北海道 新聞 お悔やみ 掲載。 新聞に訃報を載せる方法は?|料金・注意点・その他検索方法|終活ねっと

新聞などのお悔やみ(訃報)欄の仕組み

北海道 新聞 お悔やみ 掲載

皆さんこんにちは。 終活応援葬儀社の太田弘文です。 今回は「新聞のお悔やみ欄」についてお話ししたいと思います。 「お悔やみ欄」とは故人様の訃報と葬儀・告別式の場所を一斉にお伝えするために新聞に掲載する記事のことです。 現在、家族葬が主流になり、広くお知らせすることが少なくなりましたが、それでも「訃報をお伝えする」というのは大事なことです。 今回は、お悔やみ欄への掲載方法や費用などについて、逆にお悔やみ欄へ掲載しない方法、そしてお悔やみ欄のメリットデメリットについてご説明します。 ここでは北海道におけるお悔やみ欄について、そして主に北海道新聞様への掲載を例にご説明します。 お悔やみ欄とは お悔やみ欄とは、故人の訃報と通夜、葬儀等の情報を載せる新聞紙の掲載欄のことです。 我々が目にする地方紙の場合は、その都道府県に在住している地域の方々の訃報が掲載されます。 そのため、故人の関係者が新聞のお悔やみ欄をみて、葬儀の日程や場所を確認し参列するケースが多いです。 新聞へのお悔やみ欄の掲載方法 葬儀社経由で道新、朝日、読売、毎日など各紙に手配します。 いまだに勘違いされがちなのですが、死亡届を提出したら自動的に掲載されるわけではありません。 あくまでご遺族の意向を確認の上で、葬儀社が手配します。 掲載しない方法 お悔やみ欄は、紙面へ掲載することで訃報を一度に大勢の関係者に伝えることができますが、それは逆に言えば、関係者を除いた不特定多数の方々にも個人情報が伝わることを意味します。 そのため、個人情報を紙面へ掲載したことが原因で、ご遺族が想定外のトラブルに巻き込まれる危険性も最近では否定できません。 (お悔やみ欄を悪用した詐欺など) お悔やみ欄には、故人の訃報の他、喪主の氏名・住所が掲載され、葬儀会場や日時も記載されます。 そのため、後日この情報を手掛かりに、喪主になった人が悪質な業者から執拗な勧誘を受けることもあります。 また、葬儀会場やスケジュールを掲載することで、家族が留守になる時間帯が把握され、空き巣被害に遭う危険性もあります。 このような危険性もあることから、自宅のセキュリティに不安のあるご家庭は、故人の訃報や葬儀関係の情報を、お悔やみ欄へ掲載したくない場合もあるでしょう。 葬儀終了で掲載する方法 上記のようなトラブルを避けるため、葬儀を済ませた後「葬儀終了」として掲載するというお知らせの方法もあります。 この場合は参列に来てくださいという呼びかけではなく、故人様が亡くなった事と葬儀が既に終わっている事を知らせる目的で掲載するケースが多いです。 掲載の有無はご遺族が判断することです。 事前に葬儀社へお悔やみ欄の掲載をしない旨を伝えておくこともできますし、葬儀終了の掲載の場合も葬儀社で手配できますので、お気軽にご相談くださいね。 