ツイステ キャスト。 ツイステッドワンダーランド(ツイステ)のグッズなどをディズニー...

ツイステの主人公の考察まとめ!「監督生」は生きてる?死んでる!?それとも夢?その正体は?

ツイステ キャスト

お二人からの意気込みコメントも到着しました! キャラクタービジュアル&キャストコメント 下田 cv. 榎木淳弥さん 新人天使。 神様とデザイン部の連絡係。 神様からの難しい注文(オーダー)とデザイナーたちの斬新すぎるアイデアに振り回される。 生まれたばかりなので、好奇心旺盛で勉強熱心。 【コメント】 素敵なキャストさんとスタッフさんが揃っている現場です。 僕の演じる下田は生まれたばかりの天使で、視聴者の皆さんと一緒に同じ目線で作品を楽しめる役どころになっています。 みんなの力を合わせ借りて素敵なものを作りあげて、皆さんにお届けしたいです! 上田 cv. 原由実さん 下田の上司の天使。 デザイナーたちの型破りなアイデアにも慣れており、おおらかで物事に動じない。 【コメント】 オーディションの時に原作を読ませていただいてから、原作の面白さに大ファンになりました! 実在の生き物についてすごく勉強にもなりますし、キャラクターもみんな個性的ですごく面白い作品です。 その面白さを皆さんにしっかりお届けできるよう、アフレコを楽しみながら頑張りたいと思います。 作品概要 TVアニメ「」 面白くてためになる!話題の生き物創造お仕事コメディ TVアニメ「天地創造デザイン部」2021年放送決定!! 天地を創造した万能の神(クライアント)が、地上の生き物を造ることが面倒になり下請けの天地創造社に依頼。 わがまま放題の神様からの、ときに矛盾をはらむオーダーに悩まされる天使とデザイナーたち。 「すっごい高いところの葉っぱが食べられる動物」「かわいくて、かわいくない生き物」など無理難題なオーダーに対して、突飛なアイデアと独創的なデザインで様々な生き物の創造にチャレンジしていく様を愉快に描いた本作は、その独特の世界観や、面白くてためになる生き物トリビアが話題を呼び老若男女問わず幅広い層からの支持を得ています。

