足の臭い 体調不良。 足のニオイは「爪垢」が原因かも!?簡単にできる足の爪のケア方法

足の臭いは体調不良や疲労臭?臭いの種類や4つの原因と6つの対策|足の臭い女性の原因と対策や正しい対策グッズの選び方まとめ

足の臭い 体調不良

靴が原因 ニオイの原因菌は、高温多湿の環境でより繁殖するため、湿気の多い夏場は注意が必要です。 通気性の悪い靴を長時間履くことで、ニオイが強くなってしまう場合があります。 革靴や足が全部おおわれたタイプの靴(パンプスやスニーカーなど)は注意してください。 同じ靴ばかり履く人や、朝から夜まで同じ靴を履きっぱなしの人も気をつけましょう。 また、サイズの合っていない靴を履くこともニオイの原因になります。 サイズが小さい場合も大きい場合も、足にとってストレスなので、発汗を促すことも。 その結果、足が臭くなります。 靴下が原因 寝るまで同じ靴下を履いたままという人も、同じ靴を履きっぱなしでいるのと同じ。 靴下で足が密閉状態になることで、雑菌の繁殖しやすい環境をつくってしまっています。 ストレスが原因 ストレスがあると、自律神経が乱れて、足の裏に大量の汗をかき、雑菌が繁殖します。 また、足の角質などをエサとする常在菌が増えて、ニオイの原因に。 ほかにも、ストレスにより活性酸素が増加すると、ますます雑菌が繁殖しやすくなります。 病気の可能性も……!? 「白癬菌」という菌は、汗などをエサに繁殖し、老廃物を排出します。 これが、足のニオイの原因です。 白癬菌が皮膚の角質層に侵入して繁殖することで、いわゆる「水虫」になります。 皮膚に白癬菌が付着するだけでは水虫にはなりませんが、足を不潔にしておくと、汗や古い角質が足の裏に溜まってきて、白癬菌の繁殖環境をつくってしまいます。 また、傷ついた皮膚から白癬菌が侵入しやすくなります。 いよいよ12月に入り、今年も残すところあとわずか……。 寒さと気ぜわしさで、心も体もガチガチになっていませんか? 第23回の今日は、体をのびのびと広げることで、足のむくみや冷えまで緩和する「ピラミッドのポーズ」を紹介します。 その名の通り、開脚しながら前屈を行い、ピラミッドのような三角形をつくることで、日ごろあまり使わない、足の裏側の筋肉を伸ばします。 このストレッチ効果によって、滞りやすい血液やリンパの流れを促進し、足のむくみや冷えの緩和にも効果を発揮! また、ポーズの仕上げに両手を組み、頭上に引き上げることで肩甲骨まわりがほぐれ、肩こりのケアにも役立ちます。 心地よい刺激を楽しみながら、深い呼吸と一緒に、寒さと疲れで縮こまった体を大きく広げるようなイメージでポーズを行いましょう。 両手を腰に置き、背筋を伸ばしつつ、両足の裏をしっかりと床に根付かせる。 (2)背筋をまっすぐに保ったまま、息を吐きながら、腰の辺りから上半身を前に倒す。 (3)足裏で床を踏みしめ、座骨を天井に持ち上げながら頭頂は床の方向に。 頭の重さを感じながら、首の力を抜く。 (4)両手を背中で組み、肩甲骨を寄せながら天井方向に引き上げる。 このままの姿勢で3~5呼吸キープ。 ポーズを解くときは、両手を腰に戻し、頭が最後に持ち上がるようにゆっくりと上体を戻して、ひと息リラックス。 かかとから親指の付け根まで均等に、足の裏全体で床を踏みしめましょう。 年の瀬の慌ただしい時期だからこそ、ヨガでメンテナンスを行いながら、心機一転、新しい年を向かえる準備をはじめましょう! (監修・文:村上華子、撮影:masaco).

次の

体臭と体調の関係…においキツい人はここがやばい!?

足の臭い 体調不良

Contents• 納豆の臭いの正体とは? 足の納豆の臭いの原因はズバリ、 「イソ吉草酸」です。 汗をかく夏、汗腺機能が衰える春、ブーツでムレやすい秋冬、足の臭いの悩みは年中ありますが、靴の中がムレて汗や垢が雑菌・バクテリアによって分解されることによってこのイソ吉草酸という物質ができて足が納豆やチーズのような臭いになってしまいます。 イソ吉草酸(3-メチルブタン酸)は、まさに納豆の発酵過程でおこる化学反応によって生じる成分の脂肪酸の一種です。 なんと悪臭防止法によって規制されているほど 不快感のあるニオイなのです。 男性だけではありません! 足が臭いといえば中年男性のイメージがありますが、あるテレビ番組でブーツを履く女性の足の臭いを調査したところ、納豆レベルが600~700、チーズレベルが500~600、不快に感じるレベルが400~500であるのに対して、半分以上が400以上、30%が500以上の値となり、 自分では臭いという自覚があまりないという人でもかなり強烈なニオイとなってしまっていることが判明しました。 納豆の臭いを消すには? 足の納豆臭を改善するには、靴の消臭と足の消臭の両方を意識する必要があります。 靴の消臭 靴はムレないようにすることがまず大事で、替え用の靴下を持っておいたり、こまめに足を拭くようにして足をできるだけ乾燥させましょう。 また、納豆臭のイソ吉草酸は酸性ですから、この臭いを中和する方法として弱アルカリ性の重曹を使うという方法があります。 足の消臭 足の消臭としては、汗を抑えることと、菌を殺菌することが大事で、爪も短くして清潔に保つようにしましょう。 制汗も殺菌もできるデオドラントクリームがおすすめです。 まとめ いかがだったでしょうか?足の納豆臭の悩みは男性だけでなく、女性にもあり、特にムレやすいブーツ、パンプス、革靴を履く場合には要注意です。 座敷などで周りのを気にしてしまわないようにしっかりと対策をしていきましょう。

