ」とのこと。 何はともあれ、色々な意味で早く来てほしい。 先程から将輝の心臓の脈が、異常なまでに早い。 早くこの緊張を何とかしたいのだ。 もっとも、達也が現れたところでまた、別な意味で緊張してしまうのだから解消されないだろう。 そんなことにも気付かないくらい、将輝は目の前のことでいっぱいだった。 「あ、来たよ将輝!」 「どこだ!? 」 真紅郎の視線の先を見れば、たしかに達也が一人で歩いていた。 ・・・うん、相変わらず綺麗な長い黒髪だ。 ではなくて。 これから将輝は達也へ声をかけるのだ。 そう思うと、心臓の鼓動が一気に速まる。 「将輝、行くよ!もう席を決めたみたいだから」 待ってくれ! なんて通じる時間は無かった。 真紅郎は遠慮なく達也に向かっていく。 もう先方は将輝たちを視認しているようだ。 「一条に、吉祥寺」 「やぁ、司波さん。 君も食堂に来てたんだね。 僕達も、これから昼食にするんだ」 さも「今来ました」と言うようなポーカーフェイスを決める真紅郎。 次はそっちの番だ、とバレないよう肘で小突いてきた。 そうだ。 大事なのは涼しい表情だ。 将輝は悟られないように深呼吸をしてから言葉を続けた。 「し、司波さん昨日ぶりだね。 その、『偶然』だな。 いやさ、もしかして司波さんも食堂に来ないかな、と思ったけどうん!本当に『偶然』だな!よかった!! 」 言い終えた瞬間、左のつま先に痛みがのし掛かった。 真紅郎が思いきり踏みつけてきたからだ。 こればっかりは自分が悪かったと将輝も反省している。 何だかもう、バレてるんじゃないだろうか。 「・・俺に何か用があったのか?」 案の定、達也には勘づかれていた。 将輝は顔に、どんどん熱が集まっていくのを感じる。 しかし、恥ずかしさで何も言えない間も、達也の訝しげな瞳は将輝を見据えていた。 」 「ちょっと将輝!? 」 もう、どうにでもなってしまえ。 半ばやけくそで声を張り上げた将輝の顔は、クリムゾン・プリンスの名の通り、紅い。 耳まで真っ赤っか。 そんな将輝の様子に、ブレーン真紅郎さえも動揺しているようだった。 「何言ってんだ、引かれるだろ!」と顔に書いてある。 「・・・本当に、それだけなのか?」 恐る恐る達也を見ると、彼女はキョトンと、目を丸くしていた。 「えっと、そうなんだが。 ・・・すまない、迷惑だったな」 「そんなことはないさ。 むしろ、俺の方が身構え過ぎていた。 ・・・誘いとして、受け止めても良いんだな?」 「あ、ああ!」 「そうか。 ありがとう」 初めて見る、微笑み。 僅かに口角と目元を緩めただけ。 だけど将輝の瞳にはとても儚く、美しく映った。 どうやら暫く見とれていたようで、真紅郎に小突かれて、やっと現実に戻る。 それから三人で席に着き、自働配膳機から頼んだメニューを受け取った。 やはり達也を前にして緊張してしまった将輝は、他愛も無い世間話を続けるのもやっと。 真紅郎が話題を提供したり、合いの手をしてくれなければ成立していなかっただろう。 それでも先日よりか、達也は警戒を解いてくれている様子だ。 それだけで将輝の心は、どうしようもないくらい満たされていく。 どうしてだろう? この感情の名も、その理由も分からない。 けれどそんなことはどうでも良いくらい、穏やかな心地好さに包まれていた。 だから数分後、突如としてそれが壊されるなど、思ってもみなかった。 [newpage] * なんだって、このようなことになってしまったんだろう。 原因は分かってはいるけれど、やはり『彼ら』の言動に、将輝は賛同も理解もできない。 ただ、達也と一緒にいたいだけなのに。 何故その邪魔をされるのだ。 どうして専科と普通科の問題が関わるのか。 爆裂を発動して脅かしてやりたいくらいには、今の将輝は内心苛立っていた。 「一条君、吉祥寺君。 そろそろいいだろう?いい加減、そこの普通科生とは離れたほうがいい」 「そうよ。 それより私達と午後の予定でも立てましょう?同じ専科生同士で」 将輝たちが大体箸を置き始めた頃、彼らは少しの遠慮も見せずにやって来たのだ。 その腕に輝くのは、将輝や真紅郎と同じ八等星。 せっかくの楽しかった雰囲気はバラバラに壊され、場が張り詰めていった。 後で達也から聞いた話だが。 どうやら将輝が彼女に声をかけた時辺りから、専科の生徒が面白くなさそうな、敵意を込めた眼差しをこちらに向けていたらしい。 優等生の専科と、劣等生とも言える普通科に入学時から分けられるこの魔法科高校。 そんな専科生にエリート意識が生まれることは、珍しくもない。 むしろ大半がそうなる。 もっとも、他の第一高校と比べたら、差別意識は第三高校のほうが割かし薄いらしいが。 とにもかくにも。 そのような背景があるため、普通科生と共に食事をとっていた将輝たちの姿は、専科生にとっては面白くなかったのだろう。 さらに言うなら、将輝と真紅郎は新入生首席と入試二位。 そんなエリートコンビとならお近づきになりたい。 なのに、先に普通科の生徒が仲良くなったのが羨ましいのだろう。 「悪いけど、今回はお引き取り願えないかな?さっき、この後は三人で魔法授業の見学に行こうって約束したばかりなんだ」 比較的人当たりの良い真紅郎も、表面上だけは悪びる程度であった。 言葉の節々に棘が伺える。 相変わらず何の表情も浮かべずに、彼女は言葉を続けた。 「彼らと行ってきたらどうだ?明後日からは同じ教室で授業を受けるのだし、今の内に交流を深めたほうがいいだろ。 俺とはその後、気が向いた時にでもまた話そう」 「なっ、君こそ何を言ってるんだ!? 親しくなるのに優先順位も何もないだろ!それに俺はっ、司波さんともっと仲良くなりたいから、このあとも一緒にいれたら・・・と・・?」 オレハ ナニヲクチバシッタ? 言ってしまったが後の祭り。 将輝の顔はボンッと効果音が鳴りそうなくらい、たちまち真っ赤に、熱を帯びる。 またも親友の視線が痛い。 見なくてもわかる。 「そういうの、何回目だよ?」と哀れそうな目をしているはずだ。 「一条・・・お前って、案外恥ずかしいことを平気で言うやつなんだな」 全く平気じゃない。 頼むから、達也には真顔でそんなことは口にしないでほしかった。 悪い意味で感心されている気がする。 将輝の羞恥心はもう、限界に達していた。 しかし、そんな将輝とは裏腹に、達也の瞳は何かを構えるように細められてい。 「正直なのは結構だが、時と場所によるぞ」 「本当、将輝ってたまにやらかしてくれるよね」 いつの間にか真紅郎も臨戦態勢に入っていた。 何故かなんて、目の前の光景を見れば一目瞭然だ。 絡んできた専科生の数名が、その手にCADを構えていた。 「き、君達は自分の立場を理解していないんじゃないか!? そこの劣等生も調子に乗りやがって!」 攻撃重視の特化型拳銃式のCAD。 複数の銃口から、起動式が立ち上げられる。 攻撃魔法、瞬時にそう判断した将輝は自身のホルスターに手をかけた。 まさにその時だった。 「大丈夫だ、一条」 「司波さん!? 何をっ」 達也の両腕に装着された腕輪型CADが、起動式を立ち上げる。 「 何が、起きたんだ 」 魔法を妨げられた本人たちはもちろん、将輝やあの真紅郎も、更には周りに居合わせた他の生徒たちにまでざわめきが走る。 ただ一人、長い黒髪をなびかせた少女だけが、相も変わらず無表情でそこに立っていた。 さあ頑張れ、私の親指と 特に スマートフォンよ。 重たくなってる場合じゃないぞ ゜ロ゜; 次ページにはオマケで、達也さんたちの簡易プロフィールが載っています。 見ても見なくても大丈夫です。 最愛にして唯一無二の存在である妹・深雪と無理矢理引き裂かれ、内心は尋常ではない淋しさと空虚を抱えている。 高校に入るまでは男として育てられてきた。 なので、未だに男口調が抜け切らず。 周囲に自分の秘密を知られないために、高校三年間は極力誰とも関わらずに過ごす予定だった。 しかし、将輝たちに振り回される内に「あれ?何でいつの間にこうなったんだ」となる。 将輝の気持ちには気付かないフリでなく、マジで気が付いていない。 朴念仁。 身長は170㎝。 原作の達也さんより5㎝低いだけで、女子にしては高い。 深雪に懇願されて伸ばし続けた長い髪をハーフアップにしている。 胸は深雪と同じくらい。 時たま出る将輝への苦言も、彼を思ってのこと。 本心でもそう思ってるかはまた別です。 まだスタミナと精神力は余っている様子。 これからどうなるかは、親友の恋路次第。

