京都アニメーション 遺体 写真。 「地獄絵図」京アニ火災、被害明らかに 事件動機は謎のまま 写真17枚 国際ニュース:AFPBB News

京都アニメーション放火殺人事件

京都アニメーション 遺体 写真

放火事件があったアニメ制作会社「京都アニメーション」のスタジオ=18日午後、京都市伏見区 Photo:JIJI 18日午前、京都市伏見区のアニメ制作会社のスタジオに男が放火し、33人が死亡、35人が負傷する大惨事となった。 男は「死ね」と叫びながら侵入してガソリンをまき、多目的ライターで火を付けたとみられる。 現場近くからはハンマーや庖丁なども見つかった。 警察庁によると、平成以降の放火殺人事件としては最悪の犠牲者数。 男の目的は何だったのか。 男もやけどを負い容体は重いというが、京都府警による動機の解明が待たれる。 また犠牲者がこれほど増えてしまった原因はなにか。 京都府警は19日午前、現場検証を開始した。 (事件ジャーナリスト 戸田一法) 免許証の住所は埼玉 事件が起きたのは18日午前10時半ごろ。 京都市伏見区桃山町因幡にあるアニメ制作会社「京都アニメーション」(本社・京都府宇治市、通称・京アニ)の第1スタジオにさいたま市の男(41)が侵入。 バケツからガソリンをまいて、火を付けたとされる。 当時、スタジオには社員70人前後がいた。 35人が重軽傷を負って搬送され、1階で2人、2階で11人、2階から3階の階段で1人、3階から屋上に向かう階段で19人が遺体で見つかった。 スタジオは3階建てで、1階が事務所、2階と3階がアニメ制作のフロアになっていた。 西側の階段と中央部にらせん階段があり、アニメーター同士がやりとりしやすいよう、壁のない構造だった。 犠牲者の多くが3階から屋上にかけての階段で折り重なるように倒れていたが、火災の発生が1階で下りられず、逃げ場を失って力尽きたとみられる。 屋上に出るためのドアは閉まったままで、何らかの理由で開けることができなかったようだ。 男は放火した後、逃走。 スタジオから100メートルほど離れた一般住宅のインターホンを押し、住人の女性が玄関に出ると男が倒れていたという。 Tシャツにジーンズ姿で靴は履いておらず、足は血まみれ。 髪は焦げ、顔にはすすが付いていた。 両腕は重いやけどで皮がむけ、服には火種がくすぶっていた。

次の

“京アニ事件を教訓に”京都市消防局の新指針で避難訓練「万が一に備えてほしい」(MBSニュース)

京都アニメーション 遺体 写真

識者らや消防当局は、火はほぼ一瞬にして制御不能なまでに燃え広がり、中にいた人々が逃げる余裕は皆無に等しかったとみている。 過去数十年間に国内で発生した中で最も凶悪な犯罪の一つとみなされる今回の事件を受け、国内外に悲嘆の声が広がり、日本の名高いアニメ業界のファンらは甚大な損失に戦慄(せんりつ)している。 19日朝には真っ黒に焦げた建物の前に人々が花を手向け、合掌した。 放火の動機は明らかになっていない。 容疑者として41歳の男の身柄が確保されているが、重度のやけどを負っているため捜査は進んでいない。 男は入院しており、19日の時点で意識不明とされる。 火を付ける前に「死ね」と叫んだとされるこの男については、わずかな情報しか判明していない。 地元メディアによると、男と京都アニメーションに関係はないとみられ、また男は現場に複数の刃物と金づち1本を持参していたという。 男が京都アニメーションに自身の作品を盗まれたと思い込んでいたとの報道もある。 京都新聞()は、男が警察に「小説を盗んだから放火した」と供述したと伝えている。 遺体の多くは屋上に続く階段で見つかっており、避難の最中に犠牲になった可能性が高い。 ある消防当局者はAFPに対し、建物に火災予防規則への違反はなかったものの、ガソリンにより急速に燃え広がった火で人々は逃げ遅れ、建物の各階をつなぐらせん階段が炎上を加速させたとみられると話している。 今回の火災は、日本で最も知名度の高い文化財の一つに数えられるアニメ業界に大きな衝撃を与えた。 米アニメ配給会社センタイフィルムワークス()はオンライン上で募金を呼び掛け、19日午後までにおよそ130万ドル(約1億4000万円)が集まった。 同社は「京アニを襲った悲劇の影響を受けた人々への支援を表明してくれた全ての人々に感謝する。 皆が一つになれば、この信じ難い暗闇の時にも光をともすことができる」とコメントしている。

