雑学 まとめ 面白い。 「へぇ~」ってなる豆知識・雑学まとめ

あなたはいくつ知ってた?〝ダイヤモンド〟の面白い雑学まとめ

雑学 まとめ 面白い

私たちは生きていく上で、どうしても必要な情報ばかりを集めてしまいがちです。 しかし「あっと驚く話」や「ぷっと笑ってしまう話」は意外と雑学に多いものです。 この16選を見て、疲れた脳に面白い雑学を入れてあげましょう。 1 私たちは平均して、生涯92日(2,208時間)もの時間を便座の上 2 毎日3,900人の子供たちが新たにタバコを吸い始める。 3 いくつかの種の亀は、お尻を使って呼吸ができる。 4 ニシローランドゴリラの学名は「Gorilla gorilla gorilla」である。 5 ゾウは、若くして自分の社会集団から隔離されるなどして精神的に傷つくと、死んでしまうことがある。 6 西暦2010年、ある韓国人の男が自分の抱き枕と結婚した。 7 宝くじに当選する確率よりも、隕石が自分に落ちてくる確率の方が高い。 8 西暦1996年、スウェーデンのある夫婦が息子を「Brfxxccxxmnpcccclllmmnprxvclmnckssqlbb11116」と名付けようとし、読み方を「アルビン」としようとした。 9 重力の影響で、月は1年に約3. 8cm地球から遠ざかっている。 10 西暦2013年、デイリーメイル(英タブロイド紙)が、ファストフード店のアイスクリームは、トイレの水よりも汚い可能性があると発表した。 11 くすぐられた時に笑うのは、身体がパニック反応を放出しているからである。 12 赤ちゃんコアラは母親の糞を食べて必要な栄養を吸収している。 13 もし、10億のユーザーを抱えるFacebookが国になれば、世界で3番目の大きさとなる。 14 チャップリンの遺体は、身代金目的で盗まれたことがある。 15 とある若い男が、ゴルフでミスショットをし、怒りに任せてクラブでベンチを叩いたところ、クラブが折れ、折れた先が自分の心臓に刺さり死んでしまったことがある。 16 プリンのカップに付いていたクーポン12,150個を現金化した人に、マイレージサービスとして100万マイル以上が与えられたことがある。

次の

役に立つ面白い歴史の雑学集!クイズにも使えるアッと驚く歴史の雑学をご紹介

雑学 まとめ 面白い

1泊2食付き高級旅館の原価はどれくらい? 1泊1万5000円クラスの旅館の場合、 だいたい30%程度は、 人件費に回っていると見ていいです。 さらに経営では設備投資と減価償却費もばかにならず、合わせると 宿泊費の40%は計上することになります。 さらに旅館の利益を 最低1割とします。 そう考えると 料理の原価はせいぜい宿泊料の10~15パーセント程と推測されます。 これを知ると少し残念な気持ちにならない気もしないですね...。 一流店の照明にはお客さんを自然に誘導するテクニックが隠されている? 元々 人間には光に向かう性質が備わっています。 それを利用し店内を明・暗・明と光の加減を変えることで人びとを知らず知らずのうちに奥の方へ誘導しているのだとか。 つまり 光の明暗が 商売の明暗を左右することもあるかもしれないですね。 スーパーのチラシに黄色い紙が多いのはなぜ? これは 色彩心理学を利用しているといいます。 この心理学によると 黄色は、 好奇心を喚起する色とされています。 そのためスーパーだけでなく大手ドラックストアが、店のイメージカラーに黄色を用いるのだとか。 今後はスーパーのチラシを見るときは冷静になり色のトリックに引っ掛からないように気を付ける必要がありますね。 宝くじ一枚の原価のカラクリとは? 宝くじの売場というのは銀行やJRといった会社組織の売場を含めると、全国に 約1万1600ほどあるといいます。 そのなかで販売額のうち、販売者にはいる利益は、くじの種類によって違いますが、 100円あたりの販売手数料は 平均7. 7円それを年間にすると 約9000万円分の売上で、そこから算出するに販売者には 約693万円の収入が入る計算となります。 サラリーマンの給料と比較してもそんなに悪くない収入であるといえますね。 販売者にとってはなかなか手堅い商品となってしまっているのは間違いありません。 出来るホステスはお客さんと一緒にエレベータに乗らない!? 高級クラブのホステスが見送るのはエレベータの前までで乗り込むことは少ないようです。 実際に行った方は、エレベーターでお辞儀されてそこでお別れというパターンもあるのではないでしょうか? その行動の理由は エレベータの照明が蛍光灯だからです。 エレベータ内は明るく、そして寒々しい蛍光灯の光はキメの粗い肌や、店内ではほんのり上気したように見えた頬の赤みの正体である チークなどがさらされてしまうのです。 そのため出来るホストはエレベータには乗らないのです。 そう考えると光はホステスだけでなく女の敵である・・・?笑 タカラジェンヌの独特のメイクの謎 誰もが知っているこの独特のメイクですが、 専用のメイクさんがいるわけではないのです。 宝塚のメイクは役者本人がしているのです。 宝塚は見て分かるようにかなり特殊なメイクである為、その技術は先輩から後輩へと代々伝えられていくものだそう。 2時間ドラマではなぜ転落死が多い? 2時間ドラマは独特の様式または美学で根強いファンをつかんでいるそうでその典型的な例が 転落死なのです。 その理由は、転落死がもっとも ミステリアスな部分を含んでいるからに他なりません。 一見しただけでは 自殺か他殺か分からない、謎めいた死に方なのです。 そのためその後の 展開の幅が広がるという訳です。 こうした様式をまたかと思うか美しいと思うかは個人によるところはあると思いますが・・・。 スーパーのレジは出口に近い人が早い? スーパーのレジを見てるとわかるかもしれませんが、 列が長くなるところにベテラン店員を配置します。 一般的に出口に近いところが列が長くなりやすいので、そこにはベテラン店員が配置されがちです。 なので、もし同じくらいの列の並びであれば、 出口に近い方を選ぶと早く終わるケースが多くなると思います。 パウダーファンデーションには紫外線予防効果が!? ほとんど全てのパウダーファンデーションには、 紫外線を分散させる効果があるので、日焼け止めを顔なり肌なりにドバドバ塗るくらいなら パウダーファンデーションを塗った方が圧倒的に効果的です。 化粧にもなって紫外線予防にもなって、一石二鳥を狙っていきましょう! バナナの皮で歯を磨くと歯が白くなる!? バナナの皮に含まれる ミネラルが汚れや着色料を吸収するので、バナナの皮で歯を磨き続けると歯が白くなります。 やり方は、皮の内側を歯にこすりつけ10分ほど放置して歯ブラシで磨く流れです。 こちらの記事でも説明のある通り、歯自体が持つ白さをより白くするのではなく、本来の歯の白さに近付けるという意味の白さなので、普段から着色料やヤニが歯に付いている人にこそ、より効果的な方法です。 【大人の裏雑学】面白いけど怖い世の中のミステリートリビア|まとめ 面白いけど怖い世の中のミステリートリビアに関してまとめましたがいかがでしょうか? 知って怖くなることもありますが、知ることで得をすることもあります。 ぜひ、この知識を活かして今後過ごしてみて下さい! また、歴史に関する雑学が気になる方はこちらも参考にしてみてください!.