次の

魔法科高校の劣等生~フローラの煌き~

魔法 科 高校 の 劣等 生 夢 小説

テレビアニメ化もされている人気ライトノベル『魔法科高校の劣等生』シリーズが、9月10日発売の新刊・第32巻『魔法科高校の劣等生(32) サクリファイス編/卒業編』で完結することが24日、公式ツイッターで発表された。 ツイッターでは、『緊急速報!』と題して「電撃文庫『魔法科高校の劣等生』シリーズ、遂に完結! 伝説的スクールマギクスバトル『魔法科高校の劣等生』シリーズの最終第(32)巻、『魔法科高校の劣等生(32) サクリファイス編/卒業編』が9月10日に発売決定! 劣等生の兄と優等生の妹の結末に注目せよ!! 」と告知。 また、32巻の特典付き限定版の内容も明かし「9月10日の発売に向け、鋭意準備を進めております! 続報をお待ちください!! 」と呼びかけている。 2011年より刊行がスタートし、シリーズ累計1500万部を突破しており、テレビアニメ、劇場アニメ、コミックス、ゲームなど多くのメディアミックスが展開されている。 テレビアニメ第2期となる『魔法科高校の劣等生 来訪者編』が、10月に放送を控えている。 徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。 このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。 また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。 徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。 記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。

次の