いやいや よー 歌詞。 にょきにょきデンパシー(♪) 姫島木乃子(水橋かおり) 歌詞情報

ローソク出せの歌(ローソクもらい)歌詞の意味 北海道の七夕

いやいや よー 歌詞

カテゴリ• とかく忘れてしまいがちだけど とかく錯覚してしまいがちだけど 例えば桜やらひまわりやらが 特別あからさまなだけで 季節を報せない花なんてないのさ よー、そこの若いの 俺の言うことをきいてくれ 「俺を含め、誰の言うことも聞くなよ。 」 よー、そこの若いの 君だけの花の咲かせ方で 君だけの花を咲かせたらいいさ とかく忘れてしまいがちだけど とかく錯覚してしまいがちだけど 例えば芸能人やらスポーツ選手やらが 特別あからさまなだけで 必死じゃない大人なんていないのさ よー、そこの若いの こんな自分のままじゃいけないって 頭を抱えてるそんな自分のままで行けよ よー、そこの若いの 君だけの汗のかき方で 君だけの汗をかいたらいいさ よー、そこの若いの 俺の言うことをきいてくれ 「俺を含め、誰の言うことも聞くなよ。 」 よー、そこの若いの 君だけの花の咲かせ方で 君だけの花を咲かせたらいいさ 君だけの汗をかいたらいいさ 目次• はじめに 2015年に発売された竹原ピストルのシングル、『よー、そこの若いの』。 住友生命のCM曲に起用されたことで大きな話題となったこの曲。 タイトルからもあるように若者に竹原ピストルが熱い思いを語りかけるメッセージ性の強い曲です。 果たして竹原ピストルがこの曲に込めたメッセージとは?今回は『よー、そこの若いの』の歌詞考察を行ってまいります。 『よー、そこの若いの』のテーマ 曲のタイトルにもあるようにこの曲は若者に向けた楽曲。 そんなこの曲のテーマは 若者よ、何があっても自分の道を貫けというものだと思います。 辛いこともある、苦しいこともある。 だけれどそんな辛苦を乗り越えて自分の道を貫いてやり遂げようというメッセージを時に比喩表現、時に直接的な表現を用いて若者に語りかけています。 では歌詞の内容を見ていきましょう。 あなたはあなた。 スターはスター。 比べる必要なんか無い。 とかく忘れてしまいがちだけど とかく錯覚してしまいがちだけど 例えば桜やらひまわりやらが 特別あからさまなだけで 季節を報せない花なんてないのさ 一番Aメロです。 ここで歌われる内容は花に関するもの。 春や夏を知らせる代表的な花である桜やひまわりだけでなく花はすべて季節を報せるものであり、桜やひまわりはただ目立っているだけでそれ以外の花にもしっかりと役割はある、と歌っています。 しかし、この曲のタイトルは『よー、そこの若いの』。 若者に向けた曲、ということを考えれば桜やひまわりが現実世界で活躍するスターたちとして考えるのが自然です。 そんなスター達でなくてもあなたが果たすべき役目や役割はきっとあるということがここで竹原ピストルが伝えたいことだと思います。 竹原ピストルがずっと伝えたかった言葉、「俺を含め、誰の言うことも聞くなよ。 」 よー、そこの若いの 俺の言うことをきいてくれ 「俺を含め、誰の言うことも聞くなよ。 」 よー、そこの若いの 君だけの花の咲かせ方で 君だけの花を咲かせたらいいさ 一番サビです。 この曲で最も印象に残る歌詞である「俺を含め、誰の言うことも聞くなよ。 」が登場します。 正直なところ、誰の言うことも聞くな、己の道を貫けというようなメッセージはこれまでもよく歌われてきた内容だと思います。 しかし、竹原ピストルは「俺を含め」という印象深いフレーズをこのメッセージの冒頭に置くことで、同様のメッセージが歌われる曲よりも遥かに強い印象をリスナーの耳に残しています。 このように書くと、竹原ピストルが戦略的にこのサビの歌詞を書いたかのように感じるかと思いますが、そうではなく自然と出てきたフレーズのようです。 