死亡広告(黒ワク広告)との違い お悔やみ欄と似た訃報の掲載方法に「死亡広告(黒ワク広告)」というものがあります。 こちらも同様に新聞紙面に掲載することで、大勢の故人の関係者へ向けて訃報を伝える効果があります。 ただし、双方を比較すると次のような違いがあります。 <閲覧性> ・お悔やみ欄:新聞の中ほどにあるので、見逃す可能性が高い ・死亡広告:テレビ欄の裏側の下段にあり(北海道新聞の場合)、比較的目立ちやすい。 出すか出さないか?~掲載を迷った時は 掲載にあたっては、確かにメリットデメリット両方あります。 掲載を迷った時は、掲載する事をオススメしています。 理由は以下の通りです。 過去に葬儀を出した家は、お悔やみ欄をよく見ます。 これは葬儀を経験された方ならお分かりだと思うのですが、葬儀を出した後、お悔やみ欄をよく見てしまいます。 お悔やみ欄を眺め、気に掛かる名前があれば香典帳を見返して、自分たちの葬儀の時にお香典をいただいた方ではないかとチェックするのです。 今でもお悔やみ欄は近隣の人、町内会、友人知人にとっては重要な情報源なのです。 香典をいただいたのであればお返ししなければ、という「不義理があってはならない」という思いですね。 故人の交友関係を完全に把握していないのであれば、掲載した方がいいかも知れません。 ご家族の皆様が、故人様の交友関係を完全に把握していれば良いのですが、息子さんや娘さんが遠方に住んでいると、交友関係について知らないことが意外に多いものです。 かつての職場関係の繋がりやご近所の友人たち、ご町内での活動、趣味の仲間たちなど。 掲載をしないことによって連絡が行き届かなく、不義理をしてしまう可能性があれば、掲載して広くお知らせする方が良いかも知れませんね。 掲載しない方が良い場合とは? 我々の方から「掲載を見送っては」とアドバイスする場合もあります。 上記の通り、お悔やみ欄の掲載にあたっては故人の住所が記載される訳ですが、現住所が故人宅ではないケースもあるのです。 例えば故人が長年住んでいた自宅を処分し、施設に入所した場合などです。 施設の住所でお悔やみ欄を掲載すると、「名前は知っている〇〇さんだけど、住所が違うなぁ…同姓同名の人かしら」というケースも考えられますし、あるいはそこの住所に後日弔問に行ったとしても、施設に故人のご家族がいるわけではありません。 (施設の職員の方も困惑するかもしれません) ですので、故人様とそこの住所の関連性が薄いのであれば、掲載を見送っても良いかもしれませんね。 まとめ いかがでしたか? 故人の訃報を関係者に伝える場合、現在では電話連絡やメールやSNSによる方法もありますが、大勢の方々へ一度に伝えるためには限界があります。 そのため、新聞紙面への掲載で一度に多数の関係者に訃報を伝えられることは、遺族として非常に助かります。 ただし、一方で故人の訃報に関係する掲載方法によっては、個人情報が特定され遺族が予想外のトラブルに巻き込まれる危険性も否定できません。 遺族はこの危険性も踏まえて、お悔やみ欄へ掲載するかどうかを良く話し合って判断しましょう。

