遊戯王 メルフィー デッキ。 【遊戯王の日】メルフィープレイマットが高騰。購入タイミングを考える(2020年6月25日更新)

【メルフィー】デッキの回し方・強化方法・対策方法のまとめ

遊戯王 メルフィー デッキ

テーマ特徴 テーマのとくちょうをあげるといかのとおりです。 ・メルフィーのもりにすむふわふわなどうぶつたちがあつまったテーマだよ ・ちぞくせいけものぞくのレベル2テーマでありエクシーズしょうかんをねらっていくよ ・てきがあらわれるとびっくりしてにげてなかまにたすけをよぶよ ・でもエンドフェイズにはまたひょっこりもどってくるよ ・ほかのけものぞくのサポートもとくいだよ ・げぇっ!?死那門!? さていいかげん読みづらいでしょうし普通に漢字使いましょう。 ものすんごいふわっふわしてます エッジインプやデストーイのないファーニマルよりもふわふわしてます。 マドルチェ以上に「え!?こいつら戦うの!?」みたいな雰囲気醸し出しています。 メルフィー・ラビィのフレーバーテキストからしてもう戦う気が一切ありませんね。 女性、それもかなり低年齢層を意識したテーマですが なんだかんだこういうのは大人になっても好きな人は好きなものです。 名前の由来は「メルヘン」+ドイツ語で妖精を現す「フィー」からだと思われます。 敵が現れたり攻撃されると手札に逃げる 見た目通りの獣族でありメインデッキのモンスターはいずれも地属性のレベル2となっています。 攻撃力守備力はいずれもとっても貧弱であり戦闘には全く適しておらず 通常モンスターであるメルヘン・ラビィ以外は 相手の場にモンスターが召喚されたり攻撃を受けたりすると手札に戻る性質を持っています。 そしてこの手札に戻った際に他の獣族を手札に加えたり特殊召喚するようになっています。 同時に自分エンドフェイズ時に一斉に手札から特殊召喚する効果を持っており フィールドに並べてた上で相手にターンを渡して 相手が召喚や攻撃してきたのに合わせて動いていく事になります。 このため自分ターンではなく相手ターンに積極的に動くテーマとなっています。 相手が召喚や攻撃を一切しなかった場合には満足に動くことができませんが 【緑一色】や【チェーンバーン】あたりが相手でもない限りはそこまで心配しなくてもいいでしょう。 ただサンダー・ボルトのような魔法や罠による除去には弱いので メルフィーのかくれんぼなどでフォローをするといいでしょう。 他の獣族も積極的に その一方で各種メルフィーの特殊召喚するタイミングが自分エンドフェイズな関係で 自分ターンに展開するのは少々不向きです。 ですがレベル2の獣族という関係で魔獣の懐柔やレスキューキャットに対応しており これらを用いる事で自分ターンの展開力を補う事が可能です。 エクシーズ召喚を狙う場合にはこれらのカードを積極的に活用するといいでしょう。 獣族全般をサポートする効果も数多く存在している為、 他の獣族で自分ターンの展開力を補うのもいいでしょう。 子狸ぽんぽんや子狸たんたんを混ぜてみるのもいいですし 通常モンスターのメルフィー・ラビィがいる事から 【おジャマ】と混ぜてトライワイトゾーンのような 通常モンスターサポートを共有するのも面白いです。 エースとなるのはランク2エクシーズとなる森のメルフィーズとメルフィー・マミィです。 森のメルフィーズはメルフィーが手札に戻るのをトリガーに 相手モンスターの攻撃と効果を永続的に封じる強力な効果を持っています。 展開の妨害は勿論の事、相手のエース無力化してロックを狙う事も可能です。 メルフィー・マミィは獣族を指定するランク2エクシーズで 素材にした獣族が多いほど効果を発揮するようになっています。 5体以上素材にした場合には戦闘破壊されず相手に一方的に戦闘ダメージを押し付けられるので このテーマにおける重要なアタッカーかつダメージ元となります。 エンドフェイズにひょっこり現れて、でもすぐ逃げると中々独特な動きをするテーマですが 森のメルフィーズを絡めた動きはかなりいやらしいものとなっています。 かわいらしいどうぶつさんたちを上手くて名付け相手を無力化していきましょう。 個人的に相性がいいと思うカード.

