一 身上 の 都合。 失業保険の離職理由コードとは(内容をわかりやすく説明)

一身上の都合

一 身上 の 都合

「会社都合 退職 1ヶ月」では、「質問2、長期間自宅待機では収入も1ヶ月1万円にもなりませんので、会社側に『元の勤務日数に戻すか、解雇してください』と依頼したが『自己都合で退職なら辞めても良い』との回答でした。 」「その際に、ここまで追い込んだのは会社側であるため、自己都合退職する気はないこと、生活のこともあるので、次の仕事が決まったら1ヶ月前に言うことで話は終わりました。 」「7月31日会社を自己都合退職してからもうすぐ1ヶ月経ちますが、退職証明書」等の問題や、「1. 「契約社員の契約更新時の解除は、会社、従業員どちらの申し出であっても、自己都合退職扱いではあるが3ヶ月の給付制限はつかない」と、色々なサイトで記載してあるのですが、事実なのでしょうか? 」「1. 上記の理由のもと一ヶ月分の給料の上乗せで会社都合で退職させられるのでしょうか? 」等の質問も見られます。 会社都合分野に「会社都合 退職 1ヶ月」に関連する相談が多く寄せられています。 現在の会社の業績が悪化し「事業譲渡」というかたちで親会社に吸収されることになり、社員に転籍の手続きを勧めております。 雇用条件としては、特別不利になるものではなく、現状とほぼ同等の雇用条件になります。 1.この転籍を断った場合、自己都合と会社都合のどちらになりますでしょうか? 2.現在の会社では退... 2017年11月16日• 1 弁護士回答• 会社から1ヶ月前に社長への暴言と言うことで会社都合で退職を言い渡されました。 会社に給料の3ヶ月を請求しようと思います。 歳も40代後半なのでかなり探さないと職がありません。 この条件は通るのですか?... 2019年07月25日• 4 弁護士回答• 長期にわたって残業が続き、体力的に辛くなってきたので退職を考えています。 失業手当を貰うにあたり退職理由を会社都合に出来るか否かを知りたいのですが、 1. 退職前6ヶ月間のうち、残業時間が45時間以上の月が3ヶ月以上続いたら会社都合になるというのは出てくるのですが、一年360時間以上の残業は会社都合... 2020年01月21日• 1 弁護士回答• 1ヶ月前に申し出をすれば退職できますか? 一身上の都合により、会社を辞める必要があり、退職を申し出ました。 しかし、「次の人が決まるまで辞めない」という旨の契約書にサインをしているため、 認められないと言われました。 よく、退職する時は1ヶ月前と聞きますが、上記のような場合では 1ヶ月前に申し出て... 2014年06月27日• 2 弁護士回答• お世話になります。 会社都合退職した会社に離職票発行の依頼をして1ヶ月経っても届かないので、ハローワークに確認の請求をしたところ、在職中(欠勤中)なので提出しないと会社が返答したとのことでした。 ハローワークの担当者に退職までの経緯を説明しましたが、会社が必要な書類を提出しなければ、手続きができない... 2019年09月24日• 2 弁護士回答• 会社を一身上の都合で退職したいのです。 契約書は退職日の1ヶ月前に申し出ることになっています。 しかし規約には退職日の1ヶ月前遅くとも2週間前までに申し出ること。 と記載されておりました。 1つ質問です。 1、規約に基づき2週間で退職できますか? やはり、契約書の効力が強いのでしょうか。 2018年04月01日• 1 弁護士回答• 現在の会社の業績が悪化し「事業譲渡」というかたちで親会社に吸収されることになり、社員に転籍の手続きを勧めております。 雇用条件としては、特別不利になるものではなく、現状とほぼ同等の雇用条件になります。 1.この転籍を断った場合、自己都合と会社都合のどちらになりますでしょうか? 2.現在の会社では退... 2017年11月16日• 1 弁護士回答• 57歳 勤続27年 2日前にコロナによる整理解雇の通告を受けました。 会社都合である事、ワンマン社長である事から、解雇を受け入れようと思いますが、退職金制度がないと言われ、会社から給与1ヶ月分と年金基金だけです。 そこでお尋ねしますが、 会... 2020年05月14日• 4 弁護士回答• アルバイトで仕事をしています。 会社の業績が下がり給与改定の話しが随分と前より出ています。 その話が決まり、アルバイトも改定の対象になる事が決定したようです。 現在は、、1200円で働いています。 無期雇用です。 今の職場は、月末締めの会社ですが、現在でもその正式な書面、話も頂いておりません。 3月1日... 2019年02月08日• 1 弁護士回答• 7月31日会社を自己都合退職してからもうすぐ1ヶ月経ちますが、 退職証明書 源泉徴収票 厚生年金基金加入員証 をまだ受け取っていません。 会社の方からも何も言ってこないのですが、言って貰った方がいいのでしょうか? 厚生年金は毎月給料からひかれていました。 あと、給料はいつも23日締めの28日払いなの... 2014年08月25日• 1 弁護士回答• 退職届を受理して頂き、1ヶ月がすぎてから 予定の退職日より早めてくれないかと申し出がありました。 転職の都合で引越し準備やお金のことなどあったので、戸惑っています。 退職届を提出してから会社都合で退職日を変更することは出来るのでしょうか?... 2018年04月21日• 1 弁護士回答• 転職のため17年務めた会社を退職するにあたり、退職予定日の80日前に退職の意向を総務部へ伝え、現在残っている有休を退職予定日の一ヶ月前より消化したいと申し出ましたが、次の会社が決まっている者に有休を使い給料を支払いする事は会社として心外であるので一ヶ月分の給料を上乗せするので私の退職予定日よりも60... 2016年03月05日• 2 弁護士回答• 会社を辞めさせられました。 原因は度重なる違反行為を犯したからです。 会社曰く本当だったら懲戒解雇だが お互いの為を考えて30日分の給料、ボーナス、退職金を支給するから自己都合退職にしないか、職歴にも傷がつかないだろうということで合意し退職届を提出しました。 会社は即日退職。 けど一応1ヶ月は在籍扱い... 2019年12月07日• 1 弁護士回答• 会社都合での退職という事になったのですが、そこで会社側から3ヶ月間休業した後で解雇を提案されました。 