次の

新聞のお悔やみ欄とは何か?|葬儀・葬式なら【よりそうのお葬式】

北海道 新聞 お悔やみ 掲載

新聞やウェブサイトなどでおくやみ欄(訃報情報)がありますが、 これはどのような仕組みで情報が掲載されるのでしょうか。 役所へ出された死亡届けから新聞紙面が作られていると聞いたことがありますが、 個人情報保護が叫ばれる現在にそのようなことが可能なのでしょうか。 私の住んでいる地域の地方新聞社のお悔やみ欄を見ていますが、 それとは別に直近一週間の訃報情報を閲覧できるサービスを行っているウェブサイトがあるのです。 しかし掲載されている故人名が両方に載っている場合と、 どちらかにのみ載っている場合があります。 情報の収集元が違うのだろうか、ということでお悔やみ欄はどのように作成されるのか疑問に思いました。 全国どこでも同じルールというわけでは決してありませんので、一地方の例です。 市役所に死亡届を出すとき、通夜・葬儀の会場と日時を聞かれました。 「戸籍の届けに通夜・葬儀の会場や日時は関係ないのでは?」 と質すと、奥から上司と思われる人が出てきて、 「新聞に掲載のため。 」 と回答しました。 自宅に戻り何時間か後、新聞社何社から電話で、 「新聞に掲載してもよいか。 」 との確認がありました。 つまり、お尋ねの個人情報うんぬんに関しては、 1 市役所の窓口 2 新聞社からの電話 の 2回に渡って承諾しているのですから、問題ないと言えます。 掲載してほしくなければ、もちろん拒否することもできます。 実際に、自殺など死因によっては、新聞に掲載されない場合も多々あります。 まあ、市役所の窓口ではこちらから質問しない限り、当たり前のように日時・会場を聞きますし、新聞社も全社から確認の電話があったわけではありません。 そんな意味ではやはり完璧な制度とは言い切れないようです。 --------------------------------------------------------- 新聞でもお悔やみ欄ではなく、黒枠付きの死亡公告は、やはり葬儀社か喪家自身が、新聞社に広告料を払って掲載しているのでしょう。 こちらは、個人情報の問題は全くありません。 ウェブについてはわかりません。 A ベストアンサー 口座凍結について 私の親戚の場合、凍結されてしまったことが2回あります。 しかし私の父親が亡くなった時は凍結されていませんでした。 少なくとも役所への届出だけや新聞のお悔やみ欄を見て口座凍結するようなことは無いようです。 キャッシュカードによる引き出しについて 上記より暗証番号がわかっていれば1日ごとに限度額を引き落とすことは可能です。 逆に窓口で「父親が亡くなったので葬式代を引き出しにきた」などというと、お金を引き脱すことはできず、即凍結されることと思います。 凍結された口座からの引き落とし 法定相続人の印鑑証明や遺産分割協議書(?)が必要だとよく言われていますが、口座残額が「高額」でなければ法定相続人であることがわかる証明書(戸籍謄本の写し)があれば、法定相続人全員の承諾書が無くてもその人に対しての支払い(口座間振り替え)は可能です。 ここで問題となるのはいくらから「高額」になるかということですが、金融機関によって違うようです。 100万円以下なら大丈夫のようです。 ちなみに某証券会社では200万円と聞きました。 口座凍結について 私の親戚の場合、凍結されてしまったことが2回あります。 しかし私の父親が亡くなった時は凍結されていませんでした。 少なくとも役所への届出だけや新聞のお悔やみ欄を見て口座凍結するようなことは無いようです。 キャッシュカードによる引き出しについて 上記より暗証番号がわかっていれば1日ごとに限度額を引き落とすことは可能です。 逆に窓口で「父親が亡くなったので葬式代を引き出しにきた」などというと、お金を引き脱すことはできず、即凍結されることと思います。 凍結された口座か... Q 末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。 これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。 母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。 肝臓にも転移しており既に手遅れでした。 今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが 4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。 あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。 肺へも転移し、咳がひどいです。 今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。 急に食欲もなくなりました。 一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。 母はこれからどうなっていくのでしょうか。 