次の

京アニ放火、遺体4人がかりで丁重に運び出し 消防隊員「これ以上傷つけない」救助の全容|社会|地域のニュース|京都新聞

京都アニメーション 遺体 写真

今年(2019年)1月までNHKで放送していた京都アニメーションの作品、「ツルネ-風舞高校弓道部-」。 5人の男子高校生が弓道部で出会い、互いにぶつかり合いながら成長していく過程が描かれています。 「ツルネ」をはじめ、作品の高いクオリティーが評価されてきた京都アニメーション。 先週、突然、悲劇が襲いました。 京都市のスタジオが放火され、アニメーターたち34人の命が奪われたのです。 事件の直後から、多くのアニメファンが犠牲者に祈りをささげ、再建を願う声を上げました。 なぜ京都アニメーションは、人々を魅了するのか。 アニメーターたちは作品にどんな思いを込めていたのか。 「ツルネ」を製作するために、アニメーターたちが訪れた長野市。 彼らの取材の様子から、その一端が見えてきました。 製作スタッフを弓道場などに案内した、ながのフィルムコミッションの跡部晴康さんは、取材の緻密さに驚いたといいます。 ながのフィルムコミッション 跡部晴康さん 「いろいろと勉強されてきたうえで現場もみて、ディテールを記録されて。 」 ニューさん 「キャラクターたちのまねをしてバンドを組んだことで、仲間と高校生活をエンジョイすることができたんです。 事件発生を知り、何かをせずにはいられなかったといいます。 ニューさん 「個人的な知り合いではなく、作品を通じて知っていただけですけど、私の人生の一部が欠けてしまったように感じています。 私たちのできることは励ますことだけです。 あなたたちのことが大好きです。 見捨てることは絶対にできません。 」 京アニへの支援は、寄付に限らず、さまざまな形で広がろうとしています。 日本アニメの熱心なファンが多いことで知られるフランス。 おととい(20日)、パリの漫画喫茶に集まったのは、半年前に立ち上がった京アニファンコミュニティーの中心メンバーです。 会員は620人。 フランス国内での作品上映を一つでも多く実現させようと、プロモーション活動などをしてきました。 ファンコミュニティーのメンバー 「あの日は悲劇を前に、仕事が手につかなかったよ。 」 「アニメ界でも特別な才能を持っていた人たちだった。 犠牲者や負傷者、その家族のことを思うと居たたまれないわ。 」 自分たちに今、何ができるのか。 議論の結果、日本へ送るメッセージを集めたり、インターネットで京アニ作品を購入するよう呼びかけることにしました。 」 世界のアニメ業界では、今回の事件に負けず連帯を強めようという動きも出始めています。 アニメ産業が急成長し、市場規模が3兆円に迫ろうとしている中国。 その原動力になっているのが、京アニをはじめとする、日本アニメを見て育った若手クリエーターたちです。 つまり、日本を追いかけてきたのです。 だからこそ今回の事件には大きな衝撃を受けました。 本当に残念で仕方がありません。 報道で世界中、信じられないほど多くの人たちが、私たちに想いを寄せて下さっていることを知りました。 皆さんの想いは、今、暗闇に立ち向かっている私たちにとって、かけがえのない縁(よすが)です。 今、この瞬間も病院で苦しみ、精一杯生きようとしている仲間たちがいます。 家族の命を奪われ、哀しみのただ中にいる方々がいます。 今暫(しばら)く、時間をください。 京都アニメーションは、これからも世界中の人たちに 夢と希望と感動を育むアニメーションを届け、社員、スタッフの幸せを実現し、社会と地域に貢献していくため、手を差し伸べて下さる方々とともに、必死に戦っていきます。 