そこで先生方に3つ質問がございます。 お答えよろしくお願いします。 1.この場合休業中はお金が出るのか?出る場合いくら出るのか 2、これでも会社都合による退職になるのか? 3、3ヶ月休業後退職だと失... 2020年04月10日• 2 弁護士回答• 先月7月23日に、自己都合退職をしました。 会社の規則では1ヶ月前の報告が原則でしたが、1ヶ月の労働に精神が耐えられないと思い、退職代行に退職を申請しました。 2019年08月24日• 1 弁護士回答• 会社を2週間で退職する方法について質問させてください。 就業規則では、自己都合による退職の場合は1ヶ月前に申し出ることと記載があります。 ただ、「退職を願い出て会社から承認されたとき、又は退職願を提出して14日を経過したとき」という内容もあります。 2019年02月08日• 1 弁護士回答• 自己都合退職ですが、会社から有給休暇の残りを全部使用することを拒否されました。 退職の通告は1ヶ月前にしています。 時季変更権の行使で正当なんでしょうか?また、不当に夜勤勤務をシフトされました。 時季を待たずに早期退職するのは問題がございますか?会社の主張は正当なんでしょうか。 よろしくお願いいたします。... 2015年03月24日• 3 弁護士回答• 現在、会社の社宅に住んでいる正社員です。 1ヶ月前、会社都合により今月末に退職となることが通知されたのですが、先日、退職と同時に社宅から絶対に出て行くようにと言われました。 社宅とはいえ、実際の賃料に近い額を給与から控除されています。 今新しい家を探しているのですが、突然出て行くようにと言われても、... 2018年08月24日• 2 弁護士回答• 初めて相談させていただきます。 現在、社宅扱いにて会社が借り上げたアパートに住んでおります。 会社都合にて退職することが決まりました。 時期については会社と調整中ですが、1~2ヶ月以内には退職することになると思われます。 次の仕事は決まっておりません。 無職になる予定です。 社宅を退去することにな... 2015年08月10日• 1 弁護士回答• 現在会社と、自己都合退職か否かでもめています。 退職願いは書きました。 しかし、退職の1ヶ月前に、予定していた休日を変更されて、頭に来て文句を言いましたが、会社は取り合ってくれず、文句を言った時に、会社から休日変更に応じないなら来なくて良いとの発言がありました。 なのでその日から出勤していません。 程なくし... 2014年06月21日• 3 弁護士回答• 会社都合で異動になり会社名義で賃貸を契約してもらいましたが、1ヶ月後自己都合により退職することになりました。 退職の意思を表明をした際「借上社宅解約にともなう費用負担について」との書面が届き承諾書に記入、捺印を要求されました。 内容は下記の通りです。 入居後1年未満の解約に伴う違約金 2.... 2018年12月11日• 1 弁護士回答• 先日、とある会社を退職いたしました。 (自己都合退職) その会社では、6ヶ月定期を使用しており、定期の切れる1ヶ月前に給料と一緒に支給されるという仕組みでした。 ここからが本題です。 自分は8月15日の金曜日の午後から9月4日まで、「自宅謹慎」処分でした。 そのなかで、自分の定期が9月28日で切れるとい... 2014年10月10日• 1 弁護士回答• 11月末に、1年数ヶ月勤めた会社を退職をしました。 なかなか離職票が届かず、1月に再就職を決め仕事を開始しました。 仕事を開始した2日目位に、会社都合退職としての離職票が届きました。 再就職先では、上司からのパワハラがあり、2月末をもって早期退職する事になりました。 そこで質問ですが、前職から届... 2020年02月11日• 2 弁護士回答• 1ヶ月前に社長から呼び出され、会社都合で6月30日で退職しないか?というニュアンスで言われ、夏季賞与については払いたくないそぶりでした。 (当方は支給期間は満たしています。 2017年05月15日• 1 弁護士回答• 入社2週間以内で自己都合の退職をしたいと考えています。 会社の就業規則には1ヶ月前に退職を申し出る旨が記載されてますが、私としては社会保険などで入社歴をつけずに、早急な退職を希望しています。 そこで、以下の点についてアドバイスいただけますか? 1. 例えば、入社歴を無かったことにした上で離職するなどの... 2018年06月05日• 2 弁護士回答• 1週間前にハローワークにて退職理由を自己都合から会社都合へ変更する為、離職理由に係る申立書を提出し、会社からの返答を待っている状態です。 離職票と一緒に退職金通知と退職所得の受給に関する申告書が届いており、返答待ちの現在の状態であっても退職所得の受給に関する申告書は会社に返送したほうが良いのでしょ... 2017年08月02日• 1 弁護士回答• 会社を自己都合で退職することになり、1ヶ月後に退職なので未消化の有給休暇25日分を消化する意思を会社側に伝えた所、引継ぎが完了次第有給消化を認める。 未消化分は会社が買取します。 と言われました。 引継ぎが長引いたため、有給消化はほぼ出来ない状況です。 未消化分の25日分が本当に買取してもらえるのか信用出来... 2014年10月19日• 1 弁護士回答• 社員が急に半月で退職してから、会社の就業規則が 大幅に変更されました。 変更点にも疑問が生じます。 たとえば、退職は引き継ぎの都合から三ヶ月前と なりましたが、やめる社員には 辞める1週間前まで、他の社員に口外する事を 禁じているため、引き継ぎを理由に矛盾を感じます。 確か会社が就業規則を変... 2018年03月31日• 2 弁護士回答• 現在の会社に入社する際、誓約書の提出を求められ、そこには退職届けは退職日の3ヶ月前までに提出することが書かれていました。 誓約書を提出しなければ入社できないので署名捺印をして提出し入社しましたが、このたび一身上の都合で入社2年で退職することを決め、1ヶ月後に退職をしたいのですが、誓約書のことがあり1ヶ... 2020年05月19日• 1 弁護士回答• 経営悪化のため会社側が希望退職者を募り、私は今年、長年正社員で勤めた会社を、会社都合で退職しました。 