次の

動物の雑学・豆知識【まとめ】

雑学 まとめ 面白い

歴史の雑学1 日本で最初に箸を使ったのは・・・ 世界中で人気となっている日本食ですが、 日本食といえば、「箸の文化」の歴史とも言えます。 その箸を日本で初めて使ったのは、 実は、聖徳太子と言われています。 遣隋使からの報告で、隋では棒を使って食べ物を 食べていると聞いた聖徳太子。 まだ手づかみで食べていた日本に、 食べ物をつまんで食べる箸の文化を広めていった。 聖徳太子の「負けず嫌い」が、 日本の箸文化を作ったのかもしれません。 あの一休さんが、 実はとんち小僧ではなかった!という真実。 一休さんのモデルとなった実在の人物とは一休宗純。 1394年生まれ、臨済宗大徳寺派の僧である。 実際の一休さん、 幼少期はとても真面目な子供だったそうだ。 ところが、大人になると酒は飲み、 肉を食べ女遊びをするといった 僧の戒律を全く守らない破壊僧へと変貌する。 まさに、破天荒な僧なのです。 しかし、これには理由があるとされている。 当時の民衆は、戦乱や飢餓で誰もが苦しんでいた。 だが、そんな民衆を尻目に、 多くの僧は私利私欲に走っていた。 そんな僧たちへの批判をこめ、 一休さんはそのような奇行をとっていたとみられている。 シンデレラといえば、ガラスの靴!というほど、 ガラスの靴は、 話のストーリーで印象にも残るアイテムです。 でも、 本当は、ガラスの靴ではなかったのです! このシンデレラのお話の原典は古くから伝わる民話で、 多くの作家によって作品となっていました。 この民話からの原典の中では、ガラスの靴は フランス語でリスの毛皮を意味するヴェール vair となっていたものを、 誤って、ガラスを意味するヴェール verre と翻訳されてしまった。 ストーリー的にもガラスの方が ドラマチックで印象的なこともあり、 そのままガラスの靴で通してしまったのです。 歴史の雑学4 ピカソの本名、超~~~長い! 「泣く女」や「ゲルニカ」などの作品で知られる 世界でもっとも有名な画家のひとりピカソ。 そのピカソの本名は、、、 パブロ・ディエゴ・ホセ・フランシスコ・デ・パウラ・ファン・ネポムセーノ・・マリア デ・エロ・レメディオス・シプリアーノ・クリスピン・クリスピニアーノ・デ・ラ・ サンティシマ・トリニダート・ルイス・イ・ピカソ 超長い・・・ ピカソ本人も自分の名前を覚えきれず パブロ・ルイス・ピカソと呼んでいた。 訳わからん・・・ 歴史の雑学5 タイの首都バンコクの名前も超~~~長い! 「長い」つながりでもうひとつ。 タイの首都バンコク。 このバンコクとは通称で正式名称は、、、 クルンテープ・プマラハーナコーン・アモーンラッタナコーシン・ マヒンタラーユッタヤー・マハーディロックポップ・ノッパラット・ ラーチャタニーブリーロム・ウドムラーチャニウェートマハーサターン・ アモーンピマーン・アワターンサティット・サッカタッティヤウィサヌカム プラシット 長すぎっ! スポンサーリンク 歴史の雑学6 鼠小僧の正体?! 盗んだお金を貧しい人に分け与えたとして、 有名な義賊の鼠小僧次郎吉。 もともとは建具職人をしていたが、 博打の借金を返すために盗みを始めたとされている。 庶民の家は狙わず、武家屋敷をターゲットとし 彼が盗んだお金の総額は、現在の価値に換算すると 約20憶円と言われているから驚きだ! 最後はあえなく捕まってしまい、打首獄門となってしまう。 だが、 捕まった際、盗んだお金は、 「全て飲み食いや博打に使い込んだ」と、 本人が証言している。 決して貧しい人の味方ではなかったようだ。。。 また次の機会に、歴史雑学を紹介したいと思います。 こちらの記事では 動物・食べ物に関する面白い雑学、豆知識を紹介しています。

次の