インス メタル。 会社案内|レーザ加工、レーザ溶接|インスメタル

器楽曲

インス メタル

設備名 作業目的 取扱い材料 最大寸法 アマダCO2レーザ 6. 0Kw 1台 2010年 セットプレス SP-15 NCによる、穴あけ切欠き等の汎用機 1台 1994年 メタルソー KCM-370 パイプ、アングル、型鋼等の切断機 1台 曲 げ 部 門 ベンダー RG100S 薄板から、長尺製品の曲げ加工汎用機 1台 1991年 ベンダー FBD 3512 LD 中、小物等の曲げ加工汎用機 1台 1998年 3本ロ-ル t0. 8~t2. 0 ロール巾500までのR曲げ加工(最少40R) 1台 溶 接 部 門 YAGレーザ溶接機 TruMatic 3000 fiber YAGレーザ溶接ロボット 出力3. 0Kw 1台 2010年 半自動溶接機 YD-160RS 薄板(t0. 8)から厚板(t9. 0)までの溶接可能 3台 1998年 YD-160SL7 薄板(t0. 8)から厚板(t9. 0)までの溶接可能 3台 2007年 Tig溶接機 AES-200 直流、交流切り替えにより、鉄、アルミ材の溶接が可能 2台 2001年 YC-200TR6 直流溶接による薄板から厚板の溶接可能(t0. 4~t6. 0) 2台 2007年 DT-NPX 直流溶接による薄板から厚板の溶接可能(t0. 4~t6. 8)から厚板(t6. 0)まで可能 間口600mまで 1台 1998年.

次の

株式会社 インスメタル

インス メタル

商号 株式会社インスメタル 創業 1962年9月 資本金 5,000万円 代表者 代表取締役社長 福井 英人 営業品目 レーザ切断加工、折曲加工、シャーリング切断、溶接加工一式、一般鋼材販売 取り扱い品目 各種鋼板、ステンレス板、アルミ、チタン 生産拠点 本社浦安工場、八街工場、レーザ溶接センター 営業所 本社、千葉営業所、神奈川営業所、東北営業所 従業員数 社員 100名 取引銀行 三菱東京UFJ銀行錦糸町支店 商工中金本店営業部 みずほ銀行西葛西支店 日本政策金融公庫千葉支店 東京東信用金庫南行徳支店 京葉銀行富岡支店 加盟団体 本所鐵交会 浦安鉄鋼団地協同組合 全国厚板シヤリング工業組合 全国鉄鋼販売業連合会 千葉県シートメタル工業会 八街工業会 1962年10月10日 福井賢が墨田区石原に福井シャーリングを創業。 1967年3月 墨田区江東橋に本社/工場を取得、同地に移転。 薄鋼板、表面処理鋼板の切断折り曲げ加工を行う。 1967年12月 法人組織となり商号を福井シャーリング株式会社とする。 1985年4月 レーザ切断機を導入、鋼板の精密切断を始める。 1987年 千葉県浦安市、鉄鋼団地内へ本社/工場を移転 1992年 創業30年の記念事業として、社名変更とレーザ専門工場の設立をめざす。 1993年1月 千葉県八街市沖にレーザ専門工場を完成。 同時に社名を株式会社インスメタルへ変更。 1999年11月1日 本社/工場を現在地に移転。 2002年4月 神奈川県厚木市に神奈川営業所を開設。 2003年8月 本社工場に3台目のパレットチェンジャーレーザ加工機を導入、八街工場も含めて計8台のレーザ加工機体制になる。 2004年 福井英人が代表取締役に就任。 2009年4月 北海道標茶CADセンターを開設。 2011年1月 八街市四木にレーザ溶接センター開設。 2013年6月 宮城県仙台市に東北営業所開設。