退職証明書には、退職金の支払いは退職日から3ヶ月後までに振込む旨が記載されています。 あと1週間でその期限日になろうとしていますが、未だに振り込まれていません。 退職者が30名ほど出たのですが、退... 2012年10月20日• 1 弁護士回答• 会社で4人程で結託されまして、嫌がらせにあっております。 陰湿的で私の悪口などを結託し人事に過剰に報告され、相手が人数が多いので一方的に私が悪い事にされ退職するように仕向けられています。 責任者にて、1度統制をとると言ってましが、まったくされず嫌がらせは続いてます。 結果私は、抑うつ病と診断され1ヶ... 2017年03月24日• 1 弁護士回答• 契約更新は今年で3回目、1年契約です。 労働条件通知書のみ、会社からもらっていて 退職に関する事項欄には 1. 定年制有 2. 自己都合退職の手続き(退職する1ヶ月以上前までに届けること) 3. 解雇の事由及... 2020年05月19日• 1 弁護士回答• 派遣会社にて、 契約は1ヶ月更新で、満了日の一週間前に更新になるか契約終了になるか通知するものとする。 1ヶ月更新なので、自己都合による退職は30日前までに申し出ることとする旨を就業規則に定める。 以上については合法でしょうか? 宜しくお願い致します。... 2014年09月14日• 1 弁護士回答• 当期の前半に退職届を内容証明郵便で配達証明付きで会社に送ったのに保留にされてます。 正社員です。 就業規則には自己都合退職は1ヶ月前までに申し出をすることとなってます。 勿論4月中に上司に口頭で伝えてます。 2018年05月17日• 1 弁護士回答• 平成26年10月8日からクリーニング店でパートで働いています。 平成27年10月1日付けで雇用契約を更新しましたが最初の雇用契約書には無かった項目 退職に関する事項 が増やされています。 そこには、 自己都合退職の場合、退職する1ヶ月以上前に書面にて会社 店舗担当営業 に通知して下さい。 *後任の採用... 2016年01月26日• 1 弁護士回答• 22年勤めた会社を退職しました。 この会社には退職金制度がありました。 入社して9年目の時、会社が中退共を解約し、他の企業へ退職金制度を変更しました。 その時、中退共から解約手当金が振り込まれ、会社はこの解約手当金を返還するようにと。 私はわざわざ手数料を払って銀行から解約手当金を引出すのはバカらしいと思... 2019年07月24日• 2 弁護士回答• 19日に会社の先行きが怪しいため急遽明後日から自宅待機もしくは辞めるかを言われました その日の話だと自宅待機なら給料の六割を出します 退社なら会社都合で来月分と退職金としてもう1ヶ月分を出しますと言われました いきなりの話なのに明日返事してほしいとあり得ない話でした 次の日 社長との話で 日給の六割... 2010年05月21日• 1 弁護士回答• 前職で勤めていた会社がA社が廃業のため、会社都合での退職をしました。 その間に転職活動をして、新しい就職先、B社が決まりました。 それから約1ヶ月後、A会社がやはり廃業を撤回し、会社を続ける事になりました。 それを受けて、A社が私に戻ってくるかと相談され、その時は口約束で戻ると伝えました。 しかし、よく考え... 2019年10月09日• 1 弁護士回答• 半年契約の更新をされませんでしたので 会社都合で失業保険を申請しようと思いましたが 残業代の支払いが 1ヶ月遅れになるので 退職後1ヶ月後でないと離職票を出せないと言われました。 1ヶ月間失業保険の申請さえできないというのは納得できないので 残業代はいらないから離職票を出してほしいと言ったのですが こ... 2018年06月20日• 1 弁護士回答• 昨年12月末日で退職をしたのですが、現時点まで離職票が送付されて来ていません。 本日会社に問い合わせたところ、 「退職時の離職票発行は『最終給与支給日より 2週間程度』のお時間をいただいております。 2020年01月28日• 2 弁護士回答• 先月の10日付で 『事業縮小による退職勧奨』に応じ、会社都合で離職しました。 「退職金の支払いの日にちが決まっていない」などと人事部が言っていたので就業規則を見たところ、退職金については書かれていませんでしたが慣例として1ヶ月以内に振り込んでいるそうです。 なので1ヶ月以内に支払うという文面と名... 2012年02月22日• 1 弁護士回答• 今回経営不振による退職勧奨を受けました。 零細工務店に引き抜きにて入社し、勤続10年になる男性です。 最初の話があってから半月ほど経過しましたが、未だに会社側から条件面等の提示がありません。 経営状態があまり良くないため、受け入れも検討しております。 先日同じ退職勧奨を受けている同僚に、給料1ヶ月分も余分に... 2017年11月13日• 1 弁護士回答• こんにちは。 退職金の遅延について相談があります。 会社の求人、雇用通知書、労務規定に退職金が明記されている会社に就職しました。 しかし、私が在職中に退職金申請をすることができず、不安に思いながらも会社からの連絡を待っておりました。 すると、私が退職するタイミングがちょうど会社の企業統合と重なり、システム... 2019年05月31日• 1 弁護士回答• 労働組合執行部にて働いていますが、自主都合による任期前退職は可能でしょうか。 大手企業に勤めております。 1ヶ月に自社の労働組合執行部へ出向しました。 しかし親が急に倒れて介護が必要となったため、執行部、会... 2015年01月29日• 1 弁護士回答• 20年以上前になりますが、勤めていた会社から「和が乱れるから辞めてほしい。 1ヶ月分のお給料を渡してもいいし、後1ヶ月働いてもいい。 」と言われ、一ヶ月分のお給料をもらってすぐに辞めました。 その後、離職票には自己都合退職との記載がありました。 このような場合、次の就職活動の際に退職理由を聞かれた時に、... 2019年04月04日• 2 弁護士回答• 業績悪化のため希望退職者を募集する文書が社員全員に渡されました。 3日後までに退職を申し出た場合のみ下記条件で手続きするとのことでした。 退職日(今月16日まで)の給与+1カ月分の給与 2. 有給休暇の買取 3. 