日本の宝ともいわれる京都アニメーションのクリエーターたち。 どんな人たちだったんでしょうか。 一人の父親が多くの人に知ってもらえたらと、取材に応じてくださいました。 火災の翌日、娘の安否がいまだ確認できないという男性と出会いました。 津田幸恵さんの父 伸一さん 「気持ちはないです。 はっきりしていないから。 警察に行ったが、(確認に)まだちょっとかかると。 」 男性は事件を知った直後に会社に電話し、娘がスタジオの2階で作業していたことを知りました。 娘の携帯に何度も電話をかけましたが、今も連絡が取れていません。 男性が捜していたのは、京都アニメーションを20年にわたって支えてきたクリエーター、娘の津田幸恵さんです。 主に担当していたのは、作品の色を最後に仕上げる作業。 「ツルネ」や、最新作の「劇場版Free!」など、数々の代表作に携わっていました。 父の伸一さんは、今回の事件をまだ受け止めきれずにいます。 伸一さん 「身元の確認が全部できてないでしょ。 ほんだら、ひょっとして、ひょこっとまだ出てくるんちゃうかとか。 遺体と対面するまでは、最終決定じゃないいう。 」 幸恵さんは幼いころ小児ぜんそくを患い、発作に苦しみました。 外で遊ぶことが制限される中で没頭していったのが、絵を描くことでした。 伸一さん 「気持ちの吐き場所いうんか、それが絵かな、たぶんね。 とにかく、ぜんそくで苦しんでる日にちが長かったですね。 あんまり楽しみってなかったんちゃうかな。 」 自然とアニメーションの世界を志すようになった幸恵さん。 兵庫県の高校を卒業後、親元を離れ、大阪にある専門学校でアニメを学び始めます。 そして2年後、就職したのが京アニでした。 このとき、創業からおよそ20年。 演出から仕上げまで、すべて行う体制を整えていた京アニ。 幸恵さんは、そのメンバーの1人として採用されました。 幸恵さんはその後、次々とヒット作品にも参加するようになります。 繊細な色使いを駆使して、キャラクターの躍動感を生み出すことを支えてきました。 京アニに入ってから幸恵さんは大きく変わったと、伸一さんは感じています。 伸一さん 「顔つきかな。 それがもう全然、いうたらこう、屈託のないような感じに、だんだんなっていったというか。 明るく自分からなんでも、今の仕事の状態とかをどんどん話してくれるようになったんでね。 好きなことできたからちゃう。 」 事件の翌日、伸一さんは東京から駆けつけた幸恵さんの友人から手紙を渡されました。 仕事にも仲間にも、全力で向き合っていた幸恵さんの無事を祈る気持ちが込められていました。 伸一さん 「最初ね、必死で探しましたけどね。 」 (見つけたときは?) 「あ、ある。 字、まちごうてない、いうふうに思って。 最初はまあ、ぽつんとやね。 (小さいころからぜんそくで)苦しんどったからね。 ちょっとね、おっきいですよね。 」 今回の事件を受けて、同業者の間にもショックが広がっています。 神奈川県にあるアニメの原画を制作する会社です。 原画を描いて30年という社長の坂本次男さんも、戸惑いを隠せません。 アニメ製作会社 社長 坂本次男さん 「ひと言で『大変だったですね』じゃすまされないと思うんです。 実感としてまだ、いま現在もわいてこないんです。 」 京都アニメーションの作品からは、常に手間を惜しまない作り手の情熱を感じてきました。 「ツルネ」では、主人公の表情と共に、さまざまな風景が次々と織り交ぜられていきます。 気持ちの揺れ動きを表現するために、丁寧な映像表現がなされているのです。 毎週放送されるテレビアニメで、これほどの手間をかけることは容易ではないといいます。 武田:私も、京都アニメーションの作品のファンの一人です。 