苦しみが増しますか? 意識は最後まであるものですか? 自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか? この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。 文章がうまくまとまっていなくてすみません。 少しでも心の準備ができればと思います。 宜しくお願いします。 A ベストアンサー 「人はがんでは死なない」という言葉があります。 がんが特別な毒素を出すわけではありません。 では、なぜ、人はがんで死ぬのか? それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、 その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。 様々な症状の一つには、疼痛もあります。 これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。 気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。 肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用 が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。 大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。 腎臓の機能が低下すれば…… 脳の機能が低下すれば…… つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、 ということです。 何が起きても不思議ではない、ということです。 「苦しみが増しますか?」 軽くなるということはないでしょう。 出てきた苦しみを押さえるということになります。 「意識は最後まであるものですか?」 わかりません。 先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている 場合もあります。 「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」 状況によりますが、オムツということも考えてください。 尿はカテーテルを留置することになります。 残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、 「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを しないという選択肢もあります。 末期症状は、医師や看護師がよく知っています。 まずは、医師や看護師と相談してください。 「人はがんでは死なない」という言葉があります。 がんが特別な毒素を出すわけではありません。 では、なぜ、人はがんで死ぬのか? それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、 その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。 様々な症状の一つには、疼痛もあります。 これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。 気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。 肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化... Q 86歳の祖母が今月5月の17日から点滴のみで寝たきり状態です。 4月に酸素濃度が低いと言われ入院。 そのままご飯を飲み込むのが難しくなり、鼻から食事を取るようになりました。 5月の15日に胃ろうの手術を行う予定でしたが、体調が悪そうなので断念。 そして17日の朝に危篤と言われ、あと30分しかもたないでしょうと連絡があり、家族で病院に駆けつけました。 病院に着いた時は安定しつつあり、それでも2. 3日が山でしょうと言われました。 今10日以上経ちましたが、変わらず点滴のみで酸素を鼻から送っています。 心拍数は70くらいで酸素濃度は時々80代まで下がってしまうようですが基本的に95以上はありますし、おしっこもちゃんと出ているようです。 血圧も標準です。 何を言っているか聞き取れないのですが、1日2. 3回は口を動かして言葉を発します。 寝返りもうちます。 時々笑ってくれたりもします。 帰りたいのに帰れない、言葉も伝わらないことで怒って弱々しくですがパンチしたりもしたそうです。 それでも病院側はまた鼻から管を入れて食事するのは難しいでしょうと言います。 このまま点滴だけで... と言う感じです。 重度ではないですがもともとパーキンソン病も持っています。 身長140cmない位で体重は今25kgあるかないか位です。 今は歩くことは不可能です。 