毎月給料天引きされていた親睦会費の残金の分与 4. 退職金は基本給の0. 6~0. 7ヶ月分... 2018年10月02日• 1 弁護士回答• 令和2年1月7日に勤めていた派遣が経営不振になったことが理由で会社都合で退職いたしました。 私は会社の借り上げ寮 賃貸物件 に住んでいました。 寮費は一ヶ月56000円です。 退職をした日に退寮したのですが、今月振り込まれる12月分の給与から124900円も寮費が控除されていました。 私は会社になんで... 2020年01月27日• 1 弁護士回答• フランチャイズの店でパートとして働いて1年1ヶ月になります。 4月から週4日の勤務が2日に減らされ これ以上減らされると困ると言うと 減らさないと自分の給料が出ないからと言われました。 退職をかんがえていますが この場合でも自己都合になるのでしょうか? 会社都合にしてもらうことはできませんか? 6... 2018年05月23日• 4 弁護士回答• 雇用契約書には契約期間30年1月~31年2月、退職に関する事項の欄に、自己都合退職の手続き 退職する30日以上前に届け出ること と書いてあります 4月中に会社に退職届を出し、2ヶ月後の6月末で辞めたいと考えています この場合働き始めて半年ですが契約期間中でも会社の了承を得ずに一方的に辞められるのでし... 2018年04月26日• 1 弁護士回答• 退職金について、会社には退職金制度がありますが倒産した場合は 「自己都合」と「会社都合」のどちらの退職金が対象になるのでしょうか? 状況は下記になります。 ・勤続6年目、正社員、支店勤務 ・本社のみ残して支店を潰す空気がある(支店は当支店1ヶ所のみ) ・退職金規則あり ・退職金は自己都合の場合規... 2018年05月01日• 2 弁護士回答• 入って間もない会社を辞める場合ですが。 話し合いの末お互い仕事に対する考え方が違い、合意の上で自己都合退職をする場合、これから次の仕事を探す、または慌てて次を探し始めても1ヶ月やそこらですぐに見つかる気がしない場合、例えば「2ヶ月後に退職します」と時期をこちらで決める事は可能なのでしょうか?... 2019年01月07日• 2 弁護士回答.

次の

退職届・退職願|書き方と提出|労働者の労働問題相談所

一 身上 の 都合

ではパワハラ・退職・解雇・退職勧奨問題についてタイムリーで丁寧な労働相談を行っております。 当事務所は 退職・ 解雇・ やむを得ない退職(追い込み退職)・パワハラを専門に研究し続けており、サービス残業(未払い残業代)相談・労災相談などの労働相談はもちろんですが、 退職勧奨・退職・解雇問題・パワハラなどに特に強い事務所(社労士)です。 丁寧な 事実確認 、 主張内容の検討 を行います。 裁判所に頼らない 、 対応策、 解決までの交通整理 行います。 パワハラ、 退職 、 退職勧奨 、 退職追込み 、 解雇 に納得がいかず、そのまま泣き寝入りしたくない方で 裁判所の手続きに頼りたくない方はどうぞご相談ください(運営: 首都圏中央社労士事務所)。 ニトリではありませんが、「 お値段以上」を貫いております。 【対応エリア】埼玉県/春日部市、越谷市、草加市、さいたま市(浦和区、大宮区、岩槻区など)、川口市、蕨市、幸手市、久喜市、吉川市、三郷市、八潮市、上尾市、蓮田市、加須市、行田市、伊奈町など埼玉県全域、東京都/千葉県/栃木県/茨城県/神奈川県(横浜市など) の首都圏・関東 群馬県を除く。 電話相談は全国対応。 1 退職の意思表示と退職の理由を分けて考える 退職届、退職願を書く前に、離職理由をよーくみつめましょう。 世の中の多くの会社は、退職届という紙を出すと、あるいは、労働者が「辞めます」と言ったことで自己都合退職だと思っています。 中には、会社が用意する退職届の用紙に「一身上の都合」と印字されているものまであります。 退職届という紙は、退職するという労働者の 意思表示かまたはそれを提出する前に口頭で言った「辞めます」の 確認の書面、 社内手続き上の必要書面にすぎません。 法律上は、書面でなければいけないとはどこにも規定はなく、意思表示で決まります。 いつ「辞めます」と言ったかが重要です。 「辞めます」と言う前に退職届を出した場合は、いつ退職届を出したかが重要です。 つまり、 自分の最初の辞めますの意思表示はいつかが重要です。 その点はこのページの後半部分を熟読ください。 退職届はそういうものです。 意思表示または意思表示の確認書面あるいは証拠書面、手続き上の書面にすぎません。 離職理由までは正しく把握できないことがほとんどです。 退職届を出したら自己都合になるは、退職の意思表示の話と離職理由の話をごちゃまぜにしている話です。 退職の意思表示は口頭か退職届によって行った。 そのことと、自分がなぜ辞めるかは別の話です。 たとえば、セクハラやパワハラで働くことができなくなって辞めた場合、あるいは、賃金が未払いで辞めた場合、意思表示はしているが、辞める理由は、絶対に一身上の都合ではありません。 ハローワークの離職票の右側の離職理由の区分をみてください。 そもそも、離職票には、会社都合、自己都合という言葉は印字されていません。 こまごましたことの前に退職の意思表示と離職理由の話を分けて考えることが大切です。 会社都合か自己都合かで考えていますと、離職理由はまったく違う者になってしまいあとでやっかいです。 この点の説明に、30分から1時間を要します。 また、真の離職理由は他人事に違います。 たとえば、他の相談窓口で、 「辞めると言ったんだったら、そりゃ自己都合だよ」「退職届出したたら、自己都合だね」などと言われたけど、どうも納得いかない・・こうした場合は、ぜひ当事務所の労働相談を受けてください。 たぶん、 助言内容がまったく違うと思います。 2 退職届・退職願は必ず出さなければならないか 退職届は、手続き上の 任意の書面です。 契約に関する法的ルール上、労働者が、 口頭で「やめます」と言えば、 それだけで 退職の意思表示をしたことになり、退職できます。 退職を希望するレベルの場合は、「やめたい」と言えば、意思表示になります。 ただし、「やめたい」場合は、会社側の承諾があってはじめて退職、つまり労働契約の解約が成立することになります。 