彼自身がインタビューの中でこう語っていることからも明らかです。 実際、竹原さんに対して何かしらのアドバイスを求める若い人たちはきっといるだろうと思うのですが。 竹原 :共演した子からアドバイスを求められることは、たしかに時々あります。 そういうときはいつもなんとなく濁してしまうんですけど、「君に1つだけアドバイスできるとすれば、それは『誰のアドバイスにも耳を貸すな』ってことだよ」という言葉は、ずっと頭のなかにあって。 cinra. このように長年蓄積された思いだからこそ、このサビは多くの若者の心をを打つのでしょう。 憧れのあの人も皆必死に生きている。 とかく忘れてしまいがちだけど とかく錯覚してしまいがちだけど 例えば芸能人やらスポーツ選手やらが 特別あからさまなだけで 必死じゃない大人なんていないのさ 二番Aメロです。 メッセージの内容としては一番Aメロとほぼ同様でスターと比較しても仕方がない、あなたはあなたで果たすべきことを必死でやり遂げようというものです。 しかし、一番Aメロが花を用いた婉曲的な表現であったのに対して二番Aメロは芸能人やスポーツ選手といった直接的な表現でそのメッセージを歌っています。 これは曲のクライマックスに向けて、 より熱量を込めてメッセージを伝えるためにシンプルに分かりやすい歌詞を書いたためではないかと推察されます。 竹原ピストル自身もどんどんボルテージが高まっていることがわかるパートですね。 どんな自分でもいい、どんなことでもいい、己の道を貫け よー、そこの若いの こんな自分のままじゃいけないって 頭を抱えてるそんな自分のままで行けよ よー、そこの若いの 君だけの汗のかき方で 君だけの汗をかいたらいいさ よー、そこの若いの 俺の言うことをきいてくれ 「俺を含め、誰の言うことも聞くなよ。 」 よー、そこの若いの 君だけの花の咲かせ方で 君だけの花を咲かせたらいいさ 君だけの汗をかいたらいいさ 二番サビ〜大サビです。 一番サビでと比較すると新たに追加された歌詞は「こんな自分のままじゃいけないって 頭を抱えてるそんな自分のままでいけよ」という部分です。 私はこの部分は 竹原ピストルの優しさが満ち溢れた歌詞だと解釈しています。 人は何かやろう!と思い立っても、なかなか行動に移せないもの。 時には「こんなに悩んでいるようじゃ、これは本当は自分のやりたいことではないんだ」と言い訳をし、折角思いついたことでも放棄してしまうことすらあります。 そしてその姿を咎められ、さらにやる気をなくし・・・という負のスパイラルに陥ることはよくある話です。 しかし、竹原ピストルはそんな状態の人間すらも暖かく包み込むのです。 無理に変わる必要は無い、迷っていても良いんだ、その姿のまま進めと悩む若者に対する優しいエールがこの「こんな自分のままじゃいけないって 頭を抱えてるそんな自分のままでいけよ」という部分に凝縮されています。 しかし、それでも竹原ピストルが繰り返すのは「俺を含め、誰のいうことも聞くなよ。 これほど若者たちに伝えるべきメッセージは何かと心を砕きながらも、俺の言うことは聞くな、自分の道を貫けと歌うのです。 これほど熱く優しい曲はそうそうあるものでは無いと思います。 終わりに 『よー、そこの若いの』の歌詞を考察した結果、この曲は若者に向けた竹原ピストルの熱さと優しさに溢れた楽曲であることがわかりました。 実際に聞いてみると歌詞だけでなく、この曲を歌う竹原ピストル自身の歌い方からも同様の思いを感じ取り、思わず胸が熱くなります。 何か始めようとしても一歩踏み出せず悶々としている方、始めはしたけれどなかなか上手くいかず落ち込んでいる方にぜひ聞いて頂きたい名曲です。

