あげるくん cm うざい。 【事前登録2万人】インディーズスタジオ

「テレビ番組のアップロード それ、違法です」CMの設定に批判続出

あげるくん cm うざい

「か~なり」っていう部分が耳障りで最初は嫌いだったんですが、出ている女性が作家の岩井しまこさんを少し若返らせたような風貌してるのでCMが始まるとなんとなく似てるなぁと見てしまいます。 好きなor嫌いなCMでもいいです。 コメントしてくれたら嬉しいです。 2件の返信 2. 毎回びびってみてしまう… 1件の返信 5. 4件の返信 11. 4件の返信 12. yahoo. jp 1件の返信 13. 何か見ちゃう 15. あれくせになる笑 17. 1件の返信 20. 全く意味不明で大嫌い! 4件の返信 21. 可愛くて見てしまう。 1件の返信 23. 有村架純と今田美桜が可愛いなーって思って流れるとつい見ちゃう! 32. 女が泣いて何かヤダ。 誰か気になる笑 47. imgur. com色々残念に成ったなと 出典:i. imgur. com 48. 気持ち悪い。 1件の返信 49. ホントだぶつからないで凄ーって 51. あれ見るとぞわっとする。 最近やらないね 53. 深津絵里とCMの雰囲気が好きで見てしまう。 追いバターの食パンが凄く美味しそうで真似して食べたら本当美味しかった 1件の返信 59. 凄く嫌いなんだけど何故か見てた、最近無くなったからいいけど、でも何故か見てた。 そしてそのお手伝いを東京ガスはします。 」という東京ガスの想いをお伝えするテレビCMです。 松下由樹さん、何故このCMに… 87. 日本大会の映像と三菱地所グループのスポンサー活動の素材に、女性シンガーソングライター「マイア・ヒラサワ」さんの歌を合わせて... 1件の返信 90. 番組の合間はチャンネル変えてしまうな 91. 100. 105. mobileの横浜くんをいつも見ちゃう。 かっこいい。 1件の返信 109. 歌上手い人に変わったんだ〜、と思ったら三浦春馬でびっくりした。 1件の返信 113. 114. ベルパグちゃんが可愛いから見てしまう😍 119. 家帰れなくなるパターンだそうでw 126. 132. 1件の返信 134. 137. 妊婦を出しときゃ優しいCMになる、みたいな安直な感じも嫌だ。 1件の返信 139. 出演者の男性もいい人そうで見ていると自然と笑顔になっている自分がいます。 141. 歌が頭に残るから見ながら口ずさんでしまう。 1件の返信 150. 3件の返信 151. パズドラが好きでーす。 153. 154. かっこよくていつも見ちゃうけど、パチンコというので冷めちゃう 1件の返信 159. my cityって書いてるやつ。 160. 166. けんてぃーに抱かれるおじさん羨ましい笑 171. 176. 1件の返信 177. 続いて欲しいCMシリーズのひとつ。 178. キスマイの千賀くんとA. C-Zの塚ちゃんがいます。 179. 182. 次はどんなネコちゃんが出てきてどんなストーリーなのか楽しみ。 183. ケンティーのああいうキャラ貫き通してるとこ好き。 185. 188. 同性カップルも入れればいいのに。 そしたらここまでの不快感なかったかもしれない。 それか7秒握手とか。 苦情言いたいほどあのCM嫌いです笑。 190. 192. あの子ブタ可愛いw.