退職の申込みの意思表示の場合で、会社の承諾があって成立します(労働契約の 合意解約)。 その場合は、 就業規則にしたがうことになります。 しかし、退職届や退職願を出したことで退職の意思表示になるとは限りません。 以下の 退職届・退職願の提出要請に 注意しましょう! 期間の定めのある労働契約の終了の場合 期間満了による退職と会社が通知してきたうえ、退職願や退職届の提出を求めてきた場合は、形式的には自動(自然)退職〔期限が到来したことによる退職〕なので、退職届・退職願を提出する義務はない。 退職勧奨の場合 退職を勧められた場合は、辞める意思がないのであれば退職に応じる義務はないので、退職届・退職願を提出する義務はない。 要するに、労働者単独の自発的な退職の意思表示による退職でなければ、退職届はなくてはいけないものではないということです。 そのほか、退職届・退職願の提出時期、退職理由の記載については以下を参考にしてください。 3 退職届・退職願はいつまで出せばよいか 会社の就業規則に退職届や退職願を提出することになっているとして、労働者は退職する場合にいつまでに退職届や退職願を提出しなければならないのでしょうか。 民法では、 14日前までに退職の 意思表示をすればいい(正確には14日経過後の15日目に退職できる)ことになっています。 ほかにも、様々なケースがあるのですが、上記であげた例のような場合は、一切したがう必要がありません。 上記の例のどれもが、会社のほうで、1か月前の退職の意思表示を意識しての措置と思われます。 こうした会社が意識する、労働者からの1か月前までの退職の意思表示は、急に1人辞められると、まかせていた業務に穴があく、人材不足で急に辞められたら会社が困る、次の人間を募集して決まるまで1か月はほしいなどの思いからくるものです。 しかし、会社の思いや取り決めによって、法律が変わるわけではありません。 退職日の14日前までに退職届を出すことが最もスムーズですが、たとえば、退職届を出して明日辞めますといった場合、会社の対応により、退職日が14日後になってしまう可能性はあります。 次の就職活動に移りましょう。 ただ、重要な要件が2つあります。 タイトルが退職届となっていても、退職を希望する、あるいは、退職の申し込みであると受け止められる場合は、実態は退職願として扱われる可能性があります。 実態が退職願の場合は、 会社の承諾が必要になります。 退職の意思がゆるぎないものである場合は、たとえタイトルが退職願であっても、内容は、「退職します」と記載することが重要です。 スムーズに行うには、タイトルも退職届にしておくことが肝要です。 4 退職理由(やめる理由)はどのように書けばよいか まず、大前提ですが、 退職届や退職願に退職する理由を書かなければいけないという法律上の決まりは何もありません。 したがって、 退職理由の詳細を書く必要はありません。 これは誤った捉え方です。 ちなみに、 一身上の都合=自己都合ではありません。 ここはよく読んでください! yahoo知恵袋等の書き込みや情報提供サイトでは、退職届は、ふつう、「一身上の都合」と書くものです」などと書いてあるので注意してください。 もし、一身上の都合と書けば、離職票の離職理由も同様になり、失業給付は、3か月支給停止になります。 退職届「一身上の都合」という記載は、自分で一身上の都合であるとしたことの証拠になってしまいます。 会社が、「一身上の都合と書け」「一身上の都合でなければ退職届は受け取らない」などを要求してくる意味はここにあります。 会社が厚生労働省の助成金を考えている場合、受給している場合は、労働者の退職理由は、一身上の都合を要求してきます。 後述する 個人的都合による離職でない場合は、会社都合に該当する可能性がきわめて高いので、 会社都合の具体的な理由を書くようにしましょう。 そうしなければ、自己都合で処理をされてしまい、失業給付の支給時期や給付日数に大きな影響がでてきます。 そもそも「自己都合」の範囲もとても広いのです。 ちなみに、 一度、「一身上の都合」とされた離職票の離職理由を覆すことは、かなりの高いハードルになります。 通常、労働者がハローワークにいき、新の離職理由を申出て(資料などがあればそれも提出)、そのハローワーク担当者が会社の管轄ハローワーク担当者に通知し、担当者が会社に通知するという流れをとります。 結果、会社が、離職理由を改めなければ、離職理由は「一身上の都合」のままになる可能性があります。 会社次第なのです。 しかし、離職理由が異なることの異議を申し出なければはじまりませんので、必ず、異議を申出てください。 しっかり、異議ありに〇をつけて、ハローワークに臨みましょう。 チャレンジしてください。 もう一つ、やっかいなのが、会社側の代理人として弁護士がいる場合です。 多くは、経営者がわけがわからず、労働者の離職のことに対応することから逃げるために、「弁護士に任してある」「弁護士を通して」などと言ってきます。 また、弁護士も、「代理人となったので、今後は小職をすべて通すように」などと通知してきます。 しかし、労災・社会保険と同様、雇用保険の加入や離職理由のことを言っても、弁護士は何もわかっていません。 会社代理人を名乗っておきながら、処理ができないのです。 しかし、あなたとしては、弁護士が会社代理人と名乗っているので、その弁護士に「離職理由を正しくしろ」と要求すべきです。 でも、弁護士はわからいので、もう少し時間をくれと言ってきたり、離職理由のことに触れずに、わざわざあなたの落ち度を見つけてきて指摘したりしてきます。 雇用保険に関してはまったく対応できないのに、会社代理人と名乗ってくることに問題があります。 名乗る以上は責任を持って対応しなければいけない立場です。 会社の代理で、「すべて小職を通せ」と言ってきているわけですから。 そのような大きな問題はあるのですが、離職理由が違う場合で会社代理人弁護士が表れた場合は、一度は、会社代理人弁護士に通知しましょう。 次に、 退職理由を書く場合ですが、退職理由によって分けてとらえておく必要があります。 大きくは、 自己都合と 会社都合の違いを認識しておいていただくことが大切だと思います。 