次の

【遊戯王】優勝『DDセフィラ』デッキレシピ詳細。(TSUTAYA鈴鹿@トレカ 2020年6月5日)

遊戯王 メルフィー デッキ

メルフィー・ラビィ• メルフィー・フェニィ• メルフィー・キャシィ• メルフィー・パピィ• メルフィー・ポニィ• 森のメルフィーズ• メルフィー・マミィ• メルフィーのおいかけっこ• メルフィーのかくれんぼ• メルフィータイム メルフィーシリーズは全部で10種類あります! メルフィーのかくれんぼやらおいかけっこやら… 可愛すぎでしょ(笑) そんなメルフィーの属性は、 全て地属性です。 いつも登ってまわりをきょろきょろ。 メルフィーの森には個性豊かでかわいい動物たちがいっぱい。 このカードを持ち主の手札に戻す。 その後、手札から「メルフィー・フェニィ」 以外の獣族モンスター1体を特殊召喚できる。 このカードを手札から特殊召喚する。 1 :相手モンスターが召喚・特殊召喚に成功した場合、 またはこのカードが相手モンスターの攻撃対象に選択された場合に発動できる。 このカードを持ち主の手札に戻す。 その後、デッキから「メルフィー・キャシィ」以外の 獣族モンスター1体を手札に加える事ができる。 2 :自分エンドフェイズに発動できる。 このカードを手札から特殊召喚する。 引用: メルフィー・パピィ 他のメルフィーよりも大きそう?な感じです。 1 :相手モンスターが召喚・特殊召喚に成功した場合、 またはこのカードが相手モンスターの攻撃対象に選択された場合に発動できる。 このカードを持ち主の手札に戻す。 その後、デッキから「メルフィー・パピィ」以外の レベル2以下の獣族モンスター1体を特殊召喚できる。 2 :自分エンドフェイズに発動できる。 このカードを手札から特殊召喚する。 このカードを持ち主の手札に戻す。 その後、自分の墓地から「メルフィー・ポニィ」以外のレベル2以下の獣族モンスター1体を手札に加える事ができる。 このカードを手札から特殊召喚する。 1 :このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。 デッキから「メルフィー」カード1枚を手札に加える。 2 :このカード以外の自分フィールドの表側表示の 「メルフィー」モンスターが自分の手札に戻った場合、 相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターはフィールドに表側表示で存在する限り、攻撃できず、効果は無効化される。 自分の手札・フィールドから獣族モンスター1体を選び、このカードの下に重ねてX素材にする。 2 :このカードが持っているX素材の数によって、このカードは以下の効果を得る。 その攻撃表示モンスターの攻撃力分のダメージを相手に与える。 引用: メルフィーのおいかけっこ 複数のメルフィーが一つのカードに集まった可愛い1枚です! 速攻魔法 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 1 :自分の墓地の「メルフィー」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。 引用: メルフィーのかくれんぼ こちらは永続魔法のカードです。 そのモンスターをデッキに加えてシャッフルする。 その後、自分はデッキから1枚ドローする。 引用: メルフィータイム ツノの生えたメルフィーがいるカードですが、一体どんなタイムなんや…(笑) 通常罠 1 :自分フィールドの獣族XモンスターのX素材を任意の数だけ取り除き、 その数まで相手フィールドのカードを対象として発動できる。 そのカードを持ち主の手札に戻す。 引用: さいごに 遊戯王とは思えないメルフィーシリーズ。 もしかすると、売り切れで手に入らないなんてことにもなるかもしれませんね!.