身内として見てるのも辛い、可哀想で仕方ありません。 私達の家から祖母のいる病院まで片道3時間程かかるので、次また危篤の連絡が来た時、最後一緒にいてあげられないんじゃないかと母といつもヒステリックになってしまってしまいます。 私も仕事が忙しく、母も父方の祖父祖母の世話をしていてずうっと付きっきりにはなれない状態です。 鼻からの管がこれから先出来ないと断定された時、点滴だけでどれ位生きられるのでしょうか? 昼間はKN3号と言う点滴を入れているようです。 4月に酸素濃度が低いと言われ入院。 そのままご飯を飲み込むのが難しくなり、鼻から食事を取るようになりました。 5月の15日に胃ろうの手術を行う予定でしたが、体調が悪そうなので断念。 そして17日の朝に危篤と言われ、あと30分しかもたないでしょうと連絡があり、家族で病院に駆けつけました。 病院に着いた時は安定しつつあり、それでも2. 3日が山でしょうと言われました。 今10日以上経ちましたが、変わらず点滴のみで酸素を鼻から送っています。... A ベストアンサー 水分と最低限の栄養素だけ点滴で賄えれば、何年も生きる方もいますよ。 自発で呼吸ができず人工呼吸器をつけ、点滴だけで数年生きて、数年ぶりに目覚めたといった話を聞いた事はありませんか? KN3は維持薬ですね。 水分の維持をする為のものです。 これだけでも生きられますが、胃ろうができない方に高カロリーの点滴を使う事もありますが、高齢でその状態ではちょっと難しいかも知れませんね。 人間は、食事をせずとも点滴だけで生きていられるんですよ。 ただし高齢で体重も少ないですからどうしても感染症等の危険もあるでしょうし、臓器の状態、おそらく血液検査や胸部、腹部エコー等もされているでしょうが書かれていませんからなんとも。。 前日まで元気そうに見えていても、翌日急変してその数時間後にはという方もいれば、数か月の方もいますしね。 余命は、現場にいても医師でも数時間前~数日前まで判断できないものです。 残された時間を大事にお過ごしください。 お大事に。 A ベストアンサー 兄が脳腫瘍で亡くなりましたが、そのときの状況でも。 病院で血圧を測定する機械に触れましたが、上が60を切ると機械が電子音を出して緊急性を表していました。 また、血中の酸素濃度が95%を下回ると危険な状態と言えるようです。 逆に言うと、95%を上回るように酸素を送り込む必要があります。 こういった状態のとき、脈拍数は180と非常に高い数値を示していました。 血圧や血中酸素濃度が低いにもかかわらず脈拍数が落ちてきたら非常に危険だと言えるでしょう。 本当に死の直前では、呼吸が見るからに弱弱しくなり、呼吸が止まることがどんどんと多くなりました。 呼びかけると思い出したかのように呼吸を始める感じでしたが、まさに「息を引き取る」という表現そのままに死へ至りました。 全体としては、「血中酸素濃度の低下」「急激な血圧の低下」「呼吸の力強さの低下」の順で危険度が増す感じでした。 あくまで脳腫瘍の例ですが、参考になればと思います。 Q あたしの知り合いが生活保護をうけてます 母子家庭で子供一人です普通に生活してればなんも問題はないと思うですが… 毎月お金がたりないとかいって返すから貸してとあたしや他の知り合いにいってきます あたしは結婚して子供もいて専業主婦なので旦那の給料で全部やっていて余裕なんてないからいつも断ってます。 でも知り合いに気いたら結構貸してたりご飯食べさせたりしてるみたいで一体いくらもらって何に使ってるの?と聞いてもカツカツの金額しかもらってないって言われます。 人のことなので言われるすじあいがないと思いますけど毎回お金ないとか財布に1000円しかないというわりに昼ご飯たべにいこうとか言われて 何なのかなぁとおもいました 車も子供がいるからないと困ることしってるんで内緒に車も所有してます毎日出歩きガソリン代はどこからでてくるんだろうと不思議です 北海道なんですけど 子供一人で母子家庭の保護費って誰か知ってる人いませんか? 本当になくて困ってるならと思いますがやってることがやってることなのでとても疑問です A ベストアンサー 自治体にもよりますけども、子供一人の母子家庭であれば15~17万は最低貰っていると思います。 使い途は支給を受けた本人の自由ですが、あまり贅沢はできませんよ、大概は。 問題は車を所有してる事を隠してる事です。 これ、ばれたら大変な事になりますよ。 生活保護は打ち切られるわ、これまで支給された保護費全額を返済しなければならなくなります。 場合によっては「詐欺」で訴えられる事もあります。 恥ずかしながら私も生活保護を受けていますが、一人暮らしで10万5000円ちょいです。 これでカツカツになる事はありませんよ。 光熱費や家賃を払っても4万位は生活資金に充てられますし、冬場(私も北海道)は燃料手当ても加算されて13万ちょいになりますから、冬場は生活としては非常に楽に生活ができます。 ただ私は「精神障害疾病3級」なので、就活については言われませんが、いつまでも貰い続けていると若い人の場合「仕事をちゃんと探してますか?」とは言われるみたいです。