もっとも、自己都合か会社都合かは、 自己都合は、違う仕事につくために辞める、結婚するために辞める、家族の事情で辞める、病気で辞める、この会社の人間と合わないので辞めるなどが典型的な理由です。 つまり、 純粋に 個人的都合の場合です。 逆に言うと、純粋な個人的都合でなければ自己都合ではないと考えていいと思います。 ポイントは個人的な都合が理由になっているかどうかということになります。 このことが、退職の場面で労働者と会社の間に摩擦を生じさせます。 したがって、会社の意図していることに合わせるのではなく、 退職の理由がほんとうに、自分の個人的都合による場合にのみ、一身上の都合や自己都合になる( 一身上の都合=自己都合ではありません)ものであると受け止めておいてください。 もう一つの 会社都合は、自己都合以外の理由だと考えてください。 ただし、次の場合は除きます。 1 休職期間が満了になっても復帰できなかったために退職になった(休職期間の期間満了による退職) 2 有期労働契約で期間満了のために退職になった(有期雇用契約の期間満了による退職) 3 定年退職で退職になった(定年に達したことによる退職) これらは、 自動退職(自然退職)と呼ばれ、 一身上の都合による自己都合退職でも、会社都合退職でもないとされます。 ある日付けが到来したことにより自動的に退職になるものです。 したがって、 退職の意思表示を必要としておらず、退職届や退職願も必要ありません。 また、2の場合、 契約期間の満了日がきても、契約更新の実態や回数や年数が長いなどの実情、業務の特性、更新するとの約束などから、契約更新の期待があったと認められる場合等は、単なる期間満了による退職ではなく、 解雇問題になる可能性があります。 これらには注意する必要があります。 たとえば、つぎのような理由の場合です。 ここに挙げたのは例ですが、これらに該当するような、 労働条件や職場環境に関係する理由、会社からの圧力で辞めざるを得なかった場合は、会社都合に該当する可能性があります。 ただし、雇用保険上、 支給停止にならない自己都合退職に該当する可能性もあります。 その場合に該当する離職理由にあたるかについて、自分で判断するのは難しいと思います。 わかならい場合は、 離職する理由をそのまま記載することでカバーしておくことも有効です。 たとえば、ハラスメントで勤務継続ができなくなった、退職勧奨があった、賃金が減らされたなどです。 「やむを得ず退職しなければならなくなった個人的事情」と判断できるものも支給停止にかからない可能性があります。 なんて書いてよいかわからず、理由が決めきれなかったり、複数あったりする場合は、「一身上の都合」と書く前にご相談ください。 会社都合と書いて会社が 「自己都合」でなければ受け取らない、あるいは、 「辞めさせない」といった場合は、 配達証明郵便や書留郵便で、具体的な退職理由を書いた退職届を送ってください。 ちなみに、「自己都合」でなければ受け取らない、あるいは、「辞めさせない」といった会社の態度ですが、非常に問題になります。 退職届は労働者が書いて出すものです。 しかも、 退職理由を書く場合、内容を会社の指示で書いたり、書いた内容を変更したりすることは不適切です。 会社のこうした行為は、 自己都合の偽装にあたる可能性が高くなります(= 偽装自己都合)。 自己都合は会社側が圧力をかけてそう仕向けるものではありません。 この点は注意してください。 また、会社が厚生労働省の助成金の支給を狙っている場合も、自己都合の偽装をしかけてきます。 先に挙げました 労働条件や職場環境に関係する理由、会社の圧力等で、労働者を退職させた場合は、会社都合になり、 雇用保険法では 解雇に準じた取り扱いがなされます。 そうすると助成金の支給要件から会社が外れるのです。 このことを回避するために自己都合を形式的に整えようとするのです。 ぜひ、注意してください。 相談は電話か面談を基本としております。 退職に至る事実をお聞きしまして、退職理由、失業給付、会社への対応、退職理由を受けてつけてくれない場合の対応、ハローワークとの接し方、退職届などの書面について(書き方、出すタイミング、出し方など)などについて助言させていただきます。 遠方の方でも、電話相談にて対応させていただきます。 で確認の上、予約をお願いします。 お急ぎの場合は、振り込みの証拠(振込票、振込記録の写真またはペーパー)をメールでお送り下さい。 確認でき次第、 予約した時刻に電話相談を開始させていただきます。 080-2043-4060までおかけ下さい。 相談につきまして、ご不明な点は、メールか電話でお願いします。

次の

退職届の「一身上の都合」ってどんな都合? その言葉に隠された意味と使い方|転職・求人情報サイトのマイナビ転職

一 身上 の 都合

「自己都合退職」「会社都合退職」の違いとは? 「自己都合退職」と「会社都合退職」の違いは、退職の理由によります。 「自己都合退職」は、希望して退職するケース 一般的に、多くの退職が自己都合退職に当てはまります。 転居・結婚・介護・病気療養のための退職はもちろん、自分が望む仕事内容・待遇などを求めて転職する場合も、自己都合退職です。 「会社都合退職」は、退職を余儀なくされるケース 経営破たんや業績悪化に伴う人員整理により、一方的に労働契約を解除される場合が一般的です。 加えて、退職勧奨・希望退職に応じた場合や、勤務地移転に伴い通勤が困難になった場合、何らかのハラスメント被害を受けた場合など、自分の意志に反して退職を余儀なくされたケースも当てはまります。 倒産や、大量のリストラ• 解雇(自己の責めに帰すべき重大な理由による解雇を除く• 職場の上司・同僚等から、いじめや嫌がらせを受けた• 勤務場所や勤務時間、賃金・職種などが労働契約締結時に明示されたものと著しく違っていた• 賃金が大幅に減らされた又は未払いが続いた• 当該労働契約が更新されない事態になってしまった なお、懲戒処分の対象となる問題を起こして免職・解雇となったケースは「自己都合退職」の扱いです。 ただし、退職させられる理由に納得できず、不当な懲戒処分の可能性が考えられる場合には、企業側に詳しい説明を求めるようにしましょう。 