次の

インスメタルのホワイト/ブラック企業診断【転職会議】

インス メタル

INSネットとは、1980年代に旧電電公社および初期のが構想・推進していた計画の一つで、(Integrated Services Digital Network)と呼ばれる通信規格で加入者回線網をデジタル化し、様々な通信サービスを統合して一体的に提供する構想。 また、同構想のもとに1988年に開始された同社によるデジタル通信サービスの名称(INSネット)。 加入者回線上でデジタル信号をやり取りし、デジタルデータ化された音声通話やによる画像伝送、各種のデータ通信サービスを一本の回線で提供する。 主なサービス品目として、従来から信号による音声通話用として敷設済みの(メタル線)のを利用する「INSネット64」と、新たに敷設された回線網で通信する「INSネット1500」が用意された。 INSネット64 一般家庭向けのINSネット64は市中のメタル回線網はそのままに、通信線の末端のNTT局舎と加入者側にデジタル方式の交換機・を設け、から接続を切り替え(収容替え)て提供された。 従来型のアナログ電話機やFAX()などは加入者側の終端装置()に繋いでそのまま使え、アナログ回線の相手とも従来通り通信・通話できた。 また、一本の回線がISDNの(64kbps)2本、制御用の(16kbps)1本を束ねた構成となっており、一契約で二つの異なる相手先と同時に通信・通話することができた。 アナログ回線で問題となっていた、通話のためにインターネット接続を中断しなくて済む利便性は高く評価された。 INSネット1500 にBチャネル(64kbps)23本とDチャネル(64kbps)1本を束ねた構成で、アナログ電話回線23回線分を同時に利用でき、データ通信の場合は最高1. 5で通信できる。 主に企業向けに提供され、同時に多数の相手と通話する大規模な事業所(アナログ回線23契約より安価だった)や、INSネット64加入者からの接続を大量に受け付ける(ISP)の通信拠点()に導入された。 歴史 1988年に民営化して間もない旧NTT(分割前)が大都市で提供を開始し、その後全国で利用できるようになった。 1990年代後半のインターネット普及の初期には、主にデータ通信の速さが評価され、ピーク時の2001年には約1000万契約まで普及した。 2000年前後になるとアナログ電話回線を利用した商用が本格的に始まり、高速性や()を武器に急激に普及、INS回線をアナログ収容に戻し各社のサービスでインターネットに接続するという動きが活発になった。 ・では今後は回線網の光ファイバーへの一本化を進める意向で、2024年頃を目処にINSネットの提供を終了するとしている。 INSテレホーダイ INSネットにおける料金割引サービスの一つで、加入者の選んだ2つまでの電話番号への通話料金が、夜11時〜朝8時に限りいくらかけても毎月一定額になるサービス。 アナログ電話回線用の割引サービス「テレホーダイ」のISDN版。 毎月一定時間以上同じ相手と通話する場合や、一定時間以上インターネットに接続する場合に通常料金よりも安くなる。 音声通話にもデータ通信にも使える。 区域内用と隣接区域内用(区域内用よりも高額)があり、さらに住宅用と事務用(住宅用より高額)に分かれている。 料金は住宅用の区域内用が2,400円、事務用の区域内用が4,600円、隣接区域内用は区域内用の倍の料金となっている。 INSエリアプラス INSネットにおける料金割引サービスの一つで、通話料の安い隣接エリアに相当する範囲を拡大することができるサービス。 アナログ電話回線用の「エリアプラス」のISDN版。 近隣の様々な相手先に頻繁に通話する場合などに通話料を下げることができる。 5円で利用できる。 深夜・早朝帯(夜11時〜翌朝8時)は4分までごとに8. 5円になる。 INSタイムプラス INSネットにおける料金割引サービスの一つで、一定の利用料により通話料の単価を引き下げることができるサービス。 アナログ電話回線用の「タイムプラス」のISDN版。 一回の通話が長い場合に通話料を下げることができる。 月額200円のサービス料を支払うことにより、通常は3分までごとに計算される市内通話料が5分までごとに8. 5円となる。 深夜・早朝帯(夜11時〜翌朝8時)は7分までごとに8. 5円になる。 INSボイスワープ INSネットの付加サービスの一つで、外部からの着信をあらかじめ指定した電話番号へ転送するサービス。 アナログ電話回線用の「ボイスワープ」のISDN版。 転送元の電話を呼び出さずにいきなり転送する無条件転送と、何度か呼び出して応答がない場合に転送する無応答時転送、一旦電話に出たあと電話機の操作で転送する応答後転送、転送元が話し中やインターネットなどで通信中の場合に転送する話中時転送の4種類が選べる。 