次の

たのしいなかまたちとあそぼう「メルフィー」デッキ紹介

遊戯王 メルフィー デッキ

改訂が発表され、来期の遊戯王に対するモチベが高まってきた今日この頃。 今回は、先日発表された【メルフィー】について解説と考察をしていく。 初歩的なカード説明からレシピ考察まで書いたので、効果知らないよって人にも、もう【メルフィー】を考え始めているよって人にも読んでほしい(メルフィー・ヨクバリィ) 1. テーマ概観 近年オタクへの媚びが激しい遊戯王の中でも珍しい メルヘンチックなイラストに統一された、レベル2獣族テーマ。 どこか【マドルチェ】や【ファーニマル】を連想させる。 イラスト目当てで【メルフィー】を組むプレイヤーも多いだろう。 何を隠そう僕もそうだ。 【メルフィー】の何よりの肝は 下級メルフィーの共通効果。 下級メルフィーは、自分のエンドフェイズに手札から特殊召喚でき、相手ターンに手札に戻る。 これを毎ターン繰り返す。 毎ターン出しては戻し、出しては戻す。 そう、 無限リソースである。 そして、メルフィーは手札に戻る際に、妨害したりリソースを増やしたりできる。 これで相手ターンを凌ぎながらアドバンテージを稼いでいく。 アドバンテージを稼いだ後は、ランク2ビートでライフを取っていくことになる。 カード概説 2. 下級メルフィー まずは下級メルフィーから。 この子たちが【メルフィー】の全てと言っても過言ではない。 共通効果が、言葉で説明すると若干冗長なので、 2秒で理解できるイラストを用意した。 このカードを手札に戻す。 このカードを手札から特殊召喚する。 相手のアクションにびっくりして手札に戻ってくるメルフィー。 かわいいね。 この効果でエンドフェイズに手札にあるメルフィーを全て場に出して、相手ターンにそのメルフィーを全て回収するのが基本の動きになる。 そして、手札に戻る際、それぞれ固有の手段でアドバンテージを稼ぐ。 見てわかる通り、サーチ先やリクルート先に 「メルフィー」縛りがない。 このため、テーマ外の優秀な獣を利用することができる。 テーマ外には 妨害や除去に使える獣がいるので、盤面作りには打ってつけだ。 テーマ外の採用候補を列挙するとキリがないので、個人的に代表的だと思うものだけ挙げておこう。 この中で、 《カラントーサ》は《パピィ》や《フェニィ》で出すことで、 《ホップイヤー》は《キャシィ》《ポニィ》で構えることで 妨害になる。 また、《レスキューキャット》と《ビッグフット》はレベルが高いため、《パピィ》のリクルート先と《ポニィ》のサルベージ先にならないことに注意したい。 森のメルフィーズ さて、下級の効果を理解したところで、次は【メルフィー】の エースモンスター。 縛りなしのランク2にして、万能サーチと妨害効果を持っており、 初動と制圧が1枚で完結している。 すごい。 かわいい。 エンドフェイズに《パピィ》をss。 相手の召喚に誘発して《パピィ》が《カラントーサ》を出して1妨害。 それに《メルフィーズ》が誘発して1妨害。 で、合計 2妨害が成立する。 【メルフィー】で戦うときは、 いかにして《メルフィーズ》を成立させるかがポイントの一つになる。 その他のカード ここまでのカードがわかれば、【メルフィー】は ほぼ理解できたと言っていい。 なので、残り4枚のカードは、流し気味で説明する。 というのも、残りのカードの大部分は個人的に 評価が低い。 僕が気づいていないだけかもしれないし、なんならその可能性も結構高いと思う。 なので、「このカードはこんな強みがあるから強いよ!」という方がいれば、よかったらコメントやリプライで 優しく教えてほしい。 優しくね。 相手のリソースが切れたところに出せば強いが、相手のリソースが切れてこっちのリソースが潤沢なら、そもそも大体勝ってる。 手札で被って浮いているメルフィーの活用ができるのは偉いが、他のランク2を差し置いてこの子を出したい場面は少ないと思う。 かわいいんだけどね。 一見強力だが、【メルフィー】は大量展開を目指すようなデッキではないので、評価低め。 【メルフィー】のやりたいことと噛み合っていない。 かわいいんだけどね。 とはいえ、妨害を踏み越えてランク2を成立させることができるので、そこは強い。 ただ、それでも《メルフィーズ》からのサーチ優先度は低い。 《メルフィーズ》が成立しているということは、展開が通っているということだからである。 《マミィ》のリクルート先や《キャシィ》のサーチ先を補充しつつドローできる。 デッキリソースが切れるのを防ぎ、 スタミナを上げてくれる。 耐性を与えるのも何気に偉い。 魔法罠もバウンスできるが、すぐに伏せ直せる魔法罠をバウンスするのは弱い。 全てバウンスしてワンターンキルを目指す場合はこの限りではないが。 X素材を大量に供給できる《マミィ》の評価が高ければ、このカードの評価も高くなるだろうが、僕は《マミィ》の評価低めなので《タイム》の評価も低め。 かわいいんだけどね。 サンプルレシピ 【メルフィー】の雰囲気がなんとなくわかってきたところで、実際にデッキを考えていこう。 