デュエプレ ドラゴン デッキ。 【デュエプレ】カチュアボルコンの最新デッキレシピ【デュエマプレイス】

【デュエマプレイス】青赤ドラゴンの最新デッキレシピ【デュエルマスターズプレイス】

デュエプレ ドラゴン デッキ

こんにちは!マスキングです。 今回は、第3弾『英雄の時空』リリースで台頭してきた【闇火自然 ドラゴン】(デアリドラゴン)デッキを紹介します。 《神滅竜騎ガルザーク》《無双竜騎ボルバルザーク》の登場で殺傷力、コントロール力共に大幅に強化されました。 第2弾のSR《幻想妖精カチュア》を最大限活かせるデッキとしても注目されています。 デッキレシピ カード名 枚数 《フェアリー・ライフ》 4 《龍の呼び声》 4 《黒神龍ゾルヴェール》 4 《荒野の猛進》 3 《幻想妖精カチュア》 3 《デーモン・ハンド》 4 《バースト・ショット》 4 《ナチュラル・トラップ》 2 《神滅竜騎ガルザーク》 4 《無双竜騎ドルザーク》 2 《バルキリー・ドラゴン》 4 《無双竜騎ボルバルザーク》 2 コンセプト マナブーストから《幻想妖精カチュア》の召喚を狙います。 《バルキリー・ドラゴン》を呼んで後続をサーチしたり、《神滅竜騎ガルザーク》を呼んで除去に使ったり、場面に応じて最適なクリーチャーを探索しましょう。 《黒神龍ゾルヴェール》は影の立役者。 《幻想妖精カチュア》で呼んだクリーチャーを回収したり、自壊効果を使って《神滅竜騎ガルザーク》と組み合わせたり。 もちろん、ブロッカーとしても優秀です。 《神滅竜騎ガルザーク》は、SA3打点としてもコントロールプランを取るにしても優秀です。 《無双竜騎ボルバルザーク》は10ターン目以降のとどめのカードとしては勿論、中盤でも殴り返しや攻めの一手として柔軟に使い分けましょう。 採用カード候補 環境や自分のプレイングスタイルに合わせて、色々と改造してみてください。 序盤の動きの強化:《コッコ・ルピア》《青銅の鎧》など 中盤の動きの強化:《幻想妖精カチュア》増量など 終盤の動きの強化:《スクランブル・ブースター》など 色々なカードを試して、お気に入りの構築を完成させてくださいね! 最後に 今回のデッキはいかがでしたか? 現在は《ダイヤモンド・ブリザード》を重く見たS・トリガー配分ですが、ナーフ後はまた違った構築になるかもしれませんね。 ドラゴン一枚一枚のカードパワーが高く、やわなコントロールデッキでは対抗できません。 今後もランクマッチで増えてきそうなデッキです。 あの頃デュエルマスターズのサイトでは、他にもデュエプレ用のデッキを色々紹介しています。 ぜひご覧ください! それではまた!.

次の

【デュエプレ】闇火自然 ドラゴン【デッキ紹介】

デュエプレ ドラゴン デッキ

デッキの概要 アーマードドラゴンを中心としたド派手なデッキ! 青赤ドラゴンはアーマードドラゴンとファイヤーバードのシナジーを水のドローでサポートした構築です。 ドロー効果でパーツを集めたりでドラゴンのやりたいことを通すこともできるので相性はいいです。 自然を組み合わせることも可能 マナ加速カードを採用することで早期にドラゴンの動きをすることも可能です。 自分の好みに合わせてカスタマイズしましょう! デッキレシピ マナカーブ カード レア マナ 枚数 B 1 4 UC 2 1 B 2 4 UC 3 4 R 3 4 B 3 4 C 3 4 SR 4 2 B 6 2 VR 6 4 VR 7 4 SR 7 3 キーカード解説 ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン このデッキのメインアタッカーです。 シールドブレイク時に手札ではなく墓地に送る強力な効果を持っています。 シールド破壊しても相手の手札が増えないためガンガン攻撃することができます。 コッコ・ルピア ドラゴンの優秀なサポートクリーチャーです。 場に存在する限りドラゴンのコストを2減らすことができるため早期に強力なムーブをすることができます。 ゲーム終盤でもドラゴンを出しながらほかの動きをできるようになったりと腐らない点も優秀です。 入れ替え候補 候補 理由 条件は発動しにくいが、コッコルピアの後に使用できると強力。 相手の低コストクリーチャーに対するメタカード。 リキッドピープルからの進化先。 入手が困難だが持っている場合は迷わず採用。 終盤の詰めに使えるカード。 パワーが高いのが単純で強力。 立ち回り解説 序盤 ドローを進める アーマード・ドラゴンとそれをサポートするファイアー・バードを引き込むために、でドローしていきましょう。 序盤はの方がクリーチャーとして役割を持てるため優先したいです。 ファイアー・バードの設置 アーマード・ドラゴンをサポートするファイアー・バードを召喚しておきましょう。 コストを踏み倒すことができるを維持できれば、強力なドラゴンを中盤に召喚できるようになります。 中盤 ドラゴンの展開 を召喚できていれば、次のターンにはを召喚することができます。 4ターン目にパワー6000W・ブレイカーが召喚できればかなりのテンポを取ることができます。 ボルメテの準備 の攻撃を確実に通すため、前もってを召喚し、スピードアタッカーを付与したいです。 は強力ですが攻撃前に除去されてしまうと非常に勿体ないので、攻撃を通す準備をしましょう。 終盤 ボルメテウスで攻める シールドを手札に加えさせず、S・トリガーも使わせないで攻めていきます。 が見えていない場合は水のドローソース、で探しに行きましょう。 はこのタイミングのプレイでもになる役目があります。 クリスタル・パラディンでブロッカーを剥がす で相手のブロッカーを全てバウンスすることで、の攻撃を通すのはもちろん、一斉攻撃で一気に勝ち切るプランを取ることもできます。 状況を見極め、攻撃はに任せてリソースで勝つか、他のクリーチャーも攻撃し勝ち切るプランかを選びましょう。 デュエル・マスターズ プレイス関連記事 デッキ まず最初に読みたい記事.