アニメファンの息子たちを通じて、たくさんの作品を知り、子どもたちと一緒に笑ったり泣いたりしながら見てきました。 それは私たち家族にとっては、本当に大切な時間でした。 そんな作品を届けてくれた人たちの命が奪われたことに、深い深い悲しみを感じています。 長年、アニメについて研究している数土さんは、この多くの才能あふれるクリエーターが犠牲となった今回の事件、どんなふうに受け止めていらっしゃるんでしょうか。 数土さん:最初は本当に言葉がない。 当然、怒りとか悲しみとかがあるんですけど、どんな言葉もふさわしくないぐらい、語れない。 今、本当に世界の方々が応援しているという話を聞いたんですけれども、それを見れば見るほど、失ったものの大きさにとても衝撃を受けて、喪失感を感じますね。 武田:失ったものの大きさ。 本当に大勢の方々の尊い命はもちろん、そして、生み出してきた作品ということもありますね。 数土さん:一つ一つの作品、一人一人のスタッフって本当にかけがえのない、代えようがない方々なんですよね。 本当にその人たちから生まれる個性というのは、その人だけのものなので、これ、本来であればこれから先、生まれるはずだった作品やクリエイティブ、それがすべて失われてしまったという、本当に悲しい事件だと思いますね。 武田:世界中に悲しみや、また、支援しようという声が広がってますけれども、これはどういうことが起きているとお感じになっていますか? 数土さん:京都アニメーションの作品自体が、われわれが思っている以上に世界に広がっていて、おそらくそこは京都アニメーションの描いてきた世界が、特に10代、20代の人たちの共感を呼び、そこに重なることで広がっていった。 特に京都アニメーションみたいな、京都にある本当に小さなスタジオが、世界に向かってそれを発信し続けていたということ、それが本当に驚きだったと思いますね。 武田:SFとかいろいろな世界がありますけれども、作品の多くは、例えば日本の学校だったり、地方の暮らしだったりするわけですよね。 それが世界の人たちにも届く。 数土さん:たぶんシチュエーションというのは関係ないんだと思うんですね。 本当に人の心の動きという、そこがメッセージになっているんではないかなというふうに思うんですね。 武田:本質が伝わってきたということなんですね。 数土さん:物語の本質、人の本質なんだと思いますね。 武田:世界中で愛されるアニメを作ってきた京都アニメーション。 なぜ有能なクリエーターたちが活躍できているのか。 数土さん:アニメーションって、おそらく多くの人は監督やキャラクターデザイナー、そういった方が中心と考えると思うんですね。 もちろん中心になってはいるんですけど、実は一本のアニメーションを作るのには、何百人単位の人が関わってくる。 京都アニメーションはその一人一人を大事にして、その一人一人のレベル、クオリティーを上げることによって、すばらしい作品を生み出してきたんではないかなというふうに思っています。 武田:その一人一人を大切に育ててきた。 そしてその人たちが丹精込めて丁寧に描いてきた、それが京都アニメーションの作品だし、まさに皆さんの生きざまそのものでもあったわけですよね。 数土さん:おそらくそれは、世界の人もそうだし、日本の一緒にアニメを作っている方たちも非常にリスペクトし続けていたものなんだと思います。 武田:必死に戦っていくという八田さんの言葉がとても胸を打ちます。 その戦いがいつまで続くか分かりませんが、私たちもファンの一人として、心を寄せていきたいと思っています。 数土さん:本当に一日も早く、皆様がよくなられることを祈っています。

次の