弘前 定食。 弘前の雑居ビルに定食店「ままごせ」 下北出身の店主が一念発起

弘前の新店 大衆中華モアイ食堂の油淋鶏定食

弘前 定食

このボリュームで、この値段!? 本記事を読む前に、まず魅力No. 421、さとちゃんによる投稿記事」をお読みください。 弘前市内にある、この食堂。 その名は「お食事処 鶴亀」。 大盛りで有名なお店がある、と聞いてやってきたのです。 もしかして、浅虫の「鶴亀屋食堂」と関係があるのかしらん。 そんな風に思っていた時もありました。 でも、鶴と亀、と書いて読み方は「 かっき」なんだそうです。 へー、珍しい読み方、と思いながら、店に入りました。 この日はとりあえず、日替わり定食(500円)を注文しました。 そして、出てきたのがこちら。 ……え? これで、500円デスカ? ギューっと銀シャリがつまった、鯖の押し寿司が4つ。 これだけでも結構な量の、焼きうどん。 揚げたてアツアツ、デカめの手羽先から揚げ2つとポテトサラダ。 もれなく小鉢とみそ汁もついてきます。 しつこいようですが、 これで500円です。 これで500円です。 (大切なことなので、2回言いました)。 さて、この日の結論。 満腹だ!(当たり前です)。 そしてジャンボメニュー と、これが初めて行った日のお話。 それから数日後、また、このお店を訪ねました。 今回は、店内にデカデカと貼り出されてある、この「ジャンボシリーズ」に挑戦するつもりです。 500円の日替わり定食であのボリュームなこのお店が「ジャンボ」と名付けるのだから、果してどんなもんかと気になったわけです。 いろいろ迷った挙句、肉大好きッ子な私はこの日、ハンバーグ定食を注文しました。 ……嗚呼、すると、なんということでしょう。 お盆に味噌汁のお椀が入りきらないくらいの大きさの、ハンバーグが運ばれてきたではありませんか。 大きさもさることながら、厚さも言葉を失うくらい。 このサイズのハンバーグにしっかり火が通っているというのは、まさしく匠の技。 大盛りの匠が丹精込めて焼きあげた、まさにジャンボハンバーグだったのです。 ……などと、とつぜん劇的!ビフォアアフターのナレーションを真似せざるを得ないくらいのインパクトであったわけですこれはマジでやりすぎだと思いました本当にありがとうございました。 もちろん全部美味しく頂きましたが、午後はお腹がキツくて仕事になりませんでしたとも、ええ。 これで1200円というのは破格でしょう。 大食い自慢のそこのキミは、ぜひここへ。 ちなみにここのご主人さんは、 もともと寿司屋の板前職人さんだったそうで、海鮮メニューも豊富です。 というか、普通ににぎり寿司やちらし寿司なんかも置いてあります。 というわけで「大食いはちょっと……」というヘルシー志向な女性の方でも満足できるかと思われます。 最後に、ご主人に「浅虫の鶴亀屋食堂さんとご関係はあるんですか?」と尋ねてみたところ、よくその質問をされるのだが、一切関係はない、とのことでした。 以上、 弘前にもあった、「やりすぎた」食堂をお送りしました。

次の

弘前の雑居ビルに定食店「ままごせ」 下北出身の店主が一念発起

弘前 定食

このボリュームで、この値段!? 本記事を読む前に、まず魅力No. 421、さとちゃんによる投稿記事」をお読みください。 弘前市内にある、この食堂。 その名は「お食事処 鶴亀」。 大盛りで有名なお店がある、と聞いてやってきたのです。 もしかして、浅虫の「鶴亀屋食堂」と関係があるのかしらん。 そんな風に思っていた時もありました。 でも、鶴と亀、と書いて読み方は「 かっき」なんだそうです。 へー、珍しい読み方、と思いながら、店に入りました。 この日はとりあえず、日替わり定食(500円)を注文しました。 そして、出てきたのがこちら。 ……え? これで、500円デスカ? ギューっと銀シャリがつまった、鯖の押し寿司が4つ。 これだけでも結構な量の、焼きうどん。 揚げたてアツアツ、デカめの手羽先から揚げ2つとポテトサラダ。 もれなく小鉢とみそ汁もついてきます。 しつこいようですが、 これで500円です。 これで500円です。 (大切なことなので、2回言いました)。 さて、この日の結論。 満腹だ!(当たり前です)。 そしてジャンボメニュー と、これが初めて行った日のお話。 それから数日後、また、このお店を訪ねました。 今回は、店内にデカデカと貼り出されてある、この「ジャンボシリーズ」に挑戦するつもりです。 500円の日替わり定食であのボリュームなこのお店が「ジャンボ」と名付けるのだから、果してどんなもんかと気になったわけです。 いろいろ迷った挙句、肉大好きッ子な私はこの日、ハンバーグ定食を注文しました。 ……嗚呼、すると、なんということでしょう。 お盆に味噌汁のお椀が入りきらないくらいの大きさの、ハンバーグが運ばれてきたではありませんか。 大きさもさることながら、厚さも言葉を失うくらい。 このサイズのハンバーグにしっかり火が通っているというのは、まさしく匠の技。 大盛りの匠が丹精込めて焼きあげた、まさにジャンボハンバーグだったのです。 ……などと、とつぜん劇的!ビフォアアフターのナレーションを真似せざるを得ないくらいのインパクトであったわけですこれはマジでやりすぎだと思いました本当にありがとうございました。 もちろん全部美味しく頂きましたが、午後はお腹がキツくて仕事になりませんでしたとも、ええ。 これで1200円というのは破格でしょう。 大食い自慢のそこのキミは、ぜひここへ。 ちなみにここのご主人さんは、 もともと寿司屋の板前職人さんだったそうで、海鮮メニューも豊富です。 というか、普通ににぎり寿司やちらし寿司なんかも置いてあります。 というわけで「大食いはちょっと……」というヘルシー志向な女性の方でも満足できるかと思われます。 最後に、ご主人に「浅虫の鶴亀屋食堂さんとご関係はあるんですか?」と尋ねてみたところ、よくその質問をされるのだが、一切関係はない、とのことでした。 以上、 弘前にもあった、「やりすぎた」食堂をお送りしました。