次の

あげるくんの違法アップロードのCMが多い件┃犬が怖いと話題

あげるくん cm うざい

放送番組が不正にアップロードされる違法行為は放送事業者にとって悩ましい問題である。 対策のひとつとして実施しているのが日本民間放送連盟(以下民放連)による「違法配信撲滅キャンペーン」である。 6年目に入った今年度は新啓発スポット『違法だよ!あげるくん』を展開し、特にインターネットのカジュアルユーザーに向けて、「どのような行為が違法となるのか」を具体的に表現している。 この取り組みによって、どのような効果が期待できるのか? に続き、民放連の知財委員会知財専門部会不正流通対策部会主査を務める品田聡氏(日本テレビ)と、民放連で放送番組の不正流通対策に取り組む前田優子氏、同キャンペーンのクリエイティブディレクターである博報堂中野仁嘉氏と川辺圭氏の4人に話を聞いた。 (本文以下、敬称略) 前田氏:2014年度以前は民放連としては違法動画について情報を共有する程度で、直接の対策は全国の加盟社各社にお任せしていましたが、著作権を担当している民放連の知財委員会の席で、「各社の取り組みだけでは足りない。 民放連としても対応を強化して欲しい」という意見が出たことから、キャンペーンの取組みを始めた経緯があります。 また、警察など、違法動画を取り締まる機関に各社が「違法のアップロードを摘発、検挙してください」とお願いするたびに、「業界としても周知を徹底して欲しい」と言われていました。 こうした背景もあり、取り組んでいます。 前田氏:過去5年間にわたって実施したキャンペーンCMはドラマ仕立ての2シリーズ。 どちらも遠藤憲一さんにご出演いただきました。 「違法アップロードの言い訳」編では、刑事役の遠藤憲一さんに違法アップロードした人がアップロードした言い訳を述べていくものになります。 例えば、「これが違法行為になるとは知らなかった」「好きなアニメ作品をアップロードし、見逃した人に褒められたかった」といった理由を挙げていました。 そして「それ違法です」というフレーズを使って、放送番組を無断でアップロードするのは違法であることをダイレクトに知らしめるものでした。 2作目は学校が舞台。 遠藤憲一さんに先生役を務めてもらい、生徒役に対して「10年間の懲役、1000万以下の罰金、またはその両方」という厳しい刑罰が下されることを伝えました。 制作幹事社はフジテレビが担当し、制作会社も贅沢な布陣でクオリティの高いCMを展開できたと思っています。 独自のインターネット調査ではCMの認知度が高いことがわかりました。 遠藤憲一さんをはじめ、皆さんの成果によるものです。 タレントを起用するものより、アニメキャラクターは使い勝手が良いという利点があります。 長きにわたって訴求しやすいものになるのかと。 違法行為をする人に対して周囲が「あげるくんだね」と、ダサい名前で呼ぶようになれば、やりたくなくなるのではないかと思います。 実は「あげるくん」のキャラクターイメージは、仮に例える存在でいうと「のび太」です。 「のび太」になりたくないし、言われたくない。 