3x 《メルフィー・パピィ》 3x 《メルフィー・キャシィ》 3x 《メルフィー・ポニィ》 1x 《メルフィー・フェニィ》 3x 《森の聖獣 カラントーサ》 3x 《ホップ・イヤー飛行隊》 3x 《レスキューキャット》 3x 《素早いビーバー》 1x 《森の聖獣 ヴァレリフォーン》 2x 《灰流うらら》 3x 《増殖するG》 3x 《古聖戴サウラヴィス》 1x 《メルフィーのかくれんぼ》 3x 《魔獣の懐柔》 3x 《墓穴の指名者》 3x 《夢限泡影》 3x 《森のメルフィーズ》 1x 《メルフィー・マミィ》 2x 《No. 64 古狸三太夫》 1x 《神騎セイントレア》 1x 《No. 29 マネキンキャット》 1x 《FNo. 0 未来皇ホープ》 1x 《FNo. 0 未来龍皇ホープ》 3x 《虹光の宣告者》 1x 《トロイメア・フェニックス》 1x 《トロイメア・ユニコーン》 3. 《パピィ》で《カラントーサ》を出して1妨害。 それに《メルフィーズ》が誘発して1妨害。 《キャシィ》でサーチした《ホップイヤー》が《カラントーサ》とシンクロ、《虹光》を作って1妨害。 合計3妨害になる。 この3妨害を毎ターン構えられるよう、リソース重視の形にした。 よって 素引きの必要があるこの2体は3投。 ランク2を作れない場合も、この子たちは必ず握って置きたい初動札である。 あれは嘘だ。 ランク2生成札が《レスキューキャット》か《魔獣の懐柔》であれば、《ポニィ》素引きでもほぼ同じ盤面を実現できる。 また、《ポニィ》はデッキリソースが切れてきた中盤以降も次の動きを用意できるので、スタミナを高める点も優秀。 また、《ポニィ》で回収した《カラントーサ》を出すことで、《カラントーサ》が切れた後でも妨害を用意できるようになる。 1枚挿しておくと柔軟性が上がるが、0でも良いかも。 限りあるデッキリソースでもある。 まず、 《カラントーサ》は、何枚入れているかで何ターン継戦できるかが変わってくるカード。 《パピィ》のリクルート先はほぼこの子になるだろう。 とはいえ、 《かくれんぼ》でデッキに戻せるので、3投する必要はない。 素引きも弱いしね。 一方、 《ホップイヤー》はEXデッキの《虹光》の数までしか使えない。 また、《キャシィ》でサーチできずとも 《ポニィ》でサルベージすれば使えるので、3投の必要はない。 1枚に落とすと《ポニィ》がないときに困るし、この子を1枚くらい素引きしても困らないので2枚。 余談だが、この2体はどちらも 兎モチーフである。 【メルフィー】には兎がいないのでちょうどよかったね。 初動なので3投。 もちろん中盤以降も強い。 《魔獣の懐柔》は召喚権を使わずに3体並べられるので一見最強だが、獣族以外ssできなくなってしまう。 他種族のエクシーズやリンクを展開できないので注意しよう。 また、 《素早いビーバー》は《ポニィ》で回収できる点が極めて優秀。 デッキの《ビーバー》が切れていても蘇生できるので、デッキリソースに関わらずランク2が作れる。 毎ターン《ポニィ》で《ビーバー》を回収することで、 無限にランク2を作ることができる。 この動きは、世間では "無限ビーバー"と呼ばれている。 ……? 呼ばれている。 手札に余裕が出てきたら、無限ビーバーから無限ヴァレリフォーンに移行することも選択肢に入れよう。 序盤には素引きしたくないので、《キャシィ》でサーチして《ポニィ》で使いまわすための1枚採用。 1ターン目は墓地が溜まっていないためドロー効果が使えず、被りも弱いので、あまり多くは積みたくない。 ただ、 《カラントーサ》をデッキに戻す仕事があるので、スタミナを意識するなら増やしたいカードでもある。 《メルフィーズ》をEXデッキに戻せるのも偉い。 《メルフィーズ》でサーチする用で1枚にしているが、2枚目が使えるよう増やしても良いだろう。 初動の 《メルフィーズ》が成立しないと結構キツいため、最低でも墓穴3は入れておいたほうが良いと思う。 《サウラヴィス》は《虹光》でサーチできるのがポイント。 《メルフィーズ》などを対象に取る除去から守ることもできる。 ただ、3は過剰かもしれない。 《うらら》解除によって《ヴェーラー》《泡影》も数を減らすだろうから、《サウラヴィス》の枚数は落として良さそう。 手数が少なく、 盤面を捲るのがかなり苦しいデッキなので、誘発は多めに積みたい。 もう少し積みたい。 ただ、《魔獣の懐柔》後に出す獣族エクシーズとして 《マミィ》《古狸三太夫》《マネキンキャット》はほぼ必須枠になるだろう。 未来皇セットは、EXデッキの枠を食う上に要求値も高いが、詰めのカードとしては一級品だと思う。 あとせっかく 新ルールでエクシーズ横に並べられるし使ってみたかった。 あとかっこいい。 盤面解決札とライフカット札が重要だと思うので、そういうカードをランク2や汎用リンクから選んでいくと良いだろう。 相手によってはイージーウィンを狙えるカードなので、採用の価値は高い。 今回は《エアベルン》素引きのリスクと枠不足を理由に不採用とした。 まだまだ研究不足だと思うので、是非強みを教えてほしい。 あとがき この記事で伝えたかったことは二つ。 「【メルフィー】はかわいい」ということと、 「【メルフィー】はかわいいだけじゃない」ということである。 少しでも【メルフィー】理解の助けになれていたら幸いだ。 【メルフィー】はイラストアドバンテージの高さゆえに発表当時話題をさらった。 しかし、いざ【メルフィー】を組もうと思って情報を集めようとすると、イラストへの言及をしている人が大半なせいで、情報を探すのが難しかった。 この記事の効果で考察が盛んに…となるほどには影響力はないだろうが、これから発売までに、少しでも【メルフィー】についての情報が増えることを願っている。 良ければ 記事ツイートをRTしていただけると嬉しい。 とても嬉しい。

次の