月額利用料は住宅用500円、事務用800円。 通話料は、発信元から転送元までが発信元の負担で、転送元から転送先までは転送元(INSボイスワープ契約者)の負担となる。 INSキャッチホン INSネットの付加サービスの一つで、通話中にかかってきた別の着信に応答する機能。 アナログ電話回線用の「キャッチホン」のISDN版。 通話中に別の着信があると、利用者に特殊な着信音でこれを知らせる。 利用者はをすばやく押して離すなどの動作をすることにより、現在の通話を保留状態にして、着信に応答することができる。 通話が終わって回線を切ると、元の相手との通話に戻ることができる。 なお、ほぼ同等の機能を(TA)だけで実現する技術を「」という。 i・ナンバー NTT地域会社(東日本・西日本)のサービスの一つで、1回線のINSネット64(あるいはINSネット64ライト)契約で、複数の電話番号を利用できるサービス。 2つの電話番号を使える2番号タイプ(月額料金300円)と、3つの番号を使える3番号タイプ(月額料金400円)の2種類があり、導入時には工事費が2000円かかる。 通常、ISDN回線(INSネット64)は、通常のアナログ電話回線と同様、1契約で1つの電話番号である。 しかし、技術的には、アナログ回線1本分にあたるBチャネルを2本と、制御用のDチャネル1本をした構造となっており、同時に2回線分の音声通話やデータ通信が可能となっている。 そこで、同時に2回線使える利点を活かして、1本の回線に複数の電話番号を割り当てることができるようにしたのがi・ナンバーサービスである。 フレックスホン NTT東日本・西日本のISDN(INSネット)の付加サービスの一つで、「INSキャッチホン」「通信中転送機能」「三者通話機能」「着信転送機能」の4つを組み合わせたもの。 個別に申し込むことができる。 価格はこれらのうち一つを申し込むと月額300円、残りの三つは一つ追加するごとに月額200円が追加される。 INSキャッチホンはアナログ電話で「キャッチホン」として知られていたサービスのISDN版で、通話中にかかってきた別の着信に応答する機能である。 通話中転送機能は通話している相手を通話状態のまま別の番号に転送する機能である。 三者通話機能は通信中に別の番号に発信して、三者で通話する機能である。 三社が同時に話せるミキシングモードと、相手を切り替えて個別に話す切替モードがある。 着信転送機能は、かかってきた着信を別の番号に転送する機能である。 ISDN公衆電話 デジタル公衆電話 ISDN回線に接続された、データ通信が利用できる公衆電話。 液晶画面を搭載した灰色の筐体の公衆電話で、1990年3月に登場した。 その筐体の色から「グレー電話」「グレ電」などと俗称されることもある。 テレホンカードや硬貨を使って普通の公衆電話として使えるほか、パソコン等を接続するための端子()がついており、データ通信サービスが利用できる。 通信方式はアナログ()とデジタル(ターミナルアダプタ)の両方に対応している。 新しい機種では赤外線通信で接続するタイプのものもある。 また、に操作方法を表示させることができ、英語による案内を表示させるなどの機能も持つ。 ピンポン伝送方式 INSネットで採用されている伝送方式で、時分割制御伝送方式(TCM : Time Compression Multiplexing)とも呼ばれる。 デジタル信号により送受信を行う場合、通常2対のメタル線を必要とするところ、送信パルス列を時間圧縮して送出し、生じる空き時間に反対方向からのパルス列を受信することで1対のメタル線で双方向伝送を実現している。 日本においてADSLサービス導入を検証する過程で、この切り替えのタイミングでISDN回線から発生するが並走するADSL回線にとして影響を与え、伝送効率を落とすということが問題になった。 当サイト「IT用語辞典 e-Words」 アイティーようごじてん イーワーズ はIT Information Technology:情報技術 用語のオンライン辞典です。 コンピュータ・情報・通信などを中心とする各分野の用語について、キーワード検索や五十音索引から調べることができます。 用語の意味や定義、概要や要約、略語や別表記、英語表記や綴り、フルスペル、読み方や発音、仕組みや役割、歴史や由来、語源、構造や構成、要素、特徴、機能や性能、諸元、規格や仕様、標準、原因や要因、手法や方法、方式、種類や分類、利点やメリット、欠点やデメリット、問題点、対義語や類義語との違い、用例や事例、具体例、画像や図表、関連用語、外部資料や別の辞典による解説へのリンクなどを掲載しています。 株 インセプトが制作・運営しています。 お問い合わせは まで。

次の