そんな風に「あげるくん」と絶対に言われたくないことが浸透していって欲しいという思いがあります。 」とたしなめるシリーズから展開されています。 どのようなメッセージを伝えるものになりますか? 前田氏:「無断アップロード」 「SNS」「バレるから」篇の3パターンの中で、SNS篇が個人的には気に入っています。 お笑い番組をスマホで撮影し、SNSで拡散することは違法であることが端的にわかります。 これは実際に使われている手口です。 過去に埼玉県警が動画投稿サイトに番組をアップロードした5人を摘発した実例ではiPadでテレビ画面を撮影し、動画投稿サイトにアップロードした人がいました。 前田氏:6月から民放連会員である138局のテレビ局で、啓発スポットCMを集中放送しています。 地方局をはじめ、BSや一部CS放送も含まれます。 また各社が放送番組を正規に配信するサイトでも使ってもらっています。 民放連では公式オフィシャルサイトを中心に展開中です。 メディア展開のすそ野を広げていければ、いろいろな層に関心が持たれます。 ウェブメディア展開も検討していきたいと思っています。 どのような反響がありますか? 川辺氏:Twitter上で実際に使われているものをみました。 違法アップロードした人に対して「違法だよ、あげるくん」と指摘していたものでした。 これは狙い通りの反響です。 前田氏:反発したご意見は今のところありません。 オフィシャルサイトに届く声は好意的なものばかりです。 「あげるくんのCMに共感を持った」という感想もあり、好評を得ています。 品田氏:啓発活動を今後も継続的に実施し、より強化していきたいと思っています。 一方で技術革新が日々起こっているなかで、それに応じた対策が必要になります。 そのために、いろいろな立場にある方との対話や協力が重要です。 我々の取組みが放送ビジネスの今後の発展に繋がる一助になればと思います。 前田氏:業界団体としてもこうした活動を長く続けていく必要があると認識しています。 規模や手法は変わっていくかもしれませんが、啓発の取組みを当面は続けていくべきだと考えています。 「あげるくん」の啓発スポットを大いに活用しつつ、展開していきたいです。 中野氏:博報堂としては違法アップロードの環境に合わせて、生活者の目を持ちながら、クリエイティブをチューニングしていくことが役割にあると思っています。 川辺氏:「あげるくん」については、小学生が使える下敷きなどグッズ展開やLINEのスタンプ展開なども可能になれば、効果は広がっていくでしょう。 現在、3話まで展開されている「あげるくん」はまだ捕まっていません。 シーズン2を制作することになれば、「捕まる」篇を作りたいです。 実際に摘発の実例が増えることで、「本当にヤバイ」ということになり、撲滅に繋がっていくと思います。 前後編にわたってお伝えした放送事業者が加盟する民放連の取組みは、違法配信撲滅に繋げていくことだけが目的ではない。 権利者に適正な収益を確保し、結果、放送番組の質を高めていく循環を促すものにもなる。 つまり、違法動画の蔓延のつけは視聴者にも返ってくる。 「あげるくん」という新たな啓発スポットが抑止力になることに期待したい。