「自己都合退職」のメリット・デメリット 自己都合退職か会社都合退職かによって、退職後に異なることは主に3つ。 この観点から、自己都合退職と会社都合退職を比較したメリット・デメリットをご紹介します。 自己都合退職のメリット 自己都合退職の場合、履歴書の退職理由は「一身上の都合」として記載するだけで問題ありません。 転職活動においては、転職回数が極端に多い・在職期間が極端に短いといったことがない限り、退職理由を深く追及はされない点がメリットでしょう。 自己都合退職のデメリット 失業給付金の支給を受けるまで、3ヶ月の「給付制限」があります。 加えて、ハローワークへの申請を経て、最低でも待機期間として7日間は待つ必要があり、どんなに早くても「3ヶ月と7日後」からの支給となります。 また、会社都合退職と比較すると額が少なく、給付期間も短くなります。 なお、退職金を支給している企業においては、自己都合退職の場合は会社都合退職よりも退職金が減額されるケースがほとんどです。 詳細は、就業規則を確認するようにしてください。 失業給付金の制限が免除される自己都合退職 一般的な例をご紹介しましたが、同じ自己都合退職でも、理由によっては、「特定理由離職者」として給付制限が免除される特殊なケースがあります。 また、会社都合退職と同様に、給付日数が長くなったり、国民健康保険料が軽減される場合もあります。 下記はその一例です。 親の死亡によって家庭状況の急変した場合• 30日以上の長期間にわたる家族への看護や介護を行っていた場合• 結婚や事業所の移転などにより、往復の通勤時間が4時間以上となり通勤が難しくなった場合• 医師の判断で退職したほうが良いとアドバイスされていた場合 実際に「特定理由離職者」認められるかどうかは、個別の事例によって異なります。 また、「特定理由離職者」として認められる場合には必要書類の提出が求められますので、詳細についてはハローワークでご相談ください。 「会社都合退職」のメリット・デメリット では、会社都合退職のメリット・デメリットをご紹介します。 会社都合退職のメリット 失業給付金の支給を受けるまで早いというメリットがあります。 自己都合退職の項では、失業給付金まで3ヶ月の「給付制限」があると書きましたが、会社都合退職では「給付制限」期間がありません。 ハローワークへの申請を経て、最低7日間の待機期間のみで、失業給付金を取得できます。 会社都合退職の場合は、失業給付金の金額が多く、また給付期間も最大330日と長いことがメリットです。 会社都合退職のデメリット 転職活動において質問される事項が増える可能性がある、という点が挙げられます。 履歴書等で、「会社都合による退職」と記載があった場合、面接官の確認が増えることになります。 会社が倒産したなど、自身の理由ではない場合はそこまで追求はされませんが、「解雇」の場合はその理由を深く聞かれることが多いでしょう。 就労時に問題を起こしていないか、トラブルがなかったか、業績は?…と質問される可能性もあります。 自己都合退職と比べて、より慎重に書類・面接対策を練っておく必要があります。 なかには「失業給付手当をすぐにもらいたい」という目的だけで、会社側にさまざまな理由をつけて会社都合退職にしようとする人もいますが、転職活動への影響を考えると賢明ではありません。 一度でも会社都合退職をすると、「会社都合退職」の文字はいつまでも経歴上につきまとってしまうことを肝に銘じておきましょう。 「自己都合退職」の際に準備すること 「自己都合退職」の確認事項 自己都合退職をする場合にも、できる限り円満に退職をしたいとお考えかと思います。 そのために準備をしたいこと、確認しておきたいことをまとめました。 転職活動や転職先への入社時期もふまえて、しっかりと「退職までのスケジュール」を立てて行動することが大切です。 まずは「就業規則」を確認して退職申告 民法では、雇用期間の定めのない社員はいつ退職を申し出ても問題ないと定められています。 ただ、会社の就業規則に則って申告をすることが一般的です。 まずは、就業規則で「いつまでに・誰に・退職の意志を伝えるべきか」を確認しましょう。 どんなに早くても退職は申告の2週間後 民法第627条第1項の定めでは、退職申告後の原則2週間後には退職が可能です。 とはいえ、後任担当者への業務の引き継ぎなどが発生しますので、退職の1~2ヶ月前には申し出るのが適切でしょう。 業務の引き継ぎができるのは、会社側に退職を受理されてからです。 退職を考えてからは、退職までのスケジュールは早めに立てることをお薦めします。 退職届・退職願は書面で提出を こちらも、就業規則の確認が必須です。 場合によっては、会社が定める所定の書類を提出しなくてはならないケースもあります。 なお、「退職願」は「退職を願い出る書類」ですので、退職の意思を撤回することができます。 また、書面の内容はあくまで形式的なものなので、退職理由は「一身上の都合により退職致します」と書くだけで問題ありません。 退職前の有給休暇取得は早めに申請 多くの場合、たまった有休を退職前に消化することができます。 ただし、退職直前になってから有休消化を申請した場合には、認められないこともあるでしょう。 引き継ぎの都合や有休の残日数もあわせて申請をしましょう。 健康保険・年金の手続きも忘れずに 退職後には、健康保険や国民年金などの加入手続きが必要になるケースが多いです。 退職前には、健康保険証のコピーを取る、年金手帳が手元にあるか確認する、といったことを忘れずに行ないましょう。 退職後にどのような手続きが必要になるか、あらかじめ会社や自治体に確認しておくと万全です。 退職金をもらえる場合には要チェック 会社の給与担当者に「退職所得の受給に関する申告書」を提出することをお忘れなく。 退職金をもらえる場合、この申告書の提出を忘れると、自分で退職金の確定申告を行なわなければなりません。 詳細は給与担当者にご確認ください。 会社都合退職なのに、自己都合退職にしてほしいと言われたら? 会社から、「会社都合ではなく自己都合での退職にしてほしい」と言われた…。 そんな声を聞くこともよくあります。 背景には、会社側が、会社都合で退職されてしまうと、厚生労働省からの助成金をもらえなくなるという事情があるのです。 