次の

にょきにょきデンパシー(♪) 姫島木乃子(水橋かおり) 歌詞情報

いやいや よー 歌詞

ローソク出せの歌(ローソクもらい) なぜ七夕にローソクを欲しがるの?意味・理由・由来は? 『ローソク出せの歌』は、北海道の「ローソクもらい」において、子供たちが歌う。 単に『ローソク出せ』とも呼ばれる。 「ローソクもらい」はに似た行事で、子供たちは七夕の夜に近所の家々の玄関先で『ローソク出せの歌』を歌い、大人からお菓子を貰って近所を回り歩く。 写真:函館のローソクもらいの様子(出典:ブログ「函館・青柳町暮らし」) 『ローソク出せの歌』の歌詞には地域によって若干のバリエーションがある。 主な歌詞をまとめてみた。 ところで、なぜ七夕にローソク(ろうそく)を欲しがるのか?その意味・理由・由来は? それは津軽地方のねぶた祭りに使うためのローソク集めだったとの説がある。 「」の語源とも関連する(詳細は後述)。 なお、七夕(たなばた)行事一般については、こちらの「」でまとめているので是非参照されたい。 ねぶたに使うローソク集めだった? 「青森ねぶた」や「弘前ねぷた」に代表される東北地方の「ねぶた」祭りは、かつて七夕の時期におこなれていた。 暗闇に明るく輝く巨大な山車灯籠(だしとうろう)では、かつて光源として大量のローソクの明かりが用いられていた。 写真:浅虫ねぶた 山車灯籠 2012年(出典:Wikipedia) ねぶたの山車灯籠に使う大量のローソクを集めるため、かつて東北地方の集落では近所の家々を廻って、ローソクや寄付を募っていたという。 これが北海道での「ローソクもらい」や『ローソク出せの歌』の起源・由来と考える説があるようだ。 ねぶたの掛け声との関係も? ねぶたの有名な掛け声に「ラッセラー ラッセラー」があるが、一説によれば、これは「「ろうそく出せ 出せ 出せよー」の「出せよー」がなまったものだという。 同じく、掛け声の「イッペーラーセー」は「いっぱい出ーせー」、「ヤーヤドー」は「おー いやいやよー」に由来するとのこと。 ねぶたとローソクもらいの関連付けは、筋が通っていて非常に興味深い説だ。

次の

ほっとけないよ 楠瀬誠志郎 歌詞情報

いやいや よー 歌詞

ローソク出せの歌(ローソクもらい) なぜ七夕にローソクを欲しがるの?意味・理由・由来は? 『ローソク出せの歌』は、北海道の「ローソクもらい」において、子供たちが歌う。 単に『ローソク出せ』とも呼ばれる。 「ローソクもらい」はに似た行事で、子供たちは七夕の夜に近所の家々の玄関先で『ローソク出せの歌』を歌い、大人からお菓子を貰って近所を回り歩く。 写真:函館のローソクもらいの様子(出典:ブログ「函館・青柳町暮らし」) 『ローソク出せの歌』の歌詞には地域によって若干のバリエーションがある。 主な歌詞をまとめてみた。 ところで、なぜ七夕にローソク(ろうそく)を欲しがるのか?その意味・理由・由来は? それは津軽地方のねぶた祭りに使うためのローソク集めだったとの説がある。 「」の語源とも関連する(詳細は後述)。 なお、七夕(たなばた)行事一般については、こちらの「」でまとめているので是非参照されたい。 ねぶたに使うローソク集めだった? 「青森ねぶた」や「弘前ねぷた」に代表される東北地方の「ねぶた」祭りは、かつて七夕の時期におこなれていた。 暗闇に明るく輝く巨大な山車灯籠(だしとうろう)では、かつて光源として大量のローソクの明かりが用いられていた。 写真:浅虫ねぶた 山車灯籠 2012年(出典:Wikipedia) ねぶたの山車灯籠に使う大量のローソクを集めるため、かつて東北地方の集落では近所の家々を廻って、ローソクや寄付を募っていたという。 これが北海道での「ローソクもらい」や『ローソク出せの歌』の起源・由来と考える説があるようだ。 ねぶたの掛け声との関係も? ねぶたの有名な掛け声に「ラッセラー ラッセラー」があるが、一説によれば、これは「「ろうそく出せ 出せ 出せよー」の「出せよー」がなまったものだという。 同じく、掛け声の「イッペーラーセー」は「いっぱい出ーせー」、「ヤーヤドー」は「おー いやいやよー」に由来するとのこと。 ねぶたとローソクもらいの関連付けは、筋が通っていて非常に興味深い説だ。

次の