次の

プログラマーはアニメをみよう! 34クール

あげるくん cm うざい

放送番組が不正にアップロードされる違法行為は放送事業者にとって悩ましい問題である。 対策のひとつとして実施しているのが日本民間放送連盟(以下民放連)による「違法配信撲滅キャンペーン」である。 6年目に入った今年度は新啓発スポット『違法だよ!あげるくん』を展開し、特にインターネットのカジュアルユーザーに向けて、「どのような行為が違法となるのか」を具体的に表現している。 この取り組みによって、どのような効果が期待できるのか? に続き、民放連の知財委員会知財専門部会不正流通対策部会主査を務める品田聡氏(日本テレビ)と、民放連で放送番組の不正流通対策に取り組む前田優子氏、同キャンペーンのクリエイティブディレクターである博報堂中野仁嘉氏と川辺圭氏の4人に話を聞いた。 (本文以下、敬称略) 前田氏:2014年度以前は民放連としては違法動画について情報を共有する程度で、直接の対策は全国の加盟社各社にお任せしていましたが、著作権を担当している民放連の知財委員会の席で、「各社の取り組みだけでは足りない。 民放連としても対応を強化して欲しい」という意見が出たことから、キャンペーンの取組みを始めた経緯があります。 また、警察など、違法動画を取り締まる機関に各社が「違法のアップロードを摘発、検挙してください」とお願いするたびに、「業界としても周知を徹底して欲しい」と言われていました。 こうした背景もあり、取り組んでいます。 前田氏:過去5年間にわたって実施したキャンペーンCMはドラマ仕立ての2シリーズ。 どちらも遠藤憲一さんにご出演いただきました。 「違法アップロードの言い訳」編では、刑事役の遠藤憲一さんに違法アップロードした人がアップロードした言い訳を述べていくものになります。 例えば、「これが違法行為になるとは知らなかった」「好きなアニメ作品をアップロードし、見逃した人に褒められたかった」といった理由を挙げていました。 そして「それ違法です」というフレーズを使って、放送番組を無断でアップロードするのは違法であることをダイレクトに知らしめるものでした。 2作目は学校が舞台。 遠藤憲一さんに先生役を務めてもらい、生徒役に対して「10年間の懲役、1000万以下の罰金、またはその両方」という厳しい刑罰が下されることを伝えました。 制作幹事社はフジテレビが担当し、制作会社も贅沢な布陣でクオリティの高いCMを展開できたと思っています。 独自のインターネット調査ではCMの認知度が高いことがわかりました。 遠藤憲一さんをはじめ、皆さんの成果によるものです。 タレントを起用するものより、アニメキャラクターは使い勝手が良いという利点があります。 長きにわたって訴求しやすいものになるのかと。 違法行為をする人に対して周囲が「あげるくんだね」と、ダサい名前で呼ぶようになれば、やりたくなくなるのではないかと思います。 実は「あげるくん」のキャラクターイメージは、仮に例える存在でいうと「のび太」です。 「のび太」になりたくないし、言われたくない。 そんな風に「あげるくん」と絶対に言われたくないことが浸透していって欲しいという思いがあります。 」とたしなめるシリーズから展開されています。 どのようなメッセージを伝えるものになりますか? 前田氏:「無断アップロード」 「SNS」「バレるから」篇の3パターンの中で、SNS篇が個人的には気に入っています。 お笑い番組をスマホで撮影し、SNSで拡散することは違法であることが端的にわかります。 これは実際に使われている手口です。 過去に埼玉県警が動画投稿サイトに番組をアップロードした5人を摘発した実例ではiPadでテレビ画面を撮影し、動画投稿サイトにアップロードした人がいました。 前田氏:6月から民放連会員である138局のテレビ局で、啓発スポットCMを集中放送しています。 地方局をはじめ、BSや一部CS放送も含まれます。 また各社が放送番組を正規に配信するサイトでも使ってもらっています。 民放連では公式オフィシャルサイトを中心に展開中です。 メディア展開のすそ野を広げていければ、いろいろな層に関心が持たれます。 ウェブメディア展開も検討していきたいと思っています。 どのような反響がありますか? 川辺氏:Twitter上で実際に使われているものをみました。 違法アップロードした人に対して「違法だよ、あげるくん」と指摘していたものでした。 これは狙い通りの反響です。 前田氏:反発したご意見は今のところありません。 オフィシャルサイトに届く声は好意的なものばかりです。 「あげるくんのCMに共感を持った」という感想もあり、好評を得ています。 品田氏:啓発活動を今後も継続的に実施し、より強化していきたいと思っています。 一方で技術革新が日々起こっているなかで、それに応じた対策が必要になります。 そのために、いろいろな立場にある方との対話や協力が重要です。 我々の取組みが放送ビジネスの今後の発展に繋がる一助になればと思います。 前田氏:業界団体としてもこうした活動を長く続けていく必要があると認識しています。 規模や手法は変わっていくかもしれませんが、啓発の取組みを当面は続けていくべきだと考えています。 「あげるくん」の啓発スポットを大いに活用しつつ、展開していきたいです。 中野氏:博報堂としては違法アップロードの環境に合わせて、生活者の目を持ちながら、クリエイティブをチューニングしていくことが役割にあると思っています。 川辺氏:「あげるくん」については、小学生が使える下敷きなどグッズ展開やLINEのスタンプ展開なども可能になれば、効果は広がっていくでしょう。 現在、3話まで展開されている「あげるくん」はまだ捕まっていません。 シーズン2を制作することになれば、「捕まる」篇を作りたいです。 実際に摘発の実例が増えることで、「本当にヤバイ」ということになり、撲滅に繋がっていくと思います。 前後編にわたってお伝えした放送事業者が加盟する民放連の取組みは、違法配信撲滅に繋げていくことだけが目的ではない。 権利者に適正な収益を確保し、結果、放送番組の質を高めていく循環を促すものにもなる。 つまり、違法動画の蔓延のつけは視聴者にも返ってくる。 「あげるくん」という新たな啓発スポットが抑止力になることに期待したい。

次の