次の

【デュエプレ】闇火自然 ドラゴン【デッキ紹介】

デュエプレ ドラゴン デッキ

デッキの概要 カチュアからボルメテを のタップスキルは、デッキからドラゴンを探索して場に出した後、スピードアタッカーとターン終了時に自壊する効果を付与します。 を出すことができればスピードアタッカーでそのまま2枚のシールドを焼却できるため、それを狙っていくデッキです。 3色目の採用 白を採用すれば、といった優秀なブロッカーでを守りやすいです。 今回は黒を採用することで、ハンデスによるコントロール&をデッキに組み込んでいます。 デッキレシピ マナカーブ カード レア マナ 枚数 C 2 4 UC 2 2 C 3 2 B 3 4 B 4 4 UC 4 2 UC 4 2 UC 5 2 B 5 2 SR 5 4 VR 6 4 VR 6 2 SR 7 3 SR 7 2 VR 10 1 キーカード解説 幻想妖精カチュア タップスキルによってデッキからドラゴンを探索して場に出し、スピードアタッカーとターン終了時に自壊する効果を付与します。 探索なので狙ったカードが出ないということもありますが、場面に合わせたドラゴンを呼び出すことができます。 ボルメテウス・ホワイトドラゴン のタップスキルから出すことでスピードアタッカーを持ち、シールド焼却を狙えます。 このカードに限りませんが、のタップスキルによって付与される自壊効果はで身代わりにすると、の維持も可能です。 二角の超人 リソース回復効果を持つ大型クリーチャーです。 序盤マナに送ったドラゴン、を拾って後続に繋げていきましょう。 入れ替え候補 候補 理由 単体除去としては基本に劣りますが、等への対処カードを増やしたい場合採用します。 環境に合わせてS・トリガーを増やす場合に同様こちらも採用圏内です。 ブロッカー枠です。 軽量ブロッカーを増やしたい場合選択肢となります。 2コストクリーチャーはで拾った後にそのまま召喚できるので相性が良いです。 立ち回り解説 序盤 ハンデスでスローゲームへ ハンデスを駆使してまでの時間稼ぎ&その解答を落としに行きますが、タイミングを見計らってからハンデスすることもあります。 例えばを採用しているデッキ相手にはその直前のターンにハンデスした方が、マナチャージによって手札が減っている関係で2ターン目にハンデスするよりも本命を当てやすかったりします。 邪魂創世でカチュアを探す は4マナで3枚ドローできるカードですが、自分のクリーチャーを1枚破壊する必要があります。 使い終わったやを破壊するのが理想です。 中盤 カチュアでドラゴンを呼び出す でデッキからドラゴンを探索し、呼び出していきます。 基本は、T・ブレイカーが欲しければ、除去が欲しければを呼び出しましょう。 を呼び出せば墓地からドラゴンを探索して拾うことも可能なので、次のターンの動きが無い場合はそういう選択肢もあります。 マルルでドラゴンを守る はドラゴンが破壊される場合身代わりになってくれるので、のタップスキルを使う前に場に出せば自壊から守ってくれます。 絡みじゃなくともドラゴンの横に添えるだけで仕事ができるカードです。 終盤 勝ち筋を見極める でシールド焼却に徹するか、、等のブレイクで畳みかけるゲームをするか見極めて攻めます。 中途半端に攻めてしまうとシールドから逆転される恐れがありますが、のみで攻める場合時間がかかるので状況に合わせて攻め方を変えましょう。 ゾルヴェールで耐久 は墓地のドラゴンを探索して拾うことができるので、でを拾い続けると毎ターンブロッカーを用意できます。 出す度にデッキが減ることに注意すれば常にを召喚できるので、覚えておきましょう。 で呼び出して破壊されたドラゴンを回収する動きも強力です。 デュエル・マスターズ プレイス関連記事 デッキ まず最初に読みたい記事.

次の