次の

足が臭いっ……! 医師に聞いたニオイの原因と改善する方法|「マイナビウーマン」

足の臭い 体調不良

交感神経・・・緊張、ストレス、運動を行うときに働きかける神経です。 主に日中に活発に活動しています。 副交感神経・・・休息や睡眠の時間などリラックスしているときに活動します。 冬の寒い間は体を温めるために交感神経が活発に働いている状況です。 暖かくなってくると体を温める必要がないので副交感神経の働きが活発になります。 しかし、春とは常に暖かいわけではありません。 寒い冬から暑い夏に向かって気温差が激しくなる季節です。 服装の調節が難しいように、暑くなったり寒くなったりする春に、体が対応しきれず自律神経の調節が難しくなるのです。 自律神経は体のさまざまな機能を調整する神経です。 自律神経が適性に調整できないと体に悪影響が出て体調不良の原因になることがあります。 不眠 春になると疲れているはずなのになかなか眠れなかったり、寝たはずなのに疲れがとれないことがあります。 ・日の出が早くなり、日を浴びることによって脳が覚醒する ・環境が変わる節目の季節なので起床時間が変化しやすい ・アレルギー体質の人は花粉に体が反応してしまう ・環境の変化に心が対応しきれず、考え事が多くなる 冬は体が暖まらず眠るのに時間がかかりますが、春は眠るのに集中しにくい条件が重なっているのです。 春は冬よりも早い時間から布団に入るようにしましょう。 早めに眠るようにすることによって、朝日が昇るまでの時間に余裕ができて熟睡できる時間が伸びます。 眠るまでにあれこれと考えてしまう場合は、アイマスクを利用するのもオススメです。 アイマスクをすると強制的に視界が暗くなります。 自然と目を開くことがなくなり、副交感神経が活動しやすくなります。 体が眠る体制をスムーズに整えられて寝つきやすくなるのです。 春うつ 春は引っ越しや部署移動など多くの人の環境が変わる季節です。 親しかった人と別れることもあります。 心機一転、新たな気持ちで頑張ろうと思う一方、今までと違う環境に不安や緊張を感じるものです。 緊張や不安を感じると交感神経が活発に働きます。 春うつと言っても対処方法はうつ病と同じです。 自律神経が乱れると春うつの症状が出やすくなるので、緊張を感じやすい環境でもリラックスを心がけましょう。 環境が変わって真面目な人は「改めて頑張ろう! 」という気持ちが出てきやすいですが、楽に構えて頑張り過ぎないようにしましょう。 真面目な人なら普段から頑張りすぎているかもしれませんから、少しリラックスして対処するくらいが丁度いいかもしれません。 職場や学校では頑張ってしまったとしても自宅に帰ったら気持ちを切り替えて思いっきりリラックスしましょう。 気持ちを切り替えることで副交感神経が働き心のバランスがとれるようになります。 冷え 冬は厳しい寒さに耐えられるように、交感神経が活発に働き血管がぎゅっとしまって体温を極力無駄にしないようにしています。 春は暖かくなってきますが、夏に向けての過渡期でもあるので急に暖かくなったり寒くなったりと温度が定まらない季節。 急激な温度変化に自律神経の働きが間に合わなくなり冷えやすくなるのです。 ぽかぽかと暖かい季節なのでつい薄着をしてしまいがちですが、春こそ冷え対策はしっかりするべきです。 冷え対策の基本は頭寒足熱です。 下半身を温めると血行が促進されます。 温まった血液が体中を巡るようになるので、体中が温まります。 分厚いコートを着て下半身がミニスカートでは下半身が冷えてしまって、体が芯から温まることはできません。 腹巻きや機能性インナーを使うと下半身を温めながらファッションを楽しむことができます。 ストレス 4月から始まる新たな環境でのスタートで頑張り過ぎて後からドーンと気持ちが暗くなるのは5月病の有名な症状です。 5月病は新入生や新社会人に多いイメージですが、彼らを迎える側も人間関係の変化があります。 転職や異動、離婚や引っ越しなど変化は楽しみも多いですが、不安や緊張もあり知らず知らずのうちに大きなストレスを抱えてしまうのです。 ストレスをためないようにするには ・人に相談する ・ストレスに敏感になる ・自分のためだけの好きなことをする時間を作る ・くよくよ悩まない ・助けてもらえる人を作っておく 新しい環境は馴染むまでわからないことが多くあります。 馴染めるか、うまくできるか不安や緊張が続き悩みはつきません。 しかし新たな環境に入ったばかりでわからないことは、時間が経てばわかることも多くなります。 悩んでも仕方ないことは「後で考えよう」とすぱっと気持ちを切り替えて、悩まないようにしましょう。 時間とともに問題ではなかったことがわかったり、良い案が浮かんだりするこもあります。 まとめ 春は環境の変化と、気温の変化で自律神経が乱れやすい季節。 ここまで聞くとトラブルばかりで春が嫌いになってしまいそうですが、ポカポカとした優しい日差しが気持ちいい美しい季節です。 自律神経や体調を整えて思いっきり楽しみたいですね。

次の