そもそも助成金とは、労働者の生活の安定や健康維持を目的に助成されるもの。 会社都合での退職は、生活の安定などとは真逆の事態ですから、助成金の意にそぐいません。 そのため、雇用者は助成金を受け取ろうと、「経歴に傷がつく」「今後の就職活動に影響が出る」などと言って、自己都合退職を促すケースも多いのです。 とはいえ、自己都合退職とされる理由はまったくないので、それを望まないのであればきっぱり断りましょう。 自己都合退職を、会社都合退職にできる場合とは? 自己都合退職には、「特定理由離職者」という枠があります。 これに該当すると、 給付制限や最大給付日数などで優遇されるようになっているのです。 (これらは一例ですので、詳しくはハローワークのページも参考にしてみてください) また、退職時に自己都合退職として扱われていても、のちにハローワークで会社都合退職だと認められるケースもあり、その場合は「会社都合退職」に変更可能です。 例えば、「残業時間が長すぎる」「給料の減額、未払い」「採用時の条件と実際の労働条件が異なる」「セクハラ、パワハラなどのハラスメント」などが該当します。 そのため、例えば残業時間ならタイムカードのコピー、ハラスメントならボイスレコーダーのデータなど、証拠を確保しておきましょう。 「失業給付金」について 失業給付金と失業保険の違い 「失業給付金」よりも「失業保険という言葉のほうが馴染みがあるかもしれません。 実は、この3つは全て同じもの。 ただ、失業保険や失業手当といった言葉は公的には使われていません。 世間で「失業保険」と呼ばれているのは、雇用保険制度において失業後に給付される基本手当のことです。 この給付金を受給することにより、生活の不安なく求職活動が取り組めるようになります。 会社を退職して次の就職先が決まっていない状態の一定期間、転職や再就職を支援するために国から給付される手当である、ということを理解しておきましょう。 失業給付金の受け取るための条件 失業給付金を受け取るための最低限の条件は、次の2つです。 雇用保険被保険者として、離職日から遡って2年の間に最低12ヶ月以上働いた期間があること こちらは、一般的な自己都合退職の場合な条件。 会社都合退職の場合や、「特定理由離職者」の場合は、離職日から遡って1年間に、被保険者期間が通算して6か月以上ある場合でも構いません。 ハローワークにて求職の申し込みを行ない、再就職の意思・能力があるのに就職できない状態であること 注意をしたいのは「職に就いていない=失業」ではないということです。 求職活動を行なっている状態でなければ、失業給付金を受給することはできません。 具体的には、下記のようなケースでは「失業している状態にある」と認められる対象外となります。 既に次の就職先が決まっている• 副業などによる別の収入がある• 就職ではなく起業をする準備がある• 求職活動はせずに休養をする• 結婚などにより家事に専念する• 職業訓練を目的としたものではない学業に専念する など 失業給付金の給付額・給付日数など 失業給付金の給付額 給付額を決める要素は、年齢・退職理由・勤続年数です。 自己都合退職の場合は、失業給付金の給付額は最大で約118万円。 年齢や、離職前に勤めていた会社における退職前6ヶ月間で受け取った給与によって、多少変動する仕組みです。 失業給付金が給付されるまで なお、失業給付金は退職後すぐに手に入るわけではありません。 ハローワークへの申請を経て、最低でも待機期間として7日間は待つ必要があります。 加えて、自己都合退職の場合は3ヶ月間の「受給制限」が適用されるため、どんなに早くても「3ヶ月と7日後」からの支給となるのです。 ちなみに、なぜ給付制限があるかというと、「失業手当に依存することを防ぎ、再就職活動を促進すること」が目的とされています。 3ヶ月と7日間求職活動をしてもなお就職先が見つからなかった場合、失業給付金を手にすることができるのです。 失業給付金の給付日数 給付日数を決める要素は、退職理由・年齢・勤続年数です。 自己都合退職の場合は、90日~150日です。 会社都合によって退職を余儀なくされたケースでは、90日~330日となります。 この日数は、年齢や、離職前に勤めていた会社への勤続年数と年齢によって変動します。 失業給付金を受け取るための準備物・流れ 失業給付金を受け取るためには、ハローワークへの申込みと、失業給付金の受給申請が必要です。 自己都合退職か、会社都合退職かによって手続きの詳細も異なりますので、「いざ申請をする」となった際に慌てないよう、よく確認をしてください。 失業給付金を受け取るための準備物• 雇用保険被保険者離職票1・2(退職後に会社から受け取れます)• 写真付きの身分証明書(運転免許証、住民基本台帳カードなど)• 本人名義の普通預金通帳• 個人番号確認書類(マイナンバーカードなど) 失業給付金を受け取るまでの流れ 自己都合退職と会社都合退職のいずれにも共通の部分と、それぞれ異なる部分があります。 下記の図がおおまかな流れです。 自己都合退職の場合の特徴は「給付制限」があるだけでなく、支給がスタートしてからも4週間ごとに「失業認定」を繰り返す点でしょう。 先程ご紹介した通り、失業状態を認められるためには「求職活動をしていること」が最低限の条件となるためです。 自動的に振込まれ続けるわけではありませんので、注意が必要です。 失業給付金の制限が免除される自己都合退職 一般的な例をご紹介しましたが、同じ自己都合退職でも、理由によっては、「特定理由離職者」として給付制限が免除される特殊なケースがあります。 また、会社都合退職と同様に、給付日数が長くなったり、国民健康保険料が軽減される場合もあります。 下記はその一例です。 親の死亡によって家庭状況の急変した場合• 30日以上の長期間にわたる家族への看護や介護を行っていた場合• 結婚や事業所の移転などにより、往復の通勤時間が4時間以上となり通勤が難しくなった場合• 医師の判断で退職したほうが良いとアドバイスされていた場合 実際に「特定理由離職者」認められるかどうかは、個別の事例によって異なります。 また、「特定理由離職者」として認められる場合には必要書類の提出が求められますので、詳細についてはハローワークでご相談ください。

次の