次の

弘前の新店 大衆中華モアイ食堂の油淋鶏定食

弘前 定食

焼肉 焼肉の部 前沢カルビ 1,300 ハラミ(サガリ) 1,200 上ハラミ 1,700 カルビ(バラ) 1,200 上カルビ(上バラ) 1,800 カブリ(カルビの外側) 900 ロース 1,300 上ロース(カイノミ) 1,800 タン 2,100 レバー 1,000 牛ホルモン(大腸) 1,000 ガッツ(豚の胃) 800 豚ホルモン 750 トリモモ(桜姫) 750 ハツ 750 マルチョウ 850 塩焼の部 当店では、国産を中心とした良質なお肉を厳選して提供しております。 素材の味が生きる塩焼がおすすめです。 塩前沢カルビ 1,300 塩ハラミ(サガリ) 1,200 塩上ハラミ(限定) 1,700 塩カルビ(バラ) 1,200 塩上カルビ(上バラ) 1,800 塩カブリ(カルビの外側) 900 塩ロース(内もも) 1,300 塩上ロース(カイノミ) 1,800 塩タン 2,100 塩タン厚切 2,300 タン下(タンの裏側) 700 佐助豚バラ 850 チョリソーソーセージ 800 (各種内臓も塩焼が出来ます) おすすめ品 正肉盛り合わせ(カルビ・ロース・カブリ) 2,000 モツ盛り合わせ(レバー・牛ホルモン・ガッツ・豚ホルモン・タン下・コブクロ・トリモモ・ハツ・マルチョウより3品。 ) 1,400 冷麺、他 麺類の部 冷麺 850 小冷麺 650 温麺 850 小温麺 650 野菜の部 ナムル(モヤシ・ゼンマイ・ホウレン草・大根等の味付野菜) 600 サンチュ(サニーレタスを特製味噌をつけて) 600 サラダ味付(中道特製サラダ菜のサラダ) 620 レタス味付(中道特製サニーレタスのサラダ) 620 ワカメサラダ(中道特製ワカメ入りのサラダ) 650 野菜焼盛り合わせ 700 ネギ焼 450 青森県産ニンニク焼 (ニンニクをバターで) 550 韓国のり 350 刺身の部・磯焼きの部 馬刺 1,200 桜ユッケ(タレ・塩) 1,300 イカ 700 ホタテ 900 エビ(天使のエビ) 1,100 磯焼盛り合わせ 2,100 ご飯類・スープ 当店では新潟県岩船産コシヒカリを使用しております。 少し硬め、味は抜群、ボリュームたっぷり150g) 1,400 ランチ(カルビ・ハラミ・ロース・キムチ・ナムル・ライス・スープ) 1,500 冷麺ランチ(冷麺・小ライス・カルビ・ハラミ・キムチ) 1,400 温麺ランチ(温麺・小ライス・カルビ・ハラミ・キムチ) 1,400 全てコーヒー付です。 ランチタイムのオーダーストップは午後2時30分となっております。 焼肉・冷麺 中道 本町店• 〒036-8203 青森県 弘前市 本町 85-1 明治屋グランドビル 1F• 0172-32-5559• 営業時間 11:30~22:30(ラストオーダー22:00) (ランチタイム 11:30~15:00)• 12月31日のみお休み• お車でお越しのお客様は下記パーキングをご利用ください。 佐和家パーキング(佐和家様に申告をお願いします) 東天第四パーキング(駐車券をお店までお持ちください) マイパーク本町(明治屋グランドビル隣)• キャッシュレス決済 PayPay、ORIGAMI Pay、ALIPAY、VISA、MASTER、JCB、アメリカン・エクスプレス、ダイナース、その他各種クレジットカード使用可.

次の