次の

ツイステッドワンダーランド (ついすてっどわんだーらんど)とは【ピクシブ百科事典】

ツイステ キャスト

やはりか、と思った。 先日、ディズニーハロウィンでの仮装可否について書いたスマホゲーム、ディズニーツイステッドワンダーランド、通称ツイステの絡みで炎上が発生した。 その話は、連休中に乱入したフォロワーのツイキャス…生放送配信アプリ…で喋っている時に聞いた。 どうやら、ヴィランズの動画に反応したツイステのユーザーが書いたコメントが問題だったと云う。 アプリのリリースから2ヶ月も経っていないが、初速があまりによかった反面、早速ファンによる問題が起きた形だ。 以前触れたように、ツイステはソニーグループのアニプレックス…SMEJ完全子会社…が企画と配信を手掛け、開発と運用はセガサミーグループのf4samuraiが担当する。 両社とディズニーの間に資本関係は無い。 また、作品も「ディズニーが協力した」と謳っているが、ディズニーのキャラクターは出演せず…ヴィランズも銅像での登場のみ…、事実上オリジナルキャラクターによるオリジナルの話だと思って差し支えない。 キャラクターデザインとキャストで売っているものにディズニーのバッジネームを付けた、は暴論だが事実だ。 ディズニーの協力とは、公表されていないものの恐らくは版権を含む法務面に留まる。 少なくとも、キングダムハーツのように他社…この時はスクウェアエニックス…との共同開発ではないのだ。 さて、そのツイステの台頭と爆発的に増えるファンを警戒する連中がいる。 ディズニーオタク、略してDオタだ。 「パーク」と呼ぶTDR…東京ディズニーリゾートの年間パスを持ち、足繁く通い、当然ディズニー作品が何より大好き。 そう云うファンの存在は、大阪のUSJ…ユニバーサルスタジオジャパンでも同じだが、後者はユニバーサルピクチャーズ作品に限らず、日本のアニメにも手を出している。 そのため、その部分ではディズニーと云う単一の制作会社の作品群に限定することを徹底している。 そして、Dオタはその姿勢に賛同し、遵守している。 因みに自身は、両者共に行った経験は無い。 1人で行って楽しむのは難しいと言われ、チケット代を見た時にコスパがよいのかと思うと、否と判断する。 USJはAMEXのVIPツアーで一般入場より得するのだが、それでもTDRと同じ理由だ。 さて、ツイステのユーザーにとって、聖地はTDS…東京ディズニーシーだ。 そして、過去TDSではこのヴィランズの「手下」が出てくる。 「本家」ディズニー作品に登場するヴィランズを此処ではマスターと呼ぶ。 手下は手下とする。 英語に合わせようとすると、手下はミニオンズ… USJのミニオンもそれが由来…、部下はサボーディネイト、家来はサーヴァントとなり、ミニオンズは混乱を避けるために除外するが、他は他で呼びにくい。 この手下として登場するキャスト目的の、それまでTDRに触れたことが無い連中が、一気に押し寄せたのだ。 それも、手下と云う役としてのパフォーマンスを観たいのではなく、キャストそのものが目的だった。 5次元。 ここ数年で広まった言葉だが、アニメやゲームの作品を舞台化したものを指す。 2次元のキャラのコスプレをした俳優が繰り広げる舞台は、新たなパフォーミング・アーツのカテゴリーとしての市民権を得るようになる。 それでも見られる、作品より俳優目当ての観客と同じだ。 それ自体は何の問題も無い。 贔屓の俳優が出る作品で、かつ生で観ることができるなら、誰でも行きたいとは思うものだ。 問題となったのは、それが度重なるルール違反を起こしたことだ。 ディズニーは、その「夢と魔法の国」と云うコンセプトからして、他のテーマパークとは雰囲気が異なる。 そして、ディズニーのテーマパーク事業部門の下、京成電鉄グループのオリエンタルランド…略称OLC…による徹底したコンセプトの管理によって成立される、ディズニーの世界に没入できる環境。 それはまさに、Dオタにとってのユートピアであり、聖域でもある。 当然、TDR内のルールは厳しく遵守し、違反と判断すると五月蠅い。 これだけ書くと土着文化が強く、クローズな雰囲気を受けることになるだろう。 ただ、Dオタは単にTDRで何事もなく1日を満喫することができ、それが将来的に続けばよい。 そのDオタの一部が、俳優目当てで長年受け継がれてきたルールを初っ端から次々に破る、言わば「侵略者」に対して過激派となった。 この騒動が「地雷」となった者もいる。 基本どのテーマパークでも、安全上走るのは禁止だ。 ただ、ショーを行う場所に誰よりも早く辿り着き、一番前で他人の頭に邪魔されずキャストを見たい。 そう云う連中による開園ダッシュの場所取りレースが勃発した。 また、ショーが行われる場所でひたすら数時間待つ連中が、数人どころの話ではなく酷い時は100人単位だったと云う。 端から見てもドン引きだったのは想像に難くない。 そして、キャストが出てくると役名ではなく「中の人」の名前を公然と出すと云うのも続出した。 「中の人などいない」 と云う言葉は、ネットスラングなのかは知らないが、特に「夢と魔法の国」では徹底される。 TDRでは、着ぐるみだろうと全て「キャラそのもの」がいるワケで、「中に入っている人」は存在しない、と云う前提が有る。 それはキャストによる手下のコスプレ…便宜上こう呼ぶ…も同じことで、そこには手下がいるだけ。 演じるキャストの名前はタブーなのだ。 しかし、平気でキャストの名前を呼び、所謂ファンサを得ようとする光景は、異様以外の何者でもない。 TDRのコンセプトと照らし合わせても、甚だ相応しくない。 「こんな侵略者にTDRをぶち壊されてたまるか」 と思うDオタが出てくるのは、至極当然の流れでもあったのだ。 これ以外にも、手下を巡る騒動は枚挙に暇が無いのだが、そろそろ今回の本題に入る。 この「手下騒動」の二の舞になるのでは、とDオタが警戒しているのが、冒頭のツイステ界隈の「部外者」だ。

次の

ツイステとDオタと(前編)|AYA|note

ツイステ キャスト

ハーツラビュル寮の3年生であり、主人公たちの前に「ひと癖」ある先輩として現れる ケイト。 マジカメ(ゲーム内のSNS)中毒気味であり、バズりを求める チャラ男・陽キャといった性格ですが、パーソナルストーリーの中には 「暗い性格」をほのめかす描写もあったりと二面性のあるキャラクターです。 ハーツラビュル寮生の中で唯一 「輝石の国」出身であり、またモチーフとなった元ネタキャラが明確ではないことからも、考察が多数みられます。 今回は4章実装前時点での考察をまとめてみました。 ご注意ください。 悪いことをしていないキャラでも、手下だったりしています。 それに比べて ルミエールとチェシャ猫は主人公の手助けをする側としてストーリーに出てきています。 また、ケイトくんは授業中にもクルーウェル先生の目を盗み 最終的にはバレる 写真に撮りマジカメ上げようとします。 あと、みんなは元ネタがヴィランズなのに対して、ケイトくんの元ネタは多分美女と野獣のルミエール。 ルミエールはヒロインのベルを助けるキャラなんだよね。 でも、ヴィランズの学校に元ネタルミエール... ? アリスの時味方だった元ネタチェシャ猫のチェーニャはロイヤルソードアカデミー。。。 え、スパイじゃね? ってなって出てきたのがケイトスパイ説だよね。 それを命令するのが継母。 「切り落としておしまい!」と「首をはねよ!」って、どっちも体の一部を切り落とすことに変わりない。 頻繁にスマホをさわるのもどこかと連絡を取るのを誤魔化してたり、マジカメに載せるっていって学内の情報収集してそう。 他に何かあるかな。 マジフト妨害、生徒の監視、機密情報の漏洩とか? 学校内で起きていること オーバーブロットなど を報告する為のスパイなら、それをしないといけない理由…やっぱりクロウリーじゃん……それしか、 — hasu aqua1996j どうだったでしょうか? 謎が謎を呼ぶ状況で、より考察が深まりそうですね。

次の