次の

おくやみ

北海道 新聞 お悔やみ 掲載

皆さんこんにちは。 終活応援葬儀社の太田弘文です。 今回は「新聞のお悔やみ欄」についてお話ししたいと思います。 「お悔やみ欄」とは故人様の訃報と葬儀・告別式の場所を一斉にお伝えするために新聞に掲載する記事のことです。 現在、家族葬が主流になり、広くお知らせすることが少なくなりましたが、それでも「訃報をお伝えする」というのは大事なことです。 今回は、お悔やみ欄への掲載方法や費用などについて、逆にお悔やみ欄へ掲載しない方法、そしてお悔やみ欄のメリットデメリットについてご説明します。 ここでは北海道におけるお悔やみ欄について、そして主に北海道新聞様への掲載を例にご説明します。 お悔やみ欄とは お悔やみ欄とは、故人の訃報と通夜、葬儀等の情報を載せる新聞紙の掲載欄のことです。 我々が目にする地方紙の場合は、その都道府県に在住している地域の方々の訃報が掲載されます。 そのため、故人の関係者が新聞のお悔やみ欄をみて、葬儀の日程や場所を確認し参列するケースが多いです。 新聞へのお悔やみ欄の掲載方法 葬儀社経由で道新、朝日、読売、毎日など各紙に手配します。 いまだに勘違いされがちなのですが、死亡届を提出したら自動的に掲載されるわけではありません。 あくまでご遺族の意向を確認の上で、葬儀社が手配します。 掲載しない方法 お悔やみ欄は、紙面へ掲載することで訃報を一度に大勢の関係者に伝えることができますが、それは逆に言えば、関係者を除いた不特定多数の方々にも個人情報が伝わることを意味します。 そのため、個人情報を紙面へ掲載したことが原因で、ご遺族が想定外のトラブルに巻き込まれる危険性も最近では否定できません。 (お悔やみ欄を悪用した詐欺など) お悔やみ欄には、故人の訃報の他、喪主の氏名・住所が掲載され、葬儀会場や日時も記載されます。 そのため、後日この情報を手掛かりに、喪主になった人が悪質な業者から執拗な勧誘を受けることもあります。 また、葬儀会場やスケジュールを掲載することで、家族が留守になる時間帯が把握され、空き巣被害に遭う危険性もあります。 このような危険性もあることから、自宅のセキュリティに不安のあるご家庭は、故人の訃報や葬儀関係の情報を、お悔やみ欄へ掲載したくない場合もあるでしょう。 葬儀終了で掲載する方法 上記のようなトラブルを避けるため、葬儀を済ませた後「葬儀終了」として掲載するというお知らせの方法もあります。 この場合は参列に来てくださいという呼びかけではなく、故人様が亡くなった事と葬儀が既に終わっている事を知らせる目的で掲載するケースが多いです。 掲載の有無はご遺族が判断することです。 事前に葬儀社へお悔やみ欄の掲載をしない旨を伝えておくこともできますし、葬儀終了の掲載の場合も葬儀社で手配できますので、お気軽にご相談くださいね。 死亡広告(黒ワク広告)との違い お悔やみ欄と似た訃報の掲載方法に「死亡広告(黒ワク広告)」というものがあります。 こちらも同様に新聞紙面に掲載することで、大勢の故人の関係者へ向けて訃報を伝える効果があります。 ただし、双方を比較すると次のような違いがあります。 <閲覧性> ・お悔やみ欄:新聞の中ほどにあるので、見逃す可能性が高い ・死亡広告:テレビ欄の裏側の下段にあり(北海道新聞の場合)、比較的目立ちやすい。 出すか出さないか?~掲載を迷った時は 掲載にあたっては、確かにメリットデメリット両方あります。 掲載を迷った時は、掲載する事をオススメしています。 理由は以下の通りです。 過去に葬儀を出した家は、お悔やみ欄をよく見ます。 これは葬儀を経験された方ならお分かりだと思うのですが、葬儀を出した後、お悔やみ欄をよく見てしまいます。 お悔やみ欄を眺め、気に掛かる名前があれば香典帳を見返して、自分たちの葬儀の時にお香典をいただいた方ではないかとチェックするのです。 今でもお悔やみ欄は近隣の人、町内会、友人知人にとっては重要な情報源なのです。 香典をいただいたのであればお返ししなければ、という「不義理があってはならない」という思いですね。 故人の交友関係を完全に把握していないのであれば、掲載した方がいいかも知れません。 ご家族の皆様が、故人様の交友関係を完全に把握していれば良いのですが、息子さんや娘さんが遠方に住んでいると、交友関係について知らないことが意外に多いものです。 かつての職場関係の繋がりやご近所の友人たち、ご町内での活動、趣味の仲間たちなど。 掲載をしないことによって連絡が行き届かなく、不義理をしてしまう可能性があれば、掲載して広くお知らせする方が良いかも知れませんね。 掲載しない方が良い場合とは? 我々の方から「掲載を見送っては」とアドバイスする場合もあります。 上記の通り、お悔やみ欄の掲載にあたっては故人の住所が記載される訳ですが、現住所が故人宅ではないケースもあるのです。 例えば故人が長年住んでいた自宅を処分し、施設に入所した場合などです。 施設の住所でお悔やみ欄を掲載すると、「名前は知っている〇〇さんだけど、住所が違うなぁ…同姓同名の人かしら」というケースも考えられますし、あるいはそこの住所に後日弔問に行ったとしても、施設に故人のご家族がいるわけではありません。 (施設の職員の方も困惑するかもしれません) ですので、故人様とそこの住所の関連性が薄いのであれば、掲載を見送っても良いかもしれませんね。 まとめ いかがでしたか? 故人の訃報を関係者に伝える場合、現在では電話連絡やメールやSNSによる方法もありますが、大勢の方々へ一度に伝えるためには限界があります。 そのため、新聞紙面への掲載で一度に多数の関係者に訃報を伝えられることは、遺族として非常に助かります。 ただし、一方で故人の訃報に関係する掲載方法によっては、個人情報が特定され遺族が予想外のトラブルに巻き込まれる危険性も否定できません。 遺族はこの危険性も踏まえて、お悔やみ欄へ掲